それぞれの断崖|3話見逃し動画無料視聴はこちら【8/17配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『それぞれの断崖』第3話(2019年8月17日(土)23時40分放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『それぞれの断崖』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
ドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『それぞれの断崖』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『それぞれの断崖』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『それぞれの断崖』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『それぞれの断崖』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年8月17日(土)放送終了〜2019年8月24日(土) 23時20分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『それぞれの断崖』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説


ドラマ『それぞれの断崖』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回2週間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『それぞれの断崖』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年8月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第3話のあらすじ

2019年8月17日(土)23時40分放送のドラマ『それぞれの断崖』第3話のあらすじをご紹介します。

傷害事件で意識不明の状態だった高城秀子(黛英里佳)が意識を回復し、志方(遠藤憲一)の元を訪れる。

「恭介君はそんなこと絶対にしません。私たちはお付き合いしていたんです」たった14年でその人生を閉ざされてしまった息子・恭介(渡邉蒼)が、親の知らぬ間にしっかりと大人への成長を見せていたことに心を熱くする志方と雪子(田中美佐子)。

「あなたに恋して、夢を追っていた恭介がいたんですね…」

一方、殺人を犯した息子・満(清水大登)に家庭裁判所での審判が迫っていることを知った母・はつみ(田中美里)は不安に駆られていた。

「審判には、被害者家族の方もいらっしゃるんでしょうか」

「なぜ、私たちが傍聴できないんですか!?」

事件を巡る志方の過激な言動が問題視されたため、今回の審判に被害者家族の傍聴は認められなかった。

自分のせいで息子の事件の真相も、殺人犯・八巻満に下される裁きも、まったく情報をもらえないという状況に、志方のやり場のない鬱屈はたまる一方だ。

なんとしても審判を傍聴したい。

志方は満の担当弁護士・若菜(内田滋)の事務所へ押しかけるが、そこで加害者の母・はつみに遭遇。

初めて目にするその姿に、憎しみに燃える志方。

人ごみに紛れ土砂降りの中を家路へ急ぐはつみの後を尾ける。

住居と勤め先のクラブ『マリー』を突き止めた志方は決意する。

直接会って謝罪させる。

家庭裁判所の審判が始まった。

満は、はつみの呼びかけに一切反応せず、いきなり話し始める。

「僕、警察に嘘をつきました」騒然とする審判廷。

呆然とするはつみ。

少年鑑別所に戻った満の面会に赴いたはつみだったが、息子は母親の姿を見るなり激高し椅子を叩きつける。

「何で来たんだよお!出ていけっ、クソババア、二度と来るなっ」

どんなことがあろうと息子を信じてやりたい。

悲壮な覚悟を決めていたはつみだったが、震える声で付添いの若菜に訴えた。

「もうあの子は私の手に負えないのかもしれません」

悲しみを押し殺し『マリー』で笑顔を振りまくはつみを指名する一人の客がいた。

笑顔で近づくはつみを睨みつけていたのは、志方だった。

この場で罪の重さを突きつけ断罪し、絶対に謝罪させてやる――。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第3話放送前の展開予想と見どころは?!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

まーこ
父親がきょうすけの好きな人だと思われる秀子さんが入院している部屋に会いにいくと、意識が戻ってきょうすけが死んでしまったと話をする。

きょうすけは秀子と付き合っていて、脅すなんてしていないと主張する。

そんな中でみつるの裁判をすることになり、傍聴することが出来ない志方はやるせない思いでまた行動に出る。

その時にみつるの母親の姿を見かけて、怒りからか後を追うと仕事先や住宅を突き止めて、仕事先に行き、謝罪させようと試みるが中々そのように出来ない。

みつるに会った母親はみつるに来るなと言われ、ショックを受けると思う。

ペンネーム:まーこ(20代・女性)

あゆ
やっと八巻はつみと志方恭一が話をするのでそこでどんな会話を繰り広げるのか楽しみです。

志方恭一は怒りっぽいので感情に任せて話をするのが、冷静に話すのか楽しみです。

八巻はつみは弁護士にずっと止められてたので、その事をちゃんと志方恭一に伝えるのか、伝えずに話をするのか楽しみです。

志方恭一の娘2人のかんがえかが違うのでどちらの意見を聞くのか、それとも聞かずに自分の感情で動き続けるのかも楽しみです。

まゆみの婚約破棄でまゆみはかなり傷ついてるのに親には平気だよと言っていたのでまゆみの気持ちをしっかり考えて欲しいなと思います。

志方恭一がこれからどのように息子の事を思って戦うのか楽しみです。

ペンネーム:あゆ(30代・女性)

りんご
今回の最後で加害者がおこしていた別の事件の女性に父親が会いに行き、「私のせい」という言葉を彼女から聞きますが、容体が急変してしまいます。

彼女が助かるのかどうか、また彼女の言葉の意味はいったい何なのかが気になります。

父親は加害者の母親にも接近するようです。

どうやって彼女の居所をつきとめたのか、彼女に何をしようとしているのか、かっとなりやすい性格のようなので、心配です。

加害者の少年は会いにきた母親にすごい剣幕で怒っていました。

いったい彼の本性はどういう人なのかこちらも予想がつきません。

本当は何があったのかを知りたいです。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

あやめ
高城秀子の病室に言った志方、真相を突き止めようと必死だが、秀子の様態も悪化され病院側から、志方はまるで犯人扱いされてしまう。

誤解も解けるが、世間からますますバッシングを受けることになる。

恭介は年の離れた秀子のことを、思い続けているように思っていた志方は、回復した秀子から二人は付き合っていたことを聞かされる。

秀子を襲ったと聞かされるが、きっと満の単独行動で、恭介はそれを止めようとしたのではないかと思う。

志方はやるせない気持ちの矛先を、満の母親はつみに向けることにした。

はつみのスナックに行き、見知らぬ顔ではつみと会うだろう。

ペンネーム:あやめ(50代・女性)

toko3
意識不明の高城秀子が奇跡的に意識を取り戻して、志方の家を訪ねてきた。

そこで、息子の恭介が秀子さんと付き合っていたことが明らかになった。

親の知らない部分が恭介にあったことを知った。

家族は少し動揺する。

また、加害者の母親がクラブで働いているところに志方は行き、謝罪させようとする計画を立てていた。

また、その母親であるはつみが息子の満に面会に行ったが、満は会いたくない様子だった。

早く帰ってほしいそぶりを見せる。

満があばれていたので、面会はすぐ終わった。

志方も必死になるといろいろなことが見えなくなり、はつみに暴言を吐くような気がする。

ペンネーム:toko3(50代・女性)

なつ
予告を見ると志方がはつみがホステスをしている店に訪れている。

一向に謝罪に来ないから謝罪を求めて行ったのかと思ったけど、なぜか恭介の父親だと名乗らない様子に疑問。

はつみが志方に丹野さんと呼びかけたが丹野を知っているのか?はつみは満に面会に行っても、来るなと言っただろうと拒絶される。

自分の子供なのにもう私の手には負えないとがっくりするが、親なら子供のしでかしたことから逃げるのは許されないけど、どうして満はこんなにまで荒んでいるのか。

高城秀子も志方に何を言おうと思ったのか、何が私のせいなのか、わからないことだらけです。

ペンネーム:なつ(50代・女性)

2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介いたします。

はる

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

高城さんが意識が戻り、きょうすけの手紙を見て、真実を話す。

みつるくんも、警察に嘘をついていたことを裁判官に話した。

真実は、高城さんという女性がきょうすけと恋人同士だったことを羨ましく思い、自分も混ぜてほしいからと、高城さんの家に行ったところで、10万円が入った封筒を見つけてしまい取ろうとする。

それがバレて、きょうすけに泥棒と関わらない方がいいと言われたことが気に入らなかったから高城さんを殴り、そのことで警察に行こうと言われたので、きょうすけを刺したということだった。

それを傍聴出来ないのに腹立った志方は、弁護士に相談しに行こうとした時にみつるの母親を見てしまい、追いかけてクラブまで行くが名を名乗らずに終わってしまった。

『それぞれの断崖』第3話の感想

きょうすけくんの手紙を見て、彼女のことを本当に好きだったんだなと思った。

14年生きて恋が出来たことが良かった。

みつるくんは、付き合っているのが気に食わなくなって殺してしまったんだと話す彼女が、切なさすぎて可哀想に思えた。

みつるくんの裁判を傍聴することが出来ないことが気に入らなかった志方家は、裁判について抗議しに行ったが、みつるくんのことを悪く言ったり、しきを書いたことで危害を加える恐れがあるということだった。

悲しい現実すぎる。

高城さんの家で10万円を取ろうとして、高城さんがそれをきょうすけくんに泥棒する子と付き合うことはしない方がいいと言われて、それに逆上して殴ったということだった。

真実が知れて、家族が仲が深まって安心した。

ペンネーム:はる(20代・女性)

りんご

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

息子の恋愛相手の女性が襲われており、入院していたのですが、話を聞きたくて父親は病室を訪れます。

彼女が意識を取り戻し、不審者扱いされます。

彼女が退院後、自宅を訪問してくれ、息子が書いたラブレターを読みます。

そして、本当にあったことを話してくれます。

友達と彼女がなかよくなり、疎外感を感じた加害者の少年が自分も仲間にいれてほしいと頼みます。

彼女の部屋にいるときにお金をとろうとしたところを見られてとがめられます。

友達にそのことを話し、つきあいをやめたほうがいいと告げます。

撤回してもらうために再度一人で彼女の家に行くのですが、拒まれたために彼女をおそったのでした。

加害者の少年はうそをついていたと警官に告白し、少年院に行くことになります。

被害者の父親は加害者の母親の職場に現れます。

『それぞれの断崖』第3話の感想

同じ少年から暴行をうけた女性が本当のことを話してくれてよかったと思いました。

しかも少年に好意をもっていてくれたので、安心しました。

加害者の少年がなぜ事実を話す気になったのかがよくわかりませんでした。

隠し通せないと思ったのでしょうか。

また、彼が母親を異常に嫌っている理由がいまだによくわかりません。

また、いくら自分の思い通りにいかないからといって、ナイフを出したり、殴ったりする行為に走ってしまうのかも不明です。

被害者の父親が加害者の母親に会いにいくまでの葛藤はよくわかりました。

誰にもいえないことなので、余計気持ちのもっていきようがないと思いました。

ペンネーム:りんご(40代・女性)

はるか

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

高城秀子の証言で満の嘘が、暴かれた。

真実は、恭平は、女優になりたい秀子の写真を撮っている仲だったのだ。

恭平の方に恋心は、あったので恋文が、あったのだ。

満は、恭平と秀子の関係を快く思っていなく恭平と秀子の間に割り込むように秀子の家についてくる。

そして、部屋で満が、10万円を盗ったと秀子が、恭平に相談をしているのを聞き翌日にその弁解をしに秀子の家に来た満は、秀子と言い争いになり秀子を殴打する。

満は、秀子の家から盗った10万円を秀子が、恭平にカメラを買うようにと用意したお金と嘘をついて渡していたが、恭平に満のしたことが、バレて自首をするように説得される。

恭平に満の事を警察に言うと言われた満は、恭平をナイフで刺殺してしまう。

満は、警察に嘘を追及されてついに自供する。

そして、少年院送致になるのだが、志方は、今までの行動が、危険だとみなされ満の情報を得られなかった。

そこではつみの職場のクラブにお客として訪ねるが、自分が、志方であると言えなかった。

『それぞれの断崖』第3話の感想

満の嘘が、ついにバレて恭平の無実が、証明されたのは、良かったです。

家族の表情も落ち着きそれぞれが、今までのように普通に暮らそうと前を向き始めていると感じました。

しかし、はつみは、加害者の親という事で満が、出所したとしてもこの問題と向き合い続けるのかなと思いました。

満が、書いた絵に父親の顔が、書いてなかったのでそこに満の問題点が、ありそうです。

成績も良くて優等生だと思っていた満が、はつみを罵りだしたのでこれは、満の本音を引き出すのは、苦労しそうだと思いました。

満にとって優等生としてはつみに期待されるのが、イヤだったのかと思います。

ギターが、欲しいと言った満の表情だけが、普段と違い少年らしさのある表情でした。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

てりや

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

主人公の恭一郎が置かれた立場は、とても身につまされる。

息子の事件の真相が知りたいのに、裁判所の傍聴すら許可されない。

自分の行き過ぎた行動の結果だった。

被害者の父のはずなのに、世間はこうも冷たいのか。

担当弁護士の元に押しかけた時に、偶然加害者の母、はつみを見かけて、後をつけていく。

その時の恭一郎の表情。

無表情の下に、はつみに対しての憎しみと苦しみが見え隠れする。

はつみははつみで、信じてやりたい息子から、少年院に面会に行っても拒絶される。

加害者の母の苦しみがみえる。

互いの苦しみを隠したまま、『マリー』でホステスと客として出会う2人。

はつみに謝罪させようと考えていた恭一郎は、はつみに名乗り出ようとしたが、結局できなかった。

次に会う時に、恭一郎はどのように声をかけるのだろうか。

『それぞれの断崖』第3話の感想

よくある少年事件の、被害者の親が事件の真相を見つけようとする、という内容かと思っていました。

被害者の父なのに、恭一郎の置かれた状況は、とても辛いものです。

息子を失うだけでなく、今までの生活の全ても失うことは、とても辛いものです。

この怒りや憎しみを、加害者の親に向ける気持ちはわからないことはないです。

はつみの後をつけていく恭一郎の姿は、いつ後ろから肩を掴むのか、こドキドキしました。

客として、はつみにあった恭一郎が名乗り出ようとして、結局名乗りでなかったのは、はつみの苦しみと自分の苦しみが、立場が違えども、同じ闇を抱えていることに、無意識に気がついたのかもしれない。

自分自身が、そのことに気がついた時に、恭一郎ははつみにどうするのか、ドキドキします

ペンネーム:てりや(40代・女性)

もか

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

ストーリーとしては、息子を殺された主人公の方がようやく加害者側の親と接触するという内容でした。

また、加害者の裁判が行われました。

しかしながら、主人公である息子の父親は度重なるこの事件の調査により、色んな方に迷惑をかけているということで出廷は出来ませんでした。

裁判の結果としては、加害者は少年院行きとなりましたが、最高でも2年間しか入らないということで主人公である少年の父は悔しい思いをします。

また、加害者側の家庭にも今回は焦点を当てており、主人公も加害者家族に接触を試みており、家庭環境を調査します。

そしてようやく接触することになりました。

『それぞれの断崖』第3話の感想

感想としては、少年院行きという結論が出たことには安心しました。

しかしながら、少年法によって少年院に入ったとしても厳しくても最高で2年程度しか少年院に入らないというのは納得がいきませんでした。

殺人という残忍な行動をしておきながら、2年程度で社会復帰ができるのはどうかなと思いました。

また、加害者の親は可哀想でした。

息子にもうざがられており、しかも被害者家族には怨まれており、シングルマザーなので一人でその重圧を背負っているのは可哀想だと思いました。

また、被害者家族も可哀想だと思いましたが、ドラマでは前向きであり尊敬しました。

ペンネーム:もか(20代・男性)

飛べないアヒル

『それぞれの断崖』第3話のあらすじネタバレ

意識不明だった高城秀子が意識を回復し、恭介が脅して満に現金を盗むことを強要したという疑いが晴れ、高城は志方の家を訪れます。

高城は恭介との出会いから付き合いの過程を話したことで、志方はわずか14年で人生を閉じた息子が女性への恋心を抱き、大人への階段をのぼっていた実感を感じます。

一方、恭介を刺殺した満の家庭裁判所での審判を傍聴するつもりでいた志方たち夫婦に、裁判所からこれまでの志方の言動から容疑者への影響を考慮して、傍聴が不許可となります。

納得がいかない志方は、満の担当弁護士の若菜の事務所に押しかけるが、面会できず、帰途につく直前に若菜弁護士と歩く満の母親を目撃します。

満の母親の姿を見た志方は、怒りと憎しみからそのあとをつけます。

『それぞれの断崖』第3話の感想

わずか13歳の子供がしたことでは済まされない殺人という行為に、少年法に基づいて少年院送致してわずか二年ほどで一般社会に戻ることに、被害者の父親である仕方が納得できない心情はよく理解でき、その怒りを保護者である母親に向けようとする姿も理解できます。

しかしながら、加害者の母親と対峙した時、自分の名刺ではなく上司の名刺を渡した心理が理解できませんでした。

加害者の母親が田中美里さんのような美形でなくても、志方が同じ行動をしたのか、半信半疑でした。

少年犯罪の被害者家族に対する加害者の少年の担当弁護士の態度も、加害者の少年の権利を守る仕事をしているとはいえ、少年法の矛盾と不条理を感じさせる展開でした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年夏ドラマ『それぞれの断崖』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も情報をアップしていくので、引き続きよろしくね☆

『それぞれの断崖』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FOD(フジテレビオンデマンド)の2週間無料キャンペーンに登録
  2. 『それぞれの断崖』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…有料作品に利用できるポイントを最大900ポイントもらえるので、それを利用すれば有料作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA