ルパンの娘|視聴率一覧を最終回まで更新中【深田恭子主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:yatarou

2019年夏クールのフジテレビ木曜劇場ドラマは深田恭子さん主演の『ルパンの娘』

ドラまる

代々泥棒一家の娘と代々警察一家の息子との決して許されない恋愛を描くラブコメディーになっているそうだよ!

ラマちゃん

設定は違うけどロミオとジュリエットみたいね!

こちらの記事では2019年夏ドラマ『ルパンの娘』の視聴率を初回から最終回まで更新していきます!

なお、視聴率一覧はページ下部に掲載しています。

ドラマ『ルパンの娘』視聴率を今すぐご覧になりたい方はこちらをクリック!

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』視聴率はどうなる?

まずはフジテレビの“木曜劇場”で2018年夏から放送されたドラマの視聴率を振り返っていきましょう。

グッド・ドクター

  • 初回(第1話)視聴率 11.5%
  • 最終回(第10話)視聴率 12.4%
  • 全話平均視聴率 11.2%

黄昏流星群

  • 初回(第1話)視聴率 7.3%
  • 最終回(第10話)視聴率 6.5%
  • 全話平均視聴率 6.7%

スキャンダル専門弁護士QUEEN

  • 初回(第1話)視聴率 9.3%
  • 最終回(第10話)視聴率 6.0%
  • 全話平均視聴率 6.2%

ストロベリーナイト・サーガ

  • 初回(第1話)視聴率 7.8%
  • 最終回(第11話)視聴率 7.9%
  • 全話平均視聴率 6.6%

フジテレビ木曜劇場枠は、平均視聴率が6%台となかなか苦戦を強いられている状況です。

唯一2018年春ドラマ『グッド・ドクター』のみが感動したという声が大きく視聴者の心を掴んだようで2桁台となっています。

2018年冬と2019年春はドラマ界で視聴率が取れる3大職種である弁護士・刑事ドラマをもってしても平均視聴率6%と苦戦しています。

これは木曜10時枠が2019年夏現在裏では『櫻井・有吉のTHE夜会』『ダウンタウンDX』『報道ステーション』『カンブリア宮殿』『クローズアップ現代』など、年代性別関係なく見れる人気番組がひしめく時間帯なので、視聴者を魅了する何かが無いと毎回見てもらえない激戦区であるということが考えられます。

そんな中で2019年夏の木曜劇場に挑戦してきたのが、2015年8月に発売され今現在も売れ続け累計発行部数10万部突破した横関大さんの小説『ルパンの娘』(講談社文庫刊)が原作の同名ドラマ!!

主演・深田恭子さんはフジテレビ木曜10枠に2018年1月期ドラマ『隣の家族は青く見える』以来の1年半ぶりに帰ってきます。

『隣の家族は青く見える』では妊活中の妻を演じ、今回は泥棒役という全く違う役に挑戦します。

木曜10時枠という激戦区にて苦戦しているフジテレビは幅の広い作品で挑んていますが、果たして本作のようなラブコメディー作品で視聴率を獲得できるか?期待してみたいところですね!

ドラまる

フカキョンは映画『ヤッターマン』(2009年3月公開)のドロンジョ役以来10年ぶりの泥棒役注目だね!

ラマちゃん

相手役の瀬戸康史さんも体重を10kg増やして刑事役に挑むらしいわよ!

こうしたこともふまえて、初回視聴率は8%あたりではないかと予想いたします。

スポンサーリンク

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』制作陣から視聴率を予想!

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』の主要制作スタッフで現時点で発表されているのは、以下の方々になります。

原作 – 横関 大『ルパンの娘』(講談社文庫刊)

脚本 – 徳永 友一

プロデューサー – 稲葉 直人・ 荒井 俊雄

演出 – 武内 英樹 ・品田 俊介

番組HPより引用

原作者の横関 大さんは、8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、2006年~2008年で最終候補作まで残りましたが惜しくも落選し、2010年『再会』(応募時のタイトルは「再会のタイムカプセル」)で第56回江戸川乱歩賞を受賞し念願の作家デビュー果たした作家さんです。

作品が映像化されたのはデビュー作である『再会』が2012年にフジテレビ系にて放送されて以来になります。

脚本の 徳永友一さんは2009年からの『BOSS』シリーズ、2018年『刑事7人 シーズン4』など人気ドラマを手掛けたほか、フジテレビ木曜劇場でも過去1年で唯一2桁台の視聴率を獲得できたドラマ『グッド・ドクター』も手掛けています。

プロデューサー の1人稲葉直人さんは『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』映画『テルマエ・ロマエ』『信長協奏曲』など人気作品を手掛けています。

また、演出の1人武内英樹さんは、ドラマ『のだめカンタービレ』『電車男』『デート~恋とはどんなものかしら~』映画『テルマエ・ロマエ』『翔んで埼玉』など人気も話題性もある作品を数々手掛けています。

ドラまる

制作陣側から見ると2桁視聴率も現実的に取れそうなメンツが揃ったね!

ラマちゃん

あとは視聴者を毎回惹きつける要素を含まることが出来るかがカギね!!

スポンサーリンク

まとめ

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』の視聴率を予想いたしました。

ドラまる

有りそうで無かったこの設定!結構面白そうな気がするよ!

ラマちゃん

木曜10時の激戦区枠だけに油断は出来ないけど期待しちゃうわね!

放送開始後はこちらの記事でドラマ『ルパンの娘』視聴率を全話更新していきますので、是非チェックのほど、よろしくお願いします!

2019年夏ドラマ『ルパンの娘』視聴率一覧

第1話(2019年7月11日放送)視聴率

8.4%

第2話(2019年7月18日放送)視聴率

7.4%

第3話(2019年7月25日放送)視聴率

8.2%

第4話(2019年8月1日放送)視聴率

5.8%

第5話(2019年8月8日放送)視聴率

6.0%

第6話(2019年8月15日放送)視聴率

5.4%

第7話(2019年8月22日放送)視聴率

6.7%

第8話(2019年8月29日放送)視聴率

5.7%

第9話(2019年9月12日放送)視聴率

6.9%

第10話(2019年9月19日放送)視聴率

8.3%

最終回(第11話 2019年9月26日放送)視聴率

9.8%

※ビデオリサーチ社調べ・関東地区
※ドラマ『ルパンの娘』の視聴率は金曜午前10時前後に発表となります。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA