ノーサイド・ゲーム|5話見逃し動画無料視聴はこちら【8/11配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話(2019年8月11日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ノーサイド・ゲーム』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ノーサイド・ゲーム』第5話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ノーサイド・ゲーム』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ノーサイド・ゲーム』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月11日(日)放送終了後〜2019年8月18日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ノーサイド・ゲーム』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ノーサイド・ゲーム』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ノーサイド・ゲーム』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ノーサイド・ゲーム』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじは?

2019年8月11日(日)放送のドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじを紹介します。

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。

今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。

一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。

しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。

それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。

そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。

滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。

リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。

連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。

さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。

津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしたている。

だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。

数日後、アストロズはレスリング道場にいた。

そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。

これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。

公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

けいこ
滝川とカザマ商事の社長にどんな関係があるのかが気になります。

もし黒い関係なら滝川の弱みを握るチャンスだから、面白い展開になりそうだなと楽しみです。

また、リストラになる人がアストロズの中から出るかもしれないという不安の中、サイクロンズ戦への戦略もうまく立たないなんて、大きな壁が立ちはだかったなと思いました。

ここから君嶋がどうやってチームを鼓舞し、問題を解決していくのか期待したいなと思います。

レスリング場を使った練習を決行するそうだけど、レスリングがどうやってラグビーに生きるのかが見どころだなと思いました。

ペンネーム:けいこ(20代・女性)

さやさやさや
君島がラグビー部の存続をかけて、次回も色々と画策していくのは間違いないかと思います。

また、あの手この手で滝川常務がじわじわとラグビー部の廃部に向けプレッシャーをかけ、それに負けじと君島が、泥臭く応戦していくと思います。

また、サイクロンズとの試合にチーム一丸となることはもちろんですが、チームのニューヒーローとして七尾がトキワ自動車にラグビー選手枠として入部し、チームの要となってくれるのではないでしょうか。

君島が悩んでいるときに、いい具合に毒を吐きながら、妻である真希が叱咤激励をし、ヒントを与えてくれるような気がします。

どのような展開になっていくのか楽しみです。

ペンネーム:さやさやさや(20代・女性)

yy
第5話の楽しみにしているところは、アストロズとサイクロンズの試合の勝敗が、どうなっていくのかがとても楽しみです。

それに伴いアストロズのGMとサイクロンズのGMとの、対立関係などにもこのままなのか、変化があるのかなど関係性の変化にも注目してみていきたいです。

また、GMがTOKIAの採用面接にきている七尾に、ラグビーの採用枠でアストロズに入らないかと、話していた場面があり、その際はラグビー枠で入社することを断っていたけれども、今後七尾がアストロズにどう関わっていくのかが、楽しみかつみどころだと思います。

ペンネーム:yy(30代・女性)

みちよ
もう少しで決勝進出が決まりそうなので、このままアストロズの皆が一致団結して決勝の切符を勝ち取って欲しいなと思うし、滝川常務にまたしても厳しい条件を叩きつけられ、それをどのようにして解決していくのか、君島の腕がどこまで通用するのか楽しみです。

一つ一つクリアをしていく君島の事を煙たく思っている滝川常務は、このままやられっぱなしではないと思うので、今度はどんな条件を君島に申してくるのか楽しみです。

滝川常務が認めるくらい、会社の利益とアストロズを立て直して欲しいし、滝川常務の鼻をへし折って欲しいなと思うので、君島と滝川常務の戦いも楽しみです。

ペンネーム:みちよ(30代・女性)

mtm
チームが一丸となり勝利もコツコツと重ねられていて、物凄く順調やなと思い後は経営の策略をどう作っていくのかが楽しみです。

人は1人だと何もできないし仲間や上司との触れ合いの中で成長することもこのドラマのこれから先も出てくるんじゃないかと楽しみにしております。

自分はこのチームに仕事場所に居場所がないと思っていても実際は物凄く頼りにされている存在はこれからその人物がどう活躍していくのかが楽しみです。

その人物がラグビーのプレーで活躍していく流れがあってもストリーは面白くなるのではないかとその辺りもみどころ、どう黒字にしていくのが楽しみです。

ペンネーム:mtm(30代・男性)

ドラコン
今まで会社の荷物であったアストロズを建て直そうとする君嶋GMと、アストロズを支援してきた社長の椅子を狙い、買収計画始めとして主導権と発言権を強めていく次期社長候補の滝川常務との対決に今後も目が離せないところです。

また今後プラチナリーグ優勝に向けて欠かせない課題である選手層の薄さを解決するキーマンである七尾のクラブ加入、彼の加入によるクラブの変革も楽しみです。

社会人クラブを通して、利益を追及、ステークホルダーどのように関わり、会社との絆など色々考えさせられるテーマが今後どのように進んでいくのか楽しみです。

ペンネーム:ドラコン(40代・男性)

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

めぐ

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

七尾がトキワ自動車に入社してきたが、彼はまだラグビーをする決心わかためられていないようだ。

一方、試合を目前に控えたアストロズは、レスリングをトレーニングに加えることにした。

倒されたときにいかに素早く起き上がれるかが試合の命運を握っていると柴門は考えたからである。

そんな中、君嶋はサイクロンズと合同でアストロズが記者会見を開くことを提案した。

その場で、柴門は津田の前でサイクロンズを潰すと発言した。

この発言は世間の興味をひいたと同時に、アストロズの選手たちの闘争心に火をつけた。

そして、迎えた試合当日。大勢の観客で応援席はにぎわっていた。

アストロズとサイクロンズは白熱した試合を繰り広げるが、タッチの差でアストロズは負けてしまう。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

大泉洋さんのレスリングスタイルを楽しく見ていたら、まさかの吉田沙保里さんの登場に笑ってしまいました。

しかも、けっこう本気なレスリングだったので、いいものが見れた気分です。(笑)

大谷亮平さんの演技がすばらしいです。

どちらか言うとふんわりとした優しい雰囲気を持った普段の大谷亮平さんとは真逆のキャラクターですが、力強いまなざしや口調には監督としての威厳や説得力があり、思わずついていきたくなりますね。(笑)

また、迫力のある試合シーンは、ドラマを見ているというよりまるでスポーツ観戦をしているような高揚感にドキドキしてしまいました。

客席の熱気もすごいですね。

ペンネーム:めぐ(30代・女性)

さやさや

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

アストロズは着々と勝ち進み、残すところは決勝戦サイクロンズ戦となった。

選手たちの士気を高め、観客を集めるために合同で記者会見を行い、注目を集める。

圧倒的な強さを誇るサイクロンズに対し、アストロズはリロードの速さで勝負することに打って出る。

チームの要である浜畑と、里村はサイクロンズに研究され尽くされ、なかなか点を取ることができない。

そこで、後半起爆剤として佐々を投入しスピードのあるラグビーをし、サイクロンズを圧倒する。

サイクロンズが最後トライを決め逆転勝利したかに思えたが、ビデオ判定でノーサイドとなってしまい、あと一歩のところで力及ばず負けてしまう。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

試合には負けてしまったが、佐々の活躍できる場面があって、本当に良かった思う。

試合に出られなくても、人一倍コツコツと頑張っている姿に毎週エールを送っていたので…。

去年まで負け続けていたアストロズが、こんなにも勝ちにこだわり優勝まで目指せるようになったのは、柴門監督と、君島の熱い思いがあったからこそであり、それが選手にも伝わったからだと思う。

優勝こそしなかったが、それがチームにとって選手にとってもいい経験になったのではないかと思うが、チームの存続がかかっていたので、今後どうなってしまうのか心配である。

ペンネーム:さやさや(30代・女性)

りんご

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

毎日厳しい練習を重ねるアストロズのメンバーのがんばりのおかげで今年は順調に勝ち続けます。

しかしながら選手層がうすく、選手たちも疲労してきています。

君嶋の長男もラグビーに夢中で、一生懸命練習に励みます。

一緒に練習をする友達の方がうまく、レギュラーの座は勝ち取れません。

強敵の相手に勝つべく監督はいろいろな作戦を練ります。

GMのふとした一言からチームの強みを見つけ出し、それを勝つための戦術を考え出します。

選手たちにもその方法をたたきこませ、当日、なんとしてでも勝つという気持ちをもたせます。

マスコミにも2チームの監督をそろえ、記者会見を開きました。

いよいよ試合が始まり、一進一退で試合はすすみます。

メイン選手がマークされ、ノーマークの選手と交代させ、彼が大活躍しました。

ですが、結局おしいところで試合に負けてしまったのでした。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

チームのみんなが勝ちたいという気持ちで一致団結し、目標にむかう姿勢は元気や勇気をもらいました。

ライバル相手の監督やマネージャーはいやみをいいますが、現実的ではないと感じてしまいました。

試合のシーンは迫力があり、ルールがよくわからないものの選手たちが奮闘している様子があつく描かれていて、よかったとも思います。

いつもは控えの選手がようやく試合にでることができ、しかも大活躍するシーンはとてもうれしかったです。

主人公の息子と合図を出し合うのもかっこよかったです。

おしいところで試合に負けてしまい、とても残念でした。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

チヨ

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

最終戦はアストロズとサイクロンズの優勝をかけた一戦となりました。

君嶋はこの試合の前に、アストロズの選手たちの士気を高めるために、サイクロンズと合同記者会見を開くことにしました。

君嶋ならではの戦略で、これが功を奏し、アストロズのメンバーは監督のためにも絶対に勝ちたい宣言しました。

アストロズとサイクロンズの試合は前半戦では、明らかに実力の差が出てしまい、サイクロンズが有利に試合を進めていました。

このままではアストロズは負けてしまうと考えた柴門監督は、後半戦で佐々を投入しました。

それが当たり、佐々が予想以上のプレーをしたこともあり、アストロズが追い上げを見せていきました。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

サイクロンズ戦は非常に残念でした。

しかし、最後が決められなかったのは、やはり何かが足りなかったからだと思います。

それでもリーグ戦2位の成績になったことは、本当に凄いことだと思います。

ですが、サイクロンズの一人勝ち相撲のような状況下では、ラグビーの試合の面白さに欠けてしまうような気がします。

ゲームを楽しむ側からすれば、どのチームも力が同じくらいで、どこが勝つか予想がつかない状態の方が面白く感じられます。

今後の改善点はいろいろあると思いますが、他のチームの底上げも必要だと感じました。

アストロズのユニホームを着た子供達の様子がとても可愛らしかったです。

ペンネーム:チヨ(50代・女性)

hy

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

優勝まであと一歩のところまでこぎつけることができたアストロズだが、宿敵のアストロズとの実力の差は歴然で現実を突きつけられようとする。

しかし、柴門監督はサイクロンズの弱点を見抜きそこに突破口を見いだし、特訓に励む。

一方、君嶋はカザマ商事社長・風間有也と滝川常務とのある秘密に気がついた。

それは大学からの同期であることだった。

このカザマ商事の買収には隠された裏があると探りを入れ始めるのであった。

そして、運命の一戦の直前に君嶋は選手にサプライズを起こす。

それはサイクロンズとの合同記者会見だった。

モチベーションが上がった選手は奮闘するも残念ながら敗れてしまう。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

今回のノーサイドゲーム6話では、チームの予算が圧倒的にも違うサイクロンとの一戦を控える中、会社を含めどう戦略をぬっていくのかがとても楽しみでした。

ラグビーの素晴らしさである諦めない精神がいっぱいに込められていてとても清々しい気持ちになれました。

また、新たな練習の取り組みとして行われたタックルからの起き上がりをするシーンでは、レスリングを取り入れたりと柔軟な発想がとても面白く、それでいて君嶋GMが吉田沙保里選手と一戦を交えるところがユーモアいっぱいで楽しめました。

最近では、面白いシーンが少なかったので一安心した気分です。

最後は負けはしましたが、今後が楽しみになりました。

ペンネーム:hy(30代・男性)

どらまもん

『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじネタバレ

何といっても最終節サイクロンズ戦の苦闘と、それに臨む選手達の死闘がみどころになりました。

前半はやはりサイクロンズ優勢で試合は進み冷や冷やします。

後半は一転、選手交代による佐々の活躍、そして皆のアストロズ優勝への執念が視聴者にビンビン伝わるドキドキの流れとなりました。

観客席では七尾も観戦し、冷静に試合を分析し、次回アストロズへの入部を匂わすシーンもありました。

しかし、残念ですが、最後、岬のトライがビデオ判定でノートライとなり、リーグ2位に甘んじてしまう所は、もう少しこの余韻に浸らせて欲しかった視聴者の一人としては悔しいの一言に尽きます。

第5話では君嶋がカザマ買収に意図的な画策があるのではないかと疑いを持ち始めるところまでで、社内政治について時間が多く割かれることはありませんでした。

『ノーサイド・ゲーム』第5話の感想

心熱くなるドラマを久々に見ました。

試合には負けましたが、得たものは大きいと思います。

第2話~4話までは、いまいちドキドキ、ヒヤヒヤ感がなく、弛緩した雰囲気が漂っていただけに、柴門監督の試合前記者会見から第5話は違いを感じました。

実際、試合の流れも拮抗しとても素晴らしく控え選手を入れてきた時は、テレビの前でアストロズを応援していました。

しかし、結果は負け。何とも言えぬ余韻のまま終わりました。

時間延長でもう少し見せて欲しい回だったと思います。

ホームページの予告を見ると島本社長の助けで、もう一年ラグビー部は延命するとのこと。

佐々も活躍したことですし、七尾も浜畑以上の活躍を期待して間違いないと確信しました。

カザマ商事の買収は、ドラマ後半は、おまけ扱いになるのでしょう。

結果(原作)を知る人も多いことですから、心熱くなる話に選択と集中して撮影して貰いたいです。

ペンネーム:どらまもん(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA