それぞれの断崖|5話ネタバレと感想。家庭が崩壊。はつみにも志方だとばれる!

  • この記事を書いた人:Kawai

2019年8月31日(土)「それぞれの断崖」の5話ネタバレと感想をお届けします。

ドラまる
娘の婚約が復活し、妻・雪子も戻ってきて志方に謝る。

はつみを抱いてしまった志方は、どうするのでしょうか。

ラマちゃん
志方とはつみとの関係が、雪子にばれる。はつみにも息子が殺した恭介の父親だとばれる。

志方は、どうするのかな。

家族が戻ってくるが、はつみとの関係を持った志方は複雑な気持ちであった。満が、自傷騒ぎを起こし、弁護士から関心がないのではと指摘されるはつみ。見舞いに来た志方が、外を見ると.....。

ドラマ『それぞれの断崖』5話あらすじネタバレと感想

志方とはつみは関係を持つ。はつみは、志方と会う前は、幸せになる権利はなく、自殺しようと思っていたと。志方は、それでも生きて行かなくてはと、はつみを抱きしめる。

家に帰ると娘・真弓が掃除をしており、明日婚約相手の俊平の父がくるから、雪子に戻るようにと連絡して欲しいと志方は頼まれ驚く。

翌日、俊平の父は、非礼の謝りと俊平との婚約のお願いにきたと謝る。俊平と真弓は同棲をしており、どうしても結婚したいと迫られたと俊平の父。俊平も真弓を守るからと。

志方は、恭介のことで落ち着かないとごまかすが、俊平の父は、恭介の一周忌を過ぎて落ち着いてからでと。妻・雪子も乗る気で、志方は、許すしかなかった。

雪子は、志方に抱きつき、家を出たことを謝り、雪子の母から、志方は、やましいことをしているのではなく心配かけまいとしているだけだと怒られたと。今日は、家族で夕飯だとはりきる。

志方は、はつみとのことが脳裏からはなれず。雪子を抱きしめることができなかった。

志方は、はつみに、恭介の父親だと名乗ろうと決心し、居酒屋に呼び出すが、ママ・マリから電話があり、はつみは店に戻ってしまう。

はつみが店に戻ると、弁護士の若菜から、満が、壁に頭を打ち付け自傷騒ぎを起こしたと知らされる。弁護士の若菜は、最近、満を放ってないかと指摘される。

ママからも、満を更生したいという思いを聞いて助けていたが、丹野の方へ気持ちがあるなら、応援できないと。丹野と別れるようにと言われてしまう。

志方は、戸田部長から、新潟の工場建設の社運をかけた大型プロジェクトの責任者の打診がくる。その資料を読んでいると、はつみから、熱が出て体調を崩していると連絡が入る。

志方は、はつみの部屋に向かう。その姿をたまたま見つけた娘・真紀に見られてしまう。

志方は、はつみを夜通し介抱する。翌朝、はつみは、介抱してくれた志方に感謝する。志方は、はつみの洗濯物を外に干そうとして窓を開けると、その先に、雪子の姿があるのを見つける。

志方の横にいるはつみを見た雪子は、いたたまれなくなり去って行く。志方は追いかけるが止めることはできなかった。はつみは、奥さんでしょうと言い、志方に家に帰るように言う。

家に帰ると、雪子は、あの女はだれ、洗濯物を干す情けない姿は見たくなかったと。真弓の結婚、真紀の受験や恭介のことも家族で乗り越えたい。家族を守りたいから、あの女と別れてと。

志方は、すまないというだけであった。雪子は、そうじゃなくて、別れると言って欲しいと。

志方は、彼女はと言いかけ、いや言えないと。雪子は、あの女はだれなの、何を隠しているのと何度も言う。

志方は、絞り出すような声で、彼女は、「八巻満の母親、八巻はつみだ」と言ってしまう。雪子は、「どうして、どうして、嘘でしょ、嘘でしょ」と志方の腕をとって叫ぶ。

志方は、最初は憎んで会っていたが、心の中で苦しんでいることが分かった。自分たちといっしょだったと言うと、雪子は、同じじゃない、恭介を殺した息子の母親よと泣き叫ぶ。

雪子は、よくも恭介を殺しておいて、近づくなんて同じ女にしないでと叫ぶ。志方は、彼女、知らないんだ恭介の父親であるとことを。雪子は、言葉を失う。

志方は、恭介の父親だと何度も言おうとしていたが、はつみをこれ以上傷つけたくないと言えなかったと。彼女を好きになってしまったと。雪子は、もういい、もういいからと言い部屋を出る。

雪子は、恭介の部屋に行く、志方もゆっくり入る。雪子は、恭介の遺影を見ながら、よくこの部屋に入れたと泣く。志方は、入り口で、ボー然としながら座り込む。

雪子は、結婚して25年、つらいことも乗り越えてきた。25年前に安物だけどと言い志方がはめてくれた結婚指輪が嬉しかったと。もうこれで私たちおしまいと言い指輪をはずす。

雪子は、お願い出て行って下さいと何回もいい。志方は、荷物をつめ家を出て行く。

志方は、はつみと雪子を忘れるため新潟の工場建設プロジェクトに邁進していた。はつみが何度も電話するが、志方は出ない。

はつみは、志方からもらった丹野の名刺を取り出す。志方は、はつみからの沢山の電話履歴を見て、連絡するが出ない。はつみから、断崖で待つとのメッセージが入る。

丹野の亡くなった断崖に向かう志方。そこには、はつみが待っていた。はつみは、「あなたは誰なんですか。心配で会社に電話したら、丹野は、この崖で亡くなったと聞いた。」と言う。

志方は、「志方恭一郎、亡くなった恭介の父親。」だと。はつみは、「志方恭一郎。私に復讐しにきたの。」と問う。

志方は、復讐ではないと。はつみは、満の事を相談した時、同情するふりをして復讐だったのと。志方は、もっと傷つけると思って言い出せなかったと。

はつみは、なぜ私を抱いたの、すがる私をばかな女だと嘲笑っていたのと。なぜ黙っていたのかと。志方は、はつみをとことん傷つけるのが怖くなったから言い出せなかったと。

はつみは、あなたの息子を殺した満の母親なのよと叫ぶ。志方は、私たちと同じように苦しんでいるのを知っていると。

「放っておけなかった。君を愛してしまった」と志方。はつみは、「そんなこと許されるわけがない」と言い、断崖から落ちそうになるところを、志方は抱きしめ助ける。

はつみの部屋で、はつみは、満がしてしまったことを詫びる。志方も、黙っていたことを詫びる。

はつみは、好きになったのは自分からだと、志方は何度も言おうとしていたと。すべてを知っていて自分を好きだと言ってくれたことは嬉しかったが、もう終わりにした方が良いと。

志方が思いを言い出そうとすると、はつみは、これ以上いっしょにいてはだめだということを知っているのは志方の方だと。志方が分かったと言い去ろうとすると。はつみはお願いがあると。

志方は、自分の家に戻り、娘・真弓と真紀にすべてを話す。真弓は、こんなひどいこと信じられないと言い、結婚をやめ、一生結婚をしないと言い出す。

真紀は、お父さんの子に生まれてこなければ良かったと泣き出し、真弓と雪子が慰める。

志方は、すまないと言い部屋をでようとし、「雪子、八巻さんが、謝罪に来たいと言っている」と。真弓や真紀は反対するが、雪子は会うと言う。

ここまでがネタバレですが、第5話は、志方は、はつみと深い仲に。はつみとのことが雪子にばれ、志方は家を出る。はつみにも、恭介の父だとばれ.....。

雪子に、はつみのことがばれてしまいました。洗濯物を干し、傍らに女がいるところをみて、雪子は傷つきましたね。雪子は、家族を壊したくないと思いとどまりましたね。

はつみが、息子を殺した少年の母親だと雪子に言ってしまいました。志方は、別れると言えば、話しが終わったのに。

ドラまる
雪子にさらに追い打ちをかけるように、はつみは志方だと知らないことが告げられました。

まだ、はつみが、恭介の父だと知っていてせまったというひどい女と思っていた方が良かったのに。

ラマちゃん
志方が、すべてを雪子に語る言葉のやりとり二人の表情はすごかったです。

志方も、一旦堰を切ると、止まらなくなってしまったのですね。

はつみが丹野ではないと知って断崖に呼んだ時、はつみは、あなたは誰と聞きましたね。ついに、恭介の父だと告白しました。その時の、はつみの狼狽える表情がすごかった。

はつみは、志方が恭介の父だと分かり、騙されたという気持ちと、志方の思いを知りたいという気持ちが混ざり合いながらでしたね。

ドラまる
志方が、恭介の父親だと言い出せなかった理由が、はつみをこれ以上追い詰めたくないという優しさでした。

それを聞いた時、はつみは、志方を許しましたね。

ラマちゃん
はつみが、志方にお願いがあると言ったのが何かと思ったら、謝罪したいでしたね。それを聞いた雪子は許可しました。

志方の思いが自分ではなくはつみにあると分かったから、どんな人物か会いたいと思ったのでしょうね。

ドラマ『それぞれの断崖』5話ネット上の反応

ドラまる
加害者の少年の母親と被害者の少年の父親が不倫。それを告白してしまうのとドラマの展開について行けない方が続出ですね。

ラマちゃん
志方役の遠藤憲一の演技が気持ち悪くてすごいとの声があがってきてますよ。

ドラマ『それぞれの断崖』第5話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『それぞれの断崖』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『それぞれの断崖』第5話の動画を無料で見る方法はこちら

ドラマ『それぞれの断崖』6話のあらすじ

2019年9月7日(土)放送のドラマ『それぞれの断崖』第6話のあらすじをご紹介します。

はつみ(田中美里)が志方家に謝罪に訪れた。

志方(遠藤憲一)の目の前で、雪子(田中美佐子)に土下座するはつみ。

額を床にすりつけるようにして謝罪するはつみだったが、「一生罪を背負って苦しんで下さい」と突き放す雪子。

更生や謝罪など、そんなもの私たちには一切届かないのだと。

はつみが帰った後、雪子は志方に問いかける。

「あなたはもう、許したの?」何も答えられない志方に、娘を連れて実家に帰ることを告げ、雪子は出て行った。

広い家に1人取り残される志方――もう何もかも、取り返しがつかないのだ。

少年院を訪れたはつみは、満(清水大登)に志方家に謝罪に行ったことを告げる。

小さな声で「…ごめんなさい」と繰り返す満。

いずれ退院した後、自分も志方家に謝りに行きたいと話す満の手を、はつみは強く握りしめる。

改めて息子と共に罪を償って歩む覚悟を決めたはつみは、志方との関係を終わらせる決意を固めていた。

志方は、会社の新プロジェクトの担当に抜擢され、新潟に赴任することになる。

はつみに連絡を取ろうとするが、電話が繋がらない。

アパートにはしばらく戻ってきておらず、クラブも1週間前に辞めたと聞かされた志方は呆然とする。

弁護士の若菜(内田滋)を訪ねるが、そもそも被害者家族が加害者家族に連絡を取ることなどあってはならないことだと、にべもなく追い返された志方に、もはやはつみを探す手段は残されていなかった。

志方は、はつみへの思いを断ち切り、新潟へ向かった。

9ヶ月が経ち、迎えた恭介の一周忌。

未だはつみの行方は知れなかったが、久しぶりに顔を合わせた雪子に、けじめをつけたい、と離婚届を手渡す志方。

雪子は、自分なりにやり直す方法は何度も考えたものの、志方が八巻はつみと関係を持ったことはどうしても乗り越えられなかった、と語り届を受け取る。

「私たち、頑張ったよね」

恭介の月命日に誰かが花を手向けている――

一周忌で聞いた話に一縷の望みをかけ、志方が墓地で待ち伏せる。

朝もやの中に現れたのは、はつみだった。

こんな形で終わらせることはできない、もう一度一緒に生きていかないか、と訴える志方だが、はつみの言葉に絶句する。

「満が、出てきます。あなたは、自分の息子を殺した人間と一緒に暮らせるんですか?」

※公式サイトのあらすじを引用

まとめ

ドラマ『それぞれの断崖』5話のあらすじネタバレ、感想、6話のあらすじを紹介しました。

志方とはつみは深い関係に。雪子は、相手が満の母で、恭介の父だと知らないと聞き衝撃を受ける。ついに、はつみに恭介の父であることを伝え、別れを切り出される。志方の家族は崩壊。

ドラまる
はつみが謝罪にくる。雪子は許さないと言い家を出る。

泥沼にはまる志方はどうなってしまうのでしょうか。

ラマちゃん
志方は、はつみと連絡がとれなくなり、探す。ついに、恭介のお墓で再会するようです。

志方とはつみの展開を見守りましょう。

今話、雪子に相手が満の母であると告白するシーン、はつみに志方が恭介の父であると名乗るシーン、どちらも迫力満点のシーンでしたね。志方役の遠藤憲一さんの表情の演技最高でした。

雪子が、もうそれ以上聞きたくないと言い、恭介の部屋に引きこもる動から静の流れ、はすみが、断崖から落ち助け、はすみの部屋で落ち着いて話す動から静の流れが見事でした。

次話は、雪子とはすみの直接対決。雪子は家を出て行き、はすみは姿を消す。二人とそれぞれ再会する志方の選択が見ものですね。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA