ノーサイド・ゲーム|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/14配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話(2019年7月14日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ノーサイド・ゲーム』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ノーサイド・ゲーム』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ノーサイド・ゲーム』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ノーサイド・ゲーム』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月14日(日)放送終了後〜2019年7月21日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ノーサイド・ゲーム』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ノーサイド・ゲーム』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ノーサイド・ゲーム』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『ノーサイド・ゲーム』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじは?

2019年7月14日(日)放送のドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじを紹介します。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。

新監督人事が進まないのだ。

キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。

ない知恵を絞っても始まらない。

君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。

チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。

しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。

そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。

柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。

君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。

それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。

監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。

この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。

君嶋はどうなってしまうのか・・・。

公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

tea
今回、ラグビーを廃部にするかどうかあと一年様子を見た方がいいという意見書をぎりぎりで提出し、会社に認められたようです。

また、ラグビー部員にも優勝するという全員の目標ができたようで、これからどんな毎日になるのかが楽しみです。

一致団結して、頑張る日々ですが、結果にすぐに結びつくほどきっとあまくはないのでしょう。

ラグビー監督をしていた主人公の大学の同級生が、別のチームの監督をくびになってしまい、これから会社のラグビー部にからんできそうな予感がします。

主人公の息子もラグビーをはじめることになるのかと思います。

ペンネーム:tea(40代・女性)

マサ
アストロズの新監督がなかなか決まらないようですが、君嶋に何か施策があるのかと思ってしまいます。

リーグ優勝を狙うチームにしていくためには、それに見合う監督が必要ですが、予算が取れない関係上、いろいろと条件は厳しいと思います。

新監督は誰になるのか全く予想がつきませんが、誰に決まるにせよ、その人も何かの再起をかけて、アストロズにやってくるような気がします。

でなければ、成績が低迷しているアストロズにやってくるとも思えません。

一度大きな挫折を味わったことで、そこから這い上がるパワーを得られると思います。

苦い経験があるからこそ、大きく飛躍できると期待しています。

ペンネーム:マサ(50代・女性)

あやめ
君嶋はアストロズのゼネラルマネージャーとして何を最初に取り組むのか気になった。

まだ新監督も決まっていなかったので、新監督が優秀な人材でなければ、プラチナリ-グの優勝は果たすことは出来ないだろう。

アストロズの新監督は君嶋の元恋人の彼だったように思え、二人の因果関係が気になる。

滝川常務が君嶋と意見が合わないように感じ、本部に戻ることは難しいと思える。

本部に戻りたい気持ちは持っていると思う君嶋だが、アストロズの仲間と過ごすうちに何かが変わって行くと思う。

ニユ-ジ-ランドから新たにやってく選手が、アストロズに入り大きく貢献することを期待する。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

kensan88
どん底の状態にあるラグビーチームが、これから少しずつでも、どのようにして強くなっていくのかが、このドラマの興味深いところだと思います。

まずは、監督不在の状態からスタートしたので、力量の高い監督を就任させることが、君嶋GMとしては最初の大きな仕事だと思うのです。

それから、監督を決めた後も色々な出来事に遭遇していくのだと思います。主役はGMですから、スポーツとは関係のないところでの駆け引きもあると思います。

レギュラーメンバーの入れ替えもあるでしょう。

ですから出演者も増えていくのでしょうから、そういったことも楽しみだと思うのです。

ペンネーム:kensan88(40代・男性)

ふみ
次回のドラマ展開のメインは、ラグビー部の新監督人事だと思います。

その中で、予算の問題やラグビー部存続のためのチーム作り、君嶋が上へ這い上がろうと頑張るため努力する展開になるのだろうと思っています。

社長と新監督が、君嶋を助ける役割をするとなると予想しています。

大泉洋が演じるからこそ、面白い展開も入っていて、硬くなりすぎずに楽しめるドラマにこれからも続けて見ていきたいなと思っています。

今年の夏ドラマの中では、1番期待していたが、今のところ期待どおりに高評価です。

毎週日曜日が楽しみなりそうだと思っています。

ペンネーム:ふみ(40代・男性)

kokusan3
アストロズには現在監督がいないので、君島を中心に何としても早く探さなくてはなりません。

ただ、最終的には本社に戻りたい君島だが、君島を府中の工場に飛ばした滝川常務の企業買収案件が進んでいるらしい。

将来的には社長を目指す滝川がこの案件で成功し、もし社長に成ったら、君島に対して良い感情を持たない滝川によって、君島の本社復帰の道は立たれることになる。

ただ、もしラグビーの魅力に取りつかれてアストロズを強くしようと決意したのなら、それでも良いのではないかと君島が良い意味で開き直ってくれるのではと思ってしまいます。

それと、いじめられていた息子がラグビーに本格的に目覚め、学校でいじめっ子とどう対峙していくのかも楽しみなポイントです。

ペンネーム:kokusan3(60代・男性)

2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ままま

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

“監督との契約のために奮闘し最終予算案を通してアストロズが新たな一歩を踏み出す第2話。

経営者の良し悪しを見極めるポイントを監督の良し悪しを見極めるポイントに置き換えた際に、冒頭までに出ていた候補は却下することになるが代わりに浮上するのは柴門氏。

大学時代の苦い思い出や後ろめたさで渋りながらも浜畑氏の煽りで意を決して連絡した君嶋GMは即座に断られる。

それもそのはず、実は柴門氏は滝川専務がまだ専務になる前に1度誤ったオファーをされた上に話を白紙にされるという過去があった。

君嶋GMはそのことについて謝罪したうえで「アストロズに1度は向き合おうとしてくれたんだろう」と改めてオファー。

大学時代のお互いの印象を腹を割って話し、当時は世界が別だった2人は今アストロズの優勝という目的のために20年の時を経て手を取り合う。

最初は柴門氏に良い思いを抱いていなかった選手たちも柴門氏が選手一人一人を分析しすべてを見抜いた手紙にのラグビーに対する熱い思いを感じ、一気に歓迎の方向に。

そこに立ちはだかるは最終予算案。

これ以上予算を膨らませられないのだが、柴門の選手育成プランではさらに1億が必要になる。

簡単に予算をあげられないと却下されたことに選手を育成するための最低限の要求でさえ通らないと怒りをあらわにする柴門。

君嶋GMは柴門を切りたくないという思いもあり、必死に考えを巡らせる。

佐倉や柴門との話し合いを経て、看板の外国人選手を切る形で予算を14億に収めた君嶋GM。

滝川専務をはじめとした役員達からのブーイングにも耐え、アストロズへの思いを伝えたところで島本社長の圧もありなんとか予算案は承認された。

看板選手はいなくなり、今までの戦略もすべて無しになったことでレギュラーについても白紙になったアストロズ。

こうして新たな監督を正式に迎え、チームを再構築しリーグ優勝へ向かう第一歩をようやく踏み出した。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

冒頭の真希さんの意見や考え、妻として至って普通で当然の感性で実在しているかのようにさえ思います。

また息子の博人くん、話が進むごとにとても心優しい子なのですね。

そんな博人君に君嶋GMがラグビーのことを教えるシーン、どこか不思議な感じがしました。

まったくラグビーのことが分からず、ラグビーを好きでもない君嶋GMがラグビーに好きでかかわっている人間からラグビーについて教わる。

そんな君嶋GMが次はいじめがきっかけとはいえラグビーに興味を持った博人君に半ば受け売りのような形とはいえどラグビーのことを教える。

勉強したことは人に教えられるとより理解ができるという話は聞いたことがありますが、まさにそれだなと思いました。

ただ多少の気配りがあっただろうとはいえ、タックルの練習をしているシーンでの君嶋GMの表情は楽しそうで、本人が自覚してないところでラグビーを好きになってきているのではないかな?と思いました。

柴門監督とのシーンはいろいろ楽しかったです。

20年振りというのにお互いの印象を言えてしまうこと、そのうえで同じ目標に向かって手を組むこと、男ならではの部分も多少はありそうですが羨ましいと純粋に思いました。

またシオリさんが柴門監督の奥様になっていたこと、また君嶋GMが思っていたものと柴門夫婦の恋模様がかなり違っていること、これ以上深く掘り下げられることはおそらくないでしょうが知ることができてよかったですし意外なオチに画面の前で佐倉さんのようにふふっと笑ってしまい増した。

柴門監督のラグビーへの熱量、この作品の中でおそらく1番だと思います。

正真正銘のラグビーバカなんだなあと思うと面倒そうな大学に残り続けるよりアストロズに来たことは正解だったと思いますし、いろんな困難を乗り越えて選手にとっても監督にとっても素敵なチームを作り上げていってほしいなと応援したくなりました。

ペンネーム:ままま(20代・女性)

さら

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

リーグ優勝に向けて動き始めた君嶋GMとアストロズ。

経営戦略室での経験を活かし「優勝するには優勝経験のある監督を」ということで、大学ラグビー部で成績を残し監督退任したばかりの紫門を候補者に絞り込んだ。

君嶋の大学の同期で、ラグビー嫌いのきっかけを作った張本人だが、私情を封印して君嶋は紫門に頭を下げた。

紆余曲折あったものの、ついに紫門は就任に合意。

紫門から選手全員に個別に手紙を出し、抵抗感を示す選手も納得してチーム全体で新監督を歓迎した。

就任早々改革を企てるが予算に見合わない提案ばかりで君嶋と紫門は衝突してしまう。

そして2人は、看板選手2人を解雇するという暴挙に出た。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

君嶋と紫門がお互いに苦手意識を確認しあい、同じ目的に向けて合意するところが見ていて気持ちよかったです。

若い時には自分の気持ち中心で考えがちなところ、社会人としていろいろな経験をして成長した2人がお互いを認め合った瞬間なのかなと思いました。

また、紫門監督から選手への手紙も見どころでした。

選手が隠していたことも言い当て、チームを強化させるためのアドバイスにしてしまう。

監督の力を見せつけたシーンのように思いました。

本社の会議での君嶋の予算案が冷笑されるなど今後も困難は多そうですが、やっと動き出したチームを応援したいと思います。

ペンネーム:さら(30代・女性)

りん

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

君嶋は、アストロズの新監督をなかなか決められずにいた。

そんなとき、今、柴門が空いていることを知ったが、君嶋と大学の同級生だった柴門のことをあまり良く思っていなかったので、なかなか連絡を取れずにいた。

しかし、重い腰を上げようやく連絡をとり和解。しかし、そこに予算の問題が浮上する。

君嶋と柴門は一度は決裂するが、ふたりで限られた予算の中でベストの結果を出せる方法を模索した。

その結果、契約費の高い助っ人外国人選手を切ることにした。

助っ人外国人は得点を多く稼ぐが失点も多いので、チームにとってはトントンの存在だったのだ。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

君嶋が柴門監督に依頼をし、ようやく話をつけることができたのに、そこに来て予算の問題。

せっかくチームのみんなも君嶋も前を向くことができて、柴門監督もラグビーを続けることができるようになったのに、絶対絶命だと思いました。

そこからの君嶋の粘り、得点源である外国人選手の契約を切るという発想、このあたりのくだりの高揚感は半端なかったです!

いよいよラグビー部の快進撃が始まる! わくわくしかありません!

大谷亮平さんの演技がすばらしかったです。

チームのみんながこの人になら信頼してついていけると思えるような説得力がありました。

ペンネーム:りん(30代・女性)

SK

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

アストロズの監督に悩む君嶋は、柴門に頼むか悩んでいた。

柴門はラグビー優勝校の監督を外されたばかりだった。

君嶋とは大学の同級生でもあったが、彼のことを嫌っていた。

しかし、いざ直接会って話したことで、柴門は前向きに検討してくれることとなった。

そして、アストロズを見学した結果、条件付きで、監督を引き受けることを承諾した。

その条件とは、選手全員が、柴門が監督することを反対しないことだった。

選手は柴門は、管理されたラグビーしかさせてくれないと偏見を持っていたが、柴門が選手1人1人に当てた手紙を読み、そうではなく1人1人の特徴を良く分かってくれる監督だと分かり、正式に監督として受け入れることに賛成した。

そして、君嶋、柴門、チームが一丸となってプラチナ優勝をめざすことを決めた。

しかし、問題は柴門が要求した予算だった。

すでにアストロズの予算は14億でギリギリなのに、柴門はチームを優勝に導くためには、合宿など諸々のプランを用意していた。

どうしても、それ以上に予算を増やせないという君嶋と柴門は言い争った結果、ケンカ別れする。

しかし、どうにかこの問題を打破したいと、君嶋はプロ契約していた外国人選手の予算を削ることにした。

そして、それでも足りないところを柴門が妥協策を考え、なんとか予算案が出来た。

それを決死の覚悟で、君嶋を左遷させた滝川氏がいる役員会議で提案する。

役員はざわめいて賛成する人はいない中、社長のおかげでその予算案は通過し、やっと柴門率いるアストロズが始動できることになった。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

いきなり、話が始まってすぐの君嶋が悩みながらも、柴門に監督をお願いするところから一気にドラマに引き込まれたました。

君嶋が大学時代に一方的に柴門とラグビーのことを嫌っていたのに、柴門にははっきり覚えられていてたにもかかわらず、男の熱い友情というか、同じ目標を持った二人が団結し合う様子が見れて、私も興奮してきました。

まだ、2話が40分も残っているのに、この二人がこれからアストロズをどう盛り上げていくのかワクワクが止まりませんでした。

そして、柴門がラグビーメンバー1人1人に手紙を書いて、監督として迎え入れることで団結するシーンは、見ているこちらも胸が熱くなりました。

しかし、やはり順調に行かないところがこのドラマの面白さです。

予算と優勝には欠かせないプランをめぐって柴門と君嶋が言い合って、ケンカ別れしたシーンはハラハラしました。

しかし、最後は予算の問題も2人でうまく妥協案を見つけられ、予算案も社長のおかげで役員会議も通過したことで、やっとラグビー部を始動できることになり、また来週話が楽しみになりました。

ペンネーム:SK(40代・女性)

マサヨ

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

君嶋は次の新しい監督をなかなか決めることができずにいました。

2人の候補者はいたものの、2人とも優勝経験がなく、その点が引っ掛かっていたようです。

そこで、彼の目に留まったのが、大学時代の同級生で、大学のラグビーチームを解任されたばかりの柴門でした。

君嶋がラグビーを嫌いになったのは柴門が原因でした。

しかし、君嶋は柴門にアストロズの新監督になってほしいと思いました。

選手たちが全員同意したことで、ようやく柴門が新監督に就任することが決まりました。

ですが、ギリギリの予算で運営していたアストロズですが、チーム強化のためにはさらなるお金が必要になりました。

ですが、追加予算は認められず、君嶋はあるやり方で、何とか予算内でチームを強化できる方法を選びました。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

何処の世界でもお金のことは大きな問題です。

出来るだけ少ない予算内で、大きな結果を出していかなければいけないのはどこの世界も同じことだと思います。

柴門が以前やっていたような、スポンサーを集めるやり方は企業の場合は難しいでしょう。

ですが、より多くの予算を得るためには、今後、何らかの方法を生みだしていかないといけないかもしれません。

今回は外国人主力選手を2人切ってしまいました。

それはチームにとっては痛手だったかもしれませんが、その分、他の選手たちが活躍できるチャンスが巡ってきました。

なので、チーム全員がやる気を出していけば、優勝も現実的になっていくと思います。

ペンネーム:マサヨ(50代・女性)

mt

『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじネタバレ

“TOKIWA自動車の経営戦略者エースだった主人公が天敵の滝川常務に逆らって、府中工場にとばされ新たに総務部長に肩書きが変わり、落ちこぼれ勝てないラグビー部のGMに抜擢され崖っぷちに追いやられ、ラグビー部の年間予算14億の予算を削り廃止にすることにより本社に戻ろうとするが滝川常務にそんな約束はしていないと裏切られ、崖っぷちに追いやられてそんな中でもラグビー部のGMの役割で監督を決めなければいけない状況に追い込まれていく。

候補は2名上がる若手の監督かベテランの監督かの二択だった。

だがその2人の中どちらも優勝経験のない2人で決めかねている中もう1人の候補が浮上してきた大会で三連覇に貢献した紫門監督だ。

紫門監督と君嶋総務部長には大学時代同級生で深いつながりもあった。

そこからラグビー部員達に監督候補を選ぶ際に渋っていて監督を決めないといけない日が迫ってきた。

君嶋総務部長が気持ちの整理をし紫門監督に交渉して監督依頼を願いでていきお互いに打ち解けていき紫門監督の指導方針にするには予算がオーバーしてしまった。

君嶋総務部長が1×15=100になるという考えに至ってそこからやっとスタートラインに立ちこれからのストーリーが楽しみになります。

『ノーサイド・ゲーム』第2話の感想

はじめは全くラグビーに愛着のない君嶋総務部長がラグビー部員や紫門監督、また家族に触れていく中で気持ちの変化が現れ始めてきた、崖っぷちの状態から人間にはとてつもない可能性が秘めているのだと感心した。

まだ初まったばかりですが、一回一回の駆け引きや本来の人間の感情が現れていたり葛藤したり悩んだり日常生活にでてきそうな展開が多々あらわれて見ていてとても面白い場面が多くて画面から目がはなせない状況になっている。

紫門監督はこれからはチームは家族だという意味がとても意味が深いなと感じた同じ目標に向かうという事はそういう強い絆がないと成し遂げられないと思いました。

ペンネーム:mt(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『ノーサイド・ゲーム』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA