リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~|1話見逃し動画無料視聴はこちら【7/22配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話(2019年7月22日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月22日(月)放送終了〜2019年7月29日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじは?

2019年7月22日(月)22時00分より放送のドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじをご紹介します。

村越誠一(反町隆史)は、会社を倒産の危機から救う再建弁護士。

ある日、永井茜(小池栄子)、池田伸司(堀井新太)と営む村越の小さな事務所に、水産会社社長・山谷(石黒賢)から救いを求めるFAXが。

命に関わる案件だと直感した村越は、すぐに現地へ。

かつて100億以上の売り上げを誇った魚市場は、経営悪化で瀕死の状態に。

だが、ひとり思い悩む山谷に村越は明言する。

「まだ、大丈夫です」そして、驚くべき再建案を提示する…

公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の見どころや期待度をご紹介いたします。

mai
今日本の町工場や地域に根付いた商店や中小企業がつぶれる中、希望が持てる内容になるといいなと感じています。

出演者の反町さんも最近では相棒の顔になっていたため、違う顔を見れるのが楽しみです。

家族もテーマにしていることから、いろんな世代の方が見て、仕事、家族、生活、いろんな視点で見ることができるため、考えさせられることも多いかと思います。

また、現役の方をモチーフにされているとのことで、ドラマをきっかけに少しの希望をもつきっかけになることを期待しています。

今から7月のドラマが楽しみです。現役で頑張っている方にも焦点があたればと思います。

ペンネーム:mai(20代・女性)

はるか
倒産の危機を助ける弁護士の話という事でどんな方法を使うのか興味深いです。

反町隆史さんは、相棒の冠城亘のイメージも強いので今回のマジメそうな弁護士役をどう演じるのか注目です。

中小企業の倒産が、どんな経営状況でおこるのかなどシリアスな物語になりそうです。

弁護士なのでホワイトナイトのような企業の助けかたは、しないと思うので弁護をするシーンが、見どころになりそうです。

この枠のドラマは、企業の物語が、おおいですね。

実在する弁護士さんをモデルにしている物語なのでリアルな物語になると思います。

反町隆史さんのメガネ姿も注目です。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ももこ
反町隆、和久井映見が夫婦役となり、昔のトレンディ俳優たちが復活して、年を重ねた俳優たちの演技が楽しみである。

出演も小池栄子や橋爪功で脇もしっかり固まっているので安心してみることが出来そうです。

1話では個性あふれる俳優たちが出演するので楽しみ。

今度は会社倒産の危機を再建する弁護士登場となり、これからどんな企業が倒産の危機を迎え再建するのか楽しみだ。

必ず相手側には意地悪な人物が登場すると思え、誰が悪役になるのかが気になり、このドラマを盛り上げるだろう。

村越誠一の妻がどこまでこのドラマに参入するのかも気になります。

ペンネーム:ももこ(50代・女性)

イカロス
予告映像を見ましたが、なんといっても主演を務める反町隆史さんが「GTO」ばりに熱い演技を見せていて期待できると思います。

そして、久しぶりの主演ということで、気合も入っていると思います。

また、和久井映見さんも若い頃から「夏子の酒」や「妹よ」などを見ていて大好きなので楽しみです。

いくつになっても可愛らしい感じがあると思います。

その他の共演者は少し地味な感じがしますが、「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」や「SPEC」などの好きな作品に関わっている製作陣が豪華なので面白そうだと思います。

人助けや家族愛を描くヒューマンドラマということで、感動できそうだと思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

ロケット、
倒産の危機にある会社を一つ一つ救おうとする再建弁護士を、反町隆史さんが演じられるとの事で、主人公がどんな強大な大企業や事情から倒産の危機にある企業を救っていくのか?

そこにはどんな苦労や高い壁が待ち受けているのか?

等々が気になっていますが、そんな危機をよりリアルに現実にありそうな視点でストーリーを描いてもらいたいなと期待しています。

「スパイラルの芝野」の様に、諦めない姿勢を持った、芝野とはまた違った主人公像を反町隆史さんには演じて欲しいなとも期待しています。

そんな主人公を引き立てる、脇を固める他のキャラクター達にも注目して見たいと思っています。

ペンネーム:ロケット、(50代・男性)

リユース
実際に存在し、倒産した中小企業の再建に努力する弁護士を扱ったドラマだけに興味が湧きます。

日本ではアメリカと違って、一度、失敗した企業家のやり直し、リカバリーには大きなハンデがあって、再生が大変、難しいと言われています。

それが、ベンチャー企業がアメリカのように育たない大きな理由のようです。

村越弁護士が、破産管財人として、おそらく負債を負って破綻した企業に押しかける債権者に対応して債権放棄や、反社会的勢力から債務者を守る大奮闘をするのでしょう。

そして、企業家に、再起を働きかけるべく顧問弁護士として、金融機関や役所、投資家などへの橋渡し役として活躍する姿に期待したいです。

熱血キャラにうってつけの反町隆史と和久井映見の演技も楽しみです。

ペンネーム:リユース(60代・男性)

2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

momon

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

網代中央水産の社長である山谷護は崖から飛び降りて自殺しようとしていた。

しかし、社員の滝口から連絡が入り、山谷は経営危機を打破できる弁護士の存在を知る。

再建弁護士の村越誠一の元に長文で山谷は再建したいと願う長文を送ると、村越は山谷に話を聞きに行くことに。

山谷の人柄や想いを感じ取り、再建を応援する形になった。

銀行は網代中央水産に牙を向け、全く手助けしてくれない様子だった。

村越はあらゆる手を使って網代中央水産が倒産しないように考えた。

バンクミーティングを行い、何度も銀行と話し合うが、全く聞く耳を持ってくれなかった。

しかし、三回目のバンクミーティングで網代中央水産の思いや村越の思いが伝わり、網代中央水産は倒産せずに済み、再建させることができたのだった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

村越誠一法律事務所のメンバーが個性豊かでおもしろかったです。

茜や伸司が村越を支えている理由は、村越が諦めずに人の命を救い出すことができると信じているからではと感じてしまいました。

村越は会社は人の命がたくさん関わっている場所で、人に一番大切なのは命だと言い切っていたのがかっこよかったです。

会社の再建のために頑張る姿は真剣そのもので素敵でした。

村越がたくさんの方法を考えて救おうとしているのが魅力的でした。

村越の諦めない姿勢はすごく学ぶことが多く、諦めなければ本当にうまくいくと証明してくれたのがかっこよくて見どころでした。

ペンネーム:momon(20代・女性)

はな

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

村越は水産会社社長の山谷を倒産の危機から救うことにします。

銀行に借金を減らしてもらえるようにお願いに行きましたが、理解してもらえない上に、自殺してみろとまで言われてしまいます。

しかし、村越は諦めず、山谷を社長として残したまま会社を再起させようと、社員から嘆願書を集めます。

村越は再度銀行へお願いに行った際に、自分の過去について語ります。

村越には、亡くなった娘が、困っている人を助けてあげてと言われたこと、昔のクライアントを救うことができず自殺させてしまったという過去があったのです。

その話を聞いたからなのか、支援協議会が協力してくれることとなり、山谷の会社は倒産の危機を免れることとなりました。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

村越という人物の熱い想いにとても心を動かされました。

特に、会社を救うだけじゃ意味がなくて、山谷の命を救わなければいけないんだという気持ちにとても考えさせられました。

たしかに、自分の会社をそんな状態に追い込んでしまった責任感や後悔などから命を自ら絶ってしまう人も実際にいるだろうし、そういうところを重視する村越はステキだなと思いました。

それも、過去にクライアントが自殺することを止められなかったからなんだろうなと感じました。

その時の気持ちが身に沁みているからこそ、0.01%でも可能性があるなら諦めずに命を救うべきだと強い意志を持っているんだろうなと思いました。

ペンネーム:はな(20代・女性)

はるか

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

倒産寸前の企業を助ける弁護士の村越誠一は、水産会社社長の山谷護から仕事の依頼をされる。

社長の山谷は、社員からの人望も熱い男だった。

しかし、山谷の水産会社の経営は、芳しくなく自殺を考えたほどだった。

村越は、銀行に対してこちらから経営の立て直しプランをたて国の中小企業支援に助けを求めるプランを考える。

社長は、辞任せずに私財は、すべて売却する事もプランにあったが、社長に辞任をもとめる声が、おおかった。

銀行は、村越のアイデアに反発してメインバンクの審査部長の佐々木原は、国の中小企業支援に支援しないように働きかける。

村越は、社長存続の嘆願書を集める事にする。

山谷の奥さんも協力もあり嘆願書も集まる。

そして、佐々木原は、村越のらくだの話になぞらえた銀行が、らくだが、倒れる一本のわらになってはいけないと言う話に共感して中小企業の支援を許すのだった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

倒産寸前の企業を立て直すためのやり方が、詳しく分かり面白かったです。

山谷の水産会社が、倒産したら銀行も債権を回収できなくなるのでそこでの村越との攻防戦が、熱かったです。

山谷の奥さんも村越の姿に感動して嘆願書を集めていたシーンが、良かったです。

いろんな人たちが、嘆願書に署名してくれたのも山谷の人柄の良さだと思いました。

村越の奥さんが、もたせるお弁当が、独特のおかずで注目です。

事務所の茜と伸司の会話も楽しいです。

伸司の調理する時の三角巾の被り方は、子供っぽくてかわいかったです。

その後の山谷夫婦が、楽しそうで良かったです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

彼方

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

村越は小さな弁護士事務所を構えており、そこには永井茜、池田伸司が勤めている。

村越は会社の倒産を助ける再建弁護士である。

「この世には潰していい会社なんてたった一つもない!」という言葉を信念にしている。

ある日、村越の事務所に水産会社社長の山谷から悲痛な叫びが聞こえるようなファックスが舞い込んだ。

命に関わる案件だと判断した村越は直ぐに現地に飛び、山谷社長のもとにいく。

すでにかなり経営が悪化しているが、実情は社長と経理部部長しか知らない。

山谷は沢山の社員を路頭に迷わすことなんて出来ないという考えの誠実な社長であり、さらに社員たちからは慕われている。

さらに網代中央水産が倒産すれば関連会社も次々倒産する可能性があった。

永井、池田も現地に飛び、覆面で現地調査を始めるのだった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

村越と山谷が今後の策として、八割の債権をカットしてほしいとバンクミーティングで銀行員たちに話すものの第一回は全く行員たちの心を打つことができず、それでも村越は諦めずに山谷を励ましながら、第二回のミーティングに臨んでいるところやメインバンクの佐々木原からの反発にやり返すところにとても感動しました!

村越は「潰して良い会社は一つもない」という考え方や銀行に対して「お金を貸すだけかして、返せなくなったら潰れたらいいなんて何事だ!」と山谷の代わりになって怒り狂うところ、とても気持ちが良いなぁと思いました。

ペンネーム:彼方(40代・女性)

みどり

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

村越弁護士事務所に、ファックスが届く。

ただ事ではないと感じた村越はすぐに現場へ向かう。

そこは網代中央水産という会社で社長の山谷が会社の危機に困り果てていた。

村越は、「9回裏の攻撃がまだ残っていますよ」と励ます。

山谷社長は、従業員に慕われており、正直な人柄にみんながついてきている感じだった。

村越弁護士事務所の経理茜、事務員のぶは、覆面調査として山谷の妻の経営する食堂を訪れる。

会社再建には銀行を説得することが必須で、バンクミーティングを初めて開く。

村越が提案した提案には金融機関の協力が必要だと頭を下げる村越だが、ありえないと相手にされない。

結局、奥の手である会社分割という方法を思いつく村越だったが、無理が祟り村越が倒れてしまう。

会社存続のためには、社員全員の嘆願書が必要となり、最初は戸惑っていた社員も全員が嘆願書にサインする。

あきらめない村越たちの姿勢に大手金融機関も協力することを決め、支援協も力にならせて下さいと言うのだった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

村越弁護士のあきらめないという執念とも思えるような頑張りはすごいと思いました。

会社はひとつもつぶしてはいけない、という言葉に胸を打たれました。

村越弁護士が、茶色の手帳に手を当てていたシーンがとても気になっていたのですが、過去に遺書を残し自殺した会社経営者の人がいたことがわかり、村越弁護士が、必死に働く様子が納得できました。

それにしても、弁護士自ら頭を下げたり、到底なかなかできる行動ではないと感心しながら観ました。

弁護士事務所のスタッフも絶妙なやり取りで楽しいシーンを作ってくれているので、ホッとできるシーンがありよかったです。

社長を信じていた社員が不慮の事故でなくなったのは、とても悲しい出来事でした。

ペンネーム:みどり(40代・女性)

あおいそら

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじとネタバレ

網代水産会社の社長の山谷は経営危機で海岸の崖から身投げしようとするが再生弁護士の話を部下から聞かされ自殺を諦める。

20億の借金を抱えていたが、誠一は私的整理を提案し銀行に債権計画を了承して貰うと言う。

しかしバンクミーティングで、債権の8割カットを申し出るが銀行は怒るが、誠一は反対し民事再生よりは良いと誠一が言う。

しかし会議は紛糾する。

すると富士中央銀行審査部の榊原から電話があり地元の中小企業再生支援協議会に相談したらと提案する。

しかし榊原は本音では支援を期待していなかった。

第二回のバンクミーティングで資産の査定をするが榊原は救済はできないと言う。

銀行の融資が進まないので破産の危機が迫ると誠一は銀行に相談せず、会社分割で優良部門を新会社に移し、不採算部門を破産清算すると言う。

社員全員に第三回バンクミーテイングで会社分割を提案するが、銀行は社長の退任を要求する。

誠一は無神経だと非難すると榊原は末期ガン患者に無駄な治療をするだけだと言う。

山谷は自分が辞めて済むならというが誠一は、それは呑めないと言う。

5年前に富士中央銀行の案件で誠一が企業を再建しつつあったとき、銀行の担当が変わり、貸しはがしで社長が自殺したと榊原に言う。

米倉は銀行に1万回は頭を下げたと言う。

誠一らは魚卸らに網代救済の嘆願書を持って署名を集めて支援を求めるが、社長は信用しても弁護士は信用できないと言う卸もいた。

山谷の妻は、主人を苦しめたくない、もう諦めると言うと、誠一は過労で倒れるが2日後のバンクミーティングで銀行側は裁判をも持ち出す。

誠一は銀行法は健全な経済の発展に資することを目的とすると反論する。

ところが取引先の支援者489名の嘆願書が集まる。

誠一は病で亡くなった15歳の娘と、困っている人を救うと約束した。

榊原は誠一の熱意に感銘を受けて支援を約束する。

金融協議会が賛成して再生ファンドを結成することが決まった。

『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話の感想

再生弁護士という聞きなれない名前に最初は違和感がありましたが、誠一が銀行相手に網代水産の私的整理の提案も拒否され、メインバンクの審査部の榊原が中小企業再生協議会の支援を提案し網代水産を救済する姿勢を見せながら、2回目のバンクミーティングで、網代水産は潰すしかないと榊原が言って、誠一が激怒したときは、もはやこれまでかと思いました。

しかし会社分割という奇策を使い、取引先の嘆願書を489名分も集めて榊原始め銀行を驚かせたのは、意外な展開でした。

それも、誠一が病気で亡くなった15歳の娘との約束で困っている人を助け、けして諦めないという姿勢を貫いたとわかり感動的でした。

ペンネーム:あおいそら(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~』第1話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA