TWO WEEKS|3話ネタバレと感想。二人目の犠牲者が。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年7月30日(火)にドラマ『TWO WEEKS』第3話が放送されました。

ドラまる
8年前の事件同様、柴崎の手にかかり冤罪の罠に落ちた大地。
ラマちゃん
大地を助けた謎の殺し屋・ジルベール灰谷は何を狙っているのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『TWO WEEKS』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『TWO WEEKS』第3話あらすじネタバレと感想

山中で追い詰められたかに見えた結城大地(三浦春馬)は、灰谷(磯村勇斗)によって救われましたが、その灰谷に今度は襲われてしまいます。

灰谷は柏木愛(立花恵理)の持っていたデジカメを探していました。

隙を見て逃げ出した大地は、一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着きます。

大地が指名手配犯であることを知っている北村ですが、大地の言動や様子から悪い人間ではないと感じ取っていました。

大地は灰谷の言葉から、愛から手渡されたカメラに柴崎コーポレーション社長・柴崎要(高嶋政伸)の弱みが入っていることに気づき、カメラは同居人の相良サトル(森永悠希)が持っていることを思い出します。

発作を起こし胸を押さえ苦しむ義江を見つけた大地は救急車を呼びますが、時間がかかることを知り直接背負って病院まで運びます。

義江は大地の逃亡の助けとして着替えとお金を託してくれました。

大地は初めて自分を信じてくれる人間に出会えたのです。

久しぶりの眼鏡スーツの春馬さんです。かっこいいですね。

検事の月島楓(芳根京子)は国会議員・久我早穂子(黒木瞳)に現状を説明します。


柴崎の手下の灰谷が大地を逃がしていたこと、証拠の入ったカメラが柴崎に渡ったかもしれないということ(実際はサトルが持っているのですが)。

一方、青柳すみれ(比嘉愛未)は大地が逃亡中であることを知り呆然としていました。

青柳はな(稲垣来泉)の手術の準備が進む中、すみれの元に大地から連絡が入ります。

「はなを救うために逃げている。逮捕されたままだとドナーになれない。俺は殺してない。俺の無実を証明する証拠を必ず見つける。」と。

婚約者であるすみれの元にやってきた警部補・有馬海忠(三浦貴大)は、質屋まで大地に会いに来たという女性がすみれではないかと考えていました。

有馬には心当たりがありまくりですね。

8年前の事件。

楓の目の前で父を刺したのは柴崎でした。

しかし、代わりに逮捕されたのは大地。

法の力を持たなかった無力な自分。

柴崎を裁くために検事になったと事務官に全てを話してしまいましたが、信用して大丈夫でしょうか。

大地は自分をはめた社員のホンダ(玉置玲央)の前に現れ、事件の黒幕が8年前同様、柴崎だったと知ります。

サトルは大地からの連絡を受けデジカメを持ち外出します。

大地が落ち合うために選んだのは二人が育った元養護施設でした。

しかし、サトルは大地と会う前に一足先に何者かに殺害されていました。

後ろから忍び寄ってきたのは灰谷。

逃げ出した大地と捜索のために突入してきた有馬は鉢合わせてしまいました。

『TWO WEEKS』第3話ネットの反応や感想

ドラまる
僕もちょっとサトルは敵か味方かどっちに転がるかわからなかったけど、ぬいぐるみまで持ってきてくれて大地の味方だったね。

疑っちゃってごめんーーー。

ラマちゃん
倍賞美津子さんとのやり取りは短時間だったけど、心情がビンビン伝わってきたわ。

ドラまる
娘のためにできることをと考えているのは、大地もすみれも同じだね。

ラマちゃん
やさぐれてるのもいいけど、やっぱりきりっとしてるスーツは別格よ。

ドラまる
頼りない検事だった楓が、柴崎を前に堂々とカマをかけたね。

柴崎もカメラを持っていないことを知ったのは大きいね。

ラマちゃん
春馬さんはハイクオリティな生歌をFNSうたの夏まつりで披露していたわ。

ドラマ『TWO WEEKS』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『TWO WEEKS』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『TWO WEEKS』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『TWO WEEKS』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『TWO WEEKS』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『TWO WEEKS』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『TWO WEEKS』第4話あらすじ

2019年8月6日(火) 21:00時から放送のドラマ『TWO WEEKS』第4話のあらすじをご紹介します。

唯一の証拠は柴崎(高嶋政伸)の手の中に!? 楓(芳根京子)は結城(三浦春馬)が逃亡を続ける真の理由に近づくが、はな(稲垣来泉)には魔の手が忍び寄り……!?

8年前と同じように、柴崎(高嶋政伸)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城(三浦春馬)は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。

しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった――。

灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。

そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。

住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが……。

そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓(芳根京子)は、婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどり着く。

さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木瞳)に報告。

しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。

一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑いを抱き始め……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。
ずっと兄のように慕ってくれていたサトルが灰谷の魔の手に堕ちてしまいました。

大地を会う前に恋人と会っていたので、カメラは彼女の元に渡ったと考えてよさそうですね。

どこか別のところに保管されていると思いますが、サトルが殺害されてしまったためカメラを探すレースは仕切り直しです。

誰が一番最初にカメラの元にたどり着くでしょうか。

ドラまる
来週は、すみれと大地の関係や、はなのことが有馬や楓の中でつながっていくんだ。
ラマちゃん
大地の置かれた状況を知って、それぞれどんな覚悟を決めるのかな?

コメントお待ちしています!

CAPTCHA