【監察医 朝顔】10話ネタバレと感想。桑原の安否が気になる。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月16日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第10話が放送されました。

ドラまる
朝顔の幼馴染のさぶちゃんの無実を証明できるか、今夜は見逃せないね。
ラマちゃん
桑原くんも一筋縄ではいかない事件に遭遇するみたいだわ。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『監察医 朝顔』第10話あらすじネタバレと感想


朝顔の幼なじみ三郎(きづき)の妻・結衣(松長ゆり子)が死亡した事件について、三郎の無実を証明するために現場の実況見分を行う朝顔(上野樹里)たち。

階段の角度や段数、壁の傷など念入りに調べ直します。

そして、現場を再現しダミーを落として検証した結果は、三郎の言う「一階のミルクを取りに行こうとして階段を踏み外した」という見解とも、警察の言う「何者かに上から突き落とされた」という見解とも一致しませんでした。

朝顔は、結衣の体に残っていた傷と現場の状況から階段の下の方から転落したのではないかと考えていました。

しかし、その場合結衣に見られていた脾臓の破裂が説明できません。

そこで、夏目茶子(山口智子)は再解剖を、朝顔は脾臓の組織片の再鑑定を行うことにします。

その頃、不審者の侵入も視野に入れて捜査をしていた検視官の丸屋大作(杉本哲太)は結衣のスマホを押収しました。

そこから丸屋は、結衣が疲労のたまった三郎を起こさないようにモスキート音のアラームをかけていたことを突き止めます。

近所の中学生が聞いていた金属音は凶器の音ではなく、この音だったんですね。

さらに階段手摺に残されていた掌紋から、結衣は一度階段を下りて再び登ろうとしていたことが判明。

これで一番上から突き落とされたのではないということもわかったということですよね。

そして、再鑑定と再解剖を終え、三郎に伝えられた本当の死因は「遅発性脾破裂」

一週間前に結衣は自転車で転んだ際に脾臓に損傷を受けていたことが確認されました。

無症状のまま過ごしていたある日、一階にいた結衣がアラームを消すために階段を上がろうとしていたときに発症し転落していたのでした。

さらに、以前次男が救急搬送されたときのカルテを見た朝顔は、その時のけがは虐待ではなく授乳中に起きた事故だと断定します。

虐待がなかったこと、三郎が突き落としたのではなかったこと、真実は明らかになりましたが、それでも結衣は戻ってこない現実が残されていました。

三郎の子供は義父母の元に預けられることになり保育園をやめることになります。

三郎に非はなかったはずなのですが簡単にはうまく収まらないんですね。

そんななか、反社会とのつながりのある男性・西川誠の刺殺事件が起きました。

捜査を担当する桑原真也(風間俊介)からの依頼で西川の解剖を執刀することになった朝顔。

果たして手の震えは大丈夫でしょうか。

切開のためのメスを持ちますが、手が震えてしまいます。

懸命に精神を落ち着かせようとしますが、やはり震えがおさまることはありませんでした。

朝顔に代わり解剖を終えた茶子は、朝顔に学生に行う講義を数日担当してもらうように依頼します。

茶子をはじめ、法医学教室の面々の優しさがあふれていました。

法医学の講義を行う朝顔。

学生のやる気のない返事。

法医という学問に興味がないことが伝わってきますね。

翌日の講義では、解剖の映像を用意し解剖の手順についての説明を始めます。

ここでも携帯を手にしたり、無駄話をする学生たち。

しかし一人の学生の質問が流れを変えました。

学生「解剖は拒否できないのか。」

朝顔「司法解剖は拒否できない。死因を知るには司法解剖しか手段がない場合がある。」

事故で亡くなったと思われても他殺だったり病死だったりすることがあり、それを知るために行うのだと続けます。

そして自分は死体検案書の「不詳の死」の欄に丸を付けたくないのだと話をします。

さらに、自分が法医になる前、母を震災で失ったことを話し、亡くなった方の命から学び、事前に適切な対処や設備を整えることが必要だと訴えました。

法医学者は命を救うことはできないが、遺体が伝えたかったことを読み解き、それが魂を弔うことにつながっていくと信じていると。

専門外の学生たちにも強烈に訴えかける命の授業となりました。

そして、その頃桑原は西川の事件を踏み台に、反社会組織と関わりのある国江建設に聞き込みをしていました。

社員からの内部告発。

反社会組織からの仕事で不法投棄を会社が繰り返していることをつかみます。

その現場に確認に向かった桑原たちの前に大規模な土砂災害が起きてしまいました。

『監察医 朝顔』第10話ネットの反応や感想

ドラまる
ベタなハッピーエンドでいいですよというお声にすごく共感。

ラマちゃん
優しさがもたらした悲劇。

でも、脾臓の破裂は免れなかったのだと思うと辛いわ。

ドラまる
みんなの心遣いが温かくて、そして、そんなみんなに囲まれていたから朝顔のあの素晴らしい講義につながっていくんだね。

ラマちゃん
今日も天真爛漫なつぐみちゃん。

そんなつぐみちゃんにきちんと自分の言葉で死を伝えようとする朝顔の実直な姿勢は好きだと思ったの。

ドラまる
今日は万木親子だったね。

これまでいろんなパターンがあったね。

ラマちゃん
スポーツ延長を待ったご褒美かしら?

ドラマ『監察医 朝顔』第10話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『監察医 朝顔』第10話の動画を無料で見る方法はこちら

『監察医 朝顔』第11話あらすじ

2019年9月23日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第11話のあらすじをご紹介します。

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。

山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。

朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。

事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。

反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。

朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。

法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。

早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。

事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。

土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。

しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。

待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。

ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第10話のネタバレ感想と第11話のあらすじをご紹介いたしました。

嫌です。桑原くん。

生きていてほしい。

ただただそれが頭をめぐっています。

まだ結衣の死を理解できなかったつぐみのためにも、桑原くんには生きていてもらわなくてはと思います。

ドラまる
朝顔はまだ解剖に復帰できないでいる中で、この事故の一報を受けたんだよね。
ラマちゃん
朝顔を奮い立たせるために、これは辛い続きを予想しちゃうけれど、外れてほしいと思います!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA