サイン―法医学者 柚木貴志の事件―|2話ネタバレと感想。紀理人が活躍!和泉との絡みも軽快。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年7月18日(木)にドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第2話が放送されました。

ドラまる
遺体を運び出して強引に解剖を行った柚木は、早々に日本法医学研究院を追い出されてしまったんだ。
ラマちゃん
伊達明義の魔の手にまんまとはまっちゃったのよね。

新人解剖医の中園景が味方になって、大きな悪に立ち向かうわよ。

こちらの記事では、ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第2話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第2話あらすじネタバレと感想

国民的人気の歌手・北見永士(横山涼)の死因に不信を抱いた中園景(飯豊まりえ)は、柚木貴志(大森南朋)のいる埼玉中央医科大学に元に向かいました。

そんな中、森林の中で首吊りした変死体が発見され、柚木は解剖を行うことになります。

東京では伊達明義(仲村トオル)が兵藤邦昭(西田敏行)を追い出し「日本法医学研究院」の新院長に就任していました。

伊達は板橋区で見つかった首吊り遺体の解剖を行います。

柚木が解剖している遺体と所見が一致していました。

が、伊達は自殺と、柚木は他殺と断定します。

溢血点から自分で首を吊ったのではなく、何者かに首を締められてから自殺に見せかけられたのではないかと主張しました。

板橋区で起きた連続放火事件について捜査を進める高橋紀理人(高杉真宙)は、空き巣の前科があるタクシー運転手で、埼玉在住の須賀原学(柾木玲弥)に目をつけます。

捜査で埼玉に向かった高橋は、偶然こちらでも起きていた首吊りの事件のことを知ります。

板橋と埼玉で犠牲になった二人に同じような痣があり血中から睡眠導入剤が検出されたことから連続殺人の可能性が浮上しました。

和泉千聖(松雪泰子)は柚木の元に向かい、他にも同じように痣を持つ遺体が発見されていることを告げました。

事件現場となった森の中で手を合わせる中園は、何者かに襲われそうになります。

結果、捜査に来ていた高橋だったのですがフードをかぶってたら怪しいと思いますよね。

さらに4人目の被害者と思われる遺体が見つかってしまいました。

一緒に捜査をすることになった中園は高橋から森林で腕をつかんだ人物が高橋ではなかったと知らされます。

容疑者Xが森林にいたことになります。

一週間も放置されていた第4の遺体の解剖を行う柚木は、指先に金属の粉末を見つけます。

連続放火の事件を思い出した高橋は被害者の共通点を見出しました。

中園の上着についていた指紋と一致した人物は高橋が放火犯として最初に目をつけた須賀原でした。

東京で見つかった遺体女性のストーカーをしていたのです。

遺体につけられていた痣は須賀原と被害者の出身校のカレッジリングでつけられたものでした。

埼玉で殺害された3人の事件は、東京での殺人の練習のために行われたと言います。

須賀原の運転するタクシーに乗車していた中園は、犯行を気づかれたと悟った須賀原に襲われてしまいました。

目を覚ました中園は手足を縛られ、須賀原から事件の真相を聞かされます。

柚木は被害者の指先に付着していた金属から、工場を特定しようとします。

中園のいる工場を発見した柚木は、須賀原ともみ合ううちに高い足場から転落してしまいました。

かなりの石頭の柚木は無事でした。

犯人が逮捕されましたが、一連の事件で死因を他殺と断定したのは柚木だけだったことがこの連続殺人を許してしまったのだと、激しく憤る中園がいました。

東京では伊達に「日本法医学研究院」に戻るように打診されますが、柚木は埼玉優秀な解剖医を増員するように条件を出します。

柚木先生が戻るということは中園も戻るのでしょうか?弟子ですものね。 

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第2話ネットの反応や感想

ドラまる
敢えて自分の痕跡を残すのは「アンナチュラル」の中堂さんも刺激しちゃいそうだね。

ラマちゃん
今日もパワハラ大王は健在。

でも、遺族に寄り添う優しい心も持ってるなんて、ずるいわ。

ドラまる
紀理人くんは、今日はお手柄だったね。

相変わらず和泉管理官に生意気だけど可愛いよ。

ラマちゃん
女性刑事、それも管理官なのにとっても素敵♡

ドラまる
東方神起は、こういうドラマにピッタリな曲が多いね。

曲がかかるとドラマは終わりなのに心がドキドキしちゃうんだ。

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tverはこちら

テレ朝キャッチアップ

一週間以上経ってしまった場合は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話あらすじ

2019年8月1日(木) 21:00時から放送のドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第3話のあらすじをご紹介します。

「日本法医学研究院」院長の伊達明義(仲村トオル)直々の指名で、解剖医・柚木貴志(大森南朋)は新人の中園景(飯豊まりえ)が担当する司法解剖に立ち会うことに。

その裏で、伊達は副院長の橘祐輔(淵上泰史)を呼び出し、警視庁組織犯罪対策四課から託された射殺体の解剖を依頼する。

被害者は暴力団員・千葉雄一(諫早幸作)。

千葉は歓楽街のスナック店内で、腹部と眉間を撃たれて死亡。

被疑者の暴力団員・伊沢明夫(高尾悠希)は逃走中だが、現場にあった薬莢から凶器はロシア製トカレフで、組員同士の抗争だと推測されるという。

説明を受けた橘はさっそく解剖を開始するが、どういうわけか、わずか20分で終了! 

捜査内容および現場の状況と一致する、との結論を述べる。

 話を聞いた柚木は、あまりにも短時間すぎる解剖に疑念を抱き、解剖所見を見せるよう食い下がる。

だが、橘はこれを拒絶。

しかも、この解剖には不可解な点がほかにもあった。

被害者の遺体はなぜか即座に、遺族のもとへ返されたというのだ――。

 時を同じくして、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)も、千葉の殺害方法や四課の捜査体制に違和感を覚えていた。

2人は真相を突き止めるため、裏ルートを駆使した独自捜査を敢行。

やがて、明るみになればすべてがひっくり返るような“とんでもない事件の内幕”にたどり着く! 

一方、柚木は千聖に協力してもらい、景とともに事件現場となったスナック店内に潜入。

飛び散った血痕の状況から、“ある矛盾のサイン”を嗅ぎ取るが…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『サインー法医学者 柚木貴志の事件ー』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。
東京と埼玉で起きた自殺を連続殺人へとつなげていく様は、流れるようで柚木の有能さを際立たせるのに十分でした。

そして、案外優秀だとわかったのは紀理人でしたね。

一番最初に真犯人にたどり付いたこともそうですし、怪しい(笑)扮装をして現場を捜査していたのも事件のいち早い解決に貢献していたのではないでしょうか。

和泉管理官とのやりとりも、管理官がタジタジになってるのが面白いですね。

ドラまる
柚木は伊達の鶴の一声で再び「日本法医学研究院」に戻ることになったんだね。

研究院に戻っても、柚木は相変わらずなパワハラ大王のようだよ。

ラマちゃん
次週はお休みなので、再来週柚木の暴走を楽しみにしましょう。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA