リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~|2話見逃し動画無料視聴はこちら【7/29配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話(2019年7月29日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月29日(月)放送終了〜2019年8月5日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじは?

2019年7月29日(月)22時00分より放送のドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじをご紹介します。

村越誠一(反町隆史)の事務所に現れた米倉正臣(橋爪功)は、破産危機にあえぐ伊豆の老舗旅館の話を始める。

従業員に半年以上給料が支払えないほどの負債を抱え、顧問弁護士も匙を投げてしまった。

せめて文化財指定を受けた旧館建物を守りたいとの思いを受け、村越はこの案件を引き受けることに。

その決意の裏にはある秘めた思いが…。

現地調査に同行した永井茜(小池栄子)は同級生の花塚千束(矢田亜希子)と偶然再会する。

公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

momon
従業員に半年も給料を支払うことができていない老舗旅館を救うべく村越が動くのが見どころだと感じました。

文化財指定を受けた旧建物を守るために村越がどんな手を使うのか、とても楽しみにしています。

村越は老舗旅館全体に目を向け、再建できるように頑張って行くのではないかと予想しているので、村越の動きに注目しながら見ていきたいと思いました。

さらに、村越法律事務所で働く茜も一緒に老舗旅館に調査に行くと、茜の同級生の花塚千束に偶然再会するので、茜はいつもより気合を入れて千束のために頑張るのではないかと思っています。

ペンネーム:momon(20代・女性)

はな
次回のクライアントは、文化財指定を受けている老舗旅館ということなので、もし倒産させてしまったら、クライアントの精神的ダメージは大きいだろうなと思いました。

自殺してしまう可能性も高いだろうから、村越はなんとしてでも再建させようと頑張ると思います。

また、この案件を引き受けた裏にはある決意があるということなので、それがなんなのかが気になりました。

娘さんとの思い出のある旅館だったりするのかなと思いました。

また、茜の同級生が登場するということなので、ストーリーにどんなふうに絡んでくるのかが楽しみだなと思います。

ペンネーム:はな(20代・女性)

はるか
展開予想は、河合楼は、文化財指定の老舗旅館なので宿泊だけでなく建物見学や日帰り入浴などのアイデアで経営プランを立て直すと思います。

村越の秘めたる思いは、河合楼に家族で宿泊した思い出が、あると予想します。

その時に娘が、この旅館をまた訪ねてみたいと語ったので存続させたいと思う気持ちが、強くなったと思います。

楽しみな所は、従業員達の給料も払えない状況からどうやって旅館を立て直すのかです。

給料をもらえないと従業員も逃げ出してしまうと思うのでそれをくいとめる方法が、興味深いです。

旅館が、テーマなので旅館のフインキもドラマから楽しめそうです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

彼方
次回はまた村越誠一は負債で喘ぐ伊豆の老舗旅館の話が米倉により知るですね!

従業員にはお給料が半年も払えていないようで、かなり大変な状況に見舞われているよう、顧問弁護士もいたようですが、どうにもこうにもいかずに匙を投げたということで、村越のもとにこの案件が舞い込んだようですが、なかなか手強そうな案件のようでハラハラしそうですね。

しかし文化財指定の受けた旧館建物だけでも守りたいという想いに、村越の再建弁護士としての情熱に火がつくようで展開が楽しみですね!

次回もまたあの熱い村越の叫びが聞こえるのを楽しみにしています!

ペンネーム:彼方(40代・女性)

みどり
第2話は、有名老舗旅館の倒産危機ということで、村越弁護士のボスである米倉がまず旅館に向かっていました。

米倉もひいきにしていた旅館なのでしょうか。

なぜ、有名な老舗旅館が10億もの負債を抱えることになったのか、まずはその理由を知りたいです。

村越弁護士が協力することになりそうなこの案件は、一体どんな方法で乗り切るのか、次回もかなり難しく大変なことになりそうだと心配しています。

初回で村越弁護士の奥さんや息子さんが出てきましたが、娘さんは15歳の若さで病気で亡くなってしまったという悲しい出来事があったようですが、今は息子さんが明るくとても伸び伸びとしていてよかったなと思いました。

父親を気遣う姿も見られ、第2話でも家庭のシーンも少し出てきてほしいと思いました。

ペンネーム:みどり(40代・女性)

あおいそら
伊豆の老舗旅館が経営危機にあると聞いた誠一が支援に乗り出すようです。

文化財指定受けた旅館の河合楼の女将は旧館を守りたいとの思いがあるようです。

又、誠一と共に現地を訪れた永井の同級生の花塚が務めているようです。

おそらく、誠一は文化財保護を訴えて、支援を渋る地元の自治体、経営者の団体に訴えて、地元の観光スポットとして河合楼をマスコミにも紹介させ、テレビや新聞の話題に取り上げさせ、旅行会社の宿泊ツアーに河合楼を組み込ませ、旅館への観光客誘致活動をし、客足が伸びたところで、銀行への再建計画を提出し融資を承認させるのでしょう。

ペンネーム:あおいそら(60代・男性)

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

momon

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

村越は老舗旅館を再建させるために動き出すのだった。

老舗旅館の河合楼は、半年も働く人達に給料を渡せない程経営危機に陥っている。

しかし、働く人や、メインバンクの人まで再建させてほしいと頼んできたため、村越は河合楼を守るために手を貸したのだった。

世代交代させ、新しい女将を迎え入れる手段がいいと知った女将と取締役は引き受けた。

新しい女将は茜の友達である千束になった。

千束と旦那の大地は、二人で河合楼を立て直そうと頑張ることに。

債権者説明会では責め続けられ、取締役は弱気になるのだった。

村越は諦めず、話をしに行き、見事可決させたのだ。

千束も新しい女将と認められ、新しい河合楼が始まったのだった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

村越と伸司が暑い中債権者のみなさんに一人ずつ話をしに行く姿がとてもかっこよかったです。

暑いのにスーツ姿でみんなの元へ行き、河合楼が再建できるようにお願いしに行くのがとてもすごかったです。

伸司の前に現れた新しい米倉の事務所の弁護士の武藤が弁護士じゃない伸司を見下す姿が最低でした。

伸司を雑用係のように扱う姿が本当に最低だし、債権者に対して嘘の情報を流して弁護士としてまだまだ未熟者だと分かってせいせいしている伸司を見てスカッとしました。

伸司は汗水流して河合楼のために頑張っていたので、上司に村越がいるからこそ上を見て頑張っているのだと感じました。

ペンネーム:momon(20代・女性)

あずき

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

15年前に国から文化財指定を受けた旅館の再建依頼が村越に来ました。

みんなで旅館へ向かうと、茜は同級生の千束と再開します。

旅館は半年間も給料が未払いであるほど経営は苦しく、メインバンクへに民事再生の融資も断られてしまいました。

そこで村越たちはスポンサーを探すことにします。

茜が旅館経営が夢だったという千束を連れてきました。

千束の2億の融資で民事再生を行いましたが、問題が立て続けに起こり、千束は不安に駆られます。

ある日、タプレットの導入を千束が考えていることを話すと、中居たちが猛反対しました。

千束はもう無理だと茜に泣きつきますが、千束の頑張りを見ていた女将は、あなたのやり方で再建してくださいとお願いします。

村越は再建案を問う可否で、諦めるつもりはないから自分にかけて欲しいとお願いしました。

すると、過半数の賛成を得ることに成功します。

旅館での打ち上げ中、村越は一匹の蛍に導かれ、橋の上へときます。

旅館の文化財指定日と娘の命日が同じ日だったのです。

村越は娘のことを感じながら思いにふけるのでした。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

千束がタプレットを導入しようとした気持ちも、中居たちがタプレットを入れたくないという気持ちもわかるなと思いました。

だけど、今あるものを改革していかないと再建というのは無理なんじゃないかなと思いました。

だからこそ、女将が千束の思うように再建してほしいと決意したことはとても大きなことだったなと感じました。

また、村越が再建案の可否を問う集会で熱意を表明するシーンがとてもかっこよかったです。

諦めるつもりなんて全くないと語る村越の自信のある表情が、この人ならどうにかできるんじゃないかなと思ってしまうような力を持っていて良かったなと思いました。

ペンネーム:あずき(20代・女性)

あやめ

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

老舗旅館河合楼が負債を抱え、半年も従業員に払うことが出来ず倒産の危機となる。

村越らは河合楼旅館に調査に行き、女将と会いスポンサ-をつけることを提案する。

メインバンクも協力してくれることになり、スポンサ-には茜の同級生花塚千束夫婦が旅館の準備を始める。

税務署の税金が滞納していることで来所したが、村越は国の重要文化財を残すことが大切で、この旅館を倒産になっては廃材になると説明する。

千束はすっかり自信を無くすが、旅館の柱に触ると落ち着くといって女将の意気込みを持っていた。

債権者集会でも可決となり無事に河合楼の旅館は経営の再起を果たすことになる。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

河合楼の女将は旅館を残したい気持ちを感じたが、新しい女将には不信感を抱いていたのではないかと思っていた。

ずっと千束の様子を伺っていたのは、女将の力量があるか見極めていたようだ。

新しい女将は「絶対にきらめない」と従業員に意気込みを伝え、必ず旅館を立て直してくれると感じた。

大切な重要文化財に指定されている河合楼旅館は、昔ながらの常連客もいて、残すことが出来てホットした。

河合旅館の文化財指定日と村越の娘の命日と同じこともあり縁があったみたいです。

村越は蛍を見て娘を思い出しているシ-ンは哀愁が漂っていて良かった。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

kei

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

老舗旅館の河合桜の再生が今回の話の内容になります。

国の重要文化財にも指定される由緒ある旅館ですが、バブル時代のつけで今では従業員にも給料を払えない状態、そんな中でどのように再生をしようかと考えてたところ、メインバイクの行員が会いに来ます。

早速の徹底抗戦かと思いきや以外にも、メインバンクが助けたいという異常事態、これはいけると思い。

スポンサーを探す作業を開始する、そこで漠然とは旅館をやりたいという、若女将を見つける事ができますが、税務局や債券者たちの必要な叱責などで自信を無くしてしまうが、女将から自信を持つように言われ、自信を取り戻し旅館を引き継ぐ事を決意、主人公の努力の甲斐もあり再建案が承認され、全て一見落着で物語が終わります。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

昨今どの会社でも、ありうる倒産の危機、何をやっても上手くいかないところを再生させるというところに、今の社会情勢も考えさせられる話でした。

老舗の古い旅館をどのように再生していくか、どのように再生プランを納得させていくか、最終的には相手を説得する事、真摯な態度で相手に必死で説得することで当初は反対していた、債権者が最終的には、賛成してくれるシーンを見て感動しました。

又、若い世代の人は何事も自信が持てないですが、これが腹を括るということかというシーンも見る事ができました。

何事も腹を括って本気になればなんでもできるという事を考えさせられる話でした。

ペンネーム:kei(30代・男性)

飛べないアヒル

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

従業員の給料支払いが半年も滞って破産危機にある伊豆の老舗旅館の案件が、米倉から村越弁護士のもとに持ち込まれ、村越たちは現地調査に向かいます。

文化財指定も受ける老舗旅館の価値を存続させる意図からも、村越はスポンサーを探し、裁判所への民事再生手続きを進めます。

裁判所の許可が降りた直後、税務署をはじめ債権者たちが噂を聞きつけ、旅館へと押しかける事態となります。

スポンサーに手を挙げた茜の同級生、花塚千束夫婦は、旅館で働きながら厳しい現状と対峙します。

債権の取り立てに声を上げる関係者の辛辣な言葉と対峙しながらも、決してあきらめない村越が再建のために奮闘します。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

地域に長く根付いて歴史を刻んだ老舗旅館の経営が傾き、目先の利益を狙う外資や複数の関係者の思惑が絡み合う中、これまでに積み上げられた歴史的な価値や文化的な価値を残そうとする村越弁護士が、綿密な計画を立て、債権者60箇所も自らの足で説明に駆け回るという弁護士らしからぬ行動は、前回同様、驚きでした。

民事再生手続きに債権者が反対するのは理解でき、立て直そうとする旅館の経営者に従業員が追随するかと思いきや、改革の名の下にこれまでのやり方が変わることに反発する従業員たちの行動には、人間の負の部分が感じられました。

しかしながら、人の本気度が人には伝わると感じられる結末に思えました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

かわだ

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじネタバレ

誠一の事務所に来た米倉は破産の危機にある老舗旅館の河合楼が10億の負債を抱えていると言う。

従業員には半年以上も給料未払で弁護士も見放した。

せめて文化財指定を受けた古い旅館を残したいと女将らが言う。

誠一は現地に行き、同行した永井は同級生の花塚と再会する。

静岡第一銀行の宇野が来て債務超過で回収の見込みが立たず困っていると言い、民事再生申し立ての融資が出来ないと言う。

事業譲渡の約束先を見つけようと誠一が提案すると合意する。

旧館部分は残す方向で女将を説得し新しい経営者に経営を譲渡して欲しいと誠一が言う。

誠一は河合楼でホタルを見て無くなった娘を想い出していた。

花塚夫婦は旅館経営に興味があると言うと、2億で譲渡する案を誠一が提案する。

誠一は民事再生申し立てをすると債権者が現れ再建の差し押さえをすると言う。

潰れたら滞納の7割が回収不能になると誠一が説得する。

民事再生手続説明会を開くが総債権額の40%がメインバンク、14%が第二銀行だという説明に第二銀行は文句を言い、入札にすべきだと言い、大荒れの説明階となり閉会する。

花塚はタブレットの携帯を提唱するが仲居に反発される。

尚、第二銀行のバックに外資系資本がついているようだった。

誠一は頭を下げるが債権者の25%しか賛成の、見込みが立たない。

花塚から永井に自信が亡くなったと連絡が入り永井が励ましに行く。

仲居に受け入れて貰えなくても諦めてはいけないと永井は言う。

前の女将は花塚の手を握り花塚のやり方で再建して欲しいという。

債権者集会で誠一は河合楼が潰れたら債権は1%も回収できないばかりか、誠一は再建すれば地域に貢献すると訴える。

投票の結果、債権額の75%の賛成、80%の票数を得て再建案が承認された。

米倉は旅館の文化剤指定日が誠一の娘の命日が同じ日で縁があると思っていたと言い、誠一の手にホタルが止まり誠一は娘の魂を感じたようだ。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話の感想

花塚が河合楼の太い柱を撫でながら、亡くなった自分の父親が旅館を支える柱に、おもてなしの心が現れると言っていた言葉を引用して、潰れかかった老舗旅館を仲居の反発を受けながらも、立て直したいとの熱意を訴えて、最後は前の女将の支持も、仲居の支持も得られた場面は感動的でした。

それ以上に、誠一の熱意が債権者の心を動かし、問題だった第二銀行を説得できたのは、大きかったです。

米倉が河合楼の旧館が文化財に指定された日が誠一の娘の命日と同じ日だったのに縁があると言ったように、亡き誠一の娘の目に見えない支援があったのかも知れないと、手にとまったホタルに娘の魂を感じ取った誠一の姿を見て、想像しました。

ペンネーム:かわだ(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA