それぞれの断崖|7話見逃し動画無料視聴はこちら【9/14配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『それぞれの断崖』第7話(2019年9月14日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『それぞれの断崖』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『それぞれの断崖』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『それぞれの断崖』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『それぞれの断崖』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『それぞれの断崖』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年9月14日(土)放送終了〜2019年9月21日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『それぞれの断崖』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第7話のあらすじ

2019年9月14日(土)23時40分放送のドラマ『それぞれの断崖』第7話のあらすじをご紹介します。

覚悟を決めて二人で満を受け入れよう――決意を固めた志方(遠藤憲一)とはつみ(田中美里)に、弁護士の若菜(内田滋)が怒りの表情で告げた。

「あなた方は一体何を考えているんですか⁉」

殺人事件の被害者の父と加害者の母が不倫の末、犯人の少年を迎え入れるという前代未聞の事態が週刊誌にすっぱ抜かれ、世間の大きな注目を集めていた。

満の更生と社会復帰を第一に考えるなら絶対に別れるべきだ、と強く主張する若菜だったが、二人の気持ちは変わらない。

困難な道のりでも、覚悟を決めて進みたいと強く思う二人だった。

そのためには、満に二人の関係を話さなければならない。

少年院で満(清水大登)に意を決して打ち明けるはつみ。

「…母さん、好きな人がいる」「どんな人?」「…志方恭一郎さん。恭介君のお父さん」――満の笑みが消えた。

満の退院の当日。

志方は、はつみのアパートを訪ねる。

志方が部屋へあがると、満がそこにいた。

視線がぶつかる。

思わず満を食い入るように見つめる志方。

満が突然口を開く。

「僕のことが憎いんでしょ?」

「ああ、憎い」

「恭介君を殺した僕を、許してくれるんですか?」

いざ犯人の少年を目の前に、どれだけ覚悟をしても憎しみの感情が溢れそうになる。

「いつか、許せる日がくればいいと思う」声を絞り出す志方。

志方は、満とはつみと共に、雪子(田中美佐子)のもとへ謝罪に訪れる。

満を憎しみの目でにらみつける真弓(仁村紗和)と真紀(永瀬莉子)。

「恭介(渡邉蒼)はこの部屋でずっと生きていたの。よく見ておきなさい」雪子は、遺影に向かって謝罪の言葉を口にする満に、絶対に自分の犯した罪を忘れないで、と告げ、そして問いかけた。

「なぜ恭介を殺したの…」

「…恭介君を失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい」

満の最後の一言は、志方に向けられたものだった…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第7話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はる
みつるが少年院から出てくることが決まり、そのことについてはつみと志方は話し、みつるに話すことを決めると思う。

そして、決めたが自分の息子きょうすけを殺された時の気持ちがまたグツグツと湧いてきて葛藤すると思う。

そして、きょうすけに謝りたいとみつるとはつみはまたきょうすけにお線香をつけてくるが、そこでまた志方の元妻との言葉のやりとりがまた会ってギクちゃくすると思う。

その内容がどういうものなのか気になる。

はつみとみつると3人で住むことができるのだろうか、それが分かる展開になると思うので楽しみにしている。

ペンネーム:はる(20代・女性)

りんご
満が少年院から出所するようです。

更生したように見えますが、ただ単に出所したいからなのか、それとも本当に更生しているのかわかりません。

志方がすべてをうけとめたいといっていましたが、また余計にややこしくなるだけのような気もします。

はつみも結局志方の申し出にのってしまうようですが、満と会った志方がどうするのかが気になります。

しかも離婚した妻が3人で暮らすことを知ってしまうようで、また修羅場がありそうです。

娘たちが知ったらどうおもうのか恐ろしいです。

どうなっていくのか先が見えないので、早く続きが見たいです。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

はるか
展開予想は、出所した満は、志方の姿をみて驚く。

はつみと志方と三人で暮らす事になると言われた満は、戸惑いながらも志方が、自分を憎んでいるのになぜはつみを愛せるのか分からずに戸惑っていた。

それでも志方と一緒にいると嬉しそうなはつみをみて志方を受け入れた。

雪子たちに事情を話しに言った志方とはつみと満に怒りが、爆発する。

雪子たちは、今までの気持ちをすべて三人にぶつける。

満も責められてなぜ恭介を殺害したのかなど事件の経緯を話す事になる。

言い合いは、続き全員が、疲れ果てる。

そして、志方とは、今後は、会わないと雪子たちは、出ていくのだった。

楽しみなポイントは、志方と雪子が、今後にどうするのかです。

はつみを選んだことで真弓の結婚式にも顔を出せないし娘も怒っていると思います。

志方と満の関係も注目です。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

ぼたん
加害者の家族と被害者の家族という、皮肉な関係に世間さえ、満にだって理解のできないことだろ思う。

二人で満を迎え生きていくか覚悟をしたが、こんな状況の中で更生ができるわけがないと感じる。

満が出てきて被害者家族である雪子の元へ向かう。

志方とはつみと満、どんな顔をして迎えるべきなのか、これ以上雪子たちを苦しめないで欲しいと思う。

被害者である父親が、加害者の父親になると言う難しい役に、遠藤憲一がどんな風に演じるのか楽しみである。

絶対にハッピ-エンドになならない結末となるような予感がします。

断崖で何かかが起こりそう。

ペンネーム:ぼたん(50代・女性)

ふじお
いよいよ八巻満が出所してきます。

憎むだけが人生じゃない、向き合うことも必要と考える恭一郎は、3人で同居することにします。

猛反対をする元妻ですが恭一郎は、考えを変えようとしません。

被害者の父と加害者の母と加害者が一緒に住むことは常識では考えられません。

妻と離婚してもまだ繋がりがある恭一郎は、自分の想いを打ち明けます。

八巻はつみと再婚を視野にいれたことも考えられます。

出会いは最悪でしたが、こうして一緒に居られるのは恭一郎の優しさです。

八巻満を許した訳ではありませんが、息子の成長と照らし合わせている気がします。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

けんたろう
満が少年院を出所してくるようですね。

少年院で母のはつみに早く母さんと2人で一緒に暮らしたいと言っていた満少年が恭一郎とはつみの関係を知ったときどう思うのか感じるのか注目ですね。

ましてやそんな人間関係の中に自分が加わることが良いのか。

なんか満がまた誤った道に進まなければ良いのですが。

これで恭一郎、はつみ、満の3人が一緒に暮らすような事になったらそれぞれ各自でいろんな受け止め方があるから複雑。

恭一郎の心のなかを読み解くのはなかなか難しいですね。

はつみが好きと言うのはよく分かるんですが相手は加害者の母親ですからね。

ペンネーム:けんたろう(40代・男性)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

くみ

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

はつみが満に志方と交際していることを話すと、満は顔を強張らせる。

はつみとの交際を週刊誌にスクープされた志方は会社を退職。

3人で海が近くに住もうと、家を探し始める。

出所した満が志方と対面。

「僕を許してくれるんですか?」と尋ねられ、「いつか許せる日がくればいいと思う」と志方は答えた。

満とはつみの謝罪に志方が同行する。

満は恭介の遺影の前で丁寧に謝罪をした。

犯行動機を聞かれ、満は羨ましかったと答える。

恭介と仲良くなったのに、秀子という彼女ができた途端、自分への態度が冷たくなったから、失うくらいならいなくなった方がいいと思って殺したと話す。

そして、志方の方を見てもう一度、「失うくらいならいなくなった方がいい」と言うのだった。

『それぞれの断崖』第7話の感想

満が志方を見ながら言った最後の、「失うくらいならいなくなった方がいい」と言う言葉は、完全に志方への威嚇だなと感じました。

今の満には愛してくれる人がはつみしかいないけど、そのはつみの愛を自分からとるならあなたも殺しますよということを示していたんじゃないかと思います。

少年院で模範生になるくらい反省していたはずなのに、根本的なところは何も変わっていないなと怖かったです。

満の発言を聞いた志方はこの威嚇をどんなふうに感じたんだろうかと気になります。

また、恭介を殺した動機を聞いてもなお、満の父親になることなんてできるんだろうかと思いました。

ペンネーム:くみ(20代・女性)

YK

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

少年院から退院する満を二人で受け入れようと決意する志方とはつみだが、週刊誌の記者に二人の写真を撮られ、事実を暴露されてしまいます。

退職をしたことを、はつみに志方が話しているところ、弁護士の若菜が訪れてきて、二人は別れるべきだという厳しい言葉を投げかけます。

そして、はつみから志方とのことを打ち明けられた満は、戸惑いの表情を見せます。

退院した満は、志方とはつみと共に雪子のもとを訪れ、恭介を殺害した動機を話します。

動機内容を聞いて雪子は部屋を飛び出し、はつみは動揺します。

そしてもう一度、強い表情で志方に向かって動機を話す満に、志方は険しい表情を見せます。

『それぞれの断崖』第7話の感想

満がどれだけ反省をしていたとしても、この状況はやはり両者にとって良くないと思います。

はつみをはじめ、周りの人には言葉で覚悟を伝えていても、いざ満を目の前にしたときの志方の目には、まだ覚悟が足りないと感じました。

弁護士の若菜や雪子の言うことは最もで、志方とはつみのエゴに周りは巻き込まれてしまっている感じがしてしまいます。

また、恭介を殺害した動機を聞いても、満は精神的に不安定な部分がすごく大きいと感じました。

現段階では満は、はつみと志方と共に生きていくのは難しいと感じ、適切な形でケアするべきだと思いました。

ペンネーム:YK(30代・女性)

はるか

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

満の出所が、近づくにつれて志方とはつみは、二人の関係を満が、どう感じるのか考え戸惑っていた。

満は、出所した後の話をはつみにしていた。

しかし、はつみから志方と三人で暮らしたいと言われて驚いた表情をする。

志方とはつみの関係は、弁護士や雪子に咎められ週刊誌記者にも嗅ぎつけられる。

志方は、会社を辞める事になる。

それでもはつみと志方は、一緒に暮らしたい思いが、強かった。

満が、出所してきて志方と対面する事になる。

志方は、満から自分が、憎いだろと言われて憎いと答えるが、許せる日が、来るかもしれないと話す。

そして、満の好物のカレーライスを一緒に食べた。

雪子たちにも満を対面させた志方だが、恭介を殺害した理由を「恭介を失うくらいなら殺した方が、良い。」と言い雪子を怒らせるのだった。

『それぞれの断崖』第7話の感想

志方とはつみの関係は、理解しづらくてドラマを観てても雪子や弁護士の意見よりで観ていました。

恭介の事を考えると満とは、暮らせないと思いますし満も殺害した友達の父親と暮らすというのは、戸惑うと思います。

志方の事を聞くまでは、出所後の話などを楽しそうに話していた満でしたが、志方とはつみの話を聞き表情が、鋭くなってきて危険なフインキになりました。

しかし、満のした事を考えるとすべてが、元通りの生活とは、いかないのだと思います。

してしまった事への責任を満は、背負ってくのだと思いました。

志方が、はつみと恋人にならなければ満から殺害理由も聞けなかったのだなと考えるともどかしいですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

さくら

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

八巻滿が少年院を2ヶ月後に退院する。

志方は複雑な気持ちの中、はつみと向き合い、今後の話し合いを進めていく。

そんな加害者と被害者との関係を週刊誌が格好のネタとして取り上げた。

その事が会社に知られ志方は会社に居られなくなり自ら辞表を提出。

そして、3人で生きていく覚悟を決めていく。

いよいよ退院が決まり、弁護士から今後の生活について話し合いを持ち、志方のサポートを受けながらの生活に滿は心中複雑ながら受け入れた。

そして退院、母はつみとアパートへ戻ると、志方が訪ねてきた。

被害者の父と加害者が初めての対面となった。

志方は滿の顔を見て、息子を思い出しやりきれない気持ちの中、なんとか滿と接しようとしていく。

謝罪に恭介の家を訪ね、そこで恭介の母雪子に恭介を殺害した動機を問いただされる。

滿の口から出た言葉に、親たちは…

『それぞれの断崖』第7話の感想

『それぞれの断崖』というタイトルだけに、ひとりひとりの置かれた立場での心の中はとても複雑なもの。

ひとりの親として、子どもの気持ちになって考えれば、『その選択はないだろう!』『親のエゴを子どもに押し付けるな』と思わず呟いてしまうが、決してエゴだけの選択ではなく、親もまた、親としてまたひとりの人間として悩み苦しみ迷いながら選択していることに、覚悟ってなんだろうと考えさせられる。

ある意味深いドラマです。

現実にありそうでなさそうな…なさそうであり得る内容に、怖さを感じてしまう。

今後、滿はどう変化していくのか、志方やはつみは、どう向き合っていくのか、ドラマの展開に期待が膨らみます。

ドラマの最後に残した滿の言葉『大切なものを失うぐらいならいなくなればいい』がまたドラマの展開に関わっているように感じます。

ペンネーム:さくら(50代・女性)

tokaki2

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

満の少年院退院を控えて、恭一郎は満を受け入れる覚悟を決め、ハツミと3人で生きていくと決意する。

しかし、世間はそれを認めない。

ハツミの自宅を去る時、恭一郎は週刊誌のカメラマンにハツミとの2ショット写真を撮られてしまう。

その写真が週刊誌に掲載されたことから恭一郎は会社を辞める。

元妻の雪子や弁護士の若菜から、交際をやめるよう説得されるが、恭一郎の覚悟が揺らぐことは無く、既にミサキに3人で暮らす家を見つけていた。

満が少年院を退院し、恭一郎と満の2人はハツミの自宅で対面する。

満の謝罪に対しやっと会えたと応える恭一郎、いずれ許せたらと。

後日謝罪のためハツミと満は志方家を訪れる。

そこで恭介殺害に至った満の動機を知ることとなる。

動機は嫉妬と独占欲だった。

満は恭介の気持ちが自分から離れることが許せなくて恭介を殺していた。

『それぞれの断崖』第7話の感想

少年院から退院した満と恭一郎がハツミの自宅で初めて対面するシーンがよかった。

まず、恭一郎が満のいる部屋を覗き込む場面、志方恭一郎を演じている遠藤憲一の顔面が大迫力で笑ってしまった。

今回、満を見つめる恭一郎の顔面は常に大迫力だった。

あの顔面で土下座されたら弁護士も説得されてしまうと思う。

恭一郎はハツミといっしょに暮らしたいがために満を受け入れることを決める利己的な男で、周りを振り回すろくでもない存在なはずなのに、遠藤憲一の演技にはそういったものを超越する説得力があってすごいと思った。

ラストで満がやっぱりヤバいヤツだと分かったときの恭一郎の大迫力顔も面白かった。

ペンネーム:tokaki2(30代・男性)

ふじお

『それぞれの断崖』第7話のあらすじネタバレ

退院して来た満は、恭一郎に僕を許してくれるんですか?と言います。

恭一郎は許すつもりはないですが、お互いに向き合うことを選択します。

三崎にアパートを借りて、被害者の父と加害者の母と満が同居します。

恭一郎はなぜ?この状態を選択したのかは不明ですが、はつみを愛しているだけでは出来ません。

恭介の母に謝罪しに行きますが、母は気持ちが治まらず、原因を追求します。

そうしないと気持ちに整理がつかないので、厳しく満に当たります。

自分だけのものにしたかった、失いたくなかったと、絶句するような発言をします。

とても更生してるようには見えません。

『それぞれの断崖』第7話の感想

恭介の母が、なぜ殺したのか?を問いただすと、満はとんでもないことを言いました。

恭介がうらやましい事と、自分の物にしたい気持ちが強く、失うくらいなら死んで欲しいからと言います。

個人は誰のものでもありませんので、身勝手な犯行です。

相手を思いやる気持ちが無くて、自分だけのものにしたいのは、ストーカー気質です。

殺害した原因があまりにも情けなくて、母親も聞きたくない気持ちになりました。

恭一郎は、それでもはつみと満の3人で新しい生活を送ると言うので、心が分かりません。

生きることの辛さを考えさせられる回でした。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA