サイン―法医学者 柚木貴志の事件―|5話ネタバレと感想。柚木の決断に理解が追いつかない。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年8月15日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第5話が放送されました。

ドラまる
柚木が心の師と慕っていた兵藤の怪しい自殺。
ラマちゃん
大きな陰謀の歯車に巻き込まれた柚木は、25年前の父の事件とも再び対峙することになるわ。

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第5話あらすじネタバレと感想

兵藤邦昭(西田敏行)の自殺を目の当たりにした柚木貴志(大森南朋)は、直前に兵藤と会っていた伊達明義(仲村トオル)に詰め寄りますがこの件から手を引くようにと再び強く突き放されてしまいます。

突然死した二名の慶徳小笠原病院の医師に続いて、元看護師の長谷部の遺体が発見され解剖に回されることになりました。

冷静に解剖ができないのではと進言する中園景(飯豊まりえ)に、柚木は自分を監視するように頼みます。

新人ちゃん、柚木に育てられてしっかり者になりましたね。

長谷部は3日前、原因不明の心不全を起こして亡くなっていました。

考えられるのは毒殺。しかし、痕跡が残っていません。

25年前の安本祥子の手術。

最近に亡くなった3人は全員その手術に関係していました。

今回の事件は口コミサイトに医療ミスの件が書き込まれたことが発端ではと考える和泉千聖(松雪泰子)たち。

和泉と共に小笠原達三(篠井英介)のもとに向かった柚木は、本人に毒殺をしたのだろうとぶつけますが反対に医療ミスくらいで騒ぐなと追い返されてしまいました。

堂々と自分のミスを棚に上げ、隠すことをしない傲慢さに憤りを覚えますね。

祥子の手術にチームとして入っていたもう一人の人物。

現外科部長の門田は、話を聞こうとしていた高橋紀理人(高杉真宙)の目の前で謎の心不全を起こし息絶えてしまいました。

院長から出される紅茶を飲んでいましたから。

ニヤリと不敵に笑う小笠原。

限りなく黒と考えられましたが、解剖の結果、再び毒は検出されませんでした。

そんな中、ニュースを見た安本が研究院にやってきて、柚木の父が娘の祥子に手を合わせに来てくれたことを話します。

そして安本は、今回の事件も踏まえ複雑な心境を吐露しました。

調べが進む中、長谷部の遺体を再び調べていた柚木の頭に思い浮かんだのはアンチモン。

それは以前、自分が兵藤に研究することを止められた物質でした。

そして、事態は急展開を見せます。

伊達が小笠原が4人を殺害するために使用したのは特殊な検査をしないと検出されないアンチモンだと認めたのです。

小笠原は25年前の自身の医療ミスを隠ぺいするために、懇意の厚生大臣を使い兵藤に解剖結果を捏造するように仕向けました。

研究院建設を目の前に、味方になってくれていた厚生大臣に頼まれた兵頭は、受け入れるしかありませんでした。

しかし、口封じが成功していた手術室のメンバー以外にその事実を知った人物がいました。

そして全てを告発しようとしていたその人物は、柚木の父でした。

そのことを知った小笠原はアンチモンを使い父を自殺に見せかけて殺害。

兵藤は父の解剖を行い自殺で処理するように言われますが、柚木の存在を知り事故で亡くなったと結論付けたのでした。

法医研を守るためにささげた兵藤の思いを受け入れることができない柚木。

そこへ、生前の兵藤から手紙が届きました。

兵藤の手紙には、激しい後悔と柚木と過ごした日々を守りたかったという兵藤の思いが書き綴られていました。

被害者たちの遺体からアンチモンが検出され、アンチモンを所有していた小笠原は任意で身柄を確保されましたが、柚木はアンチモンが致死量にはないと証言しました。

医者の言うことを信じようとしている安本の父の思い、法医学を守ろうとした兵藤の名誉。

葛藤の末、柚木は死因を病死と結論づけました。

柚木「俺には無理だった。」

和泉にそう言い残し立ち去る柚木。

柚木が客観的に判断できなかったのは自分のせいだと口にする中園。

そうではないのですが、中園は本気でこう思っていそうでした。

後日、釈放された小笠原の前に祥子の墓の前で謝罪をしてほしいと安本が現れました。

そして差し出された紅茶。

アンチモンを服用させられ苦しむ安本は、自殺用に入手していた青酸カリをポットに仕込んだと告げました。

絶命する二人。

自分のせいだと責任を感じ、退職を決意した柚木がいました。

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
大きなものに巻かれないのが柚木だと思っていたけど、柚木にとっての長いものは兵藤先生だったんだ。

ラマちゃん
ずっと小笠原の紅茶は印象的に使われていたわね。

それにしても篠井さん怖ーい。

ドラまる
ダークサイドに堕ちた柚木先生を救えるのは、もう中園しかいないね。

ラマちゃん
未知の毒が検出されないっていうのは『アンナチュラル』でも登場したわ。

アンチモンって新たな毒を知ったわ。

ドラまる
真っ黒くろすけな法医学研究院。

こんなグラグラな土台でゆるぎない解剖なんてできないよね。

ラマちゃん
一つの事件をキレイに解決するタイプのドラマじゃないことがわかったよ。

いや、ある意味解決したのかな?

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第6話あらすじ

2019年8月22日(木) 21:00時から放送のドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第6話のあらすじをご紹介します。

法医学の未来を守るため解剖結果をねつ造してしまった柚木貴志(大森南朋)は自責の念にかられ、「日本法医学研究院」を辞職。

その矢先、女性会社員が何者かに金槌で頭を殴られ死亡する事件が起こった。

しかも、遺体を調べた新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は、首元に残された「20P」という文字を見てがく然とする。

何を隠そう3年前、同じような犯罪の餌食となり、未だ意識が戻らない景の妹・優(黒崎レイナ)の首にもまた、「5P」という文字の痕が残っていたのだ!

 女性会社員の事件を担当した警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、現場近くで金槌を所持していた男・落合亮一郎(渋谷謙人)を連行。

だが、落合にはアリバイがあり、金槌の血液反応もない。

そんな中、解剖担当医として落合と対峙した景は、彼が挑発的に投げつけてきた“ある言葉”から、彼こそが妹たちを殺した真犯人だと確信し…!

 落合への憎悪をあらわにし、何としても犯行を証明しようともがくも、壁にぶち当たる景。

見かねた千聖は助けを求め、柚木のもとへ。

簡単には首を縦に振ろうとしない柚木だったが、このままでは自分同様に解剖医としての道を踏み外しかねない景を見て変心。

彼女を救い、今度こそ真実を明らかにしようとする。

だが、落合の有罪を裏付ける証拠は依然としてつかめず…。

やがて、事態はさらに悪化。

あろうことか、千聖が“絶体絶命の危機”にさらされてしまう――。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。

研究院のため、黒い道を進んでいた兵藤がまっすぐに立っていられる一縷の望みとなっていたのが、柚木との時間だったのですね。

しかし、そのことを知った柚木が兵藤と同じ決断を下してしまいました。

自身の父と同じく、人の目は気にせず正義感を持って解剖を行っていたはずの柚木にとって、兵藤の陰の部分はあまりにも大きく衝撃だったのだと思います。

しかし、その連鎖を断ち切ってくれるものとばかり考えていましたが、そうはいきませんでした。

そのことを自分のせいだと言える中園のことまでも裏切ってしまっているということを知ってほしいと思いました。

ドラまる
まさかの主人公が闇落ち。

中園が柚木を光のある方へ導いてくれるキーパーソンとなりそうだよ。

ラマちゃん
和泉も絶体絶命の危機に陥るのよ。

高橋!和泉を頼んだわ!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA