わたし、定時で帰ります。|キャスト・出演者一覧【吉高由里子主演ドラマ】

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年春のTBS系「火曜ドラマ」枠は、『わたし、定時で帰ります。』が放送されることが決定しています!

本作は、“残業ゼロ! 定時で帰る!”がモットーのニューヒロインを吉高由里子さんが演じるということで注目を集めています!!

主演の吉高由里子さんをはじめ、向井理さん、ユースケ・サンタマリアさん等の出演が発表されています!

こちらの記事では、2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』のキャスト一覧・制作スタッフをご紹介していきたいと思います。

更新履歴
  • 追加キャスト4名【中丸雄一、江口のりこ、梶原善、酒井敏也】:追記

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』キャスト紹介

東山結衣(ひがしやまゆい)/吉高由里子

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での吉高由里子さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
本作の主人公仕事は効率重視の東山結衣という役よ!

仕事中毒で家に帰らない父親を見て育った。

就職氷河期のなか新卒で大手企業に就職したものの、トラウマとなる事件が起こる。

その後、転職し、WEB制作会社「ネットヒーローズ」に入社してディレクターとして働く。

絶対残業しない主義を貫き、仕事に命を賭けるという生き方を徹底的に否定している。

2年前、婚約中だった恋人・晃太郎が仕事を優先しすぎたため婚約が破談。

そのことがさらに追い打ちとなり、結衣を頑なに仕事中毒アレルギーにしている。

定時退社後は、行きつけの店のハッピーアワーでビールを飲むのが日課。

仕事は効率を重視し、他人に迷惑を掛けない働き方を目指している。

基本は事なかれ主義。

他人の問題に首を突っ込むことは極力避けたいし、面倒くさいと思っているのに、根が優しいため、結局人のために動いてしまう。

吉高由里子さんのコメント紹介!

演じさせていただく東山結衣は、ドラマに出てくる役柄の中で一番偏っていないキャラクターなんじゃないかなと感じています。

過去のある出来事から、定時で帰るというのがモットーですが、いい意味で “普通”の女性。

一般的な会社に勤めているという、共感しやすいキャラクターを頑張って演じられたらなと思っています。

会社員の経験が一度もなく、不安もありますが、一般の企業に勤めている会社員の友人に話を聞いたりしながら役のイメージを膨らませています。

そして、このドラマには思わず感情移入してしまう、人間味溢れる個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。

お仕事されている方もそうでない方も、見終わった後には心が少し軽くなって明日が前向きになれるような作品になっていくと思います。

ぜひ楽しみに待っていてください。

公式サイトより引用

黒猫葵
効率重視、他人に迷惑をかけない働き方…。

とっても、いい考え方だと思いますが、物語の中では、どういう顛末になってしまうのでしょうか…。

それがよくないじゃなくて、出来れば曲者社員たちを結衣の方に引っ張りこむ形にしてほしいですね♪

【主なドラマ出演作】
  • 私が恋愛できない理由(2011年10月 – 12月、フジテレビ) – 小倉咲 役
  • ガリレオ(2013年4月 – 6月、フジテレビ) – 岸谷美砂 役
  • 連続テレビ小説 花子とアン(2014年3月31日 – 9月27日、NHK) – 村岡花子 役
  • 東京タラレバ娘(2017年1月18日 – 3月22日、日本テレビ) – 鎌田倫子 役
  • 正義のセ(2018年4月11日 – 6月13日、日本テレビ) – 竹村凜々子 役
  • 参考元:Wikipedia/吉高由里子

種田晃太郎(たねだこうたろう)/向井 理

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での向井 理さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣の元婚約者でワーカーホリックの種田晃太郎という役よ!

結衣の元婚約者。

ワーカホリック。

プロデューサー。

福永が社長を務める小さな会社WEB制作会社で働いていたが、とあることをきっかけに退社。

さらに結衣と結婚の約束をしていたが、仕事優先の姿勢からすれ違いが続き婚約が破談。

その後、ヘッドハンティングによりネットヒーローズに転職。

2年後、奇しくも結衣と仕事上の同僚となる。

仕事に集中しすぎると周りが見えなくなるワーカホリック体質。

食事も睡眠も取らずに、異常なスピードで仕事を進めていく。

会社内でも随一のデキる男。

後輩のフォローは欠かさず、チームメンバーからの信頼も厚い。

黒猫葵
仕事熱心なのは、構わないですが、寝食を忘れるのは、良くないですね~。

しかも、それが原因で、婚約破棄とは…。

再会した2人の関係は、どうなるのか気になります!

【主なドラマ出演作】
  • 連続テレビ小説 ゲゲゲの女房(2010年3月29日 – 9月25日、NHK) – 村井茂(水木しげる) 役
  • ホタルノヒカリ2(2010年7月7日 – 9月15日、日本テレビ) – 瀬乃和馬 役
  • S -最後の警官-(2014年1月12日 – 3月16日、TBS) – 主演・神御蔵一號 役
  • きみが心に棲みついた(2018年1月 – 3月、TBS)- 星名漣 役
  • 太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~(2018年8月22日 -、NHK) – 主演・中村裕 役
  • 参考元:Wikipedia/向井 理

吾妻 徹(あづまとおる)/柄本時生

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での柄本時生さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣の同僚で容量の悪い・吾妻 徹という役よ!

結衣の同僚。

フロントエンドエンジニア。

中途採用。

技術はあるがとにかく要領の悪い仕事の仕方をするため、仕事が遅く、終わらない。

家に帰っても特にやることが無い、1人の方が作業が進むなどと理由をつけながら、会社に住み着くようになる。

根っからのネガティブ思考で、自分は大した仕事もできず目標も夢も無い、と卑下している。

黒猫葵
う~ん。

何となく、雰囲気が想像つきます(笑)

冬クールは、さくらの親子丼で、熱い弁護士の役でしたが、今回は暗そうですね(汗)

そして、暑苦しそうな晃太郎とは合わなさそうですね…。

【主なドラマ出演作】
  • 連続テレビ小説 おひさま(2011年4月 – 9月、NHK) – 宮本タケオ 役
  • みんな!エスパーだよ!(2013年4月 – 6月、テレビ東京) – ヤス 役
  • 本棚食堂(2014年8月18日・25日、NHK BSプレミアム) – 山田二郎 役
  • 侠飯〜おとこめし〜(2016年7月 – 9月、テレビ東京) – 若水良太 役
  • さくらの親子丼2(2018年12月 – 2019年1月、東海テレビ・フジテレビ系)
  • 参考元:Wikipedia/柄本時生

来栖泰斗(くるすたいと)/泉澤祐希

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での泉澤祐希さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣が教育係として面倒見てる新人の来栖泰斗という役よ!

結衣が教育係として面倒をみている新人。

WEBディレクター見習い。

やる気ゼロで、二言目には「辞めたい」と言う。

だが、仕事の筋は悪くない。

まだ何者にもなれていないと密かに焦っている。

周囲が好んで仕事に身を捧げる中で、残業しない主義の結衣の唯一の味方でもある。

なんだかんだで結衣のことを慕っている。

黒猫葵
やる気はないけど、筋はいいということで、結構扱いが難しいかもしれないですね(汗)

でも、結衣を慕ってくれているという事なので、楽しい掛け合いが見られそうですね♪

私にとって、泉澤さんは、ひよっこの三男くんの印象が強いので、あの時もみね子と時子のかしましい2人に挟まれて、負けずに応戦していた姿が印象的でしたので、今回も結衣とのやり取りも楽しみにしています。

【主なドラマ出演作】
  • 連続テレビ小説 ひよっこ(2017年4月3日 – 9月30日、NHK総合ほか) – 角谷三男 役
  • 大河ドラマ 西郷どん 第27回 – 最終回(2018年7月22日 – 12月16日、NHK総合ほか) – 川路利良 役
  • その5分前 ラスト・ファイト(2006年12月27日、NHK総合) – カズキ 役
  • ちゃんぽん食べたか(2015年5月30日 – 8月1日、NHK総合) – 菊田保夫 役
  • 表参道高校合唱部!(2015年7月17日 – 9月25日、TBS) – 相葉廉太郎 役
  • 参考元:Wikipedia/泉澤祐希

三谷佳菜子(みたにかなこ)/シシド・カフカ

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』でのシシド・カフカさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣の同僚で真面目過ぎる三谷佳菜子という役よ!

結衣の同僚。

WEBディレクター。

転職組。

小学生の頃から1日も学校を休んだことが無く、会社も入社以来皆勤している。

どんなに体調が悪くても会社に来ようとする本当の理由は、仕事を休んで居場所が無くなるのが怖いからである。

真面目過ぎる努力家だが、融通が利かない。

厳しい職場環境で育ってきたため、最近の新人のゆるさが許せない。

同期の結衣に差をつけられまいと焦っている。

黒猫葵
体調が悪い時も、出社と書いてありますが、もしかすると、全く気付かれていない可能性もありそうです。

何せ、シシドカフカさんはポーカーフェイスなイメージですから。

でも、その心内は、結衣に嫉妬したりするのでしょうか。

シシドカフカさんも、ひよっこに出演されていたので、いまだにそのイメージが強いです。

最終的に、結衣と超仲良しとかになってくれると嬉しいですね♪

【主なドラマ出演作】
  • ファーストクラス(2014年10月 – 12月、フジテレビ) – 川島ナミ絵 役
  • 視覚探偵 日暮旅人(2017年1月 – 3月、日本テレビ) – 増子すみれ 役
  • 連続テレビ小説 ひよっこ(2017年6月 – 9月、NHK) – 久坂早苗 役
  • カンナさーん!(2017年7月18日 – 8月1日、TBS) – 草壁真理 役
  • 参考元:Wikipedia/シシド・カフカ

賤ヶ岳八重(しずがたけやえ)/内田有紀

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での内田有紀さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣の先輩で良き相談相手の賤ヶ岳八重という役よ!

結衣の先輩。

WEBディレクター。

結衣の新人時代の教育係。

産休を取り双子を出産したが早々に復帰する。

今は夫が育児休暇を取り育児をしている。

現場仕事が大好きな仕事に生きるスーパーワーキングマザー。

結衣にとっては良き相談相手で、結衣が晃太郎と婚約破棄になり大荒れしていたときは毎晩のようにやけ酒に付き合ってくれた。

先輩後輩の関係を越えた良き友でもある。

黒猫葵
現在、夢枕でお馴染みの「まんぷく」咲姉ちゃんを好演されている内田有紀さん。

今回は、双子のママさんです!

結衣にとっては、良き相談相手ということで、曲者社員たちに振り回されるであろう結衣を支えてほしいですね!

そして、願わくば双子ちゃんも見せてほしいなと思います(笑)

【主なドラマ出演作】
  • 時をかける少女(1994年2月19日 – 3月19日、フジテレビ、ボクたちのドラマシリーズ) – 主演・芳山和子 役
  • あきまへんで!(1998年10月9日 – 12月18日、TBS) – 青木すみれ 役
  • 最後から二番目の恋(2012年1月12日 – 3月22日、フジテレビ) – 長倉万理子 役
  • ナオミとカナコ(2016年1月14日 – 3月17日、フジテレビ) – 服部加奈子 役
  • 連続テレビ小説 まんぷく(2018年10月1日 – 2019年3月30日、NHK) – 今井咲 役
  • 参考元:Wikipedia/内田有紀

福永清次(ふくながせいじ)/ユースケ・サンタマリア

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』でのユースケ・サンタマリアさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣のチームの部長で冷酷な八方美人・福永清次という役よ!

晃太郎の前職の社長で、転職し、結衣のチームの部長となる。

かつてWEB制作会社を立ち上げ、新卒で晃太郎を採用し、戦力になるまで育てた。

晃太郎にとっては育ての親。

誰にでもいい顔をするため、低予算や無茶なスケジュールの案件でも受け続け、社員に無理をさせた結果、会社の経営が傾いた。

お調子者で常に明るい。

しかし笑顔の奥に垣間見える冷酷さが、やがて大きなトラブルへと繋がっていく。

黒猫葵
これは、中々のラスボス感があります(笑)

前半は、ひたすらニコニコしてるのに、少しずつ真顔が増えていきという、サイコパスっぷりを見せてくれるのではと期待しています。

【主なドラマ出演作】
  • 眠れる森(1998年10月8日 – 12月24日、フジテレビ) – 中嶋敬太 役
  • アルジャーノンに花束を(2002年10月8日 – 12月17日、関西テレビ) – 主演・藤島ハル 役
  • 今週、妻が浮気します(2007年1月16日 – 3月27日、フジテレビ) – 主演・堂々ハジメ 役
  • 悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜(2017年7月15日 – 9月16日、NHK) – 主演・柳碌太郎 役
  • 生田家の朝(2018年12月10日 – 12月26日放送予定、日本テレビ) – 主演・生田浩介 役
  • 参考元:Wikipedia/ユースケ・サンタマリア

【2019/2/20追加分】

諏訪巧(すわたくみ)/中丸雄一

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での中丸雄一さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣の恋人・諏訪巧という役よ!

結衣の恋人。

結衣のライバル会社「ベイシック・オン」に勤務。

家庭的な男性で結衣にとって理想的な相手。

アウトドアが趣味で、料理をしたり、遠出をしたり、仕事よりもプライベートな時間を大切にしている。

一方で、営業マンとしても優秀で、後輩からも慕われている。

中丸雄一さんのコメント紹介!

最近、自分の周りの人と「働き方改革」や「働き方」に関して話すことが多いので、皆さんもとても注目しているテーマだと思います。

たくさん共感していただき、 翌日の話のネタになるようなドラマになればうれしいです。

僕が演じる諏訪巧は、吉高さん演じる東山結衣の恋人で、主人公と同じ感覚で仕事よりもプライベートを大事にするマイペースな役柄です。

吉高さんとは初共演ですが、結衣のイメージにぴったりだなと感じています。

一緒のシーンが多くなると思うので、空き時間にも自然に会話をして良い雰囲気でお芝居をしていければと思います。

ぜひ楽しみにしていてください。

公式サイトより引用

黒猫葵
元カレとのバチバチからの復縁かと思いきや、現恋人が登場するとは!

家庭的な彼という事ですが、ライバル会社に勤めていることから、話の途中で何か亀裂を入れるような事件が起きるかもしれませんね!

吉高由里子さん、向井理さんとの三角関係が気になりますね!

【主なドラマ出演作】
  • っポイ!(1999年5月 – 6月、日本テレビ) – 鹿須賀一郎 役
  • 早海さんと呼ばれる日(2012年1月 – 3月、フジテレビ) – 早海馨 役
  • ファースト・クラス(2014年4月19日 – 6月21日、フジテレビ)- 西原樹 役
  • 99.9 -刑事専門弁護士- 最終回(2016年6月19日、TBS) – 石川陽一 役
  • マッサージ探偵ジョー(2017年4月9日 – 7月2日、テレビ東京) – 矢吹原丈 役
  • 参考元:Wikipedia/中丸雄一

王丹(おうたん)/江口のりこ


※右端

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での江口のりこさんは、どんな役なの?
ラマちゃん
上海飯店店主の王丹という役よ!

結衣が会社を定時であがった後に直行する行きつけの店である「上海飯店」の店主

黒猫葵
すごくあっさりとした和風顔なのに、中国系も東南アジア系もこなしてくれるすごい女優さんというイメージです。

今回は、中華屋の店主ということで、主人公・結衣の支えとなる人物で、おいしいご飯を出してほしいですね!

【主なドラマ出演作】
  • 連続テレビ小説 マッサン(2014年9月 – 2015年3月、NHK) – 好子 役
  • コウノドリ(2015年~、TBS) – 向井祥子 役
  • 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(2016年10月 – 12月、日本テレビ) – 藤岩りおん 役
  • 海月姫(2018年2月19日 – 3月19日、フジテレビ) – ニーシャ 役
  • ドロ刑 -警視庁捜査三課- (2018年10月13日 – 12月15日、日本テレビ)- 宝塚瑤子 役
  • 参考元:Wikipedia/江口のりこ

戸塚学(とつかまなぶ)/梶原善

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での梶原善さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣と同じく「上海飯店」常連客・戸塚学という役よ!
黒猫葵
いつも主役のそばでいい味を出す梶原さん。

今回は、結衣の行きつけの中華屋の常連ということですが、物語本編に絡みがあるのか、それともストーリーの合間の箸休め的なポジションなのか。

どちらにしても、いいスパイスになってくれそうですね!

【主なドラマ出演作】
  • 王様のレストラン(1995年、フジテレビ) – 稲毛成志 役
  • HERO(2001年、フフジテレビ) – 漆山保 役
  • 連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK) – 戌井慎二 役
  • 連続テレビ小説 「あさが来た」(2015年11月17日(第36回) – 、NHK総合) – 宮部源吉(炭坑 支配人) 役
  • 家売るオンナ(2016年7月 – 、日本テレビ) – 布施誠 役
  • 参考元:Wikipedia/梶原善

篠原友之(しのはらともゆき)/酒井敏也

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での酒井敏也さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣と同じく「上海飯店」常連客・篠原友之という役よ!
黒猫葵
こちらも、梶原さんと同じく、主人公・結衣の行きつけ中華屋の常連客です。

物語本編に関係あるのか、ないのか!

そこが見どころです!

【主なドラマ出演作】
  • ウゴウゴルーガ「ももいろぞうさん」(1992年) – ナレーター
  • ごくせん(2005年) – 犬塚太一 役
  • 信長のシェフ(2013年1月 – 3月、テレビ朝日) – 三原 役
  • 貴族探偵シリーズ(2017年) – 番場周治 役
  • 宮本から君へ(2018年、テレビ東京) – 島貫康治 役
  • 参考元:Wikipedia/酒井敏也

愁(しゅう)/桜田通

ドラまる
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での桜田通さんは、どんな役なの?
ラマちゃん
結衣に様々な情報を提供する謎の男・愁という役よ!
黒猫葵
ハンドルネームということなので、最初はお互いに顔も知らぬのかもしれませんが…。

色々な情報を結衣にということですが…

一体、どういう関係性なのか、情報を渡す真意は何なのか…

気になりますね!

【主なドラマ出演作】
  • 弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(2014年4月 – 6月、日本テレビ) – 志方英介 役
  • こえ恋(2016年7月 – 9月、テレビ東京) – 瀬島涼一 役
  • クズの本懐(2017年1月18日深夜 – 4月5日深夜、フジテレビ) – 主演・粟屋麦
  • マジで航海してます。(2017年7月、毎日放送) – 八木大和 役
  • パーフェクトクライム (2019年1月20日 -、ABCテレビ) – 東雲遥人 役
  • 参考元:Wikipedia/桜田通

スポンサーリンク

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』製作スタッフ情報

原作

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の原作は自身も会社員を経験しており、作品ごとの徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している朱野帰子(あけのかえるこ)さんのお仕事小説『わたし、定時で帰ります。』(新潮文庫刊)です!

原作者・朱野帰子さんのコメント紹介!

会社員時代の私にとって、仕事は死ぬ気でやるものでした。

でも、心のどこかで「誰か止めてくれ」とも思っていました。

ドラマファンの私にとって、主演の吉高由里子さんは、他者への包容力と、自分の生き方を貫く強さを持つ俳優さんです。

長時間労働に追いつめられた同僚たちを、吉高さん演じる結衣なら必ずや止めてくれるでしょう。

しかも、脚本は尊敬する奥寺佐渡子さん。

これは紛れもなく、私が書きたかった定時に帰る会社員の物語だと感じる、すばらしい脚本にしていただいています。

制作に携わってくださるすべての皆様に、この場を借りて厚く感謝申し上げます。楽しみです!

公式サイトより引用

代表作
  • マタタビ潔子の猫魂(2010年1月 角川書店 / 2012年1月 MF文庫ダ・ヴィンチ)
  • 海に降る(2012年1月 幻冬舎 / 2015年7月 幻冬舎文庫)
  • 真実への盗聴(2012年8月 講談社)
  • 駅物語(2013年7月 講談社 / 2015年2月 講談社文庫)
  • 真壁家の相続(2015年3月 双葉社)

参照元:Wikipedia/朱野帰子

脚本

脚本は『夜行観覧車』(2013年)『リバース』(2017年)などのテレビドラマや映画の脚本を手掛け、繊細な人物描写と視聴者を引き込むテンポの良い展開に定評がある奥寺佐渡子さん清水友佳子さんがタッグを組み、担当する。

奥寺佐渡子・代表作
  • 薔薇の殺意〜虚無への供物(1997年)
  • ドンウォリー!(1998年)
  • 夜行観覧車(2013年)
  • リバース(2017年)
  • Nのために(2014年)

参照元:

清水友佳子・代表作
  • 不機嫌な果実 (2016) 脚本
  • リミット (2013) 脚本
  • 夜行観覧車 (2013) 脚本  
  • 背の眼 (2012) 脚本  
  • 華和家の四姉妹 (2011) 脚本

参照元:Wikipedia/清水友佳子

プロデューサー

プロデューサーには、『中学聖日記』や『アンナチュラル』の新井順子さんと『重版出来』や『坂道のアポロン』の八尾香澄さんが発表されています。

新井順子さん、八尾香澄さんのコメント紹介!

日々の仕事や家事に追われ、自分でも気づかないうちに、つい無理をしてしまう人たち。

将来やりたいことが見つからなかったり、自分は今の仕事に向いてないんじゃないか? と不安に思う人たち。

「働き方改革」の時代に、サラリーマンも主婦も学生も、百人いれば百通りの悩みを抱えているのだと 思います。

肩肘張って一生懸命生きている人たちが、少し気持ちを楽にして、もっと自分を大切にしようと思える、そんなシンプルなメッセージを詰め込んだドラマになればと思います。

主人公の結衣は決してスーパーウーマンではありません。

不器用で、自分の身の丈も分かっている優しい人だからこそ、そっと悩める人に寄り添い、心を軽くしていきます。

主人公・結衣を演じるのは吉高由里子さん。

数々の出演作を拝見し、いつかご一緒したいと熱望していた 吉高さんに引き受けていただき本当にうれしく思います。

小さな幸せを感じて日々を大事に過ごすという、当たり前のようで実は難しい生き方を実践していく主人公を軽やかに演じていただき、「彼女のように生きたい」と思えるような主人公を一緒に作っていきたいと思います。

さらに、向井理さんをはじめ、ユースケ・サンタマリアさん、内田有紀さんなど個性もお芝居も魅力的な出演者が決まり、今から楽しみでなりません。

毎回、誰かに共感し、多くの悩める人々にとって明日を生きるヒントと勇気になるようなドラマを目指します。

公式サイトより引用

新井順子さん担当作
  • 中学聖日記 (2018) プロデュース  
  • アンナチュラル (2018) プロデュース  
  • リバース (2017) プロデュース  
  • Nのために (2014) プロデュース  
  • 夜行観覧車 (2013) プロデュース

参照先

八尾香澄さん担当作
  • 四月は君の嘘 (2016) プロデューサー
  • 重版出来! (2016) プロデューサー
  • ひるなかの流星 (2017) プロデューサー
  • ReLIFE リライフ (2017) プロデューサー
  • 坂道のアポロン (2017) プロデューサー

参照元

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』情報解禁におけるネット上の反応や評価は?

ドラまる
楽しみという声もあれば、定時で帰りたいという声と上がっていました。

やはり、定時で帰れるものなら帰りたいよね。

単純に、出てくるラインナップが豪華なので、普通に楽しみだけど、曲者社員たちにイライラさせられるんだろうな~って感じるもんね。

ラマちゃん
何にせよ、イライラさせられるほど、物語に没頭させてくれる布陣だと思うわ!

それこそ、製作陣の思うつぼ!

でも、そんな手のひらに転がされながら、楽しみたいわね♪

まとめ

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』のキャスト一覧・制作スタッフをご紹介しました!

ドラまる
いや~、出演者を見てるだけでも、面白そうだなぁって思うよ!

ちょっと複雑なテーマだけど、製作スタッフ・出演者の手のひらに転がされて、イライラも楽しもう!

ラマちゃん
そうね…

面白くなりそうという気持ちを信じて、初回を楽しみにしましょう!

黒猫葵
「わたし、定時で帰ります。」は2019年4月16日の火曜22時スタート!

絶対見逃せないですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA