TWO WEEKS|9話ネタバレと感想。どっちの方が黒いのか、いい勝負の柴崎と久我。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月10日(火)にドラマ『TWO WEEKS』第9話が放送されました。

ドラまる
黒幕の久我を貶めるために、動画のコピーを探す大地の前に柴崎がやってきたんだよね。
ラマちゃん
なぜか無事に解放された大地。

久我と行う取引って何なのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『TWO WEEKS』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『TWO WEEKS』第9話あらすじネタバレと感想

動画のコピーを探しに侵入した柴崎要(高嶋政伸)の自宅で、早々に戻ってきた柴崎と鉢合わせしてしまった結城大地(三浦春馬)。

柏木愛(立花恵理)の事件の柴崎のアリバイを証明する人物は久我早穂子(黒木瞳)でした。

「お前が一番苦しむ方法で殺してやる」と柴崎は、大地を一旦逃がします。

久我はなぜ柴崎との関係を公にしたのか。

何が何でも医療プロジェクトを推し進める久我は心臓病でアメリカにいる息子・融が日本で治療ができるようにしたいのではと月島楓(芳根京子)から教えられます。

そのことを聞いた大地は、濡れ衣を晴らすための作戦を考えます。

その頃、青柳はな(稲垣来泉)はどんなに頑張っても自分の作るお話に出てくる太陽と海と山は仲良くできないと嘆いていました。

はな「山には太陽が必要だよね。パパが好き。優しいおじちゃんも好きだけど、パパはパパだもん。」

8年の間、事実を知らなかった青柳すみれ(比嘉愛未)は、全てを知った今どうすればいいのか迷っていました。

その頃、楓に久我と直接会わせてほしいと頼む大地がいました。

彼女を前に息子のことを持ち出し、娘のはなの手術の日まで自分の命を助けてほしいと頼みます。

そして、その密会の様子を写真に収めている人物が。

はなを助けるために手術後の自分の命を天秤にかけてきたという大地に、楓は「誰も死なせません。」と固く決意します。

柴崎に大地と取引したことを報告する久我ですが、すでに時は遅く、柴崎は大地のことを始末すると決めていました。

久我の資金の流れを調べていた角田智一(近藤公園)。

15年も前から多額の金が息子の融名義の会社に流れていることがわかりますが、一年前にその会社は破たんしていました。

会社を処分しなくてはならない理由は何だったのか。

そんな時、インターネットに上がったのは、久我と大地の写真です。

騒ぎとなった殺人犯と国会議員の密会。

マスコミの対応に追われる久我。

写真を撮っていたのは楓じゃなかったんですね。

一方、久留和保(池田鉄洋)に拉致されてしまったすみれ。

すみれの姿を探す有馬海忠(三浦貴大)は、放置されたカバンを見て状況を飲み込みます。

すみれの携帯からの着信を受けた大地は、相手が灰谷(磯村勇斗)だったことに驚きます。

大地はとあるビルに向かうように指示され、その様子を柴崎に確認されていました。

次々と指示を出す灰谷。

監視される中、途中で灰谷との会話を公衆電話から楓に聞かせることに成功します。

大地が街中を走り回る中、自分の命は助けなくてもいい、はなの命を一番に考えてほしいと懇願するすみれの動画を受け取る大地。

有馬にも連絡を取ることに成功した大地は、この動画を有馬にも送りました。

その頃、記者会見を開いた久我は、楓をいけにえに差し出し無実を訴えます。

写真は、楓を抑え込むために久我自身が撮らせたものでした。

退職願を提出した楓の元に、久我の資金の流れについてさらに調べていた角田がある知らせを届けに来ます。

この知らせは楓の武器となるでしょうか。

そのころはなにも魔の手が伸びていました。

灰谷のかける携帯からは、はなの声と柴崎の声が聞こえてきました。

柴崎「元恋人か娘かどっちか選べ。」と。

『TWO WEEKS』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
絶対に外に出ちゃいけないはなちゃんを連れ出すなんて。

柴崎め~。

ラマちゃん
角田が持ってきた情報が気になるわ。

ドラまる
すみれだけじゃない、大地がパパだからはなはいい子になったんだよ。

ラマちゃん
久我の息子は生きているのかしら?

もういないのだとしたら、こんなにもあくどい手を使ってプロジェクトを急ぐ理由が知りたいわ。

ドラまる
すみれを拉致しただけじゃ終わらなかったね。

何て奴だ。

ラマちゃん
すみれと大地の出会い。

大地はホラー映画が苦手なのね。微笑ましい。

ドラマ『TWO WEEKS』第9話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『TWO WEEKS』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『TWO WEEKS』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

『TWO WEEKS』第10話あらすじ

2019年9月17日(火) 21:00時から放送のドラマ『TWO WEEKS』第10話のあらすじをご紹介します。

すみれ(比嘉愛未)の救出に奔走する結城(三浦春馬)を横目に、柴崎(高嶋政伸)は、はな(稲垣来泉)を病院から連れ出し監禁。

結城が苦しむ姿を楽しむかのように、元恋人と娘、どちらを助けるか選べと迫る。

しかし当然、結城には大切な2人の命を天秤にかけることなどできない。

答えを出せない結城は苦悶の表情を浮かべ、その場に立ち尽くしてしまう。

するとそこへ、有馬(三浦貴大)から連絡が。

「おまえははなのところへ行け」――その言葉に背中を押された結城は、すみれを有馬に託し、はなの元へ急ぐ。

はなに襲いかかる柴崎の脅威を前に、8年の時を経て娘の存在を知り、一度は捨てたはずの人生に再び希望を取り戻した結城の願いは届くのか!?

2週間にわたる逃亡の末、結城を待っているのは幸せな未来か、それとも……!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』第9話のネタバレ感想と第10話のあらすじをご紹介いたしました。

執拗に大地を苦しめることを求める柴崎。

すみれだけでなく、はなも監禁して大地を追い詰めました。

そして楓を貶めるために、わざと大地との密会の写真を撮らせた久我もなかなかのものです。

この二大巨悪を倒さないと、三人の命は救えません。

起死回生のきっかけは灰谷が持っているのではと期待しています。

ドラまる
はなちゃんにまで手を出す柴崎の人でなしぶりが話題だったね。
ラマちゃん
次回は最終話。

これ以上、もう誰も犠牲にならないでほしいわ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA