それぞれの断崖|5話見逃し動画無料視聴はこちら【8/31配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『それぞれの断崖』第5話(2019年8月31日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『それぞれの断崖』第5話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『それぞれの断崖』第5話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『それぞれの断崖』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『それぞれの断崖』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『それぞれの断崖』第5話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月31日(土)放送終了〜2019年9月7日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『それぞれの断崖』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第5話のあらすじ

2019年8月31日(土)23時40分放送のドラマ『それぞれの断崖』第5話のあらすじをご紹介します。

恭介(渡邉蒼)の潔白が証明されたことで、長女・真弓(仁村紗和)の結婚話が復活した。

だが、祝い事をする気持ちにはなれない志方(遠藤憲一)は素直に喜べない。

しかし、久しぶりに家族が集まり娘たちに笑顔が戻った志方家。

真紀(永瀬莉子)を連れて家を出ていた雪子(田中美佐子)もこれを機に戻ってくるという。

「あなた、勝手に出て行ってごめんなさい」

家族に心配かけまいとしていたあなたの優しさを誤解してしまった、と謝る雪子。

はつみ(田中美里)を抱いたその手で妻に触れることすらできず、ただ曖昧に頷くことしかできない志方だった。

一方はつみは、弁護士の若菜(内田滋)から呼び出され、少年院で満が自傷騒ぎを起こしたことを告げられる。

「最近、満君の事おろそかになっていませんか?」男に気を取られている母親の姿に満(清水大登)が動揺しているのではないか…若菜の言葉にショックを受けるはつみ。

クラブのママ(魏涼子)からも「息子を更生させる気がないなら店を辞めてもらうしかない」と告げられ、返す言葉がない。

そんな折、はつみは風邪で熱を出してしまう。

はつみのアパートで甲斐甲斐しく看病する志方。

しかし、はつみの部屋に入っていくところを次女の真紀に目撃されてしまう。

翌朝、はつみの洗濯物を干そうと窓を開けると、そこにはアパートを見上げている雪子の姿があった。

立ちすくむ志方の隣に寄り添うはつみの姿を目撃し、踵を返す雪子。

後を追う志方だったが、走り去る雪子の背中に強い拒絶を感じ足が止まってしまう。

「今の、奥さんでしょ?早く帰った方がいいわ」と言うはつみを残し悄然と自宅に戻る志方。

そこには、リビングにポツンと座る雪子がいた――。

「あの女誰なの…?」「あの人は…」

彼女が八巻はつみであること、今も自分が志方だと知らないままだということ、そして…彼女を好きになってしまったこと。

すべてを語る志方の言葉に打ちのめされる雪子。

「出て行って…出て行ってください」すべてが崩壊した瞬間だった。

そしてまた――はつみは志方の正体を知ることになる。

丹野と名前を偽っていた志方を断崖に呼び出し、問い正した。

「あなたは、一体誰なの?」

「俺は志方恭一郎…君の息子が殺した志方恭介の父親だ」

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第5話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第5話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ナナコ
一緒にいるところを妻や子供に目撃されていましたが、その修羅場を一体どうやって乗り越えていくのか、または乗り越えられないのかが見所だと思います。

なんだか初めは殺された息子の死とどう向き合って、家族がどう立ち直っていくかというドラマだと思って観ていましたが、ドラマの主旨が大人の不倫や恋愛に変化していっているのも「おやっ?」と気付き始める内容になってくると思います。

子供がした事なので、親の恋愛はそれとこれとは関係ないのかもしれませんが、いけない関係を家族が知り、さらにどん底へと突き落としていく訳ですから、妻や娘の意見を聞くのが次回のポイントだと思います。

ペンネーム:ナナコ(30代・女性)

はるか
展開予想は、真弓の結婚話の破棄が、撤回されて志方家では、笑顔が、あふれていた。

しかし、志方だけは、妻を裏切りはつみを抱いてしまった事に申し訳ない気持ちを持っていた。

はつみは、志方に夢中でお店でも他の男性客に対して上手い接客が、出来なくなっていた。

お店のママから最近は、仕事に集中していないし満の事にも真剣に考えているのかと怒られる。

そんな時に風邪をひいたはつみのために食材を買いに行ったスーパーで志方は、真紀に怪しまれて後をつけられる。

そこで志方とはつみが、浮気をしていることを知り真紀は、雪子に話す。

楽しみなポイントは、真弓の結婚が、破棄されなかったことです。

純愛だったのだなと感じます。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

赤井さん
第5話での展開の予想としては、主人公が加害者の母親のことをどんどん好きになっていき、いずれは過去に犯した息子さんの犯罪を許してしまうのかなと思いました。

今も展開的には犯罪をされてしまったにくい感情と可哀想だという慈悲の感情の2つが混じっているのですが、それが好きな感情、慈悲の感情1色になるのかなと思います。

また、楽しみなポイントしては、夫がそのようなことをしている中で妻や娘はどう思うのか、どういう行動を取っていくのかがものすごく楽しみです。

離婚に踏み切るのか、それとも加害者家族と揉めていくのかそれも楽しみです。

ペンネーム:赤井さん(20代・男性)

たんたん
4話は被害者の父親と、加害者の母親の、息子から卒業できずに、それぞれ苦悩する姿が描かれていました。

お互い埋まらない心の穴を、思い合っている姿が描かれていました。

そのまま交わってしまい、大人の関係になるとは思いもしませんでした。

そして、その現場を志方の妻に見られてしまいます。

息子を殺した相手の母親と、交わるのどんな気持ちなのでしょうか。

世間一般的には、汚らわしい関係と思われてしまうのでしょう。

志方の妻も、娘も、志方の神経を疑いよう、軽蔑するような対応を取りそうです。

満の母も、志方が実は殺してしまった恭介の父親だと知り、狂喜になりそうです。

罪の意識で生きていくこと、禁断の恋にいきること、恨みで生きていくこと、何が人生で大事なのか考える余地がある5話になるかと思います。

ペンネーム:たんたん(30代・男性)

ふじお
恭一郎は、八巻の母と恋愛感情に陥ってしまい、今後の生き方が不安でしょうがないです。

恭一郎の行動を不審に思う母は、不倫現場を目撃してしまい家庭崩壊の危機に立たされます。

相手が加害者の母なので、いったい何を考えているのか?分かりません。

被害者の父と加害者の母が、恋愛関係になることは前代未聞です。

八巻の母は、恭一郎を丹野だと思い込んでいるので、遂にばらす日が来そうです。

八巻の母は、驚きを隠せないと思いますが、今後も恋愛関係は続くのでしょうか?

この二人も、子供同様、過ちを犯してしまった気がしてなりません。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

飛べないアヒル
志方の息子が殺害されたことに関する報道の真実がわかり、長女の真弓の結婚話が復活し、久々に志方家に笑顔が戻るようですが、志方は素直に喜べる状況とはならない展開となりそうです。

加害者の母親であるはつみに、男性として思いを寄せ始めた志方は、スナックへと通うことをやめられず、具合を悪くして休むはつみの介抱をする事態が起きそうです。

同級生を殺害して少年院にいる息子の存在を話したはつみは、親身に接してくれる志方の素性が気になります。

これまで会社の上司の名前を語っていた志方が、本当の素性をはつみに明かすようで、二人の関係性がどう変わっていくか楽しみな展開となりそうです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

ぴよぴよ

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

息子を殺された被害者の父と、犯人である息子を持つ加害者の母の不倫関係が、ついに被害者側家族にバレる。

父が愛人のブラジャー等の洗濯物を外に出す際に、通りかかった妻にまさかの遭遇。

次女にも愛人宅へ訪問したところを見つかる。

慌てて妻を追いかける父だが、自分の家族に寄り添うどころか、結局自宅で「もう会わないで」と怒る妻に、愛人の正体とその加害者の母のことを「愛している」と宣言。

家を出て行くように妻にキレられる。

愛人側にも、ついに自分が被害者側の遺族だとバレる。

愛人は、この関係を断とうとするが、父はまだ未練タラタラの様子。

最後に愛人が父に「被害者遺族の元へ謝罪に行かせてほしい」と伝える。

父は自宅に戻って、自分の家族に全てを話し、愛人の謝罪の意思を伝えるが、もちろん娘達は大激怒。

ところが、妻はうけると告げる。

『それぞれの断崖』第5話の感想

相変わらず、リアリティーのない展開だなと思った。

愛人側も犯人である実の息子を放ったらかしで男に夢中。

被害者側である父も、自分の家族や仕事そっちのけで愛人に夢中。

いくらなんでも、仕事中にそんなに頻繁に連絡してくるなんて異常だし、そのたびに会社から愛人のもとに向かう父とか、現実ではそんなにうまくいかないと思う。

お互いに自分の家族の事はこんなに忘れられるもの?

そもそも、殺人というデリケートなテーマに、なぜ無理矢理純愛ドラマをぶち込みたいのか謎。

今回に関しては特に父の心に自分の家族は全くおらず、愛情のカケラも感じられなかった。

ここまで、愛人に走るただのオヤジだと普通の人間とは思えない。

現実的じゃない。

愛人側も留置されている息子のことを回想することも全くない。

もしも本当の加害者側、被害者側、両方の親族が見ていたらと思うと、命を軽んじられているようで非常に腹立たしかった。

ペンネーム:ぴよぴよ(30代・女性)

のりさん

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

はつみを抱いた志方。

そんな元に雪子が家に戻ってきて、笑顔が戻ってきた志方家でほっとしていました。

しかし、志方ははつみに惚れてしまい、体調を崩したはつみの元にかけつけてしまうところを娘に見られてしまいます。

そして妻の雪子にも洗濯物を干しているところを見られてしまいます。

こんな場面を見てしまったら、ショックで私だったらどうするだろうと考えてしまいました。

そして、はつみにも志方の本当の姿がバレてしまいます。

そして、はつみは妻に謝罪に行きたいと伝えます。

そんなことを言うはつみも最悪ですが、妻に伝える志方はもっと最悪です。

『それぞれの断崖』第5話の感想

最初は息子を殺した犯人の母親はどんな人なのか調べて行く姿が、父親としての姿でしたが、今はただの不倫野郎どころか、最低すぎるぐらいの野郎だと思いました。

正直みていて気分が悪くなりました。

女の家で洗濯物を干している姿を見た妻の雪子や、女の家に入っていく姿を見た娘、それを聞いた娘の気持ちはどん底でしょう。

家族が殺され、支えあっていかないといけない家族が、それどころか、苦しめていく姿に気持ちが悪くて仕方ありません。

はつみも雪子に謝罪に行きたいとか、なぜ今そんなことがいえるのか、意味が分かりません。

自分勝手な人ばかりですね。

ペンネーム:のりさん(30代・女性)

りんご

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

志方は自分の息子を殺した犯人の母親であるはつみと体の関係をもってしまいます。

妻は家を出て行ってしまっており、何度もはつみと会ううちに惹かれてしまったのでした。

はつみから電話が入り、会社から彼女の家にむかうところを娘に見られてしまいます。

熱を出したはつみを看病していた志方は彼女のせんたくものをほしているところを妻に見られてしまいます。

自宅に戻った志方は妻に「あの女は誰」と詰問されます。

言えない相手だと言い続けますが、はつみは犯人の母親ということを告げます。

そのことをしった妻は出て行ってくれと志方に言い放ちます。

『それぞれの断崖』第5話の感想

はつみと会うところを娘に見られてしまうなんて、偶然にしてもできすぎだと思ってしまいました。

あんな現場を目撃してしまった奥さんがとても気の毒でした。

しかも、息子を殺した犯人の母親が相手だなんて、ありえないと思いました。

田中美佐子さんの迫真の演技にもらい泣きしそうになってしまいそうでした。

出て行ってくれという妻の気持ちは痛いほどよくわかりました。

はつみに自分の正体がばれたときに必死にとりつくろうとする志方の気持ちがよくわかりませんでした。

なぜ、はつみを好きになってしまうのかが全然わかりませんでした。

志方の八方美人というかその場しのぎのやり方がいつも問題を引き起こしているような気がしました。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

ふじお

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

八巻の母の家で恭一郎が洗濯物を干していたら、通りかかった妻に見つかってしまいました。

恭一郎の浮気に凍り付く妻でしたが、家に帰り事情を聞くとされに驚いてしまいました。

相手を問いただすと、加害者の母、八巻満の母だったことを知り、絶句してしまいます。

不倫相手がまさかの加害者の母とは、妻は許すことはできず恭一郎を家から追い出します。

八巻の母に恭一郎は、丹野部長ではなく、志方恭介の父ということもばらしてしまいます。

嘘を付いてる自分が嫌になり本当のことを言ってしまった恭一郎に、厳しい仕打ちが待っています。

子供の過ちから、大人の過ちになってしまいました。

『それぞれの断崖』第5話の感想

全てを白状してしまった恭一郎は、スッキリしたようにも見えましたが内心、複雑だと思います。

生きる事の難しさは誰でもあると思いますが、被害者の父と加害者の母が関係を持つことはあり得ません。

復讐する気持ちから、恋愛感情に変わってしまった経緯は、会ってる内に好きになってしまっただけです。

人を好きになることは決して悪いことではありませんが、状況が酷すぎるので何とも言えません。

家庭崩壊になってしまったのは、恭一郎の心の弱さから来るものです。

結婚した時は、まさか?こんな状態になるとは想像も付かなかったと思います。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

たこは・ちろう

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

真弓の結婚話が復活し、真紀と共に家を出ていた雪子もこの機会に戻ってくることになりますが、恭一郎は素直に喜べません。

はつみの方は、弁護士の若菜に呼び出され、満が自傷しようとしたことを知らされ、またクラブのママからも、仕事や満への対応がおろそかになっていることからこのままだと店を辞めてもらうことになると告げられます。

ある日、はつみが熱を出し、恭一郎が彼女の部屋に入るところを真紀に目撃されてしまいます。

さらに次の日、はつみの洗濯物を干していると、雪子がアパートの下でその様子を見ていました。

問い詰められた恭一郎は、ついにはつみの素性を雪子に明かしますが…

『それぞれの断崖』第5話の感想

エピソード冒頭は、真弓の結婚話も復活し、雪子も戻ってくることになり、いい展開だったのに、とうとう家族に不倫がばれてしまいましたね。

まず最初に娘にばれたってのが最悪ですね。

次に不倫相手の洗濯物干しているというさらに最悪のタイミングを嫁に見られたら、一切の言い訳通用しませんよね。

はつみの方も恭一郎と別れるよう言われてましたし。

しかし、このシチュエーションってどう考えてもありえなさすぎて、現実味がないですね。

自分の息子を殺した相手の母親と不倫って。

そのことを告白された嫁もそりゃー理解できないなと。

そして恭一郎の正体もばれましたし。

どうなっていくことやら。

ペンネーム:たこは・ちろう(40代・男性)

クラッカー

『それぞれの断崖』第5話のあらすじネタバレ

恭一郎は長女の真弓の結婚話が復活して喜ぶ。

はつみは弁護士に呼び出され満が壁に頭をぶつけて自殺しようとしたと言い、息子との接蝕が少ないと言う。

クラブのママは無断欠勤が多い、丹野と別れろと言う。

又、恭一郎は資料室に一旦、左遷されたが新たな海外進出に繋がるプロジェクトに抜擢された。

しかし、恭一郎がはつみの部屋で看病して窓を覗くと雪子が見ていて、はつみとの関係がバレる。

雪子は女ともう二度と会うな約束しろと言い、家族を壊したくないと言う。

雪子は女が誰だ、いつから、どこで知り合ったと問うと、恭一郎は、絞り出すように満の母親だと告白すると、雪子はあまりのショックに動揺する。

はつみは伊豆の丹野の自殺現場に恭一郎を呼び出す。

しかも、はつみは丹野は亡くなっており、恭一郎が誰だと問うと、恭介の父だと言い、はつみはショックを受ける。

はつみは自分を騙し復讐する為に近づいたのかと怒る。

恭一郎は本当のことを話しかったと言うと、騙しながら自分を抱いて、いい気味だと思っていたのかと、はつみが言う。

恭一郎は自分と同様に傷ついていたのが判ったと言う。

はつみは崖から落ちそうになるが、恭一郎が救う。

恭一郎は、はつみに謝り、はつみは自分が恭一郎を好きになったと告白する。

しかし、一緒にいると辛いから帰ってと、はつみは言う。

帰り際に、はつみはお願いがあると言う。

帰宅した恭一郎に雪子は指輪を外していた。

娘たちから雪子が可哀そうだと言う。

真弓は結婚を解消すると言う。

結婚に失望したと言う。

真紀は恭一郎の娘で生まれて来なかったら良かったという。

恭一郎は、はつみが謝りに来たいというと、雪子は、はつみに会うと答える。

『それぞれの断崖』第5話の感想

はつみは自分のような人間を好きになってくれて嬉しかったと言ったのは、本心だと思いました。

それでも恭一郎と一緒にいてはいけないと言い、帰ってと突き放したのは、このまま、ずるずると交際を続けると、本当に恭一郎が好きになってしまうのが怖いからだと思います。

それは、満にも恭介にも顔向けできない事だと判っているからだと思います。

従って、わかれ際に、恭一郎にお願いがあると言ったのは、恭介の墓参りに行きたい、雪子にお詫びに行きたいと言ったのでしょう。

そして恭一郎が真弓に結婚に失望して結婚をやめると言われ、真紀には恭一郎の娘に生まれなかったら良かったとまで言われて、父親のメンツ丸つぶれで、たじたじになる様が哀れでした。

それでも、雪子がはつみと会うと言ったのは意外でした。

雪子は、恭一郎とは決別の意思を固めながらも、やはり満の母親として、満の代わりに、はつみに言わなくてはいけないことがあると思ったのでしょうか。

ペンネーム:クラッカー(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第5話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
6話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA