サイン―法医学者 柚木貴志の事件―|7話ネタバレと感想。強烈な楓お嬢さまの登場。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年8月29日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第7話が放送されました。

ドラまる
中園の妹が被害にあった事件の犯人は確保されたけど、実行犯はまだ犯行を続けていたんだよね。

ゲームのシナリオを現実の世界とリンクさせるなんて。

ラマちゃん
今日は、ずっと謎のままだった北見の事件も動きがあるわ。

謎の女の正体に柚木は気が付くかしら。

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第7話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第7話あらすじネタバレと感想

3年前、妹・優(黒崎レイナ)のことを守れなかった中園景(飯豊まりえ)は、他の人達が妹と同じような被害にあうことを阻止しようとしていました。

落合亮一郎(渋谷謙人)の作ったゲームのシナリオ通りに犯行がなされているとしたら、遊園地の客が狙われているということでした。

遊園地にはピエロの仮面をかぶった人物はたくさんいましたが、実行犯の野田時人(濱正悟)が肩を痛めていることを知っていた柚木貴志(大森南朋)は野田を特定し逮捕に一役買いました。

事件が解決し、柚木は法医学研究院院長の伊達明義(仲村トオル)に会いに行きました。

伊達は柚木の退職願を破り捨て、「本物の正義を手に入れるんだ。」と柚木を研究院に戻します。

柚木は長いものに巻かれた伊達も、自分のことも許せないままですが復帰を受け入れました。

その頃、和泉千聖(松雪泰子)の元に北見永士(横山涼)の事件で逮捕された宮島清花(柳美稀)から、本当は他に真犯人がいる自分は無実だと告白されます。

青酸カリによる他殺として立件されましたが、柚木は青酸カリは致死量ではなく、窒息死だと判断していた事件でした。

最初に柚木の前で兵藤邦昭(西田敏行)が豹変した事件でしたね。

翌日、和泉の代わりに宮島に会いに行った柚木ですが、宮島は昨日とは変わり犯行をすべて認めたのです。

怯えていた宮島の様子から誰かに口止めされたのではと考えました。

刑務所に話を聞きに向かった高橋紀理人(高杉真宙)は、刑務所内のシャワー室で頭から血を流し亡くなった宮島の姿を見ることとなります。

宮島の解剖を行うことになった柚木。

頭部の外傷から、転倒が考えられますが指に火傷が見つかりました。

そこから、感電した後に転倒したものと考えられます。

現場にいた和泉は、宮島の使っていたシャワールームだけ電球が切れていたことに気づきます。

何者かが細工した跡が確認され、細工を施したと思われたのは同房の中島亜季(長井短)でした。

しかし、中島は入浴中に自分がカーテンを覗いたときには宮島はすでに亡くなっていたと証言します。

数日前、宮島に届いたという母親からの手紙には、父親が亡くなったことが書かれていたと言います。

中島はその手紙を見た宮島から、北見を殺害するために事務所の社長の会田幹彦(猪野学)に青酸カリを渡されたと話してくれたと言うのです。

宮島は実家を助けるお金を得るために北見を殺害しようとしましたが怖くてできなかったため、青酸カリは会田がコーヒーに混ぜ持って行ったと言います。

防犯カメラの映像から事件当日、会田とぶつかって持っていたコーヒーをかぶった女性スタッフがいたことがわかりました。

北見から微量しか青酸カリが検出されなかったのは、この女性のジャンパーにほとんどがかかっていたためでした。

和泉と高橋はすぐに会田の元に向かいスタッフジャンパーの確認をします。

しかし、倉庫にあるはずのジャンパーはすでに持ち出された後でした。

証拠を燃やされてしまった和泉たちにはどうすることもできないと思われましたが、コーヒーをかけられた女性がジャンパーを返却していなかったため奇跡的に入手できました。

ジャンパーからは予想通り青酸カリが検出されました。

宮島の証言、防犯カメラの映像、ジャンパーから検出された青酸カリ。

状況証拠は揃いました。

一方、柚木は宮島の面会記録を確認していました。

そこにあったのは島崎楓(森川葵)の名前。

次期総理に一番近い国会議員の娘で北見の元恋人だということが判明しました。

楓の大学に向かった柚木は、楓の姿を追います。

北見の解剖をした柚木に、北見の最期がどんなものだったのか無邪気に興味を示します。

父の権力の後ろに立ち、守られている楓を柚木たちはおびき出すことができるでしょうか。

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第7話ネットの反応や感想

ドラまる
強い権力に屈する法医学。

ドラマで本当によかったよ。

ラマちゃん
中島は怪しかったけど、最後まで宮島のいい友達だったのね。

でも、電球に細工をしたのは誰なのかしら?

ドラまる
今日も仮面ライダーや戦隊シリーズのヒーローがいっぱい。

ラマちゃん
おぉ、そうなのね。

女性のシャワールームに入っちゃっていいのかなとも思ってたんだけど。それ以前の話なのね。

ドラまる
森川葵さんの演技、すごかったね。

楓さまー。

ラマちゃん
和泉はやっぱり刑事さんには綺麗すぎるけど、見惚れてしまうわ~。

スポンサーリンク

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第7話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第7話の動画を無料で見る方法はこちら

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話あらすじ

2019年9月5日(木) 21:00時から放送のドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第8話のあらすじをご紹介します。

人気歌手・北見永士(横山涼)を毒殺した罪で服役するも不審死を遂げた宮島清花(柳美稀)、そして実際に永士の飲み物に青酸カリを入れた所属事務所社長・会田幹彦(猪野学)。

2人と共謀した主犯は次期総裁候補・島崎藤一郎(小木茂光)の娘・島崎楓(森川葵)であり、彼女こそが北見を窒息死させてとどめを刺したに違いない――。

北見の喉から見つかった青い繊維と照らし合わせ、そう確信する「日本法医学研究院」の解剖医・柚木貴志(大森南朋)。

だがその矢先、真実の鍵を握る会田が死亡してしまう! 

しかも、ホテルの部屋から飛び降りたと見られる会田の遺体は、島崎の秘書・佐々岡充(木下ほうか)の要請で、島崎と裏でつながる「日本法医学研究院」の院長・伊達明義(仲村トオル)が解剖することになり…!?

 その頃、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は会田の死に島崎サイドが関与していることを立証し、追い詰めようと計画。

まもなく千聖の部下・高橋紀理人(高杉真宙)が、死亡推定時刻範囲内に会田の宿泊階で、楓らしき女が目撃されていたことを突き止める。

だが、翌日に迫った司法解剖で伊達が自殺と判断すれば、捜査の続行は不可能だ…。

自らのキャリアをふいにする可能性を視野に入れながらも、真実追求の覚悟を決めた千聖は、島崎の妨害を封じ込める“禁じ手”を実行することに! 

一方、柚木はある切り札を盾に、伊達の助手として会田の司法解剖に参加。

当然のごとく2人の解剖所見は食い違いを見せるが、その直後に伊達が耳を疑う言葉を発し…!

 そんな中、楓がついに任意聴取に応じる。だが、そこには“思わぬ落とし穴”が待ち受けていた――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第7話のネタバレ感想と第8話のあらすじをご紹介いたしました。

3年もの間、探し続けていた妹を襲った犯人を捕まえた中園のターンをもう少しゆっくり見たかったような気もしますが、大きな事件が動き出してしまったので仕方がありませんね。

表向きは青酸による毒殺とされていた北見に関わる情報が急に出るわ出るわ。

楓に至っては、ネットに交際の情報が洩れているとか、今まで捜査上に名前が上がらなかったことさえ不思議に思えますが、都合の悪いことは父の力でねじ伏せてきたんでしょう。

伊達も巻き込まれている権力闘争に柚木はどんな正義をお見舞いするのでしょうか。

ドラまる
楓様役の森川さんは振り切ってたね。
ラマちゃん
柚木と一緒に解剖をすることになった伊達はどんな結論を見出すのかしら。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA