TWO WEEKS|4話ネタバレと感想。春川のまさかの行動にドキッ。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年8月6日(火)にドラマ『TWO WEEKS』第4話が放送されました。

ドラまる
弟のように可愛がってきたサトルまで失った大地は、再び逃走を開始するんだ。
ラマちゃん
はなやすみれにも危機が迫る予感よ。

肝心の愛のデジタルカメラは今どこに?

こちらの記事では、ドラマ『TWO WEEKS』第4話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『TWO WEEKS』第4話あらすじネタバレと感想

無実を証明できるかもしれないカメラを受け取るために相良サトル(森永悠希)と会うはずだった結城大地(三浦春馬)は再び逃亡を開始。

有馬海忠(三浦貴大)も頑張って追いましたが、またしても灰谷(磯村勇斗)に邪魔をされ大地を取り逃がしてしまいました。

大地が逃げ出した現場でサトルの遺体が発見され、月島楓(芳根京子)も現場へと駆けつけました。

楓はそこで施設の元園長と話をする機会を得ます。

そこで8年前に大地が結婚を考えていたことを知りました。

柴崎要(高嶋政伸)にも青柳すみれ(比嘉愛未)の存在を知られてしまい、すみれは楓と柴崎の両方から目をつけられることになります。

逃亡を続ける大地はサトルがカメラを持っていなかったことから灰谷に奪われたと考えていました。

その頃、すみれは不安を感じながらも大地の言葉を信じていました。

現実に殺人事件の犯人として逃げている大地ですが、大地の本当の姿を知っているすみれだけは最後まで信じてほしいと願ってしまいました。

骨髄移植の手術を心待ちにしている青柳はな(稲垣来泉)は、まだ事件のことを知りません。

有馬は主治医の小池夏美(原沙知絵)にはなのドナーが大地でないかと探りを入れますが、答えてはもらえませんでした。

二年前。

とある一室を訪れた有馬はそこですみれと出会いました。

マンションも契約できない状態のすみれ親子に優しい手を差し伸べたのが有馬でした。

美人は強い?ということですか(笑)

一方、大地はその日暮らしを続けている春川(柿澤勇人)という男と知り合うことになります。

春川の持っていたパソコンでサトルの事件までもが自分の犯行だとされていることを知った大地。

春川は大地が逃亡犯だと知りますが、大地が犯人ではないと感じ離島への切符を手渡してくれます。

サトルは大地と会う前に恋人の琴美にカメラを渡していました。

やはりそうだったんですね。彼女さん危険な目に遭わないといいのですが。

楓はすみれの存在を突き止め、娘が8歳だということを知りました。

病院で小池は楓に大地がドナーであることを知らせます。

大地が移植手術のために逃亡を続けている。

そして、手術ができなければはなの命は助からないと聞かされました。

照射室から戻るはなが体調を悪くし、すみれが少しはなと離れた一瞬大地と再会を果たします。

離島に渡る前にはなに会いに来たんですね。

はじける様な笑顔を浮かべるはなを見て、大地は生きることへの信念を強く再確認したのです。

楓と入れ替わりにやってきたのは柴崎。

こちらもすみれの居場所を突き止め、不穏な空気があふれています。

大地が生きぬくために船の乗り場に向かうと、警察が張っていました。

春川が情報を売っていたんですね。

追われる様子を撮影していた春川の目が狂喜乱舞していたのが怖かったです。

春川の裏切りに遭い、警察についに周りを囲まれ橋へと追い込まれた大地。

大地にむけ銃を向けた有馬の発砲を機に、大地は川へと飛び込みました。

『TWO WEEKS』第4話ネットの反応や感想

ドラまる
僕なら骨の一本や二本は折れてるね。

三浦春馬さんの身体能力にあこがれるよ。

ラマちゃん
天使のはなちゃんタイムが今日はあったわね。

幻のはなちゃんは結構辛辣なことも言うけど、癒される不思議。

ドラまる
サトル、よくやったと言ってあげたいけど彼女さんが心配だよ。

ラマちゃん
自分も警察に追われてるのについつい助けちゃう大地の優しさよ。

ドラまる
柿澤勇人さん演じる春川めっ!

先週の倍賞さんのようにいい人だと信じてたのに、完全に裏切られた~!

ドラマ『TWO WEEKS』第4話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『TWO WEEKS』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『TWO WEEKS』第4話の動画を無料で見る方法はこちら

『TWO WEEKS』第5話あらすじ

2019年8月13日(火) 21:00時から放送のドラマ『TWO WEEKS』第5話のあらすじをご紹介します。

有馬(三浦貴大)の発砲により、結城(三浦春馬)が海へ転落した。

警察は逮捕のチャンスとばかりに必死になって行方を追うが、翌日になっても足取りはつかめず、水死の可能性も視野に入れ始める。

一方で、楓(芳根京子)や柴崎(高嶋政伸)、すみれ(比嘉愛未)もまた、結城の行方をめぐり、それぞれ焦りと不安を覚える。

港に打ち上げられ、なんとか命拾いした結城は室岡峻治(村上淳)・晴人(鳥越壮真)親子に助けられる。

目を覚ました結城は、ケガの手当てをしてくれた室岡に礼を言うが、その顔を見てハッとする。

男は、9年前に柴崎の元から逃げ出し、結城が服役するきっかけを作った人物だったのだ――!

その頃、結城の安否が分からず絶望するすみれのもとに、楓が訪ねてくる。

「真実を解き明かしたい」という楓の力強い言葉にわずかな望みをかけたすみれは、結城が電話で無実を訴えていたことを明かし、はな(稲垣来泉)のために、結城を助けてほしいと懇願。

すみれの話から、結城の言葉の信ぴょう性が高いと判断した楓は、結城が逃げながら冤罪を晴らそうとしているのではないかと考えて……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』第4話のネタバレ感想と第5話のあらすじをご紹介いたしました。

柴崎に裏切られ、どん底に落ちた大地にとって春川は数少ない”自分を信じてくれる人間”だったのだと思います。

それなのに、きれいに裏切ってきた春川に怒りと共に背筋の凍る怖さを感じました。

前回、大地を信じて息子のスーツを貸してくれたおばあちゃんが心に残っていたので、すっかり騙されてしまいました。

そして、すみれとはなに近づく柴崎。

大地の逃亡理由を知った楓に、何としても頑張ってもらわなくては。

ドラまる
表だって大地をはめようとする柴崎も怖いけど、何か裏がありそうな久我早穂子(黒木瞳)も、なんだか怖いよ。
ラマちゃん
今日ははなちゃんと大地の心の交流も見れたし満足だけど、本当に大地はずっと走っていてドキドキしちゃうわ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA