サインー法医学者 柚木貴志の事件ー|8話ネタバレと感想。楓お嬢様の常軌を逸した精神構造にゾワッ。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月5日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話が放送されました。

ドラまる
今日はサッカーにバスケットに忙しい一日だったけれど、ドラマ「サイン」もお忘れなく。
ラマちゃん
北見の殺害に大きく関わっている楓を揺さぶらないといけないのよね。

次期総理候補の父親の権力が大きいから一筋縄ではいかないわね。

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話あらすじネタバレと感想

北見永士(横山涼)の事件で刑務所に入っていた宮島清花(柳美稀)は、島崎楓(森川葵)に何らかの圧力をかけられ証言を封じて殺害されてしまいました。

実行犯の会田幹彦(猪野学)が飲ませた青酸カリは微量で、窒息させとどめを刺したのは楓だと考えられました。

身を隠していた会田の元に楓がやってきます。

その後、会田の遺体が発見されました。

解剖を依頼されたのは伊達明義(仲村トオル)。

伊達は法医研を独立機関にするために次期総理候補の島崎藤一郎(小木茂光)サイドの力を利用していたんですね。

島崎サイドから自殺の診断を下すように指示されます。

しかし、事件発生時刻前後に会田の宿泊先で姿をとらえられていた楓。

情報を得た和泉千聖(松雪泰子)は自分の立場を捨ててでも捜査を進める決意を固めます。

伊達に解剖されたら、自殺と断定されてしまうため手を打ったという和泉。

翌日、マスコミに北見の事件に島崎が関与しているという記事が載せられました。

会田の妻の希望で解剖に助手として立ち会うことになった柚木貴志(大森南朋)。

伊達と柚木のタッグに胸躍る助手たち。

直接の死因は高所から落下した際に起きた頭蓋骨骨折による外傷。

しかし、不自然な傷を見つけた柚木はハンマーで殴られた可能性を指摘します。

伊達は、会田は殴られた後、意識を失い高所から突き落とされたと判断しました。

自殺で押し通したかった島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)は、伊達に詰め寄りますが伊達はひるみませんでした。

そんな中、楓が任意の事情聴取に応じることになりました。

笑顔でやってくる楓お嬢様。

北見との恋人関係や、会田と面識があったことを明らかにします。

そして会田から、北見を殺害したことを告発すると脅迫されていたと証言しました。

さらに「もちろん事実無根ですけど。」と付け加えます。

北見の事件当日、ライブ会場にはいたが北見とは会っていないと言います。

会田の事件についても畳みかけますが、同時刻に記者会見に臨む伊達が会田の死亡推定時刻が当初の19時ではなく23時頃だったと発表します。

新たな死亡推定時刻では楓はアリバイを持っているため、逮捕することはできませんでした。

あの伊達が素直に真実を追求するはずがありませんよね。

島崎父は娘を平手打ちしますが、母親の代わりにファーストレディになる楓に「大人しくしてくれ。」と懇願しました。

楓は平手打ちをされても全く動じていませんでしたね。

法医研では職員から不信感があふれ、死亡推定時刻について討議が行われます。

柚木は死後硬直の度合いから19時としていましたが、直腸温度から伊達は23時という判断を下したと説明します。

ここでも伊達は威圧的に主導権をとり、法医研の総意を勝ち取りました。

その頃、高橋紀理人(高杉真宙)は会田の妻から、録音データを渡されます。

会田「まだ持っているんすか?ぬいぐるみ。凶器なんですよ。」

女「捨てられるわけないでしょ。永士の息吹が残っているのよ。」

急いでそのぬいぐるみの繊維と、中園景(飯豊まりえ)が持っている北見の体内から発見された青い繊維を照合しなくてはなりません。

通常の家宅捜査に入れない和泉に代わり島崎邸を訪れた柚木。

舞台で死にたいと言っていた北見を殺してあげたという楓に柚木は、殺された人間たちの無念の顔は忘れないと話します。

そして、柚木は制する楓を押しのけ凶器となった青いクマのぬいぐるみを手にしました。

青い繊維を自宅に取りに戻っていた中園の前には伊達が現れたのでした。

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話ネットの反応や感想

ラマちゃん
死亡推定時刻を23時で押し通すのは無理があったわよね。

これじゃ、独立機関になったとしても誰も伊達についてこないと思うの。

ドラまる
楓お嬢様、観念したかなぁ。

ラマちゃん
渋いね、トオルちゃん。

最後まで放医研の独立に執着したままなのかしら。

ドラまる
和泉のことを名前でさりげなく呼んだね。

ラマちゃん
もう最終回なのね。

次クールは大門が帰ってくるわ。

スポンサーリンク

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話あらすじ

2019年9月12日(木) 21:00時から放送のドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第9話のあらすじをご紹介します。

警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)とその部下・高橋紀理人(高杉真宙)は、次期総裁候補の娘・島崎楓(森川葵)が国民的人気歌手・北見永士(横山涼)を窒息死させるために使ったと思われる“青いぬいぐるみ”を押収。

照合検査のために、新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は北見の喉から見つかった“青い繊維”を持って、解剖医・柚木貴志(大森南朋)らが待つ「日本法医学研究院」へと急行する。

だが、景は“青い繊維”を柚木らに手渡すと、なぜか検査が始まるのを待たず部屋の外へ。

その様子が気になった柚木は、彼女の後を追うが…。

 そんな中、あろうことか想定外の検査結果が出る。

ぬいぐるみの繊維と“青い繊維”は「一致しなかった」というのだ! 

真実を証明する最後の手立てを失い、苛立ちを隠せない柚木…。

ちょうどその頃、「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)のもとには、意外な人物がやって来て…!?

 真犯人である楓を追い詰めようとするたび、権力によって次々と閉ざされていく真実追及への扉。

それでも諦められず、事件当日の監視カメラ映像を再度チェックした柚木は“ある異変”を見抜き、そこに“真実”が隠されていると確信する。

ところが、権力側は一枚も二枚も上手で…!?

 やがて柚木は何が何でも“真実”を明らかにするため、ある方法で楓の罪を暴く“真実のサイン”を手に入れようと思いつく。

それは想像を絶する結末を伴う、まさに“決死の勝負”だった――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

島崎親子の歪んだ関係が、楓の人格に影響をもたらしているのが感じられました。

こんな人物が将来のファーストレディかと思うと、ゾッとしますね。

せっかくぬいぐるみを手に入れたのに、予告から照合の結果は受け入れられないもののようです。

妹のことをだしに、中園を取り込もうとしている伊達が青い繊維を持っていましたね。

まさか、あの中園が権力に巻かれた?

楓を逮捕するために、柚木たちはどんなサインを用意するのでしょうか。

ドラまる
柚木がふと見せた和泉との関係にドキッとしちゃったよ。

本当に元婚約者なんだね。

ラマちゃん
柚木から「お前は道を誤るな。」と言われた中園は、伊達の言いなりになってないことを祈って、最終回を待つわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA