Heaven?~ご苦楽レストラン~|6話見逃し動画無料視聴はこちら【8/13配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話(2019年8月13日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月13日(火)放送終了後〜2019年8月20日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじは?

2019年8月13日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじを紹介します。

ある夜、「ロワン・ディシー」に堤(勝村政信)の前職・牛丼屋の仲間がやって来た。

かつては社長賞を貰うほどの敏腕店長として同僚からの信頼も厚かった堤は、昔の仲間に再会したことで急にやる気を出す。

店を盛り上げようと考えた堤は、一世一代の大勝負に!!

誕生日特典をはじめ、様々な提案をするのだが、オーナーの仮名子(石原さとみ)とは意見が対立してしまう。

そんな中、店に待ちぼうけの女性客が。

彼女は二人分の食事を一人で寂しげに食べ続けている…。

本当のもてなしとは一体なんなのか?

果たして、店長の決断は?

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

momon
一人の女性が一人で寂しそうに二人分の食事を食べているのが気になります。

その女性は彼氏か旦那さんに約束をすっぽかされてしまったのか、なぜ来ないのか、すごく気になりました。

寂しそうにしている女性を見た堤がどんな行動に出るのか、すごく期待しています。

どんな励まし方を行うことで、その女性を救うことができるのか、寂しい思いを打ち消すことができるのか、堤の行動に注目しながら見て行きたいと思いました。

ロワン・ディシーへやって来て良かった、楽しかったと思わせることが、どのようにしてできるのかとても楽しみで期待しています。

ペンネーム:momon(20代・女性)

まこ
店長が一世一代の大勝負に出るということだけど、どんなことをするのかが楽しみです。

レストランの経営を任せて欲しいと仮名子に頼んでいたけど、うまくいくんだろうかとドキドキです。

仮名子とも意見が合わず対立してしまうそうなので、波乱の予感がします。

また、退職願を持っていたので、どうしてレストランを辞めようと思っているのかについても気になります。

牛丼屋らしき男性から説得されている様子だったし、牛丼屋がこのままじゃ潰れるから救いに行きたいという理由なのかなと考えました。

店長が辞めずに済むようにみんなが協力してくれたらいいなと期待しています。

ペンネーム:まこ(20代・女性)

hahaha
ちゃらんぽらんな川合を残すことに決めたが、この先も店の従業員たちが困らされることばかりが待っていることだろう。

川合が先週見かけていたというスマホをずっといじっている女性がまた店に食事していたことから、この女性が本当の覆面記者だった。

記事が雑誌に載ったことから、さらに店が繁盛することだろう。

そのために面倒くさい案件が持ち込まれるのではないか。

また、堤が退職願の書類を持っていたことから、なにやら思い詰めている様子。

店を一時期任せてほしいと豪語していたことと併せて、不退転の気持ちでことに臨もうとしているのではないか。

ペンネーム:hahaha(30代・女性)

ヒロミ
店長の堤が中心となった話になるようです。

彼は牛丼屋で長年、仕事をしていたこともあり、かなり庶民的な金銭感覚のようです。

底が、オーナーとは全く違うところです。

飲食店という点では共通していますが、値段が全く違うので、やはり彼はこのお店に来ても、庶民的金銭感覚は変わっていないようで、それが堅実な経理担当の仕事となって活かされているようです。

しかし、その彼が店を辞めるという話になっているようで、そうなるとこの店の今後がかなり心配です。

誰も彼の変わりができそうな人はいませんし、これから代わりの人材を探すと言ってもそれはかなり難しそうです。

ペンネーム:ヒロミ(50代・女性)

tttr
次回のエピソードは、今まで触れてこなかった店長回であり、ロワンディシーの経済をすべて牛耳るももともとは、牛丼屋として働いていた身分、高級感とはかけ離れた早い・安い・うまいを提供する職場にて実力者と言われた店長をまさかの元同僚がヘッドバンティングされた店長を取り返すべく動くというストーリーであり、普段とは違う展開が期待出るでしょう。

もっとも、このストーリーの純正なキャラクターがろくにいない中貴重な真面目なタイプの店長は果たしてどのようなアクトを見せてくれるのか気になるところでしょう。

そして、そのようなことを黙って許すはずもなく黒須はどのような無謀なことを起こしストーリーを動かすのか注目です。

ペンネーム:tttr(30代・男性)

飛べないアヒル
今回は接客担当の河合の仕事の技量が問題となりましたが、次回は、牛丼屋で優秀な店長だった堤が、接客とは何か、もてなしとは何かといった問題で、オーナーと対立しそうな展開が予想されます。

昔の同僚と再会した堤が、牛丼屋を盛り上げるために企画したイベントと同様に、ロワンディシーにもさまざまな特典などを提案して盛り上げようとするようです。

オーナーのためのレストランを作ると宣言し、営業時間に店内の定位置で食事をする仮名子と、客のために何かイベントや特典を考える堤がどんな対立をみせ、どんな調和した着地点が見いだされるか楽しみです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

みあ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

店長は、牛丼屋で働いていたときのように、お客さんへのサービスを充実させたいと考えるようになってきました。

その第一弾は誕生日のお客さんにバースデー特典をつけることです。

しかし、黒須はいろんなお客さんがいるのだから、誕生日の人が騒ぐ雰囲気はあまり良くないと言います。

しかし、そこそこバースデー特典の企画は好評でうまくいったので、店長には引き続き一週間自由にいろんなサービスをさせてみることを黒須は許しました。

そうして、お客さんの要望になんでも答えるという接客をし続けた結果、店長は窮屈で疲れてしまいました。

フレンチレストランにおいては、経費にナーバスになりすぎず、また接客も肩肘を張らずに適当にやってみることを店長は学びました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

なるほど〜 興味深い! 

フレンチレストランにおいては、サービスを充実させることだけが良いお店を作ることに繋がるわけではないんですね。

お店をうまくまわしていくことは奥が深いんだなぁと感心しました。

heaven〜ご苦楽レストランのストーリーは、すごくドラマとしてメッセージ性があるわけではないのですが、石原さとみさんたちの表情や会話のテンポがおもしろくて、何も考えずに笑うことができるので、火曜日の夜を楽しく過ごすことができます。

特に今夜のストーリーは楽しくて、私もいろいろ無理せず、適当にやっていこうと思えました。(笑)

ペンネーム:みあ(30代・女性)

haha

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

店長の堤はレストランの立て直しを図ろうとする。

しかし、徹底的に経費削減したい店長と贅沢をよしとしたいオーナーとの意見がことごとく対立してしまう。

ある女性客が誕生日だということは判明する。

それまで、他の客に今日から始めたバースデープレートを提供していたのに、この女性にだけ出さないのは失礼と思い、シェフが帰ってしまったなかで堤は自分でなんとかしようとする。

その一件で堤はオーナーから嫌味を言われてしまう。

堤は、元勤め先の牛丼屋のスタッフから店に戻ってこないかと言われていた。

オーナーとの件もあり、堤は経営を全面的に任せてほしいと宣言する。

うまく出来なければ、辞職することもいとわないという覚悟で。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

堤店長のコストカットぶりには笑ってしまう。

そもそも、オーナーの豪華なまかないを始めとして、いままでが経費の無駄遣いだったのだ。

堤店長の一度引き受けたことを断ることなんてプロとして許せない、というプロ根性が垣間見えてかっこよかった。

女性客の言動が心霊を彷彿させるもので、このお盆の時期らしいものだった。

堤店長、ビビりすぎです。

結局は、勘違いだということが判明したが。

オーナーの机の上にあった本が『白い巨塔』ならぬ『白い教頭』とは。

物で溢れたオーナーの机の上を見ていれば、他にもたくさんの小ネタがちりばめてありそうだ。

最近、見かけなくなっていたひょっこりはんの生存確認もできた。

ペンネーム:haha(30代・女性)

ゆきにゃー

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

店長の元同僚や上司がロワン・ディシーに現れ、次の日に経営を立て直す!と店長が言いだした。

バースデー特典を提案したが、オーナーは反対する。

亡くなった仲間を偲んでレストランに来る人もいる、というが、実は小説のネタだった。

川合君が予約の電話で特典を受け付けてしまい、一度引き受けたことを撤回するのはプロではない店長が言いバースデープレートを出す。

ところが客の半分がバースデーだと言いだし、仕方なく予約の客よりしょぼいプレートを出す。

そんな中、静かな女性一人客がいる。

二人席の予約、料理も二人分を頼み、彼はとなりのやすらぎ会館の地下にいる、という。

スタッフたちは、オーナーの言った故人を偲ぶというネタが本当になったと思い込む。

ほかの客がいなくなっても女性は残り、さらに誕生日だったと判明。

シェフも帰ってしまい、バースデー特典はできないという店長に、「一度引き受けたことを撤回するの?」とオーナーが嫌みを言う。

無理矢理にバースデープレートを用意し、スタッフで(へたくそな)歌を歌って女性を祝って喜ばせる。

そのとき作業着の男性が飛び込んでくる。

女性の彼だった。

やすらぎ会館の地下で水道管を修理していたのだ。

次の日、店長が一週間経営を任せて欲しいと提案する。

辞めるつもりでもあった。

オーナーは好きにしろと言う。

箸、マヨネーズ、煎茶、スマホの充電、手作りケーキの持ち込み、と様々な無茶ぶりに「ホスピタリティ」と唱えながら答えていくが、オーナは冷たい目で見ている。

一週間すると、フレンチレストランとも思えない有様となった。

経営の方針について適当なことばかりを言うオーナーが、客に寄り添おうとしすぎて息苦しいだろうと店長に言う。

自分が一番大切、というオーナーが、さらにオーナー自身が快適であればいいという。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

相変わらずのドタバタだが、店長の昔の店の話から、オーナーの小説のネタなど、細かい伏線がすいすいと回収されていくのが心地よかった。

特に、亡くなった仲間を偲んで、一人分多めにグラスを頼む、という小説の少々しょぼいネタが、うまく生かされたと思う。

女性の一人客のミステリーにつながり、隣が葬儀場というロワン・ディシーの立地もあって彼は死んだのかと予感をさせるものの、実は生きていたということで嬉しくなった。

ホスピタリティ重視は今時の接客業を圧迫している問題のようでもあり、自分が大事、自分が快適なら良い、という言葉は潔くて気持ちが良い。

石原さとみちゃんの表情がいちいち面白くて、嫌みを言うときの顔つきが憎たらしくて、憎たらしい分、かわいい。

赤いジャケット、青いジャケット、紫のドレス、と鮮やかな衣装を着こなすのもさすが。

ペンネーム:ゆきにゃー(40代・女性)

twe

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

堤の元同僚がロワンディシーへ来店するも、堤の手腕を再び買いたいとアプローチを申し込んできた。

経営理念の違いを考えるべく黒須に1週間の猶予を得て堤流に理念を改革するもカスタマーサービスを重視しすぎるがあまりコンセプトがずれてしまい、アナーキーな客が増えてきてしまったのであった。

その責任を取るべく堤は経営理念について黒須に聞くもノープランな黒須の返答に退職を検討するも、従来通りが一番と言われコンセプトを元に戻し通常運転で経営することを決意したのであった。

堤の再転職の件も白紙になり、月日は流れるもトラブルは起こるもののなんやかんやで営業が成り立っていたのであった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

劇中で大きなスポットを当たることのなかった堤メインのエピソードであり、店長という身分でありながらも元牛丼屋というコストパフォーマンスとカスタマーサービスを重視する回転率重視の志向からスロースターターなブレーンに変換するというまぁ、この作品らしいテイストに仕上がった内容となっておりました。

とはいえ今宵のエピソードで従業員のメインキャラクターすべてにスポットが当たり伊賀以外のメンバー全員が黒須ながらのやり方になじみ始めつつ、なおかつ店も営業を続けているという謎の魅力は今後の伊賀の苦労と作品のコミカルとアクシデントを楽しませてくれるエピソードとなっていました。

ペンネーム:twe(30代・男性)

飛べないアヒル

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

ロワンディシーに、店長の堤が以前勤めていた牛丼屋の同僚が客として訪れ、敏腕店長だった自分の経歴を思い出し、店長としてあるべき姿を追求しだします。

店を盛り上げるため、客に対する特典を提案する堤は、オーナーの仮名子と対立してしまいます。

そんな中、誕生日を祝うために彼氏が予約してくれて、女性客が一人で来店します。

二人分の食事をオーダーし、一人寂しげに食事をする女性に、堤をはじめ接客係の三人は、プロとしてのおもてなしを苦悩します。

女性の誕生日であることがわかり、堤は自分たちで誕生日を祝うためのバースデイプレートを準備しますが、そこに遅れて彼氏が訪れます。

その後、レストランに必要なホスピタリティーを充実させようと提案した堤の試みが、一週間試されます。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

レストランの経営状態が安定し、店長の堤が牛丼屋での社長賞をとった過去の栄光を思い出し、ホスピタリティーを重視した店の運営を行ったことは悪いとは思えませんでした。

しかし、客の申し出を全て受け入れたことで、結果的には、割り箸の提供からデザートなどの持ち込みなど、フランス料理のレストランとしての店の在り様ではなくなり、オーナーの仮名子が、ホスピタリティーではなく店のあり方が重要だと言ったのは、妙な説得力が感じられました。

店長の辞職を思い止まらせようとした伊賀たちの苦悩と裏腹に、オーナーの仮名子の適当な対応が面白さとなっていました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

ミッドナイト

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじネタバレ

堤はやめた牛丼屋の営業部長らが店に来ていたので、堤は張り切っていた。又、牛丼屋に戻ってきてくれと言われる。

堤は仮名子に牛丼屋の店長だった頃、経営が大事だとスカウトされた。

堤は経営を任されている以上、店を締め直すと言う。

鉛筆やワインの種類を絞れと言い、山縣らに反発される。

客を納得させろと仮名子は言うと、堤は、お客を満足させる誕生日セットを用意すると提案する。

仮名子は人をしのびたい人や、仕事の愚痴を言いたい人など様々だと言い、堤の提案を却下すると言うが、絶対成功させると言う。

堤が誕生日プレートを出すと、追加注文が出る。

女性がやすらぎ会館の地下の人の分も料理を注文したが、納骨堂だと山縣が言う。

故人をしのびに来たのなら、前に来た客かと堤は、どうやって店を知ったのかと言うと、以前、閉店時に来て、女性の誕生日に来ようと彼氏と約束したと言う。

すると堤は誕生日プレートを出してまゆみと言う女性を祝福する。

そこに彼氏が現れ納骨堂で仕事していたと言う。

彼氏は生きていたのだ。

堤は働いていた牛丼店の前に行き営業部長に1週間時間をくれと伝えてくれと言う。

堤は1週間自分のやりたい様にやりたいと言う。

仮名子はやりたいようにやればと言う。

堤は箸を使いたい客に、お出ししろと伊賀に言う。

仮名子はホスピタリティだけではダメだと言いながら、堤に任せる。

日本茶を欲しがる客やワインのシミを取ってくれとかケーキの持ち込みとか料理に醤油をかけるとか様々な要望に応えた。

1週間たって店長の目指した店の在り方かと仮名子が言うと、フレンチレストランとは言えないと堤が言うと、伊賀はホスピタリティより大切な物は店の在り方だと言う。

堤はやめると言う。

仮名子は1週間楽しかったかと言うと、儲からなくてもいい、大切なのは自分が快適か、もっと言えば仮名子が快適かどうかだと言う。

堤は牛丼屋に行き、辞めないと言い、帰る。

9ケ月後、開店1年を迎えた。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話の感想

堤が店長として節約だと言ってみたり、ホスピタリティが重要だと言い、誕生日プレートを提案した時に、仮名子が上司の悪口を言ってストレスを発散したい人や、ひたすら酒を飲みたい人や故人を偲んで食事をしたい人もいる筈だと言い、他の客まで巻き込むのは反対だと言い、堤の提案が却下され、堤は店を辞めるのかと思いました。

しかし今回だけだと仮名子が折れたので、どうなるかと思いましたが、意外にも他の他の客からも誕生日プレートが受けたのは良かったです。

しかし、堤が1週間やりたいようにやらせて欲しいと言って結果、フランス料理店なのに箸を出したりマヨネーズを出したりケーキの持ち込みを認めるなど店の雰囲気が変わり、スタッフがストレスを溜め、楽しくなかったのを見抜いたのは流石は仮名子でした。

結局、ホスピタリティより大切なのは店の在り方だと言った仮名子は、店が儲からなくても良いと言い、経営重視で節約に、こせこせし、儲けに拘ってきた堤の肩の荷物を下ろさせることになったのは、結果的に堤の人生にとっても今までの仕事観が変わって良かったと思います。

ペンネーム:ミッドナイト(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA