Heaven?~ご苦楽レストラン~|7話見逃し動画無料視聴はこちら【8/20配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話(2019年8月20日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月20日(火)放送終了後〜2019年8月27日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじは?

2019年8月20日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじを紹介します。

「ロワン・ディシー」開店から一年。

店は鱸(田口浩正)や小枝(矢柴俊博)といった常連客や新規のお客様で賑わっている。

そんな中、店でハプニングが発生。

仮名子(石原さとみ)の機転でこと無きを得るが、伊賀(福士蒼汰)は、サービスマンの存在意義について悩み始める。

一方、シェフの小澤(段田安則)は伊賀とは対称的にテンション高め。

なぜなら従業員たちが「火曜日の君」と呼ぶ美くしすぎる常連客・香宮(相武紗季)が来店する火曜だからだ。

仮名子は、特定のお客様だけをえこひいきするのは最高のサービスとは言えない。

特別扱いはダメだ、と言うのだが…。

ある夜、俳優の湯浅(丸山智己)が来店。

山縣(岸部一徳)に不躾な態度を取る湯浅に、常連客・古瀬(加賀まりこ)が物申すのだが、この行動が湯浅を怒らせてしまう。

しかも、古瀬をかつての大女優と思いこんだ湯浅は偵察をはじめ…。

すべてのお客様の笑顔のために。

「ロワン・ディシー」従業員たちによる絶対に譲れない戦いが始まる。

伊賀が葛藤の末にたどり着いたプロのサービスの仕事とはいったい…?

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みあ
次回はゲストに相武紗季さんが出演されるとのことで、楽しみです。

相武紗季さんがドラマに出るのは久しぶりなのではないでしょうか。

そして、少しずつ常連客が増えつつあるロワンディシーですが、その分、トラブルや困ったお客さんも増えたようで従業員たちの心労が絶えないようで大変そうですね。

どう解決されていくのかミモノだと思います!

黒須仮名子の考えていることはわかりにくいですが、彼女なりに従業員のことは愛していると思います。

ドラマもそろそろ後半ですので、黒須と従業員たちが心を通わせていく描写があればいいなと思います。

ペンネーム:みあ(30代・女性)

haha
今回はひょっこりはんが登場していたが、今後も消えた一発屋芸人がゲスト出演していけば、これはこれで面白いと思う。

生存確認にもなるし、こんな芸人もいたなと懐かしさがこみあげるかもしれない。

オーナーの突出した自分ファーストは留まるところを知らず、さらにスタッフを振り回していくことだろう。

堤店長の辞職するしない騒動が落ち着いたところで、スタッフたちに寛容の精神が生まれたが、寛容すぎてそれがまたトラブルを起こす原因になってしまうのではないかと考える。

ライバル店なのかスパイらしき客が紛れ込んでいることが店に更なる混乱をもたらすことだろう。

ペンネーム:haha(30代・女性)

ゆきにゃー
ゲストが加賀まりこさんなど豪華で楽しみ。

ペン型のICレコーダーとおぼしきもの、スクープという言葉、何が起きるのか、予告の緊張感が今までにない感じです。

最後まで食べていただいて、と凜と言うオーナーの表情が良い。

いつもながらオーナーの衣装がゴージャス。

次回はどんなドタバタになるのかと思うが、たいていハッピーに終わるので、安心して見ることができると思っている。

今回は店長やシェフが、まあ肩の力を抜いて、という成長(?)をしたが、次回は誰がどんな風に変わるのかが楽しみ。

なお6話でも川合君がかわいく、天然ぶりを発揮してお客さんの無茶ぶりをかわす、という得意技を習得していた。

少しずつ成長している気がするので、次はどのくらい何をしてくれるのか、を密かに楽しみにしている。

ペンネーム:ゆきにゃー(40代・女性)

twe
次回のエピソードは経営を始めて1年たったこの店の経営理念事態にスポットを当てたストーリーとなっており、今宵のエピソードでみななんとかなるさ精神を身につけたものの、どうしてもネガティブ思考と足場のない経営理念に恐れている伊賀の考察があらわとなり。

本来の目的である、客を喜ばせるというコンセプトを取り戻せることができるのかというストーリーであり、経営が順風満帆だからこそ帰っていじりにくいポリシーもあるため、果たして今後のロワンディシーの従業員と、黒須の運命はどのようになってしまい、そしてこのアクシデントによりどのようなアクトを見せてくれるのか気になるところです。

ペンネーム:twe(30代・男性)

飛べないアヒル
今回、堤店長が店長の在り方や経営のあり方に苦悩し、スタッフの一部に少し変化を起こしたものの、それほどの変化もなく、ロワンディシーが開店一周年を迎えるようです。

そんな中、伊賀がサービスマンとしてのあり方に悩むようです。

常連客や新規のお客で賑わうようになったロワンディシーでは、特定の客に対する特別扱いを是とするか、非とするか、スタッフ同士やオーナーの仮名子とも意見が分かれ、それぞれの仕事のやり方を模索し始めたスタッフ同士の対立が起きそうな展開が予想されます。

接客担当の伊賀を指導者としたサービスが、一年を経過して進化しようする過渡期のドタバタが期待できそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ミッドナイト
店が開店1年を迎え、順調のようですが、仮名子はプロフェッショナルとして、お客様にすべきことは何かと問うと、伊賀は全ての、お客様に誠実でありたいですと言いながらサービスマンの存在意義を悩むようです。

伊達は確かに接客ノウハウが素晴らしいのですが、やはり料理人には勝てないと自らの限界に悩むのでしょうか。

伊賀を勇気付ける仮名子のアドバイスに期待します。

又、火曜日の君という美女が来ると小澤は張り切って料理を作るようですが、仮名子は客の、えこひいきは客の差別待遇になると怒るようです。

仮名子は小澤に全ての客に平等にテーブルを回って挨拶をするように指導するのではないでしょうか。

一方、湯浅という俳優が山縣にクレームをいうようですが、常連客の古瀬が湯浅を非難して騒動が起きるようです。

おそらく注文したワインのテイストが悪いと文句を湯浅が山縣に言うのでしょうが、湯浅は古瀬の職業を女優だと思うようで、2人は激しく罵り合うのではないでしょうか。

そこで、仮名子が自分の処女作を映画化してくれた監督に頼み込んで湯浅と古瀬の仲裁を頼み事態を収拾させるのではないでしょうか。

ペンネーム:ミッドナイト(60代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

かなこ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

外に食事に出たみんなは、お客様である火曜日の君こと香宮がボサボサの格好をしているのを目撃する。

みんなに気づいた香宮は動揺して逃げ去った。

香宮がお店にもう来てくれないだろうと落ち込むみんなに、仮名子は今日のお客様のために最善を尽くそうと言う。

俳優の湯浅が来店する。

そして、客の古瀬を見て、若くして引退した大女優の久世光代だと気づき、隠し撮り専門のカメラマンを呼んだ。

みんなは古瀬が隠し撮りされないように頑張るが、仮名子が湯浅に古瀬が久世光代だとバラしてしまった。

古瀬は湯浅に、自分は久世光代のそっくりさだと話す。

ほくろの位置が逆だと言われて信じた湯浅たちは逃げ帰った。

古瀬はレストランから帰る際、久世光代の決めポーズである投げキッスをする。

古瀬は本当は久世光代なんじゃないかとみんなは確信した。

もう来ないと思っていた火曜日の君が来店する。

実は香宮は漫画家で、仮名子からアイディアをもらったと嬉しそうに話した。

後日発売された漫画はホラー漫画で、仮名子が悪霊として描かれていたのだった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

古瀬が湯浅たちに演技をするシーンがかなりしびれました。

あの場面をどうやって切り抜けるんだろうかとドキドキしたけど、そっくりさんを演じきるなんてすごかったです。

きっと、レストランのみんなが古瀬のために最善のおもてなしをしようとしたことに気づいていたんだろうなと思いました。

みんなが古瀬が隠し撮りされないように頑張っている姿は、とてもおもしろかったけど、いいレストランだなとも感じました。

こんなにお客さんのために必死になってくれるなんてびっくりです。

また、火曜日の君の正体がホラー漫画家だったというのが意外でした。

仮名子が悪霊のモデルになるなんて面白すぎます。

ペンネーム:かなこ(20代・女性)

haha

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

伊賀が悩みにぶち当たる。いざという時、自分のようなサービス業は役に立たないと自虐的になっているのだ。

シェフが新作を試作してみた。

しかし、黒須オーナーは全てにおいて却下する。

そのため、シェフの自信が喪失してしまう。

そんな彼を見かねた伊賀はまかないを休みにして外食しにいくことを提案する。

そこで伊賀は、レストランのアイドルとなっている神谷を見かけるのだが、その姿はレストランで見ているのとは全然違うものであった。

どうやら神谷は漫画家のようだ。

伊賀は必死で隠そうとしたが、神谷とレストランのメンバーにお互いの正体がバレてしまった。

有名俳優がプライベートでレストランを訪れたのだが、自分を優先させろというようなことばかり言ってみんなを困らせる。

彼に忠告した女性が過去活躍していた女優だと判明する。

彼女に報復するため、俳優はカメラマンを呼び寄せる。

このことを知ったレストランのメンバーは阻止しようと試みるのだった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

火曜日の君と呼ばれている女性とそれに張り合おうとする黒須オーナーは言ってることはそうなんだが、彼女とは全然違い、月とすっぽんだ。

神谷にバレないように手近なもので変装するレストランの面々がおかしい。

一番面白かったのは、割りばしで目隠しをしていた伊賀である。

割りばしを落とすことなく歩いている姿はなんて器用なんだと思った。

川合は相変わらず考え方がずれている。

そういうことじゃないんだ川合、と何回もツッコんでやりたい。

サービスとはなにかを考えさせられる回だった。

特定の誰かを贔屓するのではなく、同等のお金を払っていただいている以上、サービスは等しく平等に行うことが大切なのだと。

ペンネーム:haha(30代・女性)

まめこ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

開店から一年が経ち、店は常連客や新規のお客様で賑わっていた。

そんな中、店でお客が産気付いてしまうが、仮名子が客の中から医師を探し、無事に解決した。

今日は火曜日で、小澤は美しい常連客の香宮が来店するのを楽しみにしていた。

仮名子は、特定のお客様だけをえこひいきするのはダメだと言う。

香宮のために考えた新メニューを試食した仮名子は、次々に理由をつけて否定し、小澤は段々自信を失ってしまい、塩分は減少してしまう。

見かねた伊賀は月曜日の賄いはお休みし、外でランチすることを提案した。

餡フェアで食べることにしたが、伊賀はそこで小汚ない格好でゴミを漁る香宮の姿を見てしまう。

それぞれ分担して料理を買いに行くが、香宮を先生と呼ぶ編集者が現れ、締切の催促を始めた。

眠くなるとお弁当を捨てようとしていた香宮から、仮名子はお弁当を奪って食べ始め、川合が香宮に気づいてしまった。

居たたまれなくなった香宮は逃げ帰ってしまう。

香宮が来なくなるのではと落ち込むスタッフに、仮名子はお客様は一人じゃないと言い、プロとして最高のおもてなしをするよう指示した。

火曜日の夜、俳優の湯浅が来店した。

傲慢な態度の湯浅に、常連客の古瀬がメモで物申し、古瀬をかつての大女優の久世光代だと思いこんだ湯浅は、記者を呼びつけてしまう。

仮名子は、古瀬に気づかれないよいに、隠し撮りされるのを阻止しようと提案する。

仮名子は記者のカメラ付きのペンに気づき、掲載された自分の写真が気に入らないと抗議を始めた。

仮名子はつい口を滑らせてしまうが、古瀬は監督のファンだと言い、カードを渡してほしいと言い出した。

記者は怒って帰ってしまい、古瀬は帰り際に映画の名シーンのポーズを見せ、ファンというのは演技だったことが分かった。

その直後、香宮が来店した。

香宮は新作の穴子を堪能し、仮名子のお陰で新キャラのアイデアを思い付いたと感謝した。

香宮の漫画はホラー漫画だった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

第7話は、開店から一年、順調に客足を伸ばし始めたロワンディシーの様子が描かれていました。

良かったシーンは、常連客の古瀬が、嫌みな俳優の湯浅をギャフンと言わせたシーンです。

見事な演技力で監督のファンを装ったシーンは、格好良くてシビれました。

嫌な客はどこにでも居ますが、こういう粋なあしらい方が出来る女性は本当に素敵で憧れます。

面白かったシーンは、火曜日の君として、スタッフの癒しとなっていた常連客の香宮が汚い姿でゴミを漁っていたシーンです。

この姿は強烈で、女はその気になればいくらでも化けられる生き物なのだと実感しました。

久々の相武紗季さんでしたが、変わらない美しさが見られて嬉しかったです。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

ヤス

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

ロワン・ディシーが開店して1年が過ぎていました。

ある日、常連客の中にお腹の大きな女性がいて、急に産気づいてしまったようで、従業員たちは慌ててしまいます。

そんな様子を見て、オーナーはそこにいるお客様に向かって、「お医者様はいらっしゃいませんか」と呼びかけました。

すると、オープン当時から常連客だった小枝が「耳鼻咽喉科の医師です」と名乗り出ました。

結局、小枝の適切な対応により、無事に解決することができました。

この様子を見て、伊賀はサービス業の今の自分の仕事の有り方について疑問を持つようになります。

オーナーは平和の上にある仕事と言っていました。

しかし、伊賀はいろいろなお客を見て、最後に自分なりの答えが見つかったようです。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

常連客の香宮は漫画家で、そのキャラクターのヒントとなったのがオーナーでした。

オーナーは最初は喜んでいましたが、そのキャラクターがホラー漫画でものすごく怖いものだったことを知りガッカリしてしまいました。

友人の英代はその漫画を見て大爆笑していましたが、彼女はそれがオーナーとそっくりだと思ったのでしょう。

二人とも言いたいことを言っても、仲良くしているように見えるのはやはり似た者同士だからなのかもしれません。

さらに、火曜日の君の香宮もオーナーと似ている部分が多く、従業員たちそれに気付いてショックを受けていたのも、とても面白く感じました。

ペンネーム:ヤス(50代・女性)

rwe

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

ロワンディシーの在り方を考える伊賀は、お客様を楽しませようと考えるもやたら高飛車な俳優と出くわし、手を焼いていた。

そこに最近足を運ぶ客の一枚の手紙を渡すよう命じられた俳優は古参の女優であることを感じ取りコネのカメラマンを用いパパラッチさせようと工作した。

伊賀達がフォローするも、口論で黒須の作品を罵倒したため憤怒した黒須がその女優のことについて触れるも、女優の演技により全部丸く収まってしまったのであった。

今宵の経験を得て伊賀は、利用するお客様への考え方を見つめなおそうとする者の、再び山縣が猫なで声で相談を持ちかけてきたのであった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

今回のストーリーはこれと言ってスポットを当てず、経営に対して着眼点を当てたというストーリーであり、1年たったという設定の元各々の成長性が見受けられそしてストーリーをステップさせるエピソードとなっておりました。

比較的メインキャラクターに大きな進展こそなかったものの、今宵のゲストのさりげない宇宙特撮ヒーローのシーンはまさに「お前が言うのかい」というシーンであったり、theendなパロディチラシであったり、川合がどこかの原宿系今旬ピン芸人のくだりだったりとミクロネタのイメージが強く、過去のエピソード以上に脱線に力を注ぎすぎたエピソード回と言えました。

ペンネーム:rwe(30代・男性)

飛べないアヒル

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじネタバレ

常連客や新規の客の来店で賑わいをみせるロワンディシーでは、火曜日に店を訪れる美人の常連客の香宮に気に入られる新作メニューを生み出そうとするシェフの小澤が張り切り、伊賀はサービスマンとしての意義に悩みを抱きます。

そんな中、俳優の湯浅が店を訪れ、横柄な態度を取り周囲の客にも迷惑を掛けます。

その状況に常連客の小瀬が、湯浅にメモを渡します。

メモを受け取った小瀬は、小瀬がかつての大女優であると思い込み、隠し撮りを専門とするカメラマンを呼び寄せます。

プロフェッショナルの仕事に目覚めたロワンディシーの従業員たちは、常連客の小瀬が隠し撮りされないように必死の戦いが展開されます。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話の感想

レストランが開店して一年が経過し、店の運営が順調になってきたが故に、真剣に仕事を続けてきた伊賀がサービスマンとしての意義を考えるは、どんな職業についている人でも一度はあると思えます。

加賀まりこさん演じる往年の映画女優が、店で横柄に振る舞う俳優にさりげなくメモを渡し、自分が隠し撮りされていると気づけば、そっくりさんをさり気なく演じ、信じ込ませるという機転とさり気なさには大人の余裕とカッコよさが感じられました。

しかも、帰り際の伊賀たち従業員には真実がわかるように、映画のワンシーンでの仕草を見せたのも、粋に感じられました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA