ボイス~110緊急指令室~|最終回(10話)見逃し動画無料視聴はこちら【9/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話  2019年9月21日(土)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
動画配信(ビデオオンデマンド)サービスが色々と増えていて分かりにくいけど、『ボイス~110緊急指令室~』に限らず日本テレビ系列のドラマはHuluがおすすめ!

他にも無料で見る方法があるので、詳しく解説していくね〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ボイス~110緊急指令室~』放送終了から1週間以内は日テレオンデマンドを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

日テレオンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年9月21日(土)放送終了後〜2019年9月28日(土)21時59分

までは見られるよ!

1週間以上経過している場合のオススメはHulu!

ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はHuluで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。

Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。

最近のドラマでは

  • 獣になれない私たち
  • ブラックスキャンダル
  • ドロ系
  • 今日から俺は!!
  • 高嶺の花
  • サバイバル・ウェディング
  • ゼロ 一攫千金ゲーム
  • 正義のセ
  • Missデビル
  • 崖っぷちホテル!

などが見放題となっています。

2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ!

『ボイス~110緊急指令室~』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

Pandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近は放送中のドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリットとリスク
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

2019年夏ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじ

2019年9月21日(土)放送のドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。

雫(伊勢谷友介)の別荘に急行した樋口(唐沢寿明)は、雫の車と血痕を見つけ、消息の途絶えた石川(増田貴久)が中にいると確信。

室内に人気は無いものの、現場音を聞いたひかり(真木よう子)が地下室の存在に気付き、向かう樋口。

すると、そこで樋口を待っていたのは血まみれで倒れている石川だった…。

怒りに震える樋口に奇襲を仕掛ける雫!

樋口と雫の激しい銃撃戦が繰り広げられる!

激闘の末、駆けつけた強行犯係によって取り押さえられた雫は、怒りの治まらない樋口を楽しげに挑発して…。

現場の樋口に合流したひかりは「怪物を作るのは人」だと話し、歪んだ父子関係によって殺人鬼となった雫の心中を想像する。

そんな中、雫の容態が急変し意識不明だと無線が入りー。

不審に思った二人は病院へ向かうが、処置中に雫が服毒自殺を図って死亡したと告げられる……!!

周到な筋書きに疑念を抱く二人は、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気づくが……!

最後まで目が離せないスリルと衝撃の最終回!

公式サイトより引用

2019年夏ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

くるみ
第9話の最後が石川が本郷雫に今まで何人もの命を奪ってきた鉄球のよう凶器を振りかざされるところで終わったり、番組の最後にある次回予告では第10話の内容があまり直接的には伝わってこない音声のみで終わっていたので、その後樋口は間に合ったのか、石川は無事だったのか、そして樋口と本郷雫との直接対決があるのかなどを期待しています。

また、第10話が最終回ということで、樋口の奥さんが殺された事件の真相や橘のお父さんが殺された事件、そしてその他にも今まで本郷辰夫と本郷雫が犯してきた殺人を含めた犯罪がすべて暴かれるのがとても楽しみです。

ペンネーム:くるみ(10代・女性)

せいこ
樋口と雫が銃撃戦を繰り広げるそうなので、臨場感のあるシーンになりそうだなと楽しみです。

そしてついに雫が逮捕されるそうなので、どんな展開になるのかが楽しみです。

また、捕まった雫が服毒自殺したと見せかけて脱獄するそうなので、樋口たちが雫を捕まえることができるのかが気になります。

やっと捕まえることができた強敵をみすみす逃してもらいたくないです。

さらに、雫だけじゃなく、本郷会長の悪事も全て暴いてもらいたいなと思いました。

おそらく透はもう警察ではいられなくなると思うけど、そんな透に樋口がなんと言葉をかけるのかが楽しみです。

ペンネーム:せいこ(20代・女性)

タカハシ
血まみれの石川になんのためらいもなくいつもの鉄球を振り上げている雫。

沖原と同じように殺されてしまうのかとハラハラしてしまいます。

署長室の椅子に座りひかりに拳銃を向けてひかりを殺しに来たりと行動がどんどん大胆になっていて最終回という実感が湧きます。

そして遂に樋口と雫の直接対決ということで一体どんな展開になるのだろうと今からとても待ち遠しいです。

いつも余裕綽々な雫の顔に傷があったりしていて雫も樋口にかなり追い詰められるのかなと今まで見たことがない雫が見れそうなのでそこは楽しみにしたいと思います。

樋口には絶対に雫に負けて欲しくはないので全力でこちらも応援したいと思います。

ペンネーム:タカハシ(20代・女性)

さきママ
まず何よりも、拉致された透の行く末が気になります。

これまでの雫の言動からして、あの場で透を殺害する可能性は非常に高いです。

ただ、沖原の時は、すぐに『殺害事件』と表記されたのに、今回はそうでなく、傷害事件止まりだったのが気になります。

もしかしたら透は、樋口をおびき寄せるために、わざと生かされるのではないかとも予想をしています。

ある程度、樋口の行動が分かっていると思うので、わざと樋口を別荘におびき寄せて、目の前で透を痛め付けるのではないかと予想していますが、個人的には、素直に何事もなく透が助かるという結果を望んでいます。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

りり
最終回、正義が勝つことを絶対期待しています。

石川はきっとまだ生きている。

雫は樋口を挑発して、数々の殺人を楽しんでいるから、きっとスキがあると思う。

そのスキを橘の耳の力と樋口の行動力でついて欲しい。

偉そうにしている田所が、失脚するシーンをぜひ見たいです。

本郷社長が世の中から抹殺されるシーンも。

絶対絶対、正義は勝つ!であって欲しい。

労働者たちの命の尊厳を守るために動いていた、未希の心が痛いです。

病気の息子もまた狙われたりしそうですが、絶対助けて欲しい。

皆、生きる事をしなければいけない。

雫が調子に乗ってるのを、打ち砕く爽快感を楽しみにしています。

ペンネーム:りり(50代・女性)

サハラサ
本郷ホールディングスの本当の考えと何をしていたのか真相が気になります。

また、とおるのお父さんにも注目していきたいと思います。

本郷ホールディングスととおるとの関係性がとても気になります。

また、班長の奥様が残したテープには波の音が残っていました。

その波から犯行現場などを探ることで事件を解決に導くので早く次の回がみたいと感じています。

本郷ホールディングスは今までどのようなことをして来たのかまたどれだけの残酷なことをしたのか本当のことを早く知りたいです。

また、とおるの行動も内容を引き立てるのでハラハラしています。

ペンネーム:サハラサ(20代・男性)

2019年夏ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

こじるみ

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

石川透を演じる増田貴久が本郷雫演じる伊勢谷友介から襲われる場面からスタートします。

その場に駆け付けた樋口彰吾演じる唐沢寿明が助けに来るが本郷雫との銃撃戦が繰り広げられます。

その後、樋口は本郷を殺すことなく助け部隊が来て逮捕されることになります。

本郷の容態がおかしくなったとなり病院へむかいます。

しかし本郷雫の父、本郷辰夫演じる伊武雅刀から病院と口約束をし本郷雫を逃がすよう指示します。

処置中に本郷雫が服毒自殺を図って死亡したと告げられます。

周到な筋書きに疑念を抱く二人は、雫を乗せたストレッチャーが地下駐車場から運び出されたことに気づき取り逃がしてしまいます。

その後父親から韓国へ逃げろと言われますが、本郷雫は韓国に逃げる事はせず橘ひかり演じる真木よう子を警察署で拉致します。

しかしそこへ樋口が助けにきます。

ここで本郷雫が本当に捕まることになります。

その後父親の本郷辰夫から雫は刺され、その後本郷辰夫も自分で腹を刺して自殺します。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

ボイス毎週楽しみと同時に恐怖に陥れてくれるドラマ素敵でした。

まずは透が亡くなってなくて良かったという感想があります。

本当に雫の考える事が怖くてこんな人が日本のどこかにいるのかと思うと恐怖でしかありません。

しかしこのようなサイボーグを作るのは生まれ育った環境などが関わってくるので育っていく環境を整えてあげないとなと考えさせられました。

そして私が樋口だったら雫を殺してしまう気がします。

私の最愛なる人が殺されていてその犯人が目の前にいたら正直なにもしないなんてできないと思ってしまいます。

最後の最後で雫もその父親である本郷辰夫も死ぬのですが、それを見てまた新たにそういう人物を作ってしまうのが本当にダメだなと思います。

こういうドラマが殺人鬼を作ってると思うのも正直怖いのでこういうドラマは逆によくないのかも?とも思いました。

ペンネーム:こじるみ(20代・女性)

小雪

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

雫の別荘に到着した樋口は血痕を発見し石川が中にいると確信する。

ひかりが下からの音に気づき地下室があることが判明し樋口は地下室へと向かう。

石川は雫に鉄球でも殴られ続け血まみれの状態で倒れていた。

雫は侵入してきた樋口に気づき別荘に閉じ込める。

地下室に到着した樋口は倒れている石川に気づき駆け寄るが後ろから雫に狙撃で襲われる。

銃での撃ち合いになり雫は明かりを落とす。

揉み合いになりながらもなんとか雫を追い詰めた樋口は雫に銃を向ける。

応援が到着しひかりもそれを止めるが樋口は引き金を引いてしまう。

しかし空撃ちになり結果雫を殺すことは出来なかった。

雫は病院に搬送されるが本郷の指示があり協力者の院長により死亡したと見せかけ車に乗り込み逃走を成功してしまう。

本郷の元へとやってきた雫は韓国に逃亡しろと告げるが雫はそれを承諾しなかった。

ひかりは署長に署長室に来るよう指示を受け向かうとそこには雫が待ち構えていた。

雫から殺害予告の入電を受けたECUだったがそこにひかりを人質にとった雫が現れる。

ECUのメンバーを追い出した雫はひかりに馬乗りになり鉄球を振り上げる。

その瞬間樋口が現れ雫の腕を狙撃する。

雫に馬乗りになった樋口は鉄球を振り上げるが雫には振り落とさなかった。

雫に生きろと告げた樋口は無事雫を逮捕する。

本郷は雫に短刀を突き刺し地獄で会おうと告げそして自らにも突き刺した。

ECUは認められ正式に活動を開始する。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

石川を躊躇なく殴り続ける雫が人でなしでとても恐怖でした。

樋口が雫を追い詰め皆が制止する中銃を下ろさず引き金を引いてしまった気持ちが痛いほど伝わってきました。

妻を惨殺され石川もズタボロにされ、殺してやりたいという気持ちが溢れ出ていてその気持ちは共感できてしまうなと思ってしまいました。

あの怪物は生かしておくべきではないと思います。

しかし本郷が雫のためならなんでもすると言っていてやはりいかれている親子だなと思いました。

雫がまさかECUに入ってくるなんて大胆な行動をするとは驚きました。

樋口に何度も撃たれてもなお笑い続ける雫は正真正銘の怪物です。

樋口が雫を殺すのではなく生かすことで罰を与えると告げていてなるほど深いなと思いました。

本郷が雫を殺害しに来て更には自殺もしていてやはり狂った親子だなと最後まで感じました。

きっと本郷は雫を殺して救ってやりたかったのかなと思いました。

もっと普通の親子だったらこんな結末ではなかっただろうにと悲しかったです。

ペンネーム:小雪(20代・女性)

さきママ

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

透を探して本郷家の別荘を訪れた樋口は、一人で別荘に乗り込む。

隠し部屋を見つけたが、その動向は雫に筒抜けだった。

瀕死状態の透を発見した樋口は、背後から雫に襲われ、そこから乱闘となる。

乱闘の末、雫を追い詰め確保したが、負傷した雫は搬送途中で、本郷会長の協力者により逃走に成功。

本郷会長から、海外逃亡するように告げられた。

ところが、樋口やひかりを追い詰めたかった雫は、本郷会長の指示を無視して、警察署へ侵入。

ひかりを人質に立てこもった。

しかし、樋口にそれがお見通しで、逆に返り討ちにあってしまう。

樋口に殺されることを望んでいた雫だったが、そんな雫に樋口は、ありふれた日常を送らせるという罰を選んだのだった。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

とにかく、雫と樋口の乱闘シーンが印象的でした。

お互いが銃を所持して、暗闇の中で一歩も譲らずに、撃ち合い、殴り合い、技を掛け合い、どちらがどちらを追い詰めるのか、とても息を飲みました。

最終的に樋口が雫を追い詰めましたが、そこからは、怒りに震えた樋口が、雫を撃ってしまうのではないかと、ドキドキして緊張感が凄かったです。

結局、空撃ちになりましたが、あの時、玉が入っていたら、本当に撃ってしまっていたのだろうかと、今考えても鳥肌が立ちます。

それでも、最後の最後まで雫を撃たず、最終的には当たり前の暮らしを罰とした樋口に、安心したと同時に、それはそれで恐怖を感じました。”

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

YK

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

石川が別荘で雫に監禁され暴行されているなか、樋口は別荘に到着するが室内に明かりはついていない。

別荘の中に入った樋口は、橘のサポートもあり地下室を見つける。

しかし、樋口の潜入に気づいた雫は部屋の明かりを消して出口をロックし、妨害無線を使い外部との連絡が取れないようにする。

樋口は血まみれで倒れている石川を見つけるが、雫は樋口に発砲し、二人の激闘が繰り広げられる。

現場に強行班係が到着し、逮捕された雫は救急車で運ばれるが、樋口に雫の容体が急変したと連絡が入る。

樋口と橘は病院に駆け付けるが、雫は青酸カリで服毒自殺を図ったと告げられる。

不審に思った二人は、雫が病院の地下駐車場に運ばれていることに気づくが、間一髪で逃げられる。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

重症とはいえ石川が助かって良かったです。

また、雫に挑発されながらも、樋口はよく耐えることができたなと思いました。

橘が言っていた通り、雫を造り出したのは目の前で人を殺した父親であり、少し雫のことが不憫に思えました、あの現場を見ることがなければ、雫も人を殺害することはなかったかもしれないと思うと、父親の罪は非常に大きいと感じます。

一つのきっかけで人は大きく変わってしまうのだと、怖くなりました。

また、警察の上層部や病院の院長など、権力に逆らえない人が多すぎて人は怖いとも思いました。

最後に雫を道連れにして父親が死を選んだのは、これからのことを考えるとやはり雫への愛情なのかと感じてしまいました。

ペンネーム:YK(30代・女性)

しゅうた

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

井上が本郷雫に捕らえられて、凶器で殴殺されようとしていました。

まともに何発か入っていましたが樋口が来たことで雫は樋口との対決に備えます。

樋口との対決は始めは銃撃戦から入りそして格闘戦に移ります。

長いアクションシーンとなりただの殴り合いではなく格闘技の試合のような展開でした。

強行犯係が突入してきて雫を逮捕します。

樋口は銃を向けて我慢できずに打ちますが弾はきれていました。

その後本郷会長の手回しで雫は逃亡。

雫を抑えるため強行犯係は港を押さえようとします。

しかしそれは囮で雫は港東署に現れ橘を人質に。

司令室に立てこもり、クライシスタイムによるゲームを開始。

3分で橘を殺すと宣言します。

しかしこの行動を予測していた樋口が司令室に隠れていました。

そして樋口の手足に銃を放ち動けなくすることに成功。

殺したいほど憎い相手の雫に対して、彼は最高の罰を与えます。

クライシスタイムの10分で事件は解決しました。

蛇足的な終わりで本郷雫を本郷会長が刺し殺しその場で自身も自殺。

後味の悪い結末ですがこれもひとつの終わりかたとしてありでしょう。

井上も意識が戻り、ECUは正式に発足事件に向かうのでした。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

井上がの状態でしゃべれることが信じられませんがドラマなのでしょうがないでしょう。

見事にアッパーが入って顎は砕けたはずですけど。

それからの雫と樋口の対決はこのドラマでも最大の見所でした。

アクションシーンの多かったこのドラマですが、二人の対決を長々とやり遂げたのは見事です。

突っ込みたくなるような状態も多かったですがあれだけやってくれれば個人的に満足です。

問題はそのあとです。病院に手を回し逃亡させたのは良いのですが、警察署内で最終的な決着をつけるはずなのに緊張感が薄かったです。

ハプニング的な要素なのに予定調和で終わってしまったのが残念です。

最後の見せ場もアクションで閉めてほしかった。

個人的にはこのドラマ気に入っていますので、セカンドシーズンが出来るのなら製作して欲しいと思っています。

ペンネーム:しゅうた(30代・男性)

タカユキ

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

長年の奥様の宿敵が見つかり石川が暴行を受けるシーンから始まります。

樋口に対する執着の強さから、本郷の猟奇性が垣間見えます。

地下室で行なっている暴行にたどり着いた樋口との直接対決対決を前に妨害無線で室長との通信が途絶えるトラブル。

それを待ち構える本郷。

ここではいる樋口の妻との回想。

樋口は肉弾戦に持ち込み、自身の猟奇性を樋口に語る本郷。

樋口と本郷の肉弾戦は続くかに見えたがここで、樋口の仲間が登場し、皆が樋口が本郷にとどめをさすのを諭す。

ならない銃声。樋口の銃は弾切れだった。

暗躍する本郷父。

それは警察内部にまで届いていた。

病院にも手を回し海外へと本郷を逃がそうとする父。

警察内部に届いた手を使い橘を狙う本郷の銃口。

『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)の感想

本郷の猟奇性が際立った回でした。

本郷の猟奇性は子供の頃からというのも納得できました。

反面初回からの少し踏み外しそうになっていた樋口は、成長したなあと感じることのできる回でした。

本郷は逃げることをよしとせず橘を人質に樋口との再戦を目論むが、橘は本郷を哀れな目で見ることで本郷を惑わせる。

そこに間に合う樋口という流れはとてもよかったです。

奥さんの話を持ち出されても冷静さを保つ樋口はあくまで警察官として逮捕したところはとてもセンセーショナルでした。

子供との約束を守ったと報告する樋口は立派な警察官であり、父親だと思いました。

ペンネーム:タカユキ(40代・女性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『ボイス~110緊急指令室~』最終回(第10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年10月から同枠でドラマ『俺の話は長い』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

『ボイス~110緊急指令室~』見逃し動画を無料で見る方法

  1. Huluの2週間無料トライアルキャンペーンに登録
  2. Huluは全作品見放題のVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので追加料金など一切無しで視聴可能!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA