ルパンの娘|最終回11話のネタバレと感想。エミリ(岸井ゆきの)と円城寺が切ない!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年夏ドラマ『ルパンの娘』最終回が2019年9月26日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
“Lの一族”の運命は?

おじいちゃんを殺害した犯人は!?

こちらの記事では、ドラマ『ルパンの娘』最終回のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『ルパンの娘』最終回のあらすじネタバレと感想

三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返しました。

隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬にことの経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来ます。

英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。

逆らおうとする和馬ですが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまいました。

結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣で溢れていました。

駆け寄って来た典和(信太昌之)に、和馬は英輔の手下たちのおかげで逃げ出すことが出来たと告げます。

そして、後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かいます。

エミリには、美佐子(マルシア)と巻栄一(加藤諒)が付き添っています。

その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていました。

しかし、身動き出来ない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられています。

すると、悦子(小沢真珠)は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願。

尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出しました。

60年前、英輔は上司の不正をもみ消していました。

それが原因で、英輔はLの一族から狙われてしまいます。

その時、不正をしていた証拠も盗まれてしまいました。

英輔はその証拠を取り返すため、マツを襲ったのでした。

そして1年前、マツを襲ったのが英輔と分かった巌は英輔に接触。

英輔を脅しました。

それが殺害の引き金となったのでした。

ところが、実際に巌を殺害したのは栄一でした!

栄一は、英輔からLの一族を始末するよう指示されていたのです。

巻家の落ちこぼれと言われていた栄一は、英輔に頼りにされたことが嬉しかったのでした。

しかし、なかなかうまくいかず1度英輔から見放され追い詰められた栄一が犯行に…!

全てを白状した栄一。

その時、和馬が連れ出され…!

それを知った華たちは、和馬を救出しに向かいます。

…というのが「ルパンの娘」最終回の大まかなあらすじ。

無事、和馬は救出され華に改めてプロポーズ。

最後は、桜庭家で三雲家が居候するという…なんともこのドラマらしい終わり方でしたね。

おじいちゃんも生きてましたし!

こんな思いっきりハッピーエンドなのも最近では珍しいのではないでしょうか?

ただ、その分、エミリや円城寺は結局誰とも結ばれず切なかったですが。。

ドラマ『ルパンの娘』最終回のネットの反応や評価は?

ドラまる
エミリにとっては切ないラストになっちゃったね。。

ラマちゃん
エミリは和馬を最終的には愛したんじゃないかしら?

「貴方の事など初めから愛していませんでした」ってセリフが本心でない事がまるわかりだったのが切ないわ。

ドラまる
歌はもちろん、華に対して最後まで誠実で一途だった円城寺さんはかっこよかったね!

ラマちゃん
結局、円城寺も誰とも結ばれず。。

円城寺の今後も気になるわね!

ドラマ『ルパンの娘』第11話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ルパンの娘』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ルパンの娘』第11話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『ルパンの娘』最終回のあらすじネタバレと感想ご紹介しました。

ハッピーエンドでしたね!

てんとう虫4号が爆発して“Lの一族”死亡!?と思わせてからの桜庭家に居候には笑いました。

最期まで、どんでん返しな展開も素敵でしたね。

ドラまる
3か月、楽しいドラマだったね!
ラマちゃん
またいつか“Lの一族”や和馬や円城寺に会いたいわ!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA