Heaven?~ご苦楽レストラン~|4話見逃し動画無料視聴はこちら【7/30配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話(2019年7月30日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月30日(火)放送終了後〜2019年8月6日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじは?

2019年7月30日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじを紹介します。

ある日「ロワン・ディシー」に強面の男二人(山内圭哉・小柳友)がやってくる。

彼らは仮名子(石原さとみ)に「期限はとっくに過ぎている」と詰め寄り、さすがの仮名子も押され気味…。

「明日までに用意しろ」と無理やり約束させられることに。

その様子を見ていた堤(勝村政信)は、仮名子が借金取りに追われているのでは?と想像。

さらに、金策に困った仮名子が、従業員の誰かを解雇するのでは?と不安を募らせる…。

伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)は、仮名子がいったい何者なのか?と思い始める。

そこには山縣(岸部一徳)だけが知るある事実があるのだが…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。

まひろ
全身にまとった高級品や人脈など、仮名子の素性が益々謎に包まれる中、借金取りがお店に訪れるかもしれないという次回。

誰かがクビにされるのではないかと、うろたえる店員達だが、仮名子は見かけや発言以上に店員達の事を大事な仲間として接していると思うので、誰かが店を追われる事は無いと思うし、仮名子が借金しているのも何かの間違いだと思う。

それにしてもどこからお金が湧いてきているのかがとても謎なので早く仮名子の正体と、なぜ駅から遠い墓地の近くにフランス料理店をつくったのか、深い訳と信念がありそうなので、来週の展開も楽しみ。

ペンネーム:まひろ(30代・女性)

あさ
黒須オーナーは、人脈めちゃくちゃ広いし、やけにゴージャスだし、確かにその素性は謎です。

黒須オーナーがなぜフレンチレストランをやりたいと思うようになったのか、わかるストーリーになっていればいいなと思いました。

次回は借金とりも来るみたいだし、ロワンディシーに危機が訪れるかもしれません。

最近、チームワークが良くなってきた従業員たちなので、ぜひみんなで乗り切ってほしいですね。

毎週、従業員の人たちひとりひとりにスポットが、当たっているので、来週あたりはポンコツの志尊淳さんの前職のストーリーなんかにも触れてくれればいいなと思います。

ペンネーム:あさ(30代・女性)

アヤノ
お店にやってきた強面の男性2人が、オーナーに対して、「期限はとっくに過ぎている」と言っているのがかなり気になります。

その期限とはいったい何のことなのか分かりませんが、オーナーは期限を守るような性格ではないことは、お店のスタッフならば誰でも分かりそうです。

それが借金取りだと誰もが勘違いしてしまいそうですが、本当の事情は他のことのようにも思います。

ですが、雇われている身のスタッフにとっては、お店の今後のことが気になると思います。

誰か辞めさせられるのではないかと不安がってしまうようですが、実際はどういう展開になっていくのかは、次回の放送を観るまでのお楽しみとしたいです。

ペンネーム:アヤノ(50代・女性)

あやめ
ロワン。ディシ-のお店に怪しい2人の男性の姿が気になります。

仮名子は高価なものを身に着けているし、お店のオ-ナ-ということもあり、かなりの資産家とも思われ狙われるいるようにも思える。

気まぐれな性格とも思える仮名子は、お店のオ-ナ-をするために借金をしているのか。

強面の男性たちは「期限はとっくに過ぎている」と仮名子に押し寄せられる。

オ-ナ-が書いた殴り書きを見て、スタッフは首になってしまうのではないかとドギマギさせるだろう。

しかしきっと仮名子じゃ原稿を書くことを頼まれていて、それを取りに来た人たちだろ思う。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

tpootete
次回のエピソードは、謎の任侠がらみのような強面達とのセッションのアクシデントストーリーであり、普段自由奔放な黒須は何を思っているのか、また本性はいったいどのような人物なのかが少し明らかになるエピソードと言えるでしょう。

自由奔放・勝手気ままな黒須であれど絡む人物は、映画監督やエッセイストなどその道で活躍する成功者とのコネクトを持っているものの、本性は全く謎であり、装飾品の質の高さから黒須はいったいどのようなルートで資金や財政を整えており、今の自身を築いているのか明らかになることでしょう。

もっとも、黒須のことであれど、面倒事、いやなことは全部責任転移するのも目見浮かぶため振り回される伊賀たち従業員の活躍も楽しみではあります。

ペンネーム:tpootete(30代・男性)

ふじお
オーナーは一体何者なのか?従業員から疑問を持たれています。

このレストランの他に、複数事業をしてる感じがしてなりません。

しかしながら、お店に訪ねてきたのは、借金取りでした。

贅沢そうな振る舞いをしていても、実は借金地獄なのかもしれません。

このピンチに従業員の誰かをくびにすることも浮上してきました。

誰も欠かせない存在なので、オーナーはどう判断するのか?期待しています。

この若さでオーナーなのも気になるところですが、顔は広そうな感じです。

どうしてオーナーに成れたのか?経緯が見えてきそうな回になれそうです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ゆかり

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

店に強面の男が仮名子を訪ねてきたことで、みんなは仮名子が闇金に借金をしているんだと考えます。

仮名子がクビをつろうとしたりとおかしな行動を起こすので、心配な伊賀は店に泊まって仮名子を見張ることにしました。

翌日、仮名子の部屋から大きな音がしたのでみんなは慌てて駆けつけました。

しかし、仮名子は部屋の外にいました。

仮名子はミステリー作家で、小説に使う仕掛けを実感している途中だったのです。

今までの不審な行動も、全て小説のためのものだったことがわかり、みんなは安堵します。

また、山縣さんが資格マニアで、実務経験が三年必要ないソムリエの資格を取るために店を潰したくないと言っていたことがバレてしまいます。

みんなは少し怒りましたが、どちらかというと呆れていました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

本当に仮名子が闇金に追われていて、しかも自殺を考えているかのような描写がとてもリアルでおもしろかったです。

まさか作家だったなんて予想外だったので、とても驚きました。

豪華三昧できるのも一発あてた印税のおかげだったのかと思うと納得だし、顔が広いのもそういうことかと腑に落ちました。

また、山縣さんがレストランを潰したくないと思っていたのが実はソムリエの資格を取りたいがためだったというのも、本当は怒るべきなんだろうけど山縣さんらしくておもしろかったです。

仮名子が書いた小説も少しは話題になったようだし、一件落着という終わり方が良かったです。

ペンネーム:ゆかり(20代・女性)

nana

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

オーナーの黒須のもとに、強面の男たちが訪ねてくる。

その直後から黒須の様子がおかしくなる。

黒須と男たちの話の内容から伊賀たちは、オーナーを訪ねてきたのは借金取りで彼女は多額の借金をしているのではないかと推測する。

従業員たちは今後の店の行く末に不安の色を隠せない。

ついには黒須は首つり自殺を図ろうとしてしまう。

未遂に終わったが。

その頃、ソムリエの山縣は黒須にかまわず、さっさと帰ってしまう。

仕事に対してやる気がないとみなされていた山縣だったが、実は翌日の検定試験のためだったのだ。

それを知った伊賀は店のために自分の能力向上を目指しているとして山縣を見直す。

そして、黒須の正体が判明する。

彼女はミステリー作家で、強面の男たちは彼女の編集者だったのだ。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

あのワガママたっぷりなオーナー黒須が、首つり自殺するような玉ではないと思っていたし、強面の男たちが借金取りではないということは早々の時点で見抜いていた。

第1話から第3話までをきちんと押さえていれば、黒須の正体を示唆するような場面がきちんと出ていた。

よくそんなポンコツ脳みそでミステリー作家などという緻密な構成を求められる職業が務まるなと思ってしまう。

デビュー作だけの一発屋に成り下がるところではあったが。

山縣の過去に関しても前半あたりにちょろっと出ていたが、ふたを開けてみれば大したことはなかった。

そりゃ単なる資格マニアとして上司からバカにされるのは当然だ。

ペンネーム:nana(30代・女性)

sennatsu

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

ある日仮名子の前に怖そうな男2人が現れ仮名子に「期限は過ぎている」、「明日開店す前に取りにくる」と言って帰っていった。

その様子を見ていたスタッフは、借金取りではないかと色んな考えがよぎる。

スタッフがオーナーについて話をしていると電話が鳴り、「金子ローン、明日の約束守るように」と連絡があり、やはり借金取りだったんだと確信する。

借金で苦しんでいるのではないかと心配する。

オーナーの様子を見に行くと部屋の中からうめき声がする。

首つり自殺をはかったのではないかと心配するがドアは開かない。

ドアをけ破るが、オーナーがいない。

後ろから密室空間のトリックができたと喜んでいるオーナーがいた。

実はオーナーの正体はミステリー作家だった。

新作のネタでいきずまっていただけだった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

今回のストーリが一番面白かったです。

安心して見れました。

やっとオーナーの正体がわかりスッキリしました。

キャバ嬢か、愛人なのかと思っていましたが、ミステリー作家だったとは以外でした。顔が広いのも作家での人脈だったんですね。

仮名子の追い詰められる様子は今まで見たことがなかったので意外な一面が見れて良かったです。

皆が心配している時に新作のネタ探しで必死だったとは仮名子らしいです。

そして仮名子に振り回されてしまいましたが、なんだかんだで仮名子のことを大好きなんだなと思いました。

仮名子のおいしそうに食べる姿が、一番幸せそうで好きです。

ペンネーム:sennatsu(30代・女性)

まめこ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

伊賀が仮名子の正体が気になり始めた矢先、ロワンディシーに強面の男二人がやってくる。

男たちは、期限は過ぎていると詰め寄り、仮名子は3日待ってほしいと頼んだが、明日までだと無理やり約束させられてしまう。

それを見ていた堤と伊賀は、仮名子が借金取りに追われていると思い込む。

さらに、疲れ果てた仮名子が残していたメモ書きを見つけ、リストラされるのではと勘違いする。

昼間の男から電話を受けた伊賀は、仮名子が首を吊ろうとしているのを見て止めに入った。

伊賀は仮名子のために店に泊まると言う。

山縣はさっさと帰って行ったが、山縣には翌日大事な用があったのだった。

翌朝、伊賀は仮名子のために並んでコロッケを手に入れるが、その帰りにビジネス英語の試験を受けた山縣に遭遇する。

伊賀は次々と別の試験会場まで送り、山縣は店のために頑張っているのだと勘違いしていた。

小澤は仮名子のために豪華な賄いを用意したが、仮名子はいらないと言い、スタッフは余程のことだと心配になる。

山縣はみんなには黙っていてほしいと言い、伊賀はそれを了承したが、実は山縣はある事実を隠していた。

そんな中、オーナー室から大きな物音が聞こえ、伊賀たちは仮名子が死ぬつもりだと思い込む。

しかし中に仮名子はおらず、仮名子はある仕掛けを使って密室を作っていたのだった。

仮名子は、ミステリーの女王、仮名須黒子だと言い、男たちは鐘公論という出版社の人だった。

仮名子は原稿が間に合わず高跳びしようとしていたが、あと二日あれば出来ると言って担当者には帰ってもらった。

遅れて出勤した山縣は、銀行員時代に仮名子に出会っていたが、今も小説を書いているのは知らなかったと言う。

口を滑らせてしまった山縣は、資格試験を受けていたことを白状した。

黙っていたのは、銀行で資格を取り過ぎて左遷されたからだと言うが、仮名子は山縣を見直したと言う。

そんな中、英代が何か企んでいた。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

第4話は、これまで気になっていた仮名子の正体が、ついに明らかになりました。

面白かったシーンは、山縣が試験会場をはしごするシーンです。

理由も聞かずに送迎を続ける伊賀が、お人好し過ぎて笑ってしまいました。

今回の見どころとなったのは、仮名子が自分はミステリーの女王の仮名須黒子だと明かしたシーンです。

それと同時に強面の男たちが出版社の人だと判明し、店がなくならないと分かってホッとしました。

思い詰めた仮名子がコロッケも食べずに、急に皿洗いを始めたときは、何だか恐怖を感じましたが、まさかそんな意外な職業だったとは驚きでした。

ペンネーム:まめこ(40代・女性)

マレット

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

借金取りらしき男2人は3日待って欲しいとのオーナーの要望を却下し、明日までにとオーナーに忠告した。

その男2人は借金取りだと考えた伊賀達は戸惑う。

オーナーは物凄く落胆しており、終いには首を吊って死のうとも考えていた。

オーナーの側にいるべきだと判断した伊賀のみオーナー室付近に居残ることにした。

翌日、山縣は幾つかの検定を受けるそうで、伊賀は山縣を会場までバイクで送ってあげた。

オーナーはまだ落ち込んでいるままで、小澤の作ったランチを食べる気も出てこない。

山縣は検定のことを店の誰にも言わないで欲しいと伊賀に頼んだため、山縣は病院に行っていると伊賀は皆に話した。

とうとう根本と花岡が来たのに対し、オーナー室は閉まっているため、伊賀らは無理やり強行突破した。

オーナーはうまくいったのだと語り始めた。何とオーナーは作家だった。男2人は出版社の編集者であった。

オーナーが作家であることを山縣は既に知っていた。

山縣は皆に、資格の受験を受けてきたと打ち明けた。

今まで資格を取りすぎて、司法書士を取得した結果、銀行員に向いていないと上司に言われたらしい。

オーナーらは山縣を褒め、山縣は嬉し泣きをした。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

借金取りが来るとのことについてハラハラする堤と川合に対して伊賀は自分にできることはやるという気持ちと、オーナーを心配する気持ちの両立をうまく取っていることに驚いた。

器用な人間だと思った。

オーナー室を完全密室にさせることに成功したオーナーの技術が凄かった。

何より驚いたのはオーナーがミステリーの女王だということだ。

作家にだけ専念すればいいにも関わらず店を開きたいという気持ちも捨てられなかったのだろうと感じた。

山縣は仕事に専念せずに、資格勉強に専念するのは完全に良いこととは言い難いが、資格取得に力を入れるのは良いことではないかと感じる。

ペンネーム:マレット(20代・男性)

taggaa

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじネタバレ

やたら後ろ向きな行動が目立つ黒須、様子をうかがおうと尋ねた伊賀はクビといメモ書きを発見してしまった。

強面の男たちからの脅迫で金策に苦労していると察し、伊賀は一夜オーナーを監視していた。

その後オーナーの部屋から黒須の声が聞こえ出し、強面の男たちも合流し部屋に入った中には散乱された状態の中、絞殺に使われた道具だけがただ残されていたのであった。

唖然とする一同の前に、いつもの黒須が現れ、本性はミステリー作家として活躍していた過去があったのであった。

そのためスランプ気味の黒須を催促すべく強面の男たちが不眠状態の中彼女の前に現れ、オーナーの奇策「密室クビつり」を完成させたのであった。

いつもどおりに戻った黒須であったが、それとは別にまた新たな面々が黒須達の前に波乱を呼ぶことを黒須達は知らないのであった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話の感想

今宵は何と言っても黒須劇場と言っても過言ではなく、相変わらず自分勝手が鼻につくが周りのおかげでいいようにテイスティングされているストーリーであり非常に楽しい内容となっていました。

とはいえ、伊賀達もこんなワンマンオーナーだったらふつうは退職しているにもかかわらずそうならないのであるのだからある種黒須の魅力はどこかしかにあるのかもしれません。

一方サイドストーリーで山縣ストーリーもあったものの、この設定が今後どのように生きるのかも気になるところです。

「傍若無人オーナー からの 漠然な過去発表」BKB フィーヤー!

ペンネーム:taggaa(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
5話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA