Heaven?~ご苦楽レストラン~|8話見逃し動画無料視聴はこちら【8/27配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話(2019年8月27日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月27日(火)放送終了後〜2019年9月3日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじは?

2019年8月27日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじを紹介します。

ある夜「ロワン・ディシー」では、山縣(岸部一徳)が険しい表情で一人の客の来店を待っていた。

山縣の゛宿命のライバル″だというその客・浦海(岸部一徳)を見て、伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)らは唖然。

なんとその男は山縣にそっくりだったのだ…。

浦海の来店をきっかけに、山縣は伊賀を巻き込み、お互いのトラウマ克服のためあることに挑戦しようと決意する。

そんな中、伊賀や山縣らは彦坂(平泉成)という老人と出会うが、なにやらいろいろと訳ありの様子で…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

かなこ
山縣さんの宿命のライバルが現れるそうだけど、なんのライバルなのかが気になりました。

山縣さんは資格を取ることが趣味だから、資格の数で競い合っているのかなと思いました。

また、そのライバルが山縣さんと見た目がそっくりというのがおもしろかったです。

そっくりな2人がどんなバトルを繰り広げる中にとても期待しています。

また、山縣さんと伊賀くんが抱えるトラウマがなんなのかも気になりました。

トラウマ克服のためにあることに挑戦するそうなので、無事に克服できるのかが楽しみです。

仮名子が秘策を託すそうなので、その内容に注目したいなと思います。

ペンネーム:かなこ(20代・女性)

haha
仕事とは何か、サービスとは何か。

その理解をより深めることができた伊賀。

サービス業も悪くはないと思い至れたのはなによりである。

それでも、今後はよりもっと無理難題な仕事が舞い込んでくることになるだろう。

黒須オーナーに振り回されながら。

オープン当初の先行き不安になるようなことばかりだったあの頃とは違い、お店も1周年を迎えてなんだかんだ言いつつ続いているのだから、それなりに繁盛しているのだろう。

山縣のライバルが登場するが、伊賀がこの騒動の大いなる犠牲者になるのではないか。

そのライバルは山縣そっくりな姿かたちのため、どっちがどっちなのか混乱しそうである。

ペンネーム:haha(30代・女性)

まめこ
次回は、山縣そっくりのライバルが登場し、苦手を克服するために奮闘します。

山縣の宿命のライバルだと言う浦海が来店し、伊賀たちはあまりに山縣にそっくりで驚いた。

浦海の来店をきっかけに、山縣は、未だに取得できずにトラウマとなっていたソムリエ試験に挑戦することにした。

そんな中、伊賀たちは彦坂という老人と出会う。

予告では、再び伊賀の母親が登場するシーンが流れ、ロワンディシーが順調な中、また一波瀾起こりそうな予感がしました。

また仮名子とのバトルが起こることを期待したいです。

また、仮名子から苦手を克服する道を選ぶよう導かれた伊賀は、また仮名子の筋書き通りに成長していくのか?

山縣と一緒に挑戦したソムリエ試験の結果にも注目したいです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ヤス
山縣さんのそっくりな男性がお店にやってきます。

山縣さんはその男性を知っているようで、二人の間に何らかの問題があるようです。

さらにもう1人老人がお店にやってきます。

この人も何かあるようですが、山縣さんと何らかの関係があるのかは分かりません。

それぞれの悩みがどう解決していくのか、またその様子を見ている伊賀たちはどう感じるのかが次回の見どころであり、楽しみにしているところです。

毎回、料理がとても美味しそうで、またロワン・ディシーが開店している時間帯に被っていることもあり、このお店でミッドナイトランチを食べたくなってしまいます。

ペンネーム:ヤス(50代・女性)

rwe
次回のエピソードは、再び動き出した山縣がまた面倒事を招くエピソード回であり、それに振り回される伊賀の成長回といえるでしょう。

劇中内でコンダクターとして統括している以上、戦力外な黒須以上に店のことをまっとうに考えている苦労人と常識人であるため、新たなストーリー展開に期待がかかり、ラストスパートに向けてのフィナーレをどのようにい泥ってくれるのか気になるところです。

とはいえ、次回のキーキャラは山縣と伊賀だけでなく、老体ながらに知的で多数の資格を習得する趣味を持ちながらも同様のルーチンでなおかつ顔もそっくりなライバル登場という展開はどうストーリーを動かすのか気になるところです。

ペンネーム:rwe(30代・男性)

飛べないアヒル
今回、サービスマンとしての存在意義に悩んだ伊賀に引き続いて、次回は山縣が過去のトラウマと対峙することになりそうです。

ロワンディシーに山縣とそっくりの客、浦海が現れ、その客と山縣との間に過去にライバル関係のようなことが想像され、山縣のトラウマとなる何かとの戦いがありそうな展開が予想できます。

また、過去に多くのトラウマを抱えていそうな伊賀も巻き込まれ、克服するために山縣がどんな提案をし、どんなことに挑戦するのかも楽しみです。

そして、鍵になるのはやはり、オーナーの仮名子が山縣と伊賀にどんな言葉を投げかけ、どんな結末を迎えるか楽しみです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ちな

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

伊賀くんを頼りすぎだとやまがたさんにいわれてしまいます。

予約の中にやまがたさんのライバルであり苦手な方が来店することになります。その人はやまがたさんにそっくりでした。

そのライバルとの張り合って色々言い合いをしています。

とみうらさんの年と同じ年のワインをやまがたさんが出すことにします。

それでもいろいろなことを言われてしまいますが、そんな時オーナーが出てきてきます。

急に二人は意気投合します。

一発でソムリエを合格して見せるといい、伊賀くんにもソムリエを取るようにいわれてしまい、店長にもその話が来て二人で頑張ることにします。

ソムリエの最終試験を伊賀くんは受けることになりますが、タイミング悪く母親からの電話が入ってしまいます。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

伊賀くんばかりを頼りすぎだと言われていてやまがたさんが嫉妬しているのではないかと思いました。

予約の中にやまがたさんのライバルであり苦手な方が来店した時は双子みたいにそっくりすぎて面白かったです。

その人とワインについて言い合いをしているのをみていて笑ってしまいました。

とみうらさんのために同い年のワインを提供することにしていて、そんな高価なワインを出すのかとびっくりしました。

そんな中二人は急に意気投合していて面白かったです。

今度会うときは5年後などと嫌味を言われてしまいますがそれでも負けじと一発合格して見せると言い張ってしまっていてその威勢がいいなぁと思いました。

伊賀くんや店長までも巻き添えにしているやまがたさんはオーナーに少し似てきたのではと思いました。

試験の日に電話とは、伊賀くんのお母さんはとてもタイミングが悪いなあと思いました。

緊張している中でも自分に打ち勝とうと試験を受けることに決めた伊賀くんは素晴らしいと思いました。

ペンネーム:ちな(20代・女性)

ぱるる

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

ロワンディシーに山縣そっくりのお客さん、海浦がやってきます。

スタッフのみんなはあまりによく似ているので血縁関係があるのか双子かと聞いてきますが、どうもただの他人のようで山縣のライバルだと言うこと。しかも山縣が別の会社で働いていたときに山縣よりも良い条件で働いていたということで、海浦は山縣にとってライバルなのでした。

なんとか今日だけは自分をよく見せてくれとレストランのスタッフのみんなに頼む山縣。

しかし海浦は山縣の勧めるワインにケチをつけたりなかなかうまくいきません。

しかし2人の険悪ムードは黒須によってなんとかおさまります。

ところが店長と伊賀がワインソムリエの資格試験を受けることになってしまい・・・。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

山縣も海浦も演じているのは岸部一徳さんなのだからそっくりなのは当たり前ですが、それにしてもあまりに似すぎていて不思議な気分だなあと思ってしまいました。

そしてこの話を長々と引っ張るのかと思いきや、けっこうあっさり終わってしまったのは意外でした。

これよりメインになっていたのは山縣の代わりにソムリエの資格試験を受けることになってしまった店長と伊賀にスポットライトを当てられていて、伊賀は大学受験の時上手くいかなかったトラウマもありますしなんだかかわいそうになってきました。

しかし結果がどうあれ伊賀は試験を受けると言うトラウマを乗り越えることができたようなので、これはこれでよかったかなと思います。

ペンネーム:ぱるる(30代・女性)

haha

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

銀行員時代、山縣のライバルだったという男性の予約が入る。

海浦というその男性は、山縣と瓜二つの姿かたちをしている人物だった。

山縣は、海浦に自分の仕事ぶりを見せつけるためにも、レストランのメンバーに自分を立てるようお願いする。

海浦の帰り際、山縣はソムリエ試験に一発合格することを宣言するのだった。

そこで山縣は、伊賀と店長に先にソムリエ試験を受けるよう勧める。

直近で行けるソムリエ試験対策講義は残り沖縄会場だけということが分かり、レストランを休みにしてまでみんなで沖縄に行くことになった。

努力の甲斐あって伊賀は二次試験にまで合格する。

伊賀は物事が順調に進んでいることが気がかりになるのだった。

そして、伊賀は三次試験を迎える。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

山縣も海浦も、性格がどっちもどっちのねちっこいタイプ。

こんなのが職場に二人もいたら、周囲は参ってしまうことだろう。

ワインに関するエピソードのマウントの取り合いったらない。

女ばかりではなく、男でもこうしたマウントの取り合いをするのだな。

母親のせいで試験にトラウマを抱えている伊賀だが、就職試験のときは一体どうしたのだろうか。

伊賀と店長以外は沖縄を満喫しまくっている。

店長が髪を下ろしているバージョンを初めて見た。

一気に幼くなる店長。

心配しすぎるとそれが表に出てしまい、パフォーマンスにまで影響することになるから、結果失敗してしまう。

伊賀は気にしない方がいい。

さすがの川合でも伊賀の母親に対してはあんな顔になるのか。

ペンネーム:haha(30代・女性)

ヨウコ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

山縣にそっくりな浦海というお客が現れました。

彼は山縣とは古い付き合いで、ライバル同士の関係のようです。

浦海は山縣に性格もそっくりで、話の流れで、山縣は最短でソムリエの資格を取ることになってしまいました。

それがきっかけとなり、伊賀と店長もソムリエ試験に挑戦することになりました。

試験対策の集中講座のために、わざわざ沖縄へ向かいます。

伊賀はそこで知り合った彦坂という寿司職人と連絡を取るようになります。

伊賀は最終試験まで残りましたが、当日の朝、彼の母親が見せにやって来ると言いました。

店の従業員の協力で、何とか伊賀は最後まで試験を受けることができました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

仮名子が言っていましたが、苦手なものを克服するよりも、得意なものを伸ばす方が楽かもしれません。

どちらを選択するかは人それぞれです。

仮名子は間違いなく、得意なものを伸ばす方を選ぶでしょう。

しかし、伊賀君の性格からいけば、苦手なものを克服したのは、やはりという気がしました。

ですが、途中で何度か仮名子が伊賀君に、「いやだったら辞めてもよいからね」と言っていました。

この辺が心遣いのできる人だと思いました。

仮名子は伊賀君の母親と性格が似ているかもしれません。

しかし、相手の気持ちや状況を察し、さりげなく気遣えるという点では仮名子の方が勝っているような気がします。

ペンネーム:ヨウコ(50代・女性)

じゅん

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

ある夜、山縣のライバルで山縣の顔そっくりの浦海という男がロワン・ディシーに現れます。

そのあおりを受けて伊賀と堤がなぜかソムリエ試験を受ける羽目になってしまいます。

伊賀は母のトラウマから試験が苦手でしたが、その克服のためと試験と必死に向き合います。

ソムリエ試験対策抗議で出会った彦坂と仲良くなった伊賀は互いにやりとりをしながらソムリエ試験の最終試験にまでたどり着きます。

伊賀は最終試験をさほど問題なく乗り切るものの、彦坂は極度の緊張からミスを連発してしまいます。

そんな時にその試験に試験官になりすまして侵入していた仮名子がワインが偽物だと他の試験官に大声でクレームを入れます。

そのごたごたで我に返った彦坂は彼なりのサービスでその場を取り繕います。

結果、彦坂は試験に合格したものの、伊賀は試験に落ちてしまいました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

伊賀は母の影におびえながらも、最終試験まで残ったのはすごかったです。

でも最終試験もそつなくこなしているように思えましたが、ミスを連発した彦坂が受かって、伊賀が落ちてしまうのはかわいそうに思いました。

ただ、母が近くに迫りながらもそれに動じることなく最後まで試験を受け切った満足そうな顔をみるとよかったなとも感じました。

それにしてもそこまでのトラウマを作り出した母親って問題ありすぎでしょとつっこみたくなりました。

仮名子は相変わらず自分の都合で行動して周りに迷惑をかけていましたが、それを悪びれないところがなんだか憎めないです。

ペンネーム:じゅん(60代・女性)

マレット

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじネタバレ

誰も彼も伊賀のことを頼っている状況が不満だという山縣は自分が人生のベテランだからこそ頼って欲しいのだと主張した。

堤が海浦というお客様の名前を言った瞬間、山縣は動揺した。

海浦は山縣とそっくりなお客様で、山縣と喋り方も趣味も同じだった。

海浦の外見を見たオーナーら全員、山縣と似ていることに驚いた。

ソムリエの資格を持っていない山縣に対し、ワインエキスパートの資格を持っている海浦はとことんと山縣にきつく指摘する。

山縣も負けず反論した。

山縣と海浦の生まれ年のワインを開けたくないものの、海浦の前で開けようとする山縣だったが、オーナーの機敏により、そのワインは開けないでおくことにした。

海浦は山縣がソムリエの試験に合格するのは無理だろう、と言ったため、山縣は絶対に一発合格すると決め、伊賀と堤に受けてもらうことにした。

ソムリエ試験講座が東京ではもう終わって沖縄で講座を受講すると決心した。

なぜかオーナー、川合、山縣もついてきた。

そこで東京のお寿司屋で働いている彦坂と知り合った。

それ以降、伊賀は彦坂とメールで対策を練り、集中力が切れた時も助けてもらった結果、堤とともに一次試験に合格できた。

二次試験の結果、堤は不合格、伊賀は合格であった。

最終試験当日、伊賀の母が店に行くのだと電話をしたのに対し、オーナーらがなんとかするから伊賀は試験会場に向かうように、と話した。

山縣と伊賀は試験会場に到着したが、伊賀は緊張のあまり動揺してしまう。

彦坂は緊張のあまり無理だと決めつけた。

山縣も諦めようとしたが、伊賀は諦めなかった。

試験会場にはオーナーは審査員の野々村としてその場に現れた。

本物の野々村が牡蠣にあたって体調を崩したとのことで、オーナーが野々村になり切ったのだ。

オーナーの機敏により、彦坂に調子が戻った。

伊賀の母は伊賀がソムリエ試験を受けたと聞き、すごいのだと褒めた。

伊賀は不合格、彦坂は合格に終えた。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話の感想

オーナーの言う通り、苦手な試験を受けるよりも、得意な試験を受けて一番になる方が楽なのだと感じた。

堤と伊賀にとってワインのこと詳しくないにも関わらず、山縣という味方がついていても一からワインのことを学ぶのは大変なのだろうと思った。

山縣が海浦に見返してやりたいという気持ちで伊賀と堤を巻き込むのはひどいと思ったが、山縣の思いに応えてあげる伊賀と堤が良かった。

ソムリエ試験の講座を受けるために沖縄に行くと覚悟を決めた伊賀と堤は相当頑張っているということが伝わって来る一方で、オーナーや川合、山縣が沖縄の観光をするというのが面白かった。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA