ルパンの娘|1話ネタバレと感想。キバとエボルトの対決に注目!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年夏ドラマ『ルパンの娘』1話が2019年7月11日(木)に放送されたね!
ラマちゃん
横関大さんの小説が原作。

泥棒と刑事の恋という異色の設定のドラマよ!

こちらの記事では、ドラマ『ルパンの娘』1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

ドラマ『ルパンの娘』1話のあらすじネタバレと感想

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張していました。

和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。

和馬が公務員としか聞いていなかった華でしたが、桜庭家は代々警察官の一族だったのでした。

それを聞いて震え上がり、さらに和馬が泥棒を捕まえる部署・警視庁捜査三課と知った華は動揺を隠せません。

その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行きます。

和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。

実はここが本当の三雲家だったのです。

高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れました。

しかし、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり

そう、三雲家は泥棒一家だったのです!

数馬が警察と知り、華は和馬を諦めようと考えます

一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われます。

和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家、“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされます。

決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。

和馬は彼らを捕まえる決心しますが、その一族こそ、華の家族・三雲家でした。

そんな中、ある宝石店が襲撃されました。

襲撃した犯人と思われる男性・山澤と広部は何者かに拳銃で撃たれて死亡

2人は暴力団には所属していないハングレ集団で、強盗未遂の全かのある人物。

逃走しようとした際に何者かに射殺され、盗んだ貴金属類も持ち去られていました。

一方、和馬は山澤達が宝石店の下見をしていた可能性が高いことを掴みます。

そして、三雲家もその宝石店を下見していました。

また、2人は暴力団・龍崎組に出入りをしていたことも判明。

和馬がそのことを掴んだ頃、華の父・尊(渡部篤郎)は事件の真相にすでにたどり着いていました。

今回の事件は、宝石店店長・金剛丸修司と龍崎組が組んだ自作自演

金剛丸の宝石店は盗難保険にも入っていたことから、自分の店の宝石を盗ませ保険金をむしり取ろうとしていたのです。

山澤と広部は用済みになり殺害されたというもの。

悪だくみをした金剛丸に天罰を下そうという尊を阻止する華。

しかし、尊が仕掛けた監視カメラに見逃せないものが映り込みました。

和馬が金剛丸に拘束されていたのです!

それを観た華は、尊に助けを求めます。

そんな華に協力を求める尊。

結局、華の協力により和馬は無事に救出。

金剛丸も逮捕されました。

以上が「ルパンの娘」1話の大まかなあらすじ。

完全にコメディでしたね。

かなり笑いの要素が強かったです。

Lの一族こと三雲家は、ただの泥棒ではなく悪者のところに泥棒に入るというスタンスなんですね。

そんな三雲家を理解できない華。

今後も華は泥棒に協力していくことになりそうですが、果たして華の正体を知った時、和馬は…?

ドラマ『ルパンの娘』1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
1話の評判はいいようだね!
ラマちゃん
泥棒と警察という異色の設定と登場人物のキャラの濃さが人気の理由かしら?

ドラまる
「仮面ライダーキバ」でキバ役を演じた瀬戸康史さん、「仮面ライダー」で仮面ライダー1号を演じた藤岡弘さん、「仮面ライダービルド」でエボルトを演じた前川泰之さんと「仮面ライダー」シリーズのキャストが多く出演していたのも印象的だったね!
ラマちゃん
和馬と金剛丸のシーンは、キバとエボルト見えてきてしまったわ!

ドラマ『ルパンの娘』第1話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ルパンの娘』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『ルパンの娘』第1話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『ルパンの娘』2話のあらすじは?

2019年7月18日(木)放送のドラマ『ルパンの娘』2話のあらすじをご紹介します。

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ルパンの娘』1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

コメディタッチで面白かったと思います。

彼のためにも身を引こうとする華。

華との結婚のために捜査一課の刑事になろうと頑張る和馬。

2人は無事にゴールインできるのでしょうか?

ドラまる
どこかで華の正体はバレると思うけど、その時和馬はどんなリアクションするんだろう?
ラマちゃん
2人の関係に注目ね!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA