監察医 朝顔|3話ネタバレと感想。最大限の配慮ある再編集に涙。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年7月29日(月)にドラマ『監察医 朝顔』第3話が放送されました。

ドラまる
朝顔の恋人が桑原だと気が付いた平は、手のひらを返したように交際に反対し始めたんだよね。
ラマちゃん
刑事の奥さんの苦労を朝顔にさせたくないと思ったのかしら。

そんな風にぎくしゃくしながらも三人は事件の真実を探していくわよ。

こちらの記事では、ドラマ『監察医 朝顔』第3話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『監察医 朝顔』第3話あらすじネタバレと感想

桑原真也(風間俊介)にプロポーズされた万木朝顔(上野樹里)は、父・平(時任三郎)に交際を反対されてしまいました。

平「桑原は俺の部下だ。話は変わってくる。」

そんな親娘関係のぎくしゃくした翌朝、火災発生の通知が二人の元に入りました。

防犯カメラの映像では建物には5人が入ったことが確認されました。

しかし、現場で見つかった遺体は4人。

誰が亡くなり、誰が出て行ったのか。

個体識別が困難な状態でしたが、残された遺体から情報を得ようと司法解剖が進められます。

火事を起こした物件のオーナーはドリームファイナンスという消費者金融会社でした。

現場の火事を起こした薬品が盗まれたとされる工場も判明。

平は、ドリームファイナンスが鬼塚組とつながった闇金融だったことを知ります。

解剖の結果。

遺体Aは、男性。162㎝、20代前半。死因は一酸化炭素中毒。

遺体Bは、男性。30代前半。187㎝。死因は火傷死。

遺体Cは、ぽっちゃりとした男性。死因は、火事による窒息死。

残っている遺体Dの解剖は、旅行から帰ってきた夏目茶子(山口智子)が行うことになりました。

遺体Dから見つかった金属片は運転免許証のICチップでした。

さらに心臓からの出血を確認し、腹部にも多数の刺し傷が発見され、火災の前に亡くなった可能性が濃厚になってきました。

現場に残されていたICチップから判明したのは井上幸二(三船海斗)。

幸二の自宅からは”井上雄一”という名前の診察券が発見されます。

病院へ向かった桑原は昨日も井上幸二が雄一名義で火傷の治療をしに来たと知ります。

幸二本人を見つけた桑原は確保することに成功しました。

平は雄一の勤め先の四谷文具で雄一の写真を見せられますが、幸二とはまったくの別人でした。

本物の雄一は足が悪く、朝顔たちはもう一度遺体Dの画像を確認することになります。

結果、遺体Dを井上雄一と断定。幸二は雄一の弟でした。

そこへ遺体Bの身元が判明したと連絡が入り、鬼塚組の構成員だということがわかりました。

弟をアポ電強盗の仲間から足を洗わせるために、事務所に乗り込んだ兄は反対に殺害されてしまったのです。

遺体の処理を命令された幸二は、兄の復讐をするために薬品で火をつけたと証言しました。

事件の真実を解明した桑原は、平に改めて朝顔との交際を報告することにします。

そして、平は母親を失ったことでついた朝顔の心の傷は自分がつけたのだと話しました。

刑事という仕事に対する朝顔の覚悟。

平「(朝顔はそれでも)君を選んだ。娘をよろしく頼む。」

朝顔が帰宅すると部屋では桑原が酔いつぶれていました。

翌朝、目が覚めた桑原は反省しきりです。

そこへ、変死体の一報が入りました。

桑原と共に現場に入った朝顔は、亡くなった女性が青酸化合物により命を落としたと簡易判定しました。

次週は、研究室に危機が。

『監察医 朝顔』第3話ネットの反応や感想

ラマちゃん
凄惨な事件を扱っているけど、温かさを忘れないドラマだわ。

ドラまる
ようやく平らに認めてもらえたのに、やってしまいましたな桑原くん。

でもいい彼氏だ。応援してるよ。

ラマちゃん
放送することを延期した配慮を最大限に感じたわ。

ドラマ『監察医 朝顔』第3話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『監察医 朝顔』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『監察医 朝顔』第3話の動画を無料で見る方法はこちら

『監察医 朝顔』第4話あらすじ

2019年8月5日(月) 21:00時から放送のドラマ『監察医 朝顔』第4話のあらすじをご紹介します。

野毛山署管内のハイツで、若い女性の変死体が発見される。

朝顔(上野樹里)たち興雲大学の法医学教室による解剖の結果、女性は青酸カリウムによる中毒死と判明した。

同じころ、東北を訪れていた平(時任三郎)は、地元の主婦からボロボロになった腕時計を見せられる。

それを見つけたのは平だった。

その主婦は、見つけてくれた人にお礼を言いたくてずっと探していたのだという。

そんな折、平の前に義父の浩之(柄本明)が現れ……。

桑原(風間俊介)や森本(森本慎太郎)らは、死亡していた女性・松田千佳(本間彩子)の身辺捜査を進めると同時に、彼女が所有するパソコンの解析を依頼する。

山倉(戸次重幸)は、ここ2ヵ月の間に全国で青酸カリによる自殺が3件も起きていることから、関連を調べるよう指示した。

帰京後、捜査に加わった平は、過去3件の自殺では、いずれもパソコンやスマートフォンのデータがすべて削除されていたことを知る。

だが、千佳のパソコンにはデータが残っており、彼女が『おクスリ学院』というサイトを通じて青酸カリを入手していたことが判明する。

千佳がやり取りをしていた同サイトの学院長なる人物は、服用する前にパソコン等のデータを初期化するよう勧めていた。

このサイトが海外サーバーを経由して管理者の特定を妨害していることを知った平は、サイトの名前を公表して注意喚起をしようと山倉に提案する。

だが、それがきっかけで、ある事件が起こり……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『監察医 朝顔』第3話のネタバレ感想と第4話のあらすじをご紹介いたしました。

大きな事件に、放送を中止するのではなく延期にした理由がわかる最大限の配慮を感じたドラマになっていました。

誠心誠意を込めて、遺体に向き合っている警察関係者や監察医たちの姿を見ることができたと思います。

ドラまる
再編集は大変だったんじゃないかと思うけれど、誠意の伝わるドラマになっていたと思うよ。
ラマちゃん
次週は、朝顔の勤める法医学教室にも危機が訪れるよ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA