TWO WEEKS|あらすじと原作情報【三浦春馬主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年夏のフジテレビ系「火9ドラマ」枠は、三浦春馬さんを主演に迎え、ドラマ『TWO WEEKS』が放送されることが決定しています!

本作は、三浦春馬さん初の”火9ドラマ”主演にして、逃亡者として2週間逃亡者になる ということで注目を集めています!!

こちらの記事では、2019年夏ドラマ『TWO WEEKS』のあらすじ・みどころ・脚本情報をご紹介します。

ドラまる
三浦春馬さん、お父さん役も初めてかな?

少なくとも僕の記憶では初なんだけど…。

ラマちゃん
そうね~

しかも、ある人の策略で逃亡者になってしまうなんて…。

まずは、どんな物語なのか、一緒に予習してみましょう☆

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ『TWO WEEKS』作品紹介

ドラマ『TWO WEEKS』とは、2019年7月の火曜21時にスタートするフジテレビ系「火9ドラマ」枠で放送されるドラマです。

このドラマは、娘の命を救いたいと願う父性愛を描いたヒューマン作品であり、タイムリミットが迫る中での逃亡激というサスペンス作品の掛け合わせです。

スポンサーリンク

ドラマ『TWO WEEKS』気になるあらすじや見どころは?

一度は人生を捨てた男が初めて出会った8才の娘は、白血病を患っていた—。

ドナーとして再び生きる意味を見つけた男の前に、殺人の濡れ衣が立ちはだかる!

検察、警察、政治家、闇の組織…次々と明らかになる陰謀から逃れ、初めて父性に目覚めた男は、娘の命を救うことができるのか!?

公式サイトより引用

黒猫葵
まず、そもそも殺人犯として服役していた過去を持つ男。

たった一人愛した人との間に娘がいて、白血病。

そのドナーになれるのは、自分。

なのに、濡れ衣を着せられて、追われる身。

ざっと、設定を確認しただけでも盛沢山!

そしたらば、リメイク作品と聞いて、なんだか納得してしまいました。

逮捕されちゃうとドナーになれないんですよね…。

確か2019年新春頃やってた、レ・ミゼラブルの日本風ドラマで言ってた気がします。

そりゃ逃げますよね。

約10話で描かれる2週間…。

結末が気になりますね!

スポンサーリンク

ドラマ『TWO WEEKS』製作スタッフ情報

原作

ドラマ『TWO WEEKS』は、2013年8月7日から9月26日まで全16回に渡って韓国MBCで放送された韓国のテレビドラマのリメイク版です!

脚本

ドラマ『TWO WEEKS』の脚本担当には、山浦雅大さんが発表されています。

代表作
  • 美男(イケメン)ですね (2011)
  • 35歳の高校生 (2013)
  • ルーズヴェルト・ゲーム (2014)
  • 都庁爆破! (2018)
  • Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 (2018)

参照元:allcinema

プロデューサー

ドラマ『TWO WEEKS』のプロデューサーは、岡光寛子さんが発表されています。

岡光寛子さんのコメント紹介!

2週間(TWO WEEKS)という限られた時間の中で、人はどれだけ変われるのでしょうか?

この夏の火9は、逃亡劇というハードな内容に、娘に対する父性愛の物語を掛け合わせた、重層的なエンターテインメント作品をお届けします。

主演は三浦春馬さん。

柔和な表情の陰に少しクールな一面と、年齢を重ねるごとに深みを増していく佇まいを併せ持つ役者さんです。

今回、主人公・結城という喜怒哀楽の色が複雑に重なる難しい役どころを繊細に演じてくださるのは三浦さんしかいないと思い、オファーさせていただきました。

今作は日本版として、原作とは異なるオリジナルの展開を加えてお届けします。

三浦さん演じる結城を中心に描かれる逃亡劇、そして父と娘の話を通して、「人は何のために生きるのか。どんなことに価値を見いだして、何を大切に過ごすのか」と、皆さんが自分自身の人生に置き換えて、少しでも考えるきっかけになるようなドラマにしたいと思っています。

ぜひ、ご期待ください。

公式サイトより引用

まとめ

ドラまる
三浦春馬さんが愛娘のために、逃亡者になるという物語。

これはまた、誰が味方で誰が敵なのか…。

毎週、どんでん返されそう…。

ラマちゃん
これは、心臓がもつかしらね…。

でも、どういう結末を迎えるのか気になっちゃうわ…。

黒猫葵
この後は、登場人物についても、紹介していきますので、以下の記事も合わせてお読みいただければ幸いです♪

TWO WEEKS|キャスト・出演者一覧はこちら【三浦春馬主演ドラマ】

「TWO WEEKS」は2019年7月スタート!

絶対見逃せないですね!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA