サインー法医学者 柚木貴志の事件ー|最終回9話ネタバレと感想。柚木が残したサイン。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月12日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話が放送されました。

ドラまる
北見の事件の真犯人・島崎楓を追い詰めるための青い繊維。

中園は伊達に脅されて、どんな決断をしたのかな。

ラマちゃん
法医研の今後を左右する事件のクライマックスよ。

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話あらすじネタバレと感想


国民的スターの死に関わったとされる青いクマのぬいぐるみを手に入れた柚木貴志(大森南朋)。

北見永士(横山涼)の体から採取された青い繊維と照合するため繊維を取りに帰った中園景(飯豊まりえ)は、伊達明義(仲村トオル)に妹・優(黒崎レイナ)のことを条件に証拠を渡すように脅されますが…。

なかなか到着しない中園を待つ柚木たち。

到着した繊維の照合結果を待たずに部屋を出る中園に柚木は違和感を覚えます。

中園は「自分なら妹を救える」と言った伊達の条件を断っていたのです。

柚木イズムはちゃんと受け継がれていたんですね。

しかし、二つの繊維の結果は不一致。

その頃、伊達の前には研修医がやってきます。

結果が不一致だったのは研修医がサンプルを取り換えていたためでした。

法医研独立のため、証拠を隠滅した伊達。

柚木「法医研が警察から独立できたとしても、その後は島崎藤一郎の言いなりになるだけ。」

さらに柚木は、「解剖医の仕事は死んだ人間の声を聞くことです。」と続けました。

その柚木の元に島崎楓(森川葵)が北見がプレゼントしてくれたというぬいぐるみを返してもらいたいとやってきました。

楓「私は世界一優秀な日本の警察を信じます。」

笑いながら北見を窒息死させた女。

警察も意のままに動かすこの女を、何としてもサインを読み取って捕まえなくてはいけません。

警察では、島崎邸で証拠をつかめなかった和泉千聖(松雪泰子)と現捜査一課長が責任を取らされることになります。

一課長、今回の捜査を進めるにあたって絶対的な信頼のおける上司でしたね。

事件当日の防犯カメラをくまなくチェックする柚木は、No.9の映像のデータが短時間飛んでいることに気が付きました。

捜査に関わることのできなくなった和泉の代わりに、高橋紀理人(高杉真宙)が動きます。

紀理人さん、頼もしくなりました。

データの管理をしていた元鑑識官・奥野を探し、No.9の映像データについて聞きますが明らかに何かを隠しているようでした。

後悔した奥野は真実を話す決意をし、本庁の刑事が監視カメラのデータを押収する際に、削除するように指示してきたと言います。

しかし真実を話すその相手は、島崎藤一郎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)でした。

柚木の代理だと偽っていた佐々岡にマスターデータも渡してしまいます。

入れ替わるように入ってきた柚木は事実を知り愕然としました。

画像データがあると楓に嘘の情報を伝え、自宅へと呼び出すことにした柚木。

楓との一騎打ちを前に、一時間後に中園に自宅に来るように伝えていました。

画像を証拠に、楓に出頭するように説得しますが反対に北見が殺害された時のことを知りたいかと聞かれます。

約束通り一時間後にやってきた中園は、柚木の変わり果てた姿を見ることとなります。

必死で蘇生術を施しますが、息を吹き返すことはありませんでした。

柚木の遺体を解剖することになった伊達ですが、激しい後悔を感じます。

そして消えた柚木の遺体。

持ち出していたのは、中園でした。

かつて柚木が北見の遺体にしたのと同じように、遺体を持ち出し自分が解剖を行ったのです。

柚木の部屋の捜査を行う和泉は上からの命令を無視し、捜索の手をゆるめません。

部屋の中にかけられていた座右の銘に残されていたサイン=隠しカメラを見つけます。

そして柚木の死因も判明しました。

北見と同じ鼻孔部閉塞による窒息死。

柚木の部屋から見つかった映像には、楓が薬物を指につけ柚木に口づけをした後、その唇を指でぬぐい薬物を摂取させている姿が映っていました。

そしてさらにとどめを刺すためにクッションで窒息させていたのです。

柚木は自分の体にサインを残すことを選んでいました。

しかし、死を覚悟したのではなく、事前に解毒剤を用意し、時間を指定して中園を呼び出したことは柚木が生きようとしていたことを物語っていました。

「自殺なんてするわけない」という中園の叫びは間違っていなかったんですね。

柚木の残したサインを基に、和泉は楓に逮捕状を突きつけました。

そして、父の島崎藤一郎は失職。

病床の妹にすべてを報告する中園。

一緒に聞いていた父から柚木が自分のことをほめていたことを知り、明日への希望を見出したのです。

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話ネットの反応や感想

ドラまる
伊達院長の手のひら返しに、みんなビックリだったね。

柚木の死が無駄ではなかったということで。

ラマちゃん
和泉も捜査するのが辛かったよね。

ドラまる
『あな番』の黒島と『サイン』の島崎、どっちがサイコパスかな。

どっちもか。

ラマちゃん
前回と今回と一課長かっこよかったね。

ドラまる
まさか自分がサインを残す側に回るなんて。

驚いたね。

スポンサーリンク

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第9話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第9話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話のネタバレ感想をご紹介いたしました。

柚木の決死の勝負。

解毒剤も用意していましたが、楓の狂気の方が一枚上手で悲しい結末を迎えてしまいました。

兵藤に続き、柚木まで失った中園の未来が心配でしたが、最後に父から聞かされた柚木の本心によって、解剖医としての新たな一歩を踏み出せたことに一安心しました。

それにしても、権力にまみれまくっていた伊達の改心には開いた口が閉じませんでしたね。

ドラまる
柚木が最後まで生きる望みを捨ててなかったことが、中園にとってせめてもの救いだったかな。
ラマちゃん
悲しい結末だったけど中園も和泉も前を向いてやっていかなくちゃ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA