ノーサイド・ゲーム|2話ネタバレと感想。柴門監督で1つなるアストロズ、光る君嶋の決断!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年7月14日(日)「ノーサイド・ゲーム」2話のネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
君嶋は、新監督人事に悩み、大学時代因縁のある柴門に頼むが、うまくいかないようです。どうする君嶋。
ラマちゃん
滝川常務によるカザマ商事の買収は着々と進む。それが決まれば、滝川常務が社長に。君嶋は、本部に戻れなくなるのかな。

GMの君嶋は、新監督に、優勝経験のある人物を求めるが見つからない。城南大学を優勝に導き、突如解任された柴門に頼むが良い返事がもらえない。滝川常務は、着々と、買収を進め.....。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』2話あらすじネタバレと感想

君嶋は、リーグ優勝する成果を出すことで本社への返り咲きをねらったが、新監督が決まらなかった。

佐倉は、監督は、会社で言えば社長、監督の予算の使い方考え方でチームは大きく変わると監督の重要性を解く。君嶋は、監督は大事だと理解する。

カザマ商事は買収額を下げてきて買収の話は進んで行く。島本社長は、滝川常務に、何か買収を急いでいるように見えると釘を刺す。

君嶋は、前GMの吉原が推薦した監督候補2名と会うが、どうも納得が行かない。

家で溜息をつく夫に、妻の真希は、ラグビーをやると決めたなら、ラグビーのことを知ろうとするなりしてはっきりしなさいと励まされる。

キャプテンの岸和田からも、監督が決まらないことには、選手が落ち着いて練習ができないと早く決めることを求められる。

君嶋は、監督は、チームの命運を左右する社長のようなものだから、簡単には決められないと。

経営のプロなら戦略室で磨いた経験で見極められるがと呟き、良い経営者は、必ず勝ち癖があると、ならば、監督も優勝経験がある人物が良いと言う。

佐倉は、2候補とも、現役時代も含め優勝経験がないというと、スポーツ紙の1面に掲載された城南大学を3連覇に導き、解任された柴門の名前が出てくる。

君嶋は、柴門は大学の同期だと言い、解任されたからには何らかの欠点があるのではと。

君嶋は、勉強もしない女にだらしない柴門が嫌いだった。柴門は、君嶋のノートを貸しているだけの薄い関係だった。

柴門は、城南大学で、改革を進め強くしていったが、OBの中には伝統を重んじる空気があり反発を買い、解任されていた。

城南大学OBで社会人ラグビーの強豪・サイクロンズを率いる津田は、伝統を無視した柴門のやり方が気に食わなく、それに逆らった柴門は、次の監督先が見つからずにいた。

君嶋は、柴門に連絡しようとするが、どうしても、大学時代に好きだった詩織をじゃけんにした柴門を許せなかった。

浜畑から、雨の中真っ直ぐぶつかってきた勢いはどこにいったと言われ、意を決して柴門に電話をする。

君嶋は、アストロズのGMと名乗ると、柴門は、元々監督を断ったのはそちらだと話を聞く前に電話を切られる。

吉原に事情を聞くと、2年前の監督人事の時に副部長であった滝川常務が現場の意見を無視して推し進め、結局、柴門に断りを入れることになったと。

君嶋は、滝川という名前を聞いただけでがぜんやる気を出し、話しを聞いてもらった上で柴門に判断してもらうと言い出す。

君嶋は柴門に手紙を書き、2年前の非礼を謝り、アストロズには変革が必要だと言い、ともに歩んで欲しいと伝える。

柴門は、君嶋に会い、ノートを貸してくれた君嶋だと覚えていた。君嶋は、2年前に、一旦はアストロズの監督をしても良いと思ったということは興味はあったのだろうと迫る。

柴門は、君嶋がラグビーは嫌いだとノートに書いてあったのになぜ、ラグビーをやり始めたと逆に迫ってくる。

君嶋は、柴門が、ラグビーでちやほやされる男で嫌いだったと。ラグビーは今も嫌いだが、おれにはアストロズしななく、部員たちも優勝しか生きる道がないと。

城南大学の成績を調べ、柴門が監督になってから3連覇しており、そんな強い監督がアストロズには必要だと熱く語る。

柴門は、おれも君嶋が、勉強だけして、株とか頭を使う仕事をする別世界の人間だと思い嫌いだったと素直に言う。こんな形で会うとはと、一度、優勝できるチームか見せてくれと言う。

柴門が、府中工場にくる運転してきたのは、君嶋が好きだった詩織であった。柴門が何回もフラれようやく結婚できたと聞くと、君嶋の過去のわだかまりはなくなり祝福する。

クラブハウスを見せようとすると、柴門は、社会人ラグビーは、働いている環境も重要だと、工場の様子をまずは見学し、雰囲気は良いと納得する。

優勝するには、強豪サイクロンズを倒す必要があり、予算も倍あり、プロ契約が大半と比べ、アストロズは、プロが2名と雲泥の差があると指摘する。

アシスタントの有馬は、浜畑を中心とするバックス陣は強いと言うが、柴門は、アストロズの本当の武器はフォワードだと言い、磨けば15の力も100になると言う。

15が100になると驚く君嶋に、柴門は、「それがラグビーの面白さだ。それが俺の仕事だと」言い、優勝は約束できないが、優勝を争うチームにはできると監督を引き受けると言う。

柴門は、チームのメンバーで1人でも、自分が監督になることを認めない奴がいたら、監督を降りると言う。

選手を説得するという君嶋に、柴門は、自分から仕掛けて確認すると言い出す。

君嶋は、選手を集め、柴門が監督を引き受けると言ったことを伝えると、選手から、管理するだけではないかと声が上がる。

君嶋は、柴門が、1人でも意を唱えるなら身を引くと言っていると話し、各人のプレイスタイルや改善してほしい点を書いた手紙を全員に渡す。

それを読んだ選手からは、ゲームでのミスをしっかり分析をしてあり、全員のことを掘り下げていると驚きの声があがる。管理ではなく、選手の特性にあったラグビーだと感心する。

一人、浜畑だけが、手紙を持って部屋を出て行く。跡を追う君嶋に、浜畑は、「見抜きやがった。だれにもわからないはずだと思っていたのに」と呟き、手紙を君嶋に渡す。

柴門は、君嶋が、エースであることが最も問題だと言い。相手自陣に大きなスペースがあったにも関わらずパスをした点を指摘し、そこにけれなかったのが問題だと。

浜畑は、「お前は若くないと言っている。自分だけが知っていると思ったら、もう一人分かる奴がいるとは」と。君嶋は、どうするつもりかと気持ちを聞く。

君嶋は、全員の気持ちを聞く、浜畑も、「柴門さんと戦いたい」と言う。君嶋は、部屋の外にいる柴門に声をかけみんな一致団結したぞと伝える。

柴門が部屋に入ってきて、選手の胸のアストロズのエンブレムを拳で叩きながら結束を高める。壇上に立ち「今日から俺たちは家族だ。優勝目指して勝つぞ」と高らかに宣言する。

そのころ、ニュージーランドでラグビーをしていて帰国した七尾が、トキワ自動車を受けようとしていた。

君嶋は、柴門が書いた強化プランを読んで、強化合宿をするとあるが、仕事があるのにどうすると、強化合宿中の費用はどうすると訴える。

柴門は、今一番の特効薬は、合宿をして皆が家族になることだと。君嶋は、そんなことをしていては追加で1億はかかると言う。

柴門は、優勝したいと言ったのはお前だろう、費用を何とかするのがお前の仕事だと言い放つ。

君嶋は、元上司の脇坂と飲みながら、滝川常務の買収は着々と進んでいると聞き、滝川常務が社長になったら本社に戻れなくなると心配する。

脇坂は、その前に、アストロズに追加で1億の予算を入れたら、経営陣から睨まれるぞ言われてしまう。

君嶋は、追加予算はできないと柴門に告げる。柴門は怒り出し、追加予算ができないということは、俺を切るということかと。君嶋は、自分の出世のためにラグビーをしたいだけだと。

君嶋は、なんて貧乏なんだとグランドを蹴っていると、島本社長が現れる。

アストロズの練習を見ながら、経緯を聞いた島本社長は、城南大学でもOBの津田がお金を握っていて、柴門は自分で工面して稼ぎ出して改革していったことを話す。

島本社長は、「柴門くんはただラグビーをしたいだけだ。せっかく選手が一つになれたのに。」と語る。

家で、君嶋は大きなため息をつく、妻の真希は、博人もため息をついているとラグビーを教えなかったからではと怒る。

君嶋は、博人を広場に連れ出しラグビーをする。博人は、いじめられなくなったからラグビーをしなくて良くなったが、他の子がいじめられるようになったとため息をつく。

君嶋は、柴門が言っていた、ラグビーは15人が0にもなるし100にもなるという話を聞かせ、そのためには一人一人が皆のために頑張ることだと教える。

その夜、博人のノートに1×15=100と書いてあるのを見て、君嶋は、ある思いが出てくる。

君嶋は、1億の合宿費を捻出するため頭を抱えていた。佐倉は、予算案は5日後に取締役会に提出しなくてはならないと言う。

君嶋は、会社の予算なら一番多いとこから削るが、外国人プロ選手の人件費に1億かかっていると思い立つ。佐倉は、そこを削れば、うちの得点源を失い、ゼロになると叫ぶ。

君嶋は、柴門が言った15人がかみ合わなければゼロになるという話を思い出す。1×15を100にするんだと佐倉に言う。

取締役会で、君嶋は、アストロズの今季の予算案を説明をする。新監督は柴門に決まったと言うと、役員たちは、1億の追加を言っていたわがままな監督ではと騒ぎだす。

君嶋は、予算については、承認をもらっている総額14億のままで、プロ契約をしている外国人2名を契約しないと内訳を変えたと説明する。

滝川常務は、明らかな戦力ダウンだ。トキワ自動車のお金をつぎ込んでいるのに広告宣伝にもならなくなると指摘し、アストロズ自体の存在価値がなくなるが柴門監督は了承しているのかと。

君嶋は、柴門に、佐倉が分析した外国人2人が、得点も多いが、タックルが弱く失点にもなっているとの結果を示し、別の選手で補えないかと提案する。

柴門は、その分析を高く評価し、了承するが、合宿予算には届かない。コーチスタッフを無くし、本波をコーチ兼選手にすることと、佐倉の分析力を使えばなんとかなると納得する。

君嶋は、柴門監督もこの予算を認めたと言い、リーグ優勝して、トキワ自動車の名を世間に知らしめると宣言する。役員達は、無理だと笑い出す。

島本社長は、「アストロズのGMは君嶋くんだ。彼が決定したならそれで良い」と決済する。

柴門は、選手たちに、外国人2名が辞めること、浜畑も里村もないポジションすべて白紙だ奪い取れと全員を鼓舞する。

君嶋は、優勝しかない。全員で優勝を取りに行くぞと宣言。浜畑も当たり前だと言う。

ここまでがネタバレですが、第2話は、君嶋は、優勝するため柴門を監督に。選手も分析力に納得し一枚岩になる。強化費の捻出に困り、君嶋はある決断を.....。

柴門は一度アストロズの監督の話があり断ったのですね。それに滝川常務が絡んでいると聞いたとたん目の色が変わりましたね。

柴門が、本当に選手を見抜く力があると全員が知って、柴門を受け入れ、アストロズのエンブレムに拳をあてるシーンがカッコよかった。

ドラまる
柴門が強化費を減らすことができない、君嶋にそれをなんとかするのがお前の仕事だろうと言いあう。

チームのため何とかしようとする男の心意気が良かったね。

ラマちゃん
君嶋は、外国人助っ人を切るという大きな勝負にでました。そこには、佐倉の分析力が光りましたね。

これからもっと一枚岩になるのでしょうね。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』2話ネット上の反応

ドラまる
池井戸作品ならではと細部にこだわりを発見して楽しむ方もいますね。

ラマちゃん
滝川常務の存在感、ラガーマンを活用してよりいいとの声があがってますよ。

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

2週間無料キャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ノーサイド・ゲーム|2話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』3話のあらすじ

2019年7月28日(日)放送のドラマ『ノーサイド・ゲーム』第3話のあらすじをご紹介します。

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMを務める君嶋(大泉洋)は様々な数字を分析し黒字への可能性を探る。

しかし昨年の平均観客数は非常に低く、その観客の大多数はタダ同然でバラ撒かれたチケットでの入場者だった。

人気もなくチケットも売れなければ黒字化など不可能だ。

さらに、プラチナリーグに参加している企業チームは日本蹴球協会に高額の参加費を払っている。

協会はその資金を元手に試合の運営や宣伝、チケットの販売管理などを行っているが、参加費に見合うリターンがあるわけではない。

君嶋はGM会議の席で収益向上のために知恵を出そうと提案するが、協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)に一蹴されてしまう。

他チームのGMたちも誰一人君嶋に賛同する者はなく…。

府中に戻った君嶋はファン獲得のために地元に密着した活動をしようと提案する。

しかし新しいことを始めるには予算がかかる。

君嶋は追加予算を獲得するべく役員会議で滝川常務(上川隆也)と対決することになる。

数日後、新監督の柴門(大谷亮平)は過酷で高度な練習を消化させるため選手をクラブハウスに寝泊りさせ合宿を始める。

仕事以外はラグビー漬け、その合間にボランティアをさせられている選手たちはイライラを募らせる。

キャプテンの岸和田(高橋光臣)は何とかチームをまとめようとがんばるが、心身ともに疲労し練習中に怪我をしてしまう。

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』2話のあらすじネタバレ、感想、3話のあらすじを紹介しました。

君嶋は、優勝経験のある柴門を説得し、新監督に召喚。柴門の選手に合った目を認めチームは一丸となる。柴門の強化費を捻出するため、君嶋は、外国人2名の契約を打ち切る勝負にでる。

ドラまる
君嶋は、協会に支払う参加費の収益向上を訴えるが、他のGMから賛同は得られないようです。

君嶋はどう動くのでしょうか。

ラマちゃん
仕事以外は、柴門による合宿漬けと、君嶋の提案のボランティアとイライラが増す選手たち。岸和田が怪我をしてしまう。

アストロズはどうなるの。

監督が決まりました。選手を見る目を持ち、意志も強い柴門です。柴門と君嶋のタッグがどうアストロズを勝利に導くのか楽しみですね。

ニュージーランドでラグビーをしていた七尾の動向も気になるところです。アストロズにいつ合流するのかな。

リーグ優勝を宣言したアストロズ、これから、いろんな問題を乗り越えて行くと信じてますよ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA