サイン―法医学者 柚木貴志の事件―|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/18配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話(2019年7月18日放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月18日(木)放送終了後〜2019年7月25日(木)19時00分

までは見られるよ!

もし、すでに見逃し動画配信が終了してしまっている場合は、以下の無料視聴方法がおすすめです!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、U-NEXTとビデオマーケットとビデオパスで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料、ビデオパスは30日間無料となっているので、この3つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

ビデオパス無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の配信は以下のようになっています。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
7月を例に出すと、7月1日〜7月31日が無料期間になります。

仮に7月29日に登録をしてしまうと、無料期間は7月31日までの3日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

ビデオパスの詳細解説

ビデオパスは、携帯電話で有名なauが提供する動画配信サービスです。

見放題作品は約10,000本ということで他のVODサービスに劣りますが、月額562円(税込)というVODサービスの中でも最安値水準かつ、540円相当のビデオコインが毎月付与されるというコストパフォーマンスの良さが最大のポイントでしょう。

国内のドラマに関しては、テレビ朝日系列の作品の充実度が高めというのも、ひとつの特徴です。

初回登録後、30日間の無料キャンペーン期間が設定されているのもうれしいですね。

もちろん、無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

初回登録時にも540円相当のビデオコインをもらえます。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』は見放題作品になりますので、30日間の無料キャンペーン期間中であれば見逃し回を無料で見ることが出来ます。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法3

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年夏ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじ

2019年7月18日(木)放送のドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじを紹介します。

殺された国民的歌手・北見永士(横山涼)の司法解剖をめぐる騒動を受け、国立大学の法医学教授だった伊達明義(仲村トオル)が「日本法医学研究院」の新院長に就任。

北見の死因について、伊達の解剖結果とは異なる“窒息死”を主張した解剖医・柚木貴志(大森南朋)は、埼玉中央医科大学に飛ばされてしまった。

あれから1カ月――。

新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)は柚木の弟子になりたい一心で、埼玉へ。

なんと、北見が窒息死だったと証明できる唯一の証拠品=青い繊維を「日本法医学研究院」から盗み出し、柚木のもとへ持ち込む! 

だが、柚木は「それだけでは何の意味もない」と言い捨て…。

その矢先、埼玉の山中で若い女性の首吊り死体が見つかった! 

遺書もあったことから、自殺の線が濃厚かと思われるが、解剖した柚木は胸部の奇妙なアザに注目。

徹底的に調べた結果、「自殺に見せかけた他殺」と結論づける。

一方、都内でも若い女性の首吊り死体が発見され、「日本法医学研究院」で伊達が解剖に着手することに。

奇しくも、その胸部にもアザが認められるが、伊達はある事情から早々に解剖を終了。

「首吊りによる自殺で間違いない」と言い切り…!?

同じ頃、警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は連続放火事件を捜査。

空き巣の前科があるタクシー運転手で、埼玉在住の須賀原学(柾木玲弥)に目を付ける。

だが、管理官の和泉千聖(松雪泰子)から「物証もないのに、前科者というだけでマークはできない」と、突き放されてしまい…。

そんな中、さらなる事件が発生! 

あろうことか、埼玉で新たな首吊り死体が立て続けに発見される――。

番組公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みかん
2話の予告を見ただけでも、緊迫感が伝わってきました。

柚木役の大森南朋さん、伊達役の仲村トオルさんの厳しい顔がとっても素敵で、2話も早く見たいと思いました。

1話の常識を逸した独断・行動のせいで厄介払いされてしまった柚木ですが、その経験と実力によって2話でも超スマートな解剖をしてくれると期待しています。

伊達は1話の遺体から見つかった繊維が紛失したことで、どこか落ち着かない日々を過ごすことになるでしょうね。

1話の解剖結果に納得がいかなかった柚木と中園の2人には、何とか真実を証明できる日が来ればいいと願っています。

ペンネーム:みかん(30代・女性)

でつ・
正しく解剖した柚木に言えない何かがあるわけですが、なぜ伊達は院長を脅してまで遺体解剖の真相を隠ぺいする必要があるのか?

院長は何を言われたのか?本当に辞職してしまうのか?

柚木の熱意に負けて元婚約者である和泉も上司に再捜査を依頼してくれたり、協力者も出てきてので、中園達と頑張って闇を乗り越えて真相を明らかにし、真実がご遺族に伝わったらいいな、と思っています。

日本の解剖医と警察組織の癒着のような物がこれから展開されていくのかと思うと少しドキドキします。

和泉との関係も少しずつ垣間見えたら嬉しいなと思いました。

ペンネーム:でつ・(40代・女性)

彼方
柚木の解剖結果を聞き、柚木に自分の運命をかけようと考えた兵頭でしたが、伊達に言われた「日本法医科学研究院の未来がかかっている」の言葉に、兵頭は柚木を守りきることが出来ず伊達の言いなりになってしまい、柚木は厄介払いされて埼玉中央医科大学に飛ばされてしまいましたが、そこにやってきた中園が持っていたものは柚木が北見を解剖した時に見つけた、窒息死した証拠の「青い繊維」で、これをきっかけにまた伊達と柚木の闘いが始まりそうな予感がします。

伊達は全ての北見の証拠品。処分するように言ったのは、足元をすくわれないためにでしたが、肝心の「青い繊維」は中園によって持ち出されたので、突き止めて何とか証拠隠滅を図ろうとするのではないかと思います。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

たまうさ
法医学研究院と地方の医科大学分院に離れ離れとなり、柚木と伊達が交わることは無いと思われた。

しかし、二人の前に同じ死に方をした死体が持ち込まれ解剖を行う。

解剖の結果、柚木は殺人と断定し、伊達は自殺と断定した。

同じものを見て違う結果を見る。

どちらが真実なのか。

また柚木の解剖所見は伊達に覆されるのか。

柚木と伊達の対立とともに、毎回起きる事件の真相究明の展開に期待している。

柚木と新人解剖医の中園との丁々発止も楽しみである。

それと北見殺人事件の真相が徐々に解き明かされていくと思うが、どの様に進展していくのか待ちどうしい。

ペンネーム:たまうさ(60代・女性)

日本の修行者
次回は、あれ?新人女医が監禁されて…。

別の事件が始まってる!

新人「私の知ってる世の中で悪い事をすれば、必ず報いを受けるんだよ!」。

大変なことになりましたね。

そして、自分しか信じない柚木さんにとって、大変な?プレッシャーが。

次回予告によると、柚木さんが助けに行ったみたいですが。

がんばって下さい!

あの兵藤院長が言っていましたが。

「負けんなよ!負けんなよ!」。「日本の法医学界の未来は、柚木先生の双肩にかかっているんだからね。」。

そんなセリフで、ごまかされないぞ!

負けたら殺されちゃいかねないぞ!

柚木さん、がんばれ!!

ペンネーム:日本の修行者(40代・男性)

じんべい
伊達が日本法医学研究院の院長になり、柚木は他所の大学へと飛ばされてしまうようです。

事件に巻き込まれた形の中園が彼を追ってきます。

中園は柚木のどこが気に入ったのかわからないけれど、自ら危ない橋を渡ろうとするのはどうかと思いますが、これで本作のヒロインは和泉でなく中園で決定ですね。

一方、柚木は大学で検死官として、いろいろな事件を解決していく展開になりそうです。

そうやっているうちにいずれ北見の事件とつながるのか、それともスキルを磨くことで伊達に逆襲するのか、今後のストーリーが見えてくる第2話になりそうです。

ペンネーム:じんべい(50代・男性)

2019年夏ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

momon

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

柚木がいる埼玉中央医科大学に一人の女性の首吊り遺体を解剖することになりました。

誰かがロープで首を絞めて殺害した後、自殺に見せかけて首吊りのようにしたと思った柚木は他殺の方向で話を進めるように伝えました。

伊達がいる東京でも同じような遺体が発見され、伊達が解剖した結果は自殺だと判定したのでした。

同じような場所に跡が残っているのを見た和泉は、同一犯の犯行ではと思い、柚木を尋ねることになりました。

連続殺人だと思っていた矢先、もう一人の女性が殺されているのを見つけてしまいます。

柚木と中園は東京へ向かい、柚木は解剖し、中園は犯人と接触した可能性があるため、指紋を取ってもらいに東京へ行ったのでした。

タクシーでやってきた中園に対して、すぐに帰れと柚木が言ってきたため、中園はタクシーの運転手がまた乗せて帰ってくれると言ったため、一緒に帰っていたのでした。

すると、犯人が特定された結果、タクシーの運転手だと分かったのです。

柚木は中園がタクシーで帰ったことを知っていたためすぐに連絡すると、気づかれたと思った犯人は中園を縛り付け、首を絞めて殺そうとしてきたのです。

中園は逃げることに成功し、危機に陥ったときに柚木が助けてくれたのでした。

柚木は伊達から大学に戻ってこないかと誘われるのでした。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

柚木が帰れと言ったせいで中園がタクシーに乗ることになり、危険な状態になってしまったので、柚木が一生懸命探してくれて中園を助けてくれたのが良かったです。

すごく冷たい言葉を掛けてしまう柚木ですが、本当はすごく優しい人だと思うので、なぜいつも冷たくしているのか、すごく不思議です。

柚木が中園を助けてくれたときに上から落ちてしまったのですごく心配して泣いている中園だったので、柚木が目を覚ましてくれて本当に良かったと思いました。

中園は犯人から首を絞められてしまったときはもう誰も助けに来てくれないのではと思ったのですが、柚木が来てくれたので本当にかっこよかったです。

ペンネーム:momon(20代・女性)

みかん

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

若い女性が首吊りをした状態で発見される事件が続いて起きます。

そのうちの1人を伊達が、また別の遺体を柚木が解剖することになりました。

伊達は自殺と断定、柚木は自殺に見せかけた他殺と断定しました。

それらの遺体には快楽殺人犯がつけたと思われる、ある刻印がされていました。

警察はそのことから連続殺人の可能性ありとして捜査をします。

高橋が怪しいと睨んでいた前科アリの人物が、犯人だとわかります。

しかしそのとき犯人の車には、中園が乗車していました。

柚木が中園にかけた電話から、犯人はバレたことに気付き、中園を殴打します。

今にも殺されそうなときに柚木が現場に到着し、中園は助かったのでした。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

1話同様、面白かったです。

このドラマの1番の魅力は、ドキハラ感、スリルがあることだと思います。

ちょっとした描写でも、まるで映画を見ているようなドキハラ感・スリルを味わえます。

その感じが、クセになって「また見たい」という印象を与えられていると思います。

2話は1話と違って、解剖シーンにグロがなかったように感じました。

内臓が映りませんでしたしね。

この点はグロ苦手としましては、1話より見やすかったです。

まさか2話で柚木がまた東京へ戻ることになったことは、驚きでした。

最終話一歩手前くらいまで、埼玉で頑張るのかと思っていました。

良く思っていない伊達の元で働くことになって、気の毒に思います。

ペンネーム:みかん(30代・女性)

kouasami

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

現在、伊達が日本法医学研究院の院長に納まっています。

柚木の方は、埼玉中央医科大へ飛ばされました。

中園は、柚木の後についてきています。

埼玉の山中で、女性の首を吊った死体が発見されました。

早速解剖を行なった柚木は、自殺に見せかけた他殺だという見解です。

一方伊達の解剖結果は、自殺という見解でした。

そのうち、連続して女性の首吊り死体の発見が続きます。

須賀原学という前科持ちのタクシー運転手の存在が浮上してきます。

死体発見現場にいた中園が腕を掴まれた相手は、須賀原でした。

須賀原の運転するタクシーに乗車した中園は、その後、命の危険に晒されます。

危ないところで柚木が助けにきました。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

中園景が、犯人の須賀原に追いかけられるシーンは、手に汗握る思いでハラハラさせられました。

逃げていたのに行き止まりになってしまい、あれよあれよという間に、首吊り状態にされてしまった中園の姿にはショックを受けました。

さらに中園がロープで締め上げられ、そのまま首をうなだれてしまうところは、かなり衝撃的な場面でした。

ギリギリのところで現れた柚木の存在には心からホッとさせてもらえました。

見事に犯人に立ち向かっていき、もろとも下へと落下してしまった時は驚きましたが、しばらくすると立ち直ってくれた姿に、また嬉しくなりました。

頼り甲斐があるし、口はキツくても、心から中園を心配して駆けつけてくれる柚木の優しさが心に沁みました。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

彼方

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

東京で女性の首吊り死体が発見される。

解剖を行ったのは「日本法医学研究院」の院長・伊達だった。

彼は胸の上にあるアザに気づいたが、解剖を見物していた人間が、それを見つけた時にざわついたのを横目で確認し、何か裏があると思い「自殺」と結果を出す。

一方、埼玉の山中でも女性の首吊り死体が見つかる。

解剖には柚木があたったが、その女性もまた胸の上にブラックライトをあてると奇妙なアザが見つかる。

遺体の首の跡なども見て、柚木は「自殺に見せかけた他殺である」と断言するのだ。

埼玉の山中で首をつっていた女性の遺体があった場所に、柚木の助手の中園は足を運び、女性の気持ちを偲んで花を手向けていた。

すると背後から中園は腕を掴まれたのだった!

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

伊達と柚木が女性の首吊り死体に対して全く別の解剖結果を出したところ面白かったです。

明らかに伊達は解剖している時にアザに気づいていながらも「自殺」と結果を出すところや反対に柚木は「解剖しなければ何もわからん!」と言い、丁寧に解剖していくところは相反していてとても面白い!

女性の首吊り死体がゾクゾク増えていき、どれも胸の上にアザがあり、「連続殺人事件」だと警視庁の和泉が柚木に連絡を入れるところもハラハラしてきて良かったです!

柚木が中園に「ゴミ」扱いするものの、中園が亡くなった人のために、無念を晴らすために解剖をしたい!という気持ち、私にはとても響いてきて良かったです。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

むんりば

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

一方では自殺と断定した伊達と自殺に見せかけた他殺と見抜いた柚木は同じ胸の痣を見つけながら政治家の前での解剖で所見が狂うのはやはり実力の差でしょうか。

次々に同じような死体が発見されて連続殺人事件となり本格的に動き出す警察でしたが、手がかりをつかんだのは和泉の部下の高橋でした。捜査していた別件の放火事件の容疑者こそ1件目の被害者をストーカーしていたタクシー運転手だったのです。

そのタクシーに景が乗り合わせて気が付いた時には拉致されてしまいます。

被害者の爪に入っていた金属粉から殺害場所の特定ができた柚木は景を救出に向かいます。間一髪のところで無事助けられた景。

その功績から日本法医学研究院への復帰を打診されるが、柚木は断り伊達との対決姿勢を示すのでした。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

初回は埼玉に移動になったいきさつとドラマ全体の大きな謎を投げかけた回でしたが、今回は本格的に事件に関わる話で見ごたえがありました。

特に導入部分の比較描写がわかりやすかったです。

また、犯人役の俳優さんの最初と最後の猟奇的な演技がよかったです。

景が解剖医になったいきさつもわかり少しずつですが、柚木と景の師弟関係の距離が縮まってきているようにみえました。

柚木と景が殺害現場に行くシーンがありましたが、実際に解剖医が警察の立会いなしに行けるものなのかが少し疑問でした。

所見をあやまった伊達はなぜ平然としていられるのかは柚木の手柄を横取りしたと考えていいのでしょうか。

ペンネーム:むんりば(50代・女性)

つりゅう

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじネタバレ

中園が氷見殺しの犯人の決定的証拠を持ち出したと柚木が知るが馬鹿かと取りあわない。

一方、東京と埼玉で胸に赤い痣がある女性の絞殺死体が見つかる。

埼玉の死体を解剖した柚木は自殺に見せ掛けた他殺だと鑑定する。

一方、東京の板橋区のアパートで見つかった遺体を伊達は早々に解剖を切り上げ、首つり自殺だと鑑定する。

厚労大臣も見学していて拍手する。

他方、放火のあった前科のある高校の卒業生のタクシー運転手が疑われていた。

中園は柚木に他殺と鑑定した根拠を尋ねると、これだけの太さの幹の木から吊るしたとすれば椎骨動脈が絞められて、うっ血点が異なると言い、誰かがクビを絞めてから吊るしたと言う。

埼玉の女性の遺体で和泉が他殺の推定を柚木がしたと伊達に伝える。

柚木を和泉が訪れると埼玉の所沢でも女性の変死体が出たと言う。

柚木は中園と遺体発見現場に行く。

すると高橋は他人に腕を掴まれたと言うと中園は柚木に検査を依頼する。

中園は妹も殺されたと言うと、私情を挟む人間は要らないと柚木は中園を退ける。

高橋が調べると遺体の身元者は明修院高校から予備校に通っていた。

遺体から金属の粉末が検出される。

入間市でまた、女性の首つりが死体が見つかる。

マリのことで高橋は母に会うと高校大学の同級生に付きまとわれていたと言う。

他方、高橋の腕に付着していた指紋が前科者の菅原28歳のものだった。マリと同級生だった。

高橋は埼玉から東京に行く時、菅原のタクシーに乗ったと言う。

そして、東京から埼玉の帰りに中園は菅原のタクシーに乗っていた。

柚木は中園に電話し犯人の車に乗っていると伝えると菅原は急停車し、バレたかと言う。

中園は菅原にクビを絞められるが、柚木に救われる。

野村大臣は法医学研究費の予算を増やすと言う。

伊達は柚木を元に戻すと言うが柚木は断る。

埼玉の研究室の人間を増やして欲しいと言う。

柚木は事実を知りたいので、邪魔をするなら叩き潰すと伊達に言う。

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の感想

中園が妹の死を他殺だと信じ、司法解剖が行われていたら真相が究明されたかも知れないと悔しがったことで、法医学を志した真意がわかり、同情しましたが、柚木が私情を挟む人間は要らない等と馬鹿にした態度をとるのが、中園にとっては気の毒ですが、やがて中園は柚木の強力な右腕になる予感がします。

今回も高橋刑事が遺体発見現場で誰かに腕をつかまれたので、中園が衣服に指紋が付いているかも知れないと言ったのが、犯人への足掛かりになったのは確かです。

一方で、伊達の杜撰な司法解剖には呆れます。

前回、伊達は柚木に向かって真実は勝者に与えられるものだと言い放ったのですが、真実が権力闘争の道具でしかないと考えているようで、理解に苦しみます。

しかし伊達は柚木の実力を評価し自分の勢力下に取り込みを図るようですが、高橋刑事、和泉と柚木のコンビには、伊達の鼻をあかして欲しいです。

ペンネーム:つりゅう(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
第3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』見逃し動画をお得に見る方法3

コメントお待ちしています!

CAPTCHA