Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜|1話ネタバレと感想。サンシャイン池崎の遺影が話題!

  • この記事を書いた人:てつや
ドラまる
2019年夏ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』1話が2019年7月9日(火)に放送されたね!
ラマちゃん
石原さとみさん主演の漫画原作のドラマ!

この枠は最近評判いいだけに、今回も期待度は高めね!

こちらの記事では、ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』1話のあらすじネタバレや感想、ネットの反応や評価をご紹介していきます!

『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』1話のあらすじネタバレと感想

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていませんでした。

しかしそんな彼を高く評価する女性が現れます。

その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウト。

「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」

その言葉に心を打たれた伊賀、彼女の店で働くことを決意します。

ところが、そのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店。

しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかりでした。

さらに、伊賀が心打たれたスカウトの言葉もただの出まかせだったことも判明。

そのうえ、店のオープンは4日後!

とにかく、滅茶苦茶なオーナーだったのです。

そんな中、また更なる問題が発生しました。

保健所の許可がないと営業できないにもかかわらず、トイレが未完成だったのです。

このままでは3日後のオープンパーティに間に合いません。

案の定、保健所の許可は下りず大ピンチ!

ところが、「安らぎ会館」のトイレを借りるという伊賀の出まかせでにより、なんとか危機脱出しました。

なにゃかんやで準備は順調に進み、ようやくオープン日までたどり着いたロワン・ディシーのメンバー。

しかし、前日にまたもや問題発生!

なんと仮名子は500人もパーティに招待していたのです。

当然、そんな大人数の用意は出来ない状況。

今度こそピンチか…?

そんな時、伊賀は「招待したのはオーナーの知人。なら、料理は十分でなくてもいいのでは?」と発言。

この一言により、再び準備を再開します。

そして、ようやく迎えたオープン初日。

しかし、時間になっても1人も来ません。

やっと数人来たと思ったら、全員仕入れ業者。

招待した相手は友人と言うより人望で集めたものだったのです。

結局、日付を4月31日と間違えた上、送った日はエイプリルフール。

それが客が来ない原因と分かった仮名子は改めて招集。

無事、パーティは成功しました。

以上が「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」1話の大まかなあらすじ。

コメディタッチでしたね。

「ATARU」や「99.9 -刑事専門弁護士」などの演出を手掛けた木村ひさしさんが演出を手掛けてるだけあります。

最近の火22時枠とは異なるテイストの作品ですが、個人的にはこれはこれで面白いと思いました。

『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』1話のネットの反応や評価は?

ドラまる
サンシャイン池崎さんがまさかの遺影のみで登場!
ラマちゃん
さすが、小ネタ好きの木村ひさしさんね!

ドラまる
冒頭トラストに出てきた謎の紳士・舘ひろしさんの存在も気になるね!
ラマちゃん
やはり、未来の伊賀なのかしら?

ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

Tverはこちら

Paraviはこちら

なお、Paraviは2018年4月からスタートした動画配信サービスなので、まだご存知ないかもしれませんが、TBSが中心になって作ったサービスなので、TBS系作品の見逃し動画や過去の旧作を見るには最もおすすめなサービスです!

登録月は無料というキャンペーンを行っているので、この機会に試してはみていかがでしょうか?

Paraviはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜|1話見逃し動画無料視聴はこちら

ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』2話のあらすじは?

2019年7月16日(火)放送のドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』2話のあらすじをご紹介します。

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。

ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。

小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?
小澤シェフの秘密が明らかに!?
仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜』1話のあらすじネタバレと感想と2話のあらすじをご紹介しました。

小ネタ満載のコメディドラマでしたね。

好みは別れるかもしれません。

とりあえず1話は、サンシャイン池崎さんの遺影、そして舘ひろしさんの存在が凄かったです。

ドラまる
これから、オーナーとロワン・ディシーのメンバーがどう信頼関係を築いていくのかな?
ラマちゃん
オーアーに振り回されながらも変わっていくロワン・ディシーに注目ね!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA