サイン―法医学者 柚木貴志の事件―|3話ネタバレと感想。短すぎる解剖に隠された真実とは。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年8月1日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話が放送されました。

ドラまる
「日本法医学研究院」の院長に就任した天敵の伊達に研究員に呼び戻された柚木。

この二人、今夜もバチバチしそうだね。

ラマちゃん
国民的歌手の北見の事件も進展があるかしら?

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話あらすじネタバレと感想

バーで起きた発砲事件。

死亡した被害者は暴力団員・千葉雄一(諫早幸作)。

被疑者は同じく暴力団員の伊沢明夫(高尾悠希)でした。

トカレフを使用した暴力団員同士の抗争だと警察は断定します。

一課長の座を狙っている和泉千聖(松雪泰子)に、事件の担当になった四課の刑事からの風当たりが強いようです。

次期総理大臣との呼び声高い島崎議員(小木茂光)の秘書・佐々岡充(木下ほうか)から研究員の院長に押された伊達明義(仲村トオル)は、島崎と会食をしています。

警視庁の入江を交え、何らかの裏取引きが行われました。

千葉の解剖に立ち会うことになった入江。

千葉の解剖が始まりますが、副院長の橘祐輔(淵上泰史)はわずか20分で解剖を終え捜査状況と一致したと結果を出しました。

そのことを聞いた柚木貴志(大森南朋)は、この事件に違和感を覚えます。

この違和感は高橋紀理人(高杉真宙)も動かしていました。

最近の暴力団は簡単に銃を使わない。

橘のパソコンにアクセスし、千葉の解剖所見のデータを盗んできた中園景(飯豊まりえ)。

新米ちゃん、ものすごい行動力ですね。

柚木は困惑しながらも、そのデータを確認します。

伊沢の仲間の原の元に高橋と和泉は向かっていました。

原は、伊沢は無実で真犯人に撃たれており、真犯人は「黒田」との証言を得ました。

その伊沢は、高橋の到着を待たず息絶えていました。

千葉が撃たれた現場に乗り込んだ柚木は、呼び出した和泉から真犯人が別にいることを聞かされます。

現場の柚木は血痕から、二発発砲され千葉を撃ち抜いたのはトカレフではないと断言しました。

組織ぐるみでの捏造の可能性を感じ取った柚木は捏造の証拠は伊沢の遺体の中に残されていると考えます。

伊沢の遺体は警察の力が働き解剖されないと聞いた中園は病室の鍵を閉め、自分が解剖を行うことに。

携帯で柚木の指示を仰ぎながら解剖を行うことになった中園。

死体損壊罪にならないためメスを使わず、ピンセットで体内から弾丸を摘出することになりました。

中園「あなたの死んだ理由を明らかにします。力を貸して」なんだか月9「朝顔」みたいですね。

取り出した弾丸は警察が使用している銃のものでした。

勝手に解剖を行った中園は謹慎処分になり、柚木は伊達に抗議しますが取り合ってはくれませんでした。

柚木は実家に戻っていた中園を呼び出し、再び現場に向かい第3の男がいたというサインを探します。

中園が覚えていた伊沢の右手に見つけたケガから、ビリヤードの玉についた血痕を見つけました。

黒田ではなく黒川と言う警部補を見つけ出した高橋は、和泉に報告します。

和泉は自身の出世と引き換えにしてでも黒川警部補の事情聴取をすることに決めました。

拳銃の弾丸を無くしたと言う黒川。

千葉達が所属していた暴力団の運営する裏カジノに出入りしていた黒川は、ガサ入れの情報を横流ししていたことをネタに伊沢と千葉に恐喝されていました。

ビリヤード玉に残っていたのは、警察受勲者が持っている腕時計のシリアルナンバー。

黒川が所持していた時計のシリアルナンバーと一致しました。

四課の本郷警部補も裏カジノに出入りしていたため、黒川の犯行を隠ぺいしようとしていたのです。

「どこもかしこもトカゲのしっぽ切り。」柚木のその問いに伊達は「無力さゆえに大切なものを失ったことはあるか?」と返答しました。

伊達も何かを失った経験がありそうですね。

伊達から中園のIDを返してもらった柚木は、実家に向かい中園に明日から出勤するように指示しました。

スポンサーリンク

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
新米解剖医と新米刑事が二人とも頑張っているわね。

意外と勘のいい二人よ。

ドラまる
ちょっと強引な展開だったかな。

勢いがあっていいけどね。

ラマちゃん
本当に綺麗で見惚れちゃう。

でも確かに管理官の服じゃないかも(笑)

ドラまる
僕もテロップを二度見しちゃったよ。

クライマックスが長いのかな?

スポンサーリンク

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第4話あらすじ

2019年8月8日(木) 21:00時から放送のドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第4話のあらすじをご紹介します。

過去に「慶徳小笠原病院」で起きた医療ミス事件で、「日本法医学研究院」が解剖結果をねつ造した――そんな不穏かつ執拗な書き込みが「日本法医学研究院」のホームページで見つかった。

ひどく狼狽した院長・伊達明義(仲村トオル)は前院長・兵藤邦昭(西田敏行)に連絡。

報告を受けた兵藤も動揺を隠せず…。

 そんな中、奇妙な事件が起こる。2人の男性がほぼ同じ時刻に別々の場所で、突然倒れて死亡したのだ! 

警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は正確な死因を突き止めるため、「日本法医学研究院」へ。

柚木貴志(大森南朋)と中園景(飯豊まりえ)はさっそく遺体を解剖するが、特に異常は認められず、心不全としか診断できない状態だと分かる。

そんな状況下で千聖らがなぜ事件性を疑うのか、不審がる柚木…。

だが、死んだ2人の職業と勤務先を聞いた途端、柚木は顔色を変える。

2人は医師で、共に勤務先は「慶徳小笠原病院」――何を隠そう、今は亡き柚木の父も同じ病院に勤めていたのだ!

 やがて、死んだ医師らと親しくしていた元看護師が、1週間以上前から失踪していることが判明。

一方、柚木のもとには「やすもとしょうこ」と名乗る人物から、ネットの書き込みと同じように「日本法医学研究院」の解剖結果ねつ造を暴露する封書が届き…!? 

次々と起こる想定外の事態、なかなか見えてこない真実…。

そんな中、柚木を奈落の底へと突き落とす“あってはならない出来事”が起こってしまう――!

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

新米の中園の行動力に驚きの連続です。

データは拝借するし、勝手に解剖を進めるし、真実を隠ぺいされないためですが猪突猛進が過ぎて心配になってしまいます。

結果、警察内部の人間の犯行が判明したのですが、中園以外に気になったのは和泉管理官のオーラ。

捜査に出向いているのにあの存在感は何でしょう。

綺麗すぎますね。

今回は北見の事件は動きがなかったけれど、怪しい女性・島崎楓(森川葵)と関係のありそうな島崎議員が登場しましたね。

ドラまる
展開が早くて、突っ込みながら見てたけど、なんだかんだ言って引きこまれちゃうドラマだね。
ラマちゃん
もう、クライマックスの文字が躍っているけど、「日本法医学研究院」はどうなるのかしら?

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA