わたし、定時で帰ります。|6話見逃し動画無料視聴はこちら【5/21配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話(2019年5月21日(火)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
リアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『わたし、定時で帰ります。』第6話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『わたし、定時で帰ります。』放送終了から1週間以内はTverかTBS FREEを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『わたし、定時で帰ります。』第6話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月21日(火)放送終了後〜2019年5月28日(火)21時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

最もお得に『わたし、定時で帰ります。』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『わたし、定時で帰ります。』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『わたし、定時で帰ります。』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『わたし、定時で帰ります。』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじは?

2019年5月21日(火)放送のドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじを紹介します。

晃太郎(向井理)の独立の噂を聞き、動向が気になる結衣(吉高由里子)たち制作4部のメンバー。

そんな中、新規の案件で来栖(泉澤祐希)がディレクターデビューすることが決定するが、なかなかうまくいかない…。

一方、結衣は巧(中丸雄一)を連れて上海飯店に行き、王丹(江口のりこ)らに結婚の報告をする。

そこに、偶然晃太郎がやってきて…。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
予告の中で一番気になったのは、巧が種田に「結衣のこと今でも好きとかあり得ないですよね」と詰め寄っていたシーンです。

予告だけ見ても、巧が嫉妬や不安を感じているのは明らかで、その姿が少し可愛いとさえ感じました。

ただ、恐らくそんなやり取りをされた東山は、とても居心地が悪くなると思います。

今までの巧は、そんな顔を見せたことが無かったので、動揺した東山が、巧との仲を考え直さなければ良いと心配しています。

また、巧に詰め寄られた種田が、逆に東山への想いを再び思い出してしまうのではないかというところも心配しています。

少しドロドロも入ってくるのかと予想しています。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

みわ
種田さんが会社をやめるかもしれないということで、騒然となりそうですね。

社員たちのメンタルのケアをしているのは、東山結衣ですが、結局、具体的に解決に導いてるのは種田さんですから、辞めてしまうと非常に困ってしまいますね。

福永は知っているのでしょうか?

そして、諏訪巧と東山結衣の関係と気になります。

諏訪巧は良い彼氏ですが、東山結衣の家庭を見てがっかりしてた様子などは、結婚相手となると気になる要素です。

また、来週は諏訪巧と種田さんが直接対峙する場面もあるみたいなので、どんな展開になるのかちょっと楽しみですね。

ペンネーム:みわ(30代・女性)

ttbs
次回のエピソードはあろうことか独立を考えており、このドラマでもたびたび仲間の尻拭いをしてくれたオールら運だーの種田にスポットを当てたエピソードであり、今までの業務の実績といい今回の誘導尋問を仕掛けてのリード調整など非常に活躍が目立つため次回のエピソードは必見といえるでしょう。

一方で今宵のエピソードでも出てきた愁の謎の履歴書は、一身上の都合で退職とあいまいな一文が記載されているため果たしてこのポイントが次回以降の東山達と何らかのコネクトを結ぶキーポイントとなるのか気になるところです。

とはいえ、東山の接触したことにより徐々に接した面々は生きがいを保っているのも事実でありそのキャラクター達とのセッションも注目ポイントといえるでしょう。

ペンネーム:ttbs(30代・男性)

イカロス
次回の主役は種田だと思います。

この作品で向井理さんは大活躍を見せて、株を上げていると思うので、いきなり独立するというのはネットヒーローズにとっても大問題だと思います。

仕事が回らなくなると思います。

そして、種田がいなくなると歯止めがなくなったように、ユースケサンタマリアさんが大暴走すると思います。

また、結衣と種田の二人の仲も気になります。

種田はまだ結衣のことが好きだと感じるし、二人の息は今回の喧嘩コントを見てもぴったりだと思うので、もしかしたら、大どんでん返しで復縁というのもあるのではないかと思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

ふじお
結衣が現在付き合っている彼氏は、結衣の両親からあまり印象が良くありません。

元カレの上司は、現在でも結衣に好意があるように思います。

両親からも、前の彼氏の方が良かったと言われていて、結衣も納得はいかないようです。

選んだのは、結衣本人なので間違いは無いと思います。

一度、冷めてしまった恋愛は上手くいくことはありません。

同じ会社なので、どうしても気になる存在ですが、恋愛感情にはなりません。

自分の信念を貫く、結衣は考えを変えず自分らしい生き方をします。

定時になったら帰る、自分が決めた相手と付き合う芯の強い女性です。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

ストイック
晃太朗が独立するらしいと賤ケ岳から聞かされた結衣は、心穏やかではないようです。

そんな中で、新規のプロジェクトのリーダーに来栖が指名されるようですが、上手くいかず、晃太郎が、制作部の良きまとめ役やアドバイザーだったので、いなくなると福永と結衣らとの間に入って緩衝材の役目も果たしていた人間がいなくなり福永の圧力が直接加わって結衣らにストレスが掛かるのが心配です。

一方、結衣は巧と行きつけの中華料理店に行き、結婚の報告をすると、そこに晃太郎が現れるようです。

店主の王丹が、以前、晃太郎が来たときは、結衣を捨てた男だと怒ったので、巧も、さすがにですよね、今でも結衣のことが好きだなんてあり得ないですよねと怒って、結衣は慌てて、とりなすのでしょう。

どうやら、晃太郎は結衣に未練があり退職前に本音を言いたかったのでしょう。

一方、晃太郎は来栖にそんなんでやって行けると思っているのかと怒り、来栖は晃太郎に信頼されていないと怒るようです。

結局、結衣は晃太郎に辞めるのかと問いますが、はっきりと答えない晃太郎に晃太郎なしでは仕事が回らないと退職を思い留まらせるのではないかと期待します。

ペンネーム:ストイック(60代・男性)

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ちな

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

種田さんの独立問題とくるすくんの新人の初のプレゼンをやっていました。新人の成長を見守る先輩達がいいと思いました。

種田さんの家族との問題も出てきました。

弟さんの兄に引け目を感じているところもででいました。

新人のプレゼンでしたが、クライアントの方と上手くいかず種田さんがフォローしていました。

上手く行かず先輩と揉めてしまって種田さんに気持ちがわからないといってしたっていたところはどちらの気持ちもわかり心苦しくなりました。

くるすくんのために頭を下げら先輩もいます。

クライアントに喜んでもらうためそれぞれがうごいています。

しかし、くるすくんが種田さんに信頼されてないと感じチームに亀裂が走ってしまいますが、ほかの先輩たちが種田さんがどれだけのことをしているのかつたえます。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

種田さんが会社を辞めて独立するのかどうか見ていてとても気になりました。

くるすくんの張り切ってるけど、少し空回りしている感じが見ていて、心苦しく感じました。

どうしたら初めての仕事を新人に任せるのにどうすればいいのか悩んでいる先輩方の様子も描かれていていい先輩達だなと思いました。

独立問題と新人に仕事を任せるその両方がこと話しには描かれていて自分でも考えることがありました。

三角関係もどうなるのかハラハラドキドキしました。

種田さんの家族の問題も取り上げられていてなんか弟さんの気持ちも種田さんの気持ちもどっちも分かるような気がしました。

ペンネーム:ちな(20代・女性)

momon

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

結衣と種田にディレクターをしたいと言い出した来栖だったため、種田は来栖を初めてのディレクターをしてもらうことに決めた。

種田に独立の話が来ており、気になった結衣は種田に直接「引き受けるのか」聞くと、悩んでいる様子の種田だった。

制作4部は今種田に辞めてもらったら困ると噂していたのだ。

福永も種田に目を付け、引き抜かれないように引き抜こうと思っている大貫と三人で食事をセッティングし、脅したのだった。

一方、来栖は熱心に仕事をしていたが、良いところを全て種田に持って行かれて種田についにはブチ切れてしまう。

種田に言い過ぎたと思い、来栖は後日謝ると、許してくれる種田だった。

巧と結衣が上海飯店に行くと種田も現れる。

巧が今でも結衣のことが好きなのか聞くと、種田は認めたのだった。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

種田が結衣を好きだということを認めたのが驚きでした。

なぜ結衣のことを好きだと認めたのか、すごくドキドキしました。

巧と結衣がその言葉を聞いてすごくびっくりした顔をしていたのがおかしくて笑ってしまったところです。

種田が結衣を今でも好きだと知った巧は、結衣と種田が同じ職場で働くことが嫌になってしまうのではないかと思います。

結衣の心も動いてしまわないか、すごく気になるところなので、ドキドキしています。

来栖がすごく成長している姿が見どころで、結衣が何も言わなくても自分から進んでディレクターになりたいと志願したところが素敵でした。

ペンネーム:momon(20代・女性)

みかん

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

来栖はディレクターに立候補し、仕事で上を目指そうと奮起した。

しかし、写真の取り方が下手なことや、自分が提案したことが採用されず、落ち込んでいた。

また、口が悪いため、取引先の人を不快にさせてしまった。

取引先の人の文句ばかり言う来栖は、種田は注意にされたが、「種田さんは僕の気持ちなんて分かりませんよ」と言い、種田をきづつけてしまった。

種田は弟にも同じようなことを言われていたので、さらにダメージをうけた。

種田はゆいに励まされ、ますます未練たらたらになってしまい、ゆいの婚約者に「今でも好きです」といってしまった。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

来栖はあまり人の気持ちをくみとるのが苦手で、仕事もできるほうではないのに、野心があり、意外とがんばり屋だと思いました。

ゆいに指摘されたことは、意外と素直にきいて、可愛い一面もあるなと思いました。

種田さんは、なんでもこなせて大人にみえるのに、自分の気持ちをうまく伝えられず、不器用な性格だなと思いました。

ゆいは面倒見がよくて、色々な人に好かれていて、仕事も要領がよくてうらやましくなります。

自分の信念を貫いて、かっこいいです。

種田とゆいは同じ会社なので、婚約者が、種田に嫉妬してしまう気持ちがよくわかります。

ペンネーム:みかん(20代・女性)

ハル

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

種田さんが、元同僚の大貫さんから一緒に独立しないかと誘われます。

独立はしたいけれども、迷う種田さん。

どうやら、福永さんとの何かがあるみたいです。

そんな中、来栖君が初のディレクターをすることになりました。

初めてなので焦りが出てしまい、空回りしてしまいます。

また、クライアントを前にして言葉遣いが上手く出来ず、種田さんが中心になってしまいます。

来栖君はそれが気に入らず、イライラしていきます。

種田さんは、弟との関係も行かずそちらもイライラしていきます。

結依が間に入り、それぞれが立ち直ります。

そして、和解して一緒に仕事に取り組めるようになりました。

番組最後には、福永が不穏な動きをしているようです。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

今回は、種田の問題が浮上しました。

独立する噂があったり、弟との関係もどうなるのかなと思いました。

来栖君が初めてのディレクターだから、焦るのはわかりますが言い方が駄目だなと思いました。

言い方を変えれば、きちんと相手に伝わるのに残念です。

種田さんも焦っている感じがしました。

来栖君と弟君を重ねて見ているのかなと思いました。

ミーティングをしていると種田さんが中心になってしまうんですよね。

わかります。

私も同じようにしてしまうと思うからです。

頼りになる人に聞いてしまうんですよね。

そして、それが来栖君は気に入らないのです。

でも、それは違うと結依に諭されて気づいてくれました。

敵ではなく、味方なのだと分かってくれたみたいで、良かったです。

このままバラバラになるのではと怖かったです。

種田さんは独立しないと決めてくれました。

嬉しいです。

このメンバーで最後まで話が進んで欲しいなと思っていたからです。

巧さんが、種田さんと対峙する場面がありハラハラしました。

種田さんが結依にまさかの告白をしたので、驚きました。

私は、巧さんとそのまま結婚してほしいと願っています。

番組の最後に福永さんが不穏な動きをしていました。

赤字覚悟とは、何事なのだろうと思いました。

ペンネーム:ハル(30代・女性)

toei

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

種田の独立のうわさが流れる中、新企画の案件を来栖がディレクターとなり行うこととなったが、種田のアシストがかえってあだとなり来栖と種田の関係が劣悪になってしまった。

東山はなんとか二人をなだめるも修復に時間がかかり、種田と来栖の本音を打ち明けを聞きおだてていた。

東山のアシストもあったものの、種田と来栖は激突し種田はへそを曲げて近場で野球観戦をしつつメンタルを保とうとしつつ、東山が二人の気持ちを抑え込み、解決した。

その後いつも通り上海飯店へ巧とともに訪ね祝福を受けるも、そこに遅れてやってきた種田が突然やってきて、巧が種田のヘッドハンティングを断った理由を尋ねられるもそれは東山との恋路が心残りだということを打ち明けたのであった。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

今宵のエピソードは、劇中で大人気キャラである種田にスポットを当てたストーリーであり、パーフェクトスタッフだからこその短所やアフター等が表現されたストーリーであり、ファンからしたらたまらない内容でした。

種田は仕事は何でもできるうえアフターフォローも出来る、おまけにクライアント対応やビジネス用語を使えるマルチな人物にあこがれる来栖の努力も細々としながらもドラマを盛り上げており、全体的に種田をベースとしたストーリーであり、楽しい内容でした。

一方で相変わらず福永は幸先のことを考えず不審な行動を移したり、巧と種田の恋路の波乱の予兆や、種田の弟とセッションをとっていた東山と愁の要素が今後のドラマをどう動かしくれるのか見どころです。

ペンネーム:toei(30代・男性)

ワンダ

『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじネタバレ

晃太郎が独立するという噂を賤ケ岳が聞き、大西という人の会社に入るというのです。

結衣は晃太郎に会います。

会社を辞めるのかと言いますが、決めてないと言います。

一方、新規の案件で来栖がデイレクターとしてデビューすることになりますが、上手く行きません。

晃太郎が、しゃしゃり出てクライアントと仕事を進めてしまい、来栖は不満を言います。

他方、福永は大西が独立したが、上手くやっていけるのかと言い、晃太郎と大西を宴席に呼びます。

福永は晃太郎が業界のトップクラスに育ったと言い、大西に晃太郎の引き抜きを牽制します。

結衣は巧と新居の準備をします。

一方、晃太郎が実家に帰ると引きこもりの愁がいました。

晃太郎は愁に、大西の会社への就職を打診します。

愁はほっといて欲しいと言い、愁は晃太郎に帰れと言ってパニックを起こします。

晃太郎は、結衣と来栖と一緒にクライアントに行き、自分が話しを進め、来栖は晃太郎が自分を信用していないと言います。

結衣は晃太郎に来栖を長い目で見てやって欲しいと言います。

それでも、来栖は晃太郎と対立してしまいます。

晃太郎は誰も信用していない、自分が一番、完璧だと思っていると言い席を立ってしまいます。

一方、結衣は愁と連絡しあっていると言います。

結衣も会社を辞めて孤独で誰かと話たいと思ったと言います。

結衣は晃太郎に、もっと、弱いとこ出したっていい、愚痴を言って、気楽にやったらと結衣は言います。

翌朝、来栖は晃太郎に謝ると、晃太郎は、生まれて初めてぼろくそに言われた、言われないと判らないから、いいよと苦笑します。

結衣は晃太郎に独立の件を聞くと、皆が危ないから、残ると言います。

結衣が巧を連れて中華料理屋に行き、結婚の報告をしますが、そこに晃太郎が現れます。

しかし、巧が晃太郎が転職すると思ったと言い、巧が残ったのが、結衣が好きだなんてないでしょうねと、言うと、結衣が好きだと真剣な顔で晃太郎は言います。

『わたし、定時で帰ります。』第6話の感想

愁と、来栖と晃太郎との間に出来た溝は大きいようです。

しかし結衣は愁のことも来栖のことも判らないと言う晃太郎に、結衣は、皆、晃太郎が、取っ付きにくいと思っていると言い、思ったことを、そのまんま口に出し、口数が少ないから誤解を招く、9個のいいことより、1個の悪いことを指摘がち、励ましたつもりが、却って傷つける、自分のやり方が通用しないという人がいるということを忘れがち、もっと、弱いとこ出したっていい、愚痴を言って、気楽にやったらと結衣は言います。

晃太郎の不器用な性格を一番、理解しているのが、結衣で、結衣に本音も、何もかも見透かされている晃太郎だからこそ、反論もできないようです。

翌朝、来栖は晃太郎に謝ると、晃太郎は、生まれて初めてぼろくそに言われた、言われないと判らないから、いいよと苦笑し、ミーテイングを招集します。

結衣は晃太郎に独立の件を聞くと、皆が危ないからと言い、又、上から目線だと結衣に言われます。

晃太郎の本音は、自分を一番理解してくれる結衣と離れたくないのだと思いました。

その証拠に、結衣が巧を連れて中華料理屋に行き、晃太郎が現れ、巧が晃太郎ががてっきり転職すると思ったと言い、何故かと聞くと、晃太郎は条件がすべてではないと答えます。

巧が、まさか、さすがに結衣が好きだなんてないでしょうと、言うと、結衣が好きだと真剣な顔で晃太郎が言ったので、やっぱりかと思いました。

ペンネーム:ワンダ(60代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第6話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
7話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA