ノーサイド・ゲーム|7話ネタバレと感想。里村を快く送り出すアストロズに感激!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年8月25日(日)「ノーサイド・ゲーム」7話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
七尾が加入して、浜畑とポジション争いをする。その浜畑にサイクロンズの津田が接触。

浜畑は、どんな選択をするのでしょうか。

ラマちゃん
タンカー座礁事故事件とカザマ商事とは関係がないと結論がでる。

どういう展開になるか楽しみですね。

七尾は、ポジションが被る浜畑と里村のコンビに勝てない。サイクロンズの津田が浜畑に接触。君嶋は、研究所の星野から、カザマ商事のオイルとタンカー事故は関係なかったと聞かされ.....。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』7話あらすじネタバレと感想

七尾が加入したアストロズ、浜畑、里村の2枚看板にはまだ到達できていなかった。その浜畑に、サイクロンズのGM・鍵原が接触していた。

七尾は、府中工場に転籍になることを、藤島たちに報告し、藤島は、浜畑は、アストロズの看板選手で、簡単にはポジションを奪えないと忠告。七尾は奪って見せると言いエールを送られる。

君嶋は、カザマ商事のオイルとタンカー事故との関係が気になり、トキワ自動車研究所の星野を尋ねる。

星野は、白水商船から直接依頼のあった森下教授から、カザマ商事のオイルとは関係がないとの結論を得たと言い。自分の分析の結果で、君嶋を惑わしたことを謝る。

星野は、海外事業部の藤島から、ホテルのラウンジで、浜畑とサイクロンズの津田が会っているのを見かけたと聞いたと君嶋に伝える。

津田は、浜畑に、最終節の大胆なプレイが、全盛期の浜畑だったと、来年開催のラグビーワールドカップに選手として出るためにも、サイクロンズにこいと力強く言う。

君嶋は、引き抜きなんて卑怯だと家に帰って愚痴をいう。妻・真希は、あなただって、少し前まで、本社に戻ろうとしたと諦めなさいと言われてしまう。

君嶋は、浜畑に、昇給を考えたが今のアストロズでは今が限界と伝える。浜畑は、アストロズの看板であり、チームの皆が背中を追っていると言い、去らないで欲しいと頭を下げる。

浜畑は、サイクロンズのことなら断ったと。津田に、アストロズで優勝するのが夢だから、それを追いかけたいと、日本代表は、アストロズにいて勝ち取ると宣言していたのであった。

それを聞いた君嶋は安堵し、浜畑は練習に向っていった。

君嶋は、日本蹴球協会の会合で、サイクロンズの鍵原に、シーズン初めに卑怯な手をと文句を言い、オファーは失敗に終わったと嫌味を言う。しかし、鍵原は、オファーは成功したと。

里村が、アストロズをやめて、サイクロンズに行くと言い出す。津田は、里村が、アストロズの攻守の要だと、これで、かなりの戦力ダウンになると分析する。

この時期に里村が抜ける穴は、立て直す時間もないと柴門は言う。

唯一、里村を引き止めるためには、リリースレターで承諾しなければ、1年間プラチナリーグの試合に出れないと。それを使うか使わないかは、GMの君嶋にかかっていると柴門。

選手たちも、里村が辞めることに不満があり、君嶋に承諾書を出さないようにと迫ってくる。佐々は、里村に相手にされなかったことが悔しく、遅くまで練習する。

君嶋は、里村に、皆が優勝を目指して頑張っているこの時期にやめるのは社会人としてどうかと、会社がどれだけ、費やしてきたのかを考えて欲しいと。もし、やめるなら、承諾書はだせないと。

里村は、おれが、リーグ2位にしてやったのに、日本代表のおれに承諾書を出さないとは、日本ラグビーに対する冒涜だと怒る。承諾書がなくてもアストロズを辞めると言い放つ。

里村は、ロッカールームで悔しがり、選手たちは、かってにやめるのだから、承諾書をもらえないのは当然だと噂する。浜畑だけが心配して見つめる。

津田の魂胆は、里村がアストロズから抜け戦力ダウンになればと思っているだけだと柴門は分析する。君嶋は、選手を道具に使いやがってと怒り、浜畑は、簡単に断ってくれたのにと。

柴門は、浜畑だって簡単に決めてないと。特に、ピークを過ぎた浜畑なら、1年どこでプレイするかは、重要な問題だと、君嶋に説明する。

里村は、職場でも、アストロズをやめるなら、今まで優遇してきたが、仕事をやってもらうと多量のマニュアル作りの仕事を押し付けられる。

博人は、努力が認められBチームに入ることができたが、その代わりになった友達がジュニアをやめると言い出し、落ち込む。真希は、簡単に割り切れないと賛同する。

カザマ商事のゴルフ場建設反対のデモがまた府中工場に押し寄せる。君嶋が対応させられ、建設が中止になったはずとデモ隊に言うが、またやっていると怒りの声があがる。

府中グリーンカントリークラブの担当青野は、デモが収まったので、工事を再開したと君嶋に言う。青野は、アストロズ特に里村には期待していると、頑張って欲しいと。

佐倉が、ジュニアを調べると、博人の代わりになった友達がやめる理由は、引っ越しするからだと分かる。博人は、その子が、引っ越ししてもまたラグビーをやると聞き喜ぶ。

君嶋は、本社に行き、脇坂から、カザマ商事の買収のデューデリジェンスが終わり、正式に決まりそうだと、いよいよ滝川社長の誕生だと。

滝川常務は、風間社長を訪ね、デューデリジェンスが終わり、問題なかったと告げる。社長の椅子に座りこれが社長の椅子かと笑う。一人で行きたいとこがあると、一人ディナーを食べる。

里村は、怒りながらマニュアル作りの残業を一人していた。浜畑が、家族だから手伝うと言い、他のチームに行っても応援していると思いを伝える。

本波が辞めたあとを継ぐ友部は、岸和田と居残り練習しながら、本当に自分で良いのかと、タックルで捕まえる自信がないとこぼす。


里村が現れ、友部にもっと良く見ろと、実践で相手してやると。友部に、何本もタックルをさせ鍛える。最後に、友部が里村を捕まえ、里村は、その感覚を忘れるなと激励する。

その、友部と里村のタックル練習を、選手たちは観ていて、皆口々に、里村さんがと感激をする。

佐倉は、里村さんが辞めるのは明日だが、承諾書はどうするかと君嶋に問う。君嶋は、相手の戦力を上げないことと、選手たちの気持ちを考えれば、承諾書は出せないと語る。

里村は、ロッカーを片付け、練習場で一礼してひっそりと去ろうとするとライトが点き、アストロズの選手たちと、柴門、君嶋がゆっくりやってくる。

君嶋は、わがまま放題して、ひっそりと去ることなんて許されないと言う。

岸和田が里村の前に出て、里村がいなくても、サイクロンズを倒して優勝する。どこに行ってもいいが、アストロズに恥ずかしいプレイだけはするなと。餞別があると君嶋にお願いする。

君嶋は、自分の役割は、アストロズを勝たせることだと言い、それを阻害するものは排除しなくてはならないと語り出す。

君嶋は、事前に、浜畑に声をかけ、いっしょに戦ってきた仲間のことだから、チームで一度話をしたいと言ったのであった。

浜畑が選手を前に、自分もサイクロンズに誘われたが、より良い環境を求めるのは選手としては気持ちが分かると切り出す、世界で戦おうとする里村を応援しようではないかと問う。

岸和田は、1年間プレイできないとなると、里村個人も、日本ラグビーとしても損失だと。里村がいるサイクロンズに勝ちたいと。全員立ち上がり賛同する。

君嶋は、戦略的には間違っているが、自分の考えも同じだと言う。これが、アストロズの戦い方だと。

君嶋は、承諾書を里村に出して、これが皆で決めたことだと持って行けと言い、里村に渡す。「サイクロンズでの検討を祈る」と君嶋。

浜畑が、里村の前に立ち、拳をあげて、里村の胸をつく、その熱い思いに、里村は思わず涙を流す。里村は、「みんなすまん」と言う。

君嶋は、里村の抜けた穴は大きいともらす。柴門は、里村が出て行った理由は佐々だと語る。佐々が1年で成長しており、佐々の方がアストロズに合っていると里村は判断したと。

七尾の加入で、佐々に磨きがかかり、七尾も浜畑に刺激を受けていると、全員でやるのがアストロズだと。優勝を目指すのではなく、優勝するチームに変わってきていると自信を持つ。

ここまでがネタバレですが、第7話は、里村が、サイクロンズに移籍すると言い出す。他の選手は裏切り者だと言い、君嶋は、承諾書を出さないと言い.....。

里村が、サイクロンズに移ると告げる。他の選手が裏切りだと思うのは当然だと思いました。浜畑だけが心配して見てましたね。里村の残業を手伝う浜畑が熱かった。

浜畑の思いに、里村も、最後にチームのために何かできないかと思い、友部の練習に付き合いました。その姿が、選手たちの胸を打ち、快く送り出してやろうとなったのですね。

ドラまる
君嶋が、承諾書を里村に餞別で渡し、浜畑が、里村の胸を拳で打つシーンに感動しましたね。
ラマちゃん
柴門は、里村が去った理由は、佐々の成長があったと言いましたね。

これで、アストロズがますます強くなると良いですね。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』7話ネット上の反応

ドラまる
浜畑役の元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗さんの演技が良いとの声が上がってきてますよ。

ラマちゃん
里村を送り出すアストロズに度量の深さにネットで話題になってますね。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ノーサイド・ゲーム|7話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』8話のあらすじ

2019年9月1日(日)放送のドラマ『ノーサイド・ゲーム』第8話のあらすじをご紹介します。

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。

中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。

しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。

そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。

君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。

するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。

その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』7話のあらすじネタバレ、感想、8話のあらすじを紹介しました。

里村がサイクロンズに引き抜かれる。君嶋は、承諾書を出さないと言うが、里村の意志は変わらない。浜畑は心配し、選手たちと快く出すことを決意。君嶋から承諾書が渡され、里村は涙する。

ドラまる
里村が抜けたあと、ポジション競争が激化し好回転になる。七尾も浜畑に助けられるようです。

アストロズうまく行くと良いですね。

ラマちゃん
カザマ商事のゴルフ場建設反対のデモ隊と会話する中で、君嶋はあることに気づく。

滝川常務と関わりがあることかな、展開が楽しみですね。

里村が抜けたあとも、佐々や七尾が育ってきて大丈夫そうですね。ますます、アストロズが強くなって行くのが楽しみです。

タンカー事故とカザマ商事は今回関係なしになりましたが、まだ裏があるような気がします。それとゴルフ場建設が繋がるのかな。

滝川常務は、順調に社長への道に上ってきてます。君嶋は、アストロズを守れるのでしょうか。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA