監察医 朝顔|8話ネタバレと感想。朝顔(上野樹里)の前に突然訪れた試練

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月2日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第8話が放送されました。

ドラまる
母里子の手袋が見つかったけれど、母がそこにいたわけではなかったんだよね。
ラマちゃん
手袋が一つの区切りになったわけだけれど、平は今まで以上に仕事に打ち込んでいるようね。

桑原も捜査一課に異動になり、仕事に打ち込んでいるわ。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『監察医 朝顔』第8話あらすじネタバレと感想

万木家では、朝顔(上野樹里)とつぐみ(加藤柚凪)が晩ご飯の支度をしています。

何でもない日常を丁寧に描く素敵な時間が流れていますが、東北から帰ってから仕事一辺倒になった万木平(時任三郎)を朝顔は心配していました。

法医学教室では、藤堂雅史(板尾創路)家の息子の夏休みの宿題でてんやわんやです。

そんな中、解剖の依頼が入り朝顔と安岡光子(志田未来)が行うことになりました。

遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)。

不審な点は見られず、脳に少しの異常があっただけで死因の特定には至りませんでした。

現場にも不審な点はなく、死因がわからない突然死ということになります。

莉奈は一週間前にめまいと頭痛で入院していましたが、費用と幼い子供がいることなど重なり通院に切り替えていました。

朝顔の元に祖父の嶋田浩之(柄本明)から連絡が入りました。

浩之も平のことを気にかけていました。

つぐみはまだ一度も曾祖父の浩之に会えていないんですね。

「もしもしのじいじ」という言い方が胸にチクっときました。

莉奈の脳の画像を再度確認する夏目茶子(山口智子)たちは彼女が『もやもや病』であった可能性を指摘します。

その時、「警察で何も教えてもらえない」夫の達哉(渡辺翔太/SnowMan/ジャニーズJr.)が法医学教室に乗り込んできました。

達哉は入院中の医療ミスで莉奈は亡くなったのではないかと考えていました。

投与された薬は造血剤。医療ミスの可能性は低いと考えられます。

脳のホルマリン固定が完了し、検査が行われましたが脳内にも病変は見られません。

不詳の死。それは解剖医として一番避けたい死因でした。

再解剖を申し出る朝顔は脊髄に目をつけ、藤堂夫妻も茶子も立ち会うことになります。

みんな不詳の死で終わらせたくないんですね。

それでも、原因はわからず莉奈の死は不詳の死と言わざるをえませんでした。

無念の夫と幼い娘のことを考えると胸が痛くなります。

万木家に茶子と光子を招いた朝顔は、幼馴染も合流しにぎやかな晩ご飯を過ごします。

そんな中、平は茶子に孫との幸せなデートも、妻・里子(石田ひかり)と一緒に感じるはずの幸せだったと打ち明けます。

さらに里子の手袋を持ち帰ったあと、急にどうしたらいいのか心の整理できず忙しさを理由に探すことから逃げていたのだと言いました。

しかし茶子は、立ち止まってもいいのだと、それでいいのだと平に告げました。

法医学教室で朝顔たちは、達哉の前で莉奈の死因が特定できなかったと報告します。

そして、死因とは断定できなかったが莉奈が罹患していたという『もやもや病』は遺伝する可能性があることを示し、娘もいち早く検査をすることを勧めます。

莉奈の死があったからこそ、気づけた事実でした。

しかし、死因が特定できなかったことは変えようのない事実。

朝顔たちはそのことを誠心誠意謝罪しました。

帰宅した平は、里子を探すことを止めない決意をしたと朝顔に報告しました。

そして新たな解剖の遺体は、前日に朝顔の家で晩ご飯を共にした友人でした。

『監察医 朝顔』第8話ネットの反応や感想


ラマちゃん
万木家でワイワイしていたお友達と、こんな形で再開するなんて。

朝顔に、また大きな試練がやってきたわ。

ドラまる
遺体があっても、なぜ死ななくてはいけなかったのか解明できないこともある。

一番諦めきれなかった光子は改めてこの出来事を心に刻んだんじゃないかな。

ラマちゃん
なかなか会えない大じいじとつぐみだけど、いつかその手を取って歩ける日が来るといいな。


ドラまる
森本慎太郎さん(SixTONES/ジャニーズJr.)と渡辺翔太さん(SnowMan/ジャニーズJr.)の二人が同時に出演でファンの皆さんは大興奮だったね。

ドラマ『監察医 朝顔』第8話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『監察医 朝顔』第8話の動画を無料で見る方法はこちら

『監察医 朝顔』第9話あらすじ

2019年9月9日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第9話のあらすじをご紹介します。

興雲大学の法医学教室に解剖の依頼が入った。

指示を受け、準備をする朝顔(上野樹里)や光子(志田未来)たち。

だが、運び込まれた遺体を見た朝顔は目を疑った。

遺体は、朝顔の幼なじみでもある三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)だった。

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えてしまい、メスを落としてしまう。

その姿を見た茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう朝顔に命じた。

結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。

背中から落ちたようで、仰向けの状態だったという。

第一発見者は三郎だった。

解剖の結果、重篤な損傷は、頭蓋骨と頸椎の骨折。

2階から落ちたにも関わらず背中の傷が少なく、上腕にはまったく傷がなかったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。

検視官の丸屋(杉本哲太)は、誰かに突き落とされた可能性はないか、と茶子に尋ねた。

事件性があれば現場を調べる必要があるからだ。

すると朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない、と訴え……。

同じころ、平(時任三郎)と森本(森本慎太郎)は、三郎から事情を聞いていた。

三郎は、前夜、団体客が入って忙しかったため、帰宅後すぐに寝てしまったが、朝6時くらいに大きな物音がして目を覚ましたら階段の下で結衣が倒れており、横で陽斗が泣いていた、と証言するが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

温かな家庭。

幸せな時間。

それも平にとっては、里子と一緒に迎えたかった時間だったのだと痛感させられ、それを朝顔に知られてはいけないという父としての気持ちもよくわかり、切なくなりました。

そして、遺体があっても同じように残された父と娘となる山本達哉のことを思うと、辛くなりました。

ドラまる
次回は朝顔の幼馴染が容疑者になってしまうんだ。

つい先日、万木家で幸せいっぱいの家族の話を聞かせてくれていたのにね。

ラマちゃん
まさか、つぐみの書いた落書きがこんなところで出てくるなんて。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA