Heaven?~ご苦楽レストラン~|9話見逃し動画無料視聴はこちら【9/3配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話(2019年9月3日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年9月3日(火)放送終了後〜2019年9月10日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじは?

2019年9月3日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじを紹介します。

仮名子が引退!?

最終決戦が幕を開ける!!

オーナー・仮名子(石原さとみ)不在の1日。

振り回されることなく仕事に集中出来るロワン・ディシーメンバーには、立て続けにラッキーな出来事が起こり、幸せを噛みしめていた。

その頃、仮名子には不運な出来事ばかりが起こり不機嫌指数がMAXに…。

そんな矢先、ある謎の男(白井晃)が来店。

難敵に追い詰められた仮名子は人生初のピンチに追い込まれる。

さらに、伊賀(福士蒼汰)にも予期せぬ事態が忍び寄り…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ちな
次回の第9話の放送では、どんなことがこのレストランの中で待っているのかとても楽しみにしています。

オーナーはどうなってしまうのかきになります。

また、オーナーのはちゃめちゃな行動や発言なと、どんなことが飛び出してくるのかも楽しみにしているひとつになります。

伊賀くんや他の従業員のみんなの成長も観れると思うのでとても期待しています。

レストランに訪れたお客様に影響されていろんなことを従業員のみんなでわちゃやちゃしながらチャレンジしたりもするのではないかと予想します。

オーナーのその人それぞれに対してのその場に合った言葉もでてくるのではないかと思いました。

ペンネーム:ちな(20代・女性)

ぱるる
次回は黒須が珍しく店をあけるようです。

いつでも店にいて好きな時に出てきては料理を堪能したりワインをガバガバ飲んでやりたい放題している黒須なので、ロワンディシーのスタッフたちはリフレッシュできてよさそうです。

しかしなんだかんだで黒須がいたほうが問題が起こっても解決したりしているので、黒須がいないときに限って何かトラブルが起こるんじゃないかと思います。

また、黒須はまったく筆が乗らなかったのに、今回は珍しく筆が乗って夢中で書いていました。

黒須の作家としての仕事の方も何らかの変化があるんじゃないかと思い、そのあたりも楽しみにしています。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

haha
苦手に立ち向かい、苦手を克服しようと努力した伊賀。

人間的にも一段階成長した彼の姿を見ることが出来た。

そんな彼の前に、さらなる問題が立ちはだかることになるだろう。

それが母親だ。

伊賀は母親との向き合い方を考えない限り、いつまでも彼女に振り回されることになる。

オーナーの黒須にすら振り回されているのだから、二重苦だろうな。

結果的に伊賀はソムリエ試験に落ちたが、彼のデータをもとに山縣がさらに資格マニアに走っていくことになるのではないか。

これまで好き勝手に振舞ってきた黒須だったが、彼女に人生の転機が訪れる。

もしかしたら、レストランが閉店に追い込まれてしまうかもしれない。

ペンネーム:haha(30代・女性)

ヨウコ
仮名子が店のオーナーを辞めなければいけないような事件が起こってしまうのかもしれません。

店の建て替えを提案する飲食店経営コンサルタントを名乗る男性が現れるようですが、なぜ建て替えが必要なのかが分かりません。

単に建物が老朽化しているのか、もしくは何らかの事情があって、店のオーナーが変わることで、新装開店になるのかもしれません。

店の全てが順調に進んでいる時こそ、用心しなければいけない重大なことが起きてしまったのでしょう。

このドラマももうすぐ終わりになりますが、最後までロワン・ディシーをやっていてほしいですし、メンバーも変わっては欲しくありません。

ペンネーム:ヨウコ(50代・女性)

じゅん
仮名子がオーナーを引退するかもしれないという描写が予告でありましたが、ロワン・ディシーの従業員はその状況を最初は喜ぶように思います。

しかし、なんだかんだでここまでともに店を運営してきたのでどこか愛着を感じるのではないでしょうか。

そんな時にどのように思い、どのように行動するのか注目したいです。

また、仮名子は自分にメリットがある話なら通常店を手放しかねないとも思いますが、これまでのごたごたでなんだかんだ仮名子もロワン・ディシーに愛着を持ち始めているように思えます。

それに気づくのか、また気づいた時どう行動するのかも注目したいと思います。

ペンネーム:じゅん(60代・女性)

マレット
今日も相変わらずオーナーらは何かあるたびにすぐに伊賀のことを頼ることになってしまう。

伊賀は皆に頼られた時に自分にできることがあれば、それなりに対応を取るように心がけていく。

オーナーは店の中にも小説のネタがあるということに気付き、オーナーの仕事をこなしていきながら小説の執筆も進ませるという展開を予想する。

またもや伊賀の母が伊賀らのことを邪魔しないかどうかということ、川合が天然ボケを見せてくれるかどうかということ、伊賀たちはどのような姿勢で仕事に取り掛かることになるかどうかということが楽しみなポイントとする。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まどか

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

店に経営コンサルタントの男がやってきた。

男は人件費に問題があるとし、接客係を2人クビにすることを提案する。

しかし仮名子は、誰もクビにしないと断言。

お客様じゃなくて私にとって完璧な店にしたいと話す仮名子に怯んだ男は帰って行った。

仮名子を担当している編集から、鐘公論がつぶれたと連絡が入る。

仮名子はみんなにオーナー業に専念することを宣言。

しかし、オーナーがどんな仕事なのかを仮名子は知らなかった。

伊賀の母が急に店にやってきた。

父がジンバブエに転勤になったと聞いて、みんなは伊賀くんが連れて行かれてしまうんじゃないかと考えるのだった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

清々しいほどに仮名子が自分のためのレストランを邪魔されたくないという思いが伝わってきておもしろかったです。

経営コンサルタントの人が言ってることは絶対に正しいのに、仮名子が全て説き伏せてしまうから爆笑でした。

だけど、誰もクビにする気はないと言ったのは嬉しかったです。

仮名子は自分の理想の店を作るために、みんなが必要だと思っているということなんだなと感じました。

また、伊賀くんのお母さんは、やっぱり伊賀くんをジンバブエに連れて行こうとしているのかなと気になりました。

伊賀くんが欠けるなんて考えられないので、そんなことにはなって欲しくないです。

ペンネーム:まどか(20代・女性)

ぱるる

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

出版社との打ち合わせがあるということで、ごはんにも連れて行ってもらうし明日は店に来ないとみんなに告げた黒須。

ロワンディシーのみんなは黒須がこないことに大喜び。

いつもならイライラしてしまうことも許してしまう余裕を持ち、イキイキと働いていしました。

一方で打ち合わせの日を間違えていた黒須は、ごちそうにありつけると思っていたのに出版社を追い出されてしまいます。

しかも店に帰って食べようと思ってもタクシーに乗っても道が混んでいてなかなか戻れなかったり、ヒールの靴をだめにしてしまったりと、わるいこと続きでした。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

いいことが続かかどうかは分かりませんが、悪いことわるいことって続くものだと思うのでそのあたりはリアルだなと思いました。

しかしヒールのかかとが折れたり、タクシーに乗っても渋滞にまきこまれてなかなか帰れなかったり、そうかと思えば雨が降ってきたりと、ここまでひどい目に遭う黒須は初めて見ました。

一方で何もかもうまくいっているロワンディシーは黒須がいないだけでここまで続いて違うのかと驚かされました。

極めつけは店での公開プロポーズと、プロポーズの成功。

黒須は「何これ」とツッコんでいましたが、珍しく彼女の意見に同意したくなるシーンでした。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

haha

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

ここ数日、原稿の執筆に熱が入っているオーナー黒須。

ようやく書き上がったようで、黒須は編集者との打ち合わせのため明日は店にはこないからと予めレストランのメンバーに告げておく。

しかし、打ち合わせ日を間違えていた黒須は、校了日前でドタバタしていたこともあり編集部から追い返されてしまう。

仕方なく黒須はレストランに戻ろうとするのだが、様々なアクシデントに見舞われてしまう。

高級食材を使った料理をやけ食いしたい気分だったのに、数々のアクシデントのせいで戻るのが遅くなってしまう。

平穏で幸せだった時間は長くは続かない。

それ以降、客足が遠のき、売り上げが低迷してしまったのだ。

そこに来訪者が。経営コンサルタントだという中聖人は黒須に経営立て直しの計画を提案する。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

黒須がいないことで、レストランのメンバーたちはつかの間の平穏を楽しむかのように、仕事を謳歌している。

みんな機嫌がいい。いつも失敗してばかりの川合がミスしたとしても、許してしまえるほどの心の余裕がある。

花畑牧場のオーナーが出演しているではないか。

こんなフィクションの世界にまで進出してこようとは。

前回登場したパパラッチカメラマンと黒須はもはや犬猿の仲と言っていいような関係になっている。

プロポーズ成功おめでとう。

ちょうど楽器奏者たちがレストランに居合わせて、お祝いにと音楽を演奏するのだが、黒須が帰って来たにも関わらず、みんなして勝手しすぎである。

黒須は何処まで行ってもぶれやしない。

なぜかカッコよさすら感じさせてくる。

ペンネーム:haha(30代・女性)

jun

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

小説の執筆を終えた加奈子はその夜、ロワン・ディシーで食事をしながら明日は出版社と食事をするから店に来ないと宣言します。

翌日原稿を持って出版社に行きますが、打ち合わせの日にちを間違えていました。

追い返された加奈子は店に戻ってハモ、エゾジカ、ウニを使った料理をお腹いっぱい食べてやろうと店に向かいます。

オーナーが店に来ない事で従業員達には余裕が生まれ、準備も順調に進みます。

河合くんのミスにも笑顔で対応、全てがうまく進んでいきます。

開店したお店では常連さんがプロポーズ、居合わせた有名指揮者が、お祝いにと演奏のプレゼントをしてくれたり…良い事が続きます。

そんな中色々な障害を乗り越えようやく店にたどり着いた加奈子は残り物のメニューで食事をすることになります。

お腹が空きすぎていた加奈子は残り物でも幸せを感じますが、幸せは続かないと呟きます。

翌日から加奈子の呟き通りに良くない事ばかりが起いてしまいます。

しかし自分が良ければお店の事は問題にしない加奈子の元へ、経営コンサルタントを名乗る男がやってきて、経営のやり方が間違っていると指摘します。

お客様のために働かなくてはいけないと断言する経営コンサルタントに対し、加奈子は自分のために仕事をしている、ここは自分の店だから自分が幸せならばそれでいいとコンサルタントを追い返します。

コンサルタントが帰った後、誰かをクビにするとしたら伊賀君をクビにするという加奈子の言葉にショックを受ける伊賀は自分の慢心さを痛感します。

そこに出版社から電話がかかってきて、金公論がつぶれたと告げます。

自分から原稿を売り込む事は嫌だという加奈子はオーナー業に専念すると宣言。

そこに伊賀の母がやってきて、伊賀父親がジンバブエに転勤になったと話します。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

オーナーがいないことで全てに余裕が生まれ全てのことがうまくいく従業員達。

心に余裕がある事で笑顔になり、その結果全てが良い方向に転がっていく様は普段の日常にもありうる事だなと思います。

自分の気持ち次第で日々の生活が変わるんだなとしみじみ感じました。

加奈子や従業員の人達の行動を通してさりげなくそういう事を教えてくれるドラマですね。

なかなか店にたどり着けない加奈子、いろんな困難があっても自分のお店で食事をするんだと決意して揺るがない気持ちの強さはすごいと思います。

経営コンサルタントが来て加奈子に正当な経営論を語りますが、自分のために仕事し、自分が良ければそれでいい、その結果お客様が喜んでくれたらそれはそれでいいと言い放つシーンは気持ちがスカッとしました。

間違った考えではないけれどそこまでいい放てる加奈子の自信がお店を続けられる原動力なのかと感じました。

ペンネーム:jun(30代・女性)

マレット

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

黒須はついに原稿を完成させることができたため、明日出版社に原稿を出すことになり、黒須が店に不在となる展開に伊賀達は歓喜した。

翌日、黒須不在の店では順調であったのに対し、黒須は打ち合わせの日を勘違いしており、花岡や根本達と食事に行く話は白紙となり、店で食事すると張り切るものの、次々へとトラブルに遭遇してしまう。

その一方、黒須不在の店では満席状態になっていた。

その最中、常連客である小枝と幹がやってきたため、止むを得ず、伊賀は黒須の席に案内した。

黒須がついに店に到着した頃、小枝が幹に結婚してくださいと申し出た結果、二人は結ばれることになった。

その場に居あわせた日比野は結婚祝いとして演奏を始めた。

黒須は店で食事し、黒須達は幸せを感じた。だが幸せは長く続かなかった。

英代から店の話を聞いたという、飲食店に関する経営コンサルタント業をしている中という男性が来店した。

中は自分が店を立て直すことはできるとし、経営論を語るが、黒須は聞く耳を持たなかった。

黒須は中に言い負かす事に成功した。

その後、伊賀の母の勝代が来店し、夫がジンバブエに転勤にすることになったため、伊賀も連れていくと話した。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

小枝と幹が結婚すると知った時は嬉しかったが、小枝と幹が引っ越すため店に来られなくなるということに衝撃を受けた。

だが二人には幸せになって欲しいと思った。

黒須は以前に別の人に言い負かされたという出来事を抱えている故に、今回はどうしても中に言い負かされたくないという気持ちで中と議論しあったのだと思った。

中の言うことも正論ではあるが、不思議なことに黒須の言うことも正論であるように聞こえてしまう。

また、黒須がクビにするなら伊賀だと発言した時は驚いたが、その理由が黒須らしくて面白かった。

伊賀本人はかなりショックを受けているように見えるので、黒須は早めに伊賀にクビ発言の真意を説明してあげて欲しいと思った。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

gggt

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじネタバレ

黒須不在のロワンディシーは見違えるかのように煌びやかな店内にかわり、従業員達にも幸運が連鎖しつつ、黒須は対照的に不運の連続を受けメンタルはボロボロになりつつあった。

そんなある日、和田のリークでコンサルタントを仕切る男と対談し劣悪環境のこの店を改善すべくアドバイスされるも全部聞く耳を持たず拒むも苦渋の案として人件費削減を言い渡され、伊賀を飛ばすと豪語した。

伊賀の気持ちを知れず前向きに考えようとする黒須にさらに追い打ちがかかり出版社の倒産、そして伊賀を連れ戻そうとする親の来店により黒須の不運はまだまだ続くのであった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話の感想

クライマックス前ということもあり、ラスト前の土台作りといえど劇中内での黒須がいるかいないかでこんなにもバイオリズムとラックが変わるのかというぐらいのハッピーライフを送るという何とも幸せそうなストーリーであり、むしろオーナー不在のほうが従業員一同水を得た魚のごとく活発に動くという何とも不思議なストーリーは見ていて楽しめました。

それとは対照的に不幸のラッシュに追われる黒須は終始アンラッキーが付きまとっているといっても過言ではなく黒須のみじめな存在もある種いいテイストになっておりました。

とはいえ、次がラストなのがくやしいです!

ペンネーム:gggt(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第9話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
10話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA