あなたの番です-反撃編-|11話ネタバレと感想。あの可愛かった翔太の驚くほどの変貌ぶり。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年6月30日(日)にドラマ『あなたの番です-反撃編-』第11話が放送されました。

ドラまる
菜奈を奪われた翔太の真の怒りが今日から爆発するよ。
ラマちゃん
特別編での真犯人からの挑戦状は衝撃だったわ。

一体誰が菜奈に毒を盛ったのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『あなたの番です-反撃編-』第11話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『あなたの番です-反撃編-』第11話あらすじネタバレと感想

手塚菜奈(原田知世)と手塚翔太(田中圭)の特別な日々をつづった日記を見て、菜奈を失ったことの悲しみを再確認する翔太。

そこへ菜奈の命を奪った真犯人からのメッセージを受け取ります。

謎の人物「ゾウさんですか、きりんさんですか?」恐怖におびえる菜奈「きりん」

その映像を見た翔太の悲しみは激しい怒りへと変貌しました。

「何もする気はない?前言撤回。復讐する気満々だよ。」

マンションには、新しい住人が引っ越してきていました。

人物はAIの研究をしている大学生・二階堂忍(横浜流星)。

マンションで菜奈のことを襲い、逮捕された榎本早苗(木村多江)は「ミキサー主婦」として世間を騒がせていました。

早苗は山際(森岡豊)を殺害した犯人としても取り調べを受けていましたが黙秘していました。

そして、菜奈は毒物を注射され殺害されていたため、警察は医師の藤井淳史(片桐仁)にも捜査の目を向けることになります。

翔太の元へ捜査にやってきた神谷将人(浅香航大)は、自分が早苗たちと共謀していたことを気づかれていないか気にかけていました。

菜奈のパソコンに誰が侵入したのか、サイバー班も出動しますが解析できず投稿者の特定ができないと言われてしまいます。

誰も頼れない翔太の悲しみ。

開かれた住民会。

事件の犯人を探すように刺さるような目を向ける翔太。

住民会は新しい会長を西村淳(和田聰宏)に選出しました。

事件のことで会議が紛糾している中、新住人の二階堂がやってきます。

行き詰まりを感じていた翔太は、二階堂の登場に一縷の光を見出しました。

菜奈の買い置いた食材を料理する翔太は、二階堂の304号室の部屋に鍋を届けに行きます。

翔太は正直に、菜奈の犯人捜しを手伝ってほしいと二階堂に話しました。

殺人事件に対し、「面白い、興奮する。」と反応する二階堂。

黒島沙和(西野七瀬)の部屋に二階堂と向かった翔太は、ホワイトボードに書かれたデータを収集した後、住人たちを次々に訪ね、プロファイリングに必要な情報を集めて回ります。

理系女子VS理系男子ですね。

翌朝、シンイー(金澤美穂)を連れて戻ってきた翔太。

シンイーは、菜奈が亡くなる前、木下あかね(山田真歩)が管理人の蓬田(前原滉)から3階のどこかの部屋のカギを渡されていたのを見たと話します。

それが、自分の部屋302号室ではないかと考えた翔太は管理人に詰め寄りますが、渡したのは304号室の鍵だと言うことでした。

木下の部屋に乗り込んだ翔太が見つけたのは、壁に貼られた事件の切り抜きや、数々の薬品と壁一面の住人たちのゴミから集めた収集物でした。

そこへ帰ってきた木下「ちょっと早いな。このタイミングで私までたどり着くのは。」と告げました。

『あなたの番です-反撃編-』第11話ネットの反応や感想

ドラまる
今までのワンコ翔太くんは封印。

激しい怒りが、今の翔太を突き動かしていたね。

ラマちゃん
二階堂はなかなかの青年のようね。

でも暗闇の中、画面の明かりに照らされる美しい顔には惚れ惚れよ。

ドラまる
突然始まった翔太の歌。

歌詞がストレートで悲しかった。

ラマちゃん
謎が残る住人が多すぎて、全然頭がすっきりしてこないの。

日曜の夜になんてドラマを作るの~!(褒めてます。)

ドラまる
美しさと可愛さの共演だ。

それにしても、二階堂のそっけなさ(笑)

ラマちゃん
木下は、ただの興味だけであれだけの情報を集めてたのかしら?

真犯人と共犯とか?

ドラマ『あなたの番です-反撃編-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『あなたの番です-反撃編-』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

Tverはこちら

Huluはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『あなたの番です-反撃編-』(第11話)の動画を無料で見る方法はこちら

『あなたの番です-反撃編-』第12話あらすじ

2019年7月7日(日) 22:30時から放送のドラマ『あなたの番です-反撃編-』第12話のあらすじをご紹介します。

木下(山田真歩)の部屋に踏み込んだ翔太(田中圭)と黒島(西野七瀬)、二階堂(横浜流星)たち。

部屋中埋め尽くされた事件の資料や凶器、薬品、人体解剖図…。

木下の正体とその目的とは一体…!?

翔太は木下が集めたマンション住民のゴミを、半ば強引に持ち出して調べ始める。

各部屋のゴミから、複数の交換殺人ゲームの紙をはじめ、怪しい証拠品が次々と出てくる。

二階堂がそのデータをパソコンに入力していく。

調べていくうちに黒島のゴミから香典袋が見つかり、翔太は彼女に疑念を抱く。

翔太は、これまでの推理をまとめたホワイトボードを黒島の部屋から自分の部屋へ移すことに。

翔太と二階堂がボードを運び出していると、203号室からシンイー(金澤美穂)が出てくる。

ボードに書かれた推理の内容を見たシンイーはすぐ部屋に戻り、同居人のクオン(井阪郁巳)、イクバル(バルビー)と話し合う。

翔太は、二階堂のために鍋を作って304号室を訪ねる。

「他人の手料理は苦手」と断る二階堂に翔太は、犯人を捕まえるまで毎日、二階堂のために料理を作ると大まじめに告げる。

二階堂から、もっと菜奈(原田知世)の情報が欲しいと言われた翔太が、部屋に戻ると、玄関に見慣れない靴が…。

なぜか尾野(奈緒)が菜奈の書斎にいた。

なぜ尾野が部屋に…!?

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『あなたの番です-反撃編-』第11話のネタバレ感想と第12話のあらすじをご紹介いたしました。

翔太のバディとして、ちょっと人間として問題ありの二階堂が登場しました。

AIを活用できると言うだけで、殺人事件を面白がり、人が作った料理も人のにおいも嫌いだと言う二階堂。

これだけ感情を排除して事件に取り掛かってくれる人間が登場したのは、感情に任せて動いている翔太にはちょうどいいのかもしれません。

そして、事件の証拠品を集めて回っていた木下。

小説家だったと言う話ですが、ただの興味で事件を独自に探っていたのでしょうか。

予告で翔太が発した「マンション住人全員殺して、それで復讐完了だよ。」という悲しいセリフ。

全ての人が怪しく見えますね。

ドラまる
501号室の佐野豪(安藤政信)も「捕まっちゃう」って言ってたし、裏の顔があるんだよね。

103号室の田宮淳一郎(生瀬勝久)も芝居でおかしなアドリブを入れていたし。

ラマちゃん
シンイーの同居人のイクバル(バルビー)がIT関係に強いこともわかったわね。

少しずつ住人の裏の顔が明かされつつあるわ。翔太&二階堂頑張れ!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA