Heaven?~ご苦楽レストラン~|3話見逃し動画無料視聴はこちら【7/23配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話(2019年7月23日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年7月23日(火)放送終了後〜2019年7月30日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『Heaven?~ご苦楽レストラン~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年7月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年7月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじは?

2019年7月23日(火)放送のドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじを紹介します。

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。

予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった…。

その夜、店は予約で満席。

フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。

すると山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。

山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。

押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。

その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。

仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。

「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

みかん
予告では伊賀の母親が現れることになっていました。

誰が言っていたのかは不明ですが、伊賀の母親とオーナーは”似ている”らしい。

ひょっとしたらひょっとしてオーナーはかなりの策略家なのではと気付き始めている伊賀が、唯一無二の存在である母親とオーナーの板ばさみになる状態が面白そうだと思います。

伊賀の母親とオーナーの対決的なものも見たいですが、料理のシーンもしっかりたっぷりあることを期待しています。

また、オーナーが「連れ戻してくる!」と意気込むシーンがありましたが、一体どのように伊賀を”連れ戻す”のか注目したいと思います。

ペンネーム:みかん(30代・女性)

みう
財前直見さんが登場するようですね。

伊賀くんのお母さんだとか?黒須仮名子と同じくらい強引なタイプであるようなので、板ばさみになった伊賀くんはしんどい思いをしそうです。

でも、ロワンディシーには伊賀くんは必要な人なので、みんなで引き止めてほしいですね。

黒須仮名子の強引さや身勝手さが生きてきそうな気がします!

諦観のくだりはやっぱりおもしろいので、今後もどんどんいれてほしいですね。

一話目よりも心の声を表現した心の顔?の数が減ってしまったので、ちょっと残念でした。

次回もたくさん笑わせてもらえることを期待しています。

ペンネーム:みう(30代・女性)

彼方
次回は川合が受けた電話予約のミスからロワン・ディシーは大混雑を極めるようですね。

そこへ伊賀 観の母親がやって来て、伊賀を長崎に連れ戻そうとするようでロワン・ディシーにとって大ピンチになりそうです!

サービスの要である伊賀に居なくなられたら、ロワン・ディシーはやっていけないでしょう。潰れちゃう。

オーナーの黒須が絶対に引き留めようとすると思いますが、伊賀 観の母親もなかなかの押しの強さを持っているようで、母親と黒須のどちらが勝利するのか楽しみです!

でも一番は、観はどう思っているのか?だと思いますが、観の、今のロワン・ディシーに対する気持ちも分かりそうでとても楽しみにしています!

ペンネーム:彼方(40代・女性)

ミチ
オーナー対伊賀の母親の対決になりそうです。

伊賀はおそらくこの店に残りたいと思っていると信じたいですが、母親のキャラが強すぎて、どういう展開になるのか気になりました。

思わぬ展開がきっかけで、母親が退散しそうな気もしますが、すぐには解決しなさそうです。

オーナーの人脈といい、お金や経営に対する考え方などを見ていると、その素性がとても気になってしまいます。

オーナーの素性が分かってくるのはいつになるのか気になります。

何らかの遺産を持っているのか、親が金持なのかという想像しか今はできません。

お店がようやく軌道に乗ってきたようで、その辺は少し安心して見ていられそうです。

ペンネーム:ミチ(50代・女性)

あやめ
お店を繁盛させるために、ミッドナイトランチやネットの投稿で、お店はお客も入るようになってきた。

スタッフは原価率を上げようと必死なのに、気まぐれなオ-ナ-仮名子は高級食材を食べてしまい採算が取れない状態である。

ネットの投稿を見た女性は伊賀の母親で、ロワン・ディシーのお店にやってくる。

母親は探していた息子がひょんなことからわかり、伊賀を長崎に連れ戻そうとする。

気の強い仮名子と母親との伊賀を奪い合うシーンが見どころとなりそうだ。

加奈子のヘアスタイルや衣装、シェフの料理も楽しみで、スタッフたちの面白いシ-ンを楽しみにしている。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

tette
次回のエピソードは、劇中内での一件により知名度を上げることができた、ロワン・ディシーの要素となった写真にたまたま映っていた伊賀をみて、実母が行動するというなんtのもスラップスティックなエピソードであり、このレストランのブレーンといっても過言ではない伊賀と母、そして黒須はいったいどのようなエピソードを展開するのか気になるところではあります。

とはいえ、伊賀もこのレストランでやたら難癖のある従業員と一蓮托生しつつも黒須をはじめ前の職場では経験できなかった行動から心境の変化も見受けられるため、今回のエピソードでどう進展するのかがポイントでしょう。

ペンネーム:tette(30代・男性)

2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まひろ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

予約で満席のある雨の日、観の母親・勝代が地元の長崎からやってきた。

その日はコミドラン・川合が予約を受けた『山田様3名』が3組も同時刻に来店しており、彼は予約の電話を受けた時に連絡先を伺い損ねていた。

よりにもよって、亡くなった息子の形見である傘を持ってきていた夫婦のその傘を違う客に渡してしまっており、連絡が取れず困り果てる店員達。

そんなトラブルの中、勝代は観を長崎に連れて帰ると宣言する。

それを知ったオーナー仮名子は観を連れ戻そうと、観光中の二人の元へ乱入する。

行動も言動もそっくりな勝代と仮名子が傘の行方を推理していく。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

大学入試の前日に息子を東京観光に連れまわす母親をみて、血の気がひきました。

結果、観は大学進学を諦めた勢いでフランス料理店で働く事になるが、それも運命の悪戯なのだと感じて観に同情してしまいました。

破天荒にみえる母親だけれど、観をできる男に仕上げたのは間違いないので、彼女の人生に興味がわきました。

夫・静も普段は気配を消しているが大事な時には気が利くので、観がそんな二人に育てられ振り回されて、仕事の出来る大人になった過程が見えて面白かった。

静観して妻の傍若無人ぶりもうまく転がす夫が私にも欲しいと感じました。

ペンネーム:まひろ(30代・女性)

あさ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

その日、ロワンディシーには電話番号がわからない三組の山田様が訪れました。

しかし、その日に限って傘の取り違えというトラブルが起こりました。

一方、伊賀観のお母さんが長崎からロワンディシーを訪れ、観を長崎に連れて帰ろうとしていました。

サービスの要である観を絶対に取られるわけにはいかないオーナーの黒須は観の母親と直接対決をします。

しかし、変わり者同士の二人は話をするうちに意気投合し、楽しく食事をしているうちに観を連れ戻す件はどうでもよくなったようで、観は店に残れることになりました。

また、取り違えた傘も戻ってきて、無事持ち主のお客さんに返すことができました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

伊賀くんのお母さんが登場! 

しかも黒須仮名子と似たタイプという奇跡!(笑)

男性陣がタジタジになっている姿に笑ってしまいました。

身勝手であるにも関わらず、なんとなく憎めない感じがして、かわいかったです。

そして、なんだかんだでみんなに愛されている伊賀くんを見ていると、ほっこりしたし、癒やされました。

傘のとりちがえ…お客さんの立場としては、勘弁してほしいですよね。

でも、一生懸命捜してくれているロワンディシーのスタッフたちに感動しました。

予約のときに、お客さんから電話番号を聞いておくって大事なんですね。

ペンネーム:あさ(30代・女性)

アヤノ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

お店には予定以上の予約が入り、お店は満席状態の中、伊賀の母親が来店しました。

彼女の目的は伊賀を長崎の実家に連れ戻すことだったようです。

オーナーも伊賀を頼りにしていて、便利にこき使っていたこともあり、絶対に店にいてほしいと思っていました。

伊賀の母親は圧がとても強く、オーナーにとても似ているところがありました。

伊賀を巡っての二人のバトルのようになってしまいました。

伊賀の母親と同行していた存在感がまったくない、伊賀の父親の配慮もあり、結局、伊賀はお店に残ることになりました。

お店ではお客様の傘を間違えるというハプニングが起きていましたが、それも何とか無事に解決することができました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

伊賀の母親は強烈キャラでした。

オーナーのキャラと同等か、それ以上に凄いものがあったと思います。

似たもの同士の2人なので、最初はバトルのようになってしまいましたが、最後は非常に馬が合って、仲良くなっていきました。

伊賀の父親も最初からずっと一緒にいたようですが、まったく存在感がありませんでした。

あそこまで存在感を消せる特技があれば、何かに活かせそうな気がします。

存在感のない父親と、強烈な存在感のある母親という対照的な両親の元で育ってきた伊賀は、いろいろと納得できる部分がありました。

伊賀もおそらく母親のような強烈に存在感のある女性と結婚するのかもしれないと思いました。

ペンネーム:アヤノ(50代・女性)

あやめ

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

伊賀と仮名子が出かけている時に、予約の電話を受けた河合は、同じ客山田で同じ時刻で予約を受け、フルネ-ムも電話番号も聞いていないトラブルを起こしてしまう。

伊賀の母親がお店に来て観を長崎に連れて帰らそうしている。

東京見物に観と母親が屋形船に乗ろうとすると、仮名子が現れ一緒に食事することになる。

仮名子はお客の傘を無くした責任を伊賀に押し付け、傘の持ち主は息子の形見であると深刻であった。

お店のスッタフは客の会話を思い出し手がかりを探すが、客が間違えた傘を届けてくれる。

父親の計らいで観はお店に残れることになる。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

伊賀の母親と仮名子は気が強く似たもの同士で二人のバトルは険悪なムードであった。

しかし意気投合するとかなり盛り上がる姿が面白いく感じた。

父親が酔った観の母親に観を長崎に帰すのは次にしようとした誘導尋問はさすが夫婦であると感じた。

色々なトラブルが発生していくことで、仮名子とスタッフもしっかりとお店の心構えを覚えていくのだろうと思う。

仮名子の黒のレ-スのドレスが素敵でとてもよく似合っていて、石原さとみの着こなしは素敵で釘付けになった。

「じっちゃんの名にかけて」のセリフとポ-ズが最高に決まっていて面白かった。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

tpootete

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

川合のアバウトな予約電話に苦労される伊賀たちは、数奇なオーダーに苦戦しつつも、なんとかことを収めることができた。

悪天候でも予約グループは来店する中、伊賀の母が来店してきた。

なんとか黒須と母親をなだめるもアクシデントで入れ替わった傘がすり替わってしまったことによりトラブルが生じてしまうも、空気を読まない母は伊賀を実家長崎へと帰郷するよう指示を出すも黒須とそりあわない母親はトラブルを招くも伊賀は母と観光をすることでことを収めたのであった。

その後傘の消息を探索すべく全員知恵を出し合うも妙案が思い出した時には間違えて傘を持って行った客が再来店し傘を交換しに来店したのであった。

幸いとも両客ともおとがめこそなかったものの存在感の薄い父の鶴の一声によりすべて現状維持という形で終わることに成功したのであった。

両親との別れ後、黒須を捜索すべく人相の悪い者たちが黒須を捜索していたのであった。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

今宵のエピソードは、まぁ伊賀の苦悩がにじみ出ている見ていてかわいそうになってくるエピソードであり、物語の歯車的存在の伊賀がこうも周りの人物に振り回されるという楽しいながらもどこか同情したくなるストーリーとなっていました。

傲慢一人でも苦労するのに幼少期からも、似たような自分勝手両親に育てられ、挙句、自身を営業職の道へといざなった張本人のエピソードどアンラッキーとしか言いようのないアクシデントラッシュを体験したらさすがに笑顔は失っても仕方ないことでしょう。

今回は伊賀がメインになりつつも、最後の川合のくだりは「体を張ってでも」という意味合いなのだと思う教訓斉唱だと思う抜けているかわいらしいものも見受けられました。

ペンネーム:tpootete(30代・男性)

ふじお

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじネタバレ

お店に来たお客様の傘を間違えて持って行った人がいました。

しかしオーナーが転んだ時、傘のタグ札を掛け間違えた可能性が出て来ました。

傘は思い出の品なので、ショックは隠しきれない様子ですが見つかり次第、返却することで同意しました。

傘の持ち主を探すために記憶を辿りますが、なかなか見つかりません。

オーナーは、暗号から電話番号を割り出しますが、その時持ち主が来店してきました。

間違ってもって帰ったと返しにきましたが、その人も思い出の傘な事が判明します。

その人は映画監督でオーナーと知り合いだったことが不思議に感じました。

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話の感想

伊賀のお母さんが来店して、目的がお店を止めさせて長崎に戻すことでした。

伊賀はお母さんに散々振り回されてきて、失敗だらけでした。

離れて暮らすことで、実力が出てきて良かったところなのですが、再び現れてしまいました。

個性が強いお母さんでしたが、お父さんがカバーしてくれて何とかなっています。

オーナーも個性が強いので激突しそうでしたが、似た者同士で意気投合しています。

お互いに伊賀を必要とする気持ちは一緒でした。

これまで散々、息子の足を引っ張っているお母さんは、伊賀がいないと寂しいのだと思います。

決めるのは本人なので、お店に残れて良かったです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA