TWO WEEKS|最終回10話ネタバレと感想。はなは手術を無事に受けられるのか。そして灰谷の正体も明かされる。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年9月17日(火)にドラマ『TWO WEEKS』第10話が放送されました。

ドラまる
すみれとはな両方を人質に取った柴崎。

大地はどちらかを選ぶことができずに苦悩の表情を浮かべたね。

ラマちゃん
助けに来てくれた有馬とすみれと大地は、どんな未来を望むのかしら?

こちらの記事では、ドラマ『TWO WEEKS』第10話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

『TWO WEEKS』第10話あらすじネタバレと感想

柴崎要(高嶋政伸)に翻弄される結城大地(三浦春馬)は、青柳すみれ(比嘉愛未)か青柳はな(稲垣来泉)を選ぶことができずその場に崩れ落ちてしまいました。

画像解析の結果、有馬海忠(三浦貴大)はすみれの居場所を突き止めます。

有馬にすみれを託し、はなの元へと向かうことにした大地は走り出しました。

すみれの場所に到着した有馬はすみれを救出し、「はなちゃんは俺たちが必ず助け出す。」と力強く約束しました。

はなの居場所だと指定された工場には灰谷(磯村勇斗)が待っていました。

柴崎の自宅に連れてこられた大地は、柴崎から死ぬのは自分が先か娘が先か選ぶよう迫られます。

その頃、誘拐の容疑で柴崎を指名手配するように警察に懇願する検事・月島楓(芳根京子)。

楓からの通報により、病院の防犯カメラに白衣を着た柴崎がはなを連れ出す映像が確認され指名手配されることになります。

柴崎邸では、自分を犠牲にして娘を助けようとする姿を見た灰谷の表情が一瞬変わりました。

柴崎「今度生まれてくるときは、もっといいパパの子供になるんだよ。」

柴崎に命令され、はなにナイフを突きつけた灰谷は、はなではなくテーブルにその刃を突き刺しました。

灰谷「ガキは殺さない。」

どうでもいい女との間に生まれた息子。

そうよばれた灰谷は柴崎の息子だったんですね。

灰谷「ただの一度でも息子だと思ったことがあるんですか?」

柴崎「ないよ一度も。」

そう言った柴崎は灰谷の腹にナイフを突き刺しました。

瀕死の状態で、父の愚行を止めた灰谷。

隙を見てはなと一緒に逃げることに成功した大地は、弱っていくはなを休ませるために誰もいない学校に忍び込みます。

目の下のくまが可愛そうで見ていられません。

一方、すみれを始末しなかったことを柴崎から責められる久留和保(池田鉄洋)。

久留和は捜査にやってきた警察に対し、保身の代わりに金庫の中に保管していた柴崎が柏木愛(立花恵理)を殺害した証拠のシャツを提出したのです。

柴崎の指名手配の一報を受けホテルに避難していた久我早穂子(黒木瞳)のもとを訪れる楓は、例の動画のコピーを見せ真実を話すように迫ります。

父の事件について、プロジェクトの認可に影響が出ないように柴崎に始末を依頼しただけだと言います。

楓「罪を認めてください。」

そして、息子の融は一年前に亡くなっている現実を受け入れるよう説得します。

やはり久我の息子は亡くなっていて、久我は現実から目をそらしていたんですね。

「一緒に乗り越えていきませんか。」母のように慕っていた久我への精一杯の言葉でした。

その頃、大地は保健室ではなに約束の人形を手渡します。

ずっと再会の日まで持っていた人形ですね。

ゆっくりと親子の会話を紡ぐ大切な時間が流れた翌朝、衝撃が走りました。

学校に柴崎が乗り込んできたのです。

はなをいったんロッカーに避難させ、柴崎をおびき寄せた大地は格闘し、柴崎は自分の足に傷を負いました。

そして柴崎は自分の車を追って到着した警察に連行されていきました。

久我が自首したことにより8年前の事件も再審が行われることに。

これで大地の過去の罪が消えるかもしれないんですね。

その頃、警察ですれ違う柴崎灰谷親子は言葉を交わすことはありませんでした。

灰谷生きていたんですね。

逃亡生活の中の大地の出血量の心配もありましたが、大地の願い通りに手術が行われ、はなは退院することができました。

そして有馬は、すみれに別れを告げにやってきました。

「(はなの)父親は死んだものと思っていた。しかし、生きているのならば話は別だ。はなが父親を望んでいる。彼(大地)を一人にしちゃだめだ。」とすみれに話します。

有馬は最初から最後まで有馬でしたね。

退院の日、「パパ!」と大地に駆け寄っていくはなの姿を見る有馬が切なかったです。

はなの願いを叶えるため親子三人でキャンプに来る大地は「頼れる父親になりたい。だから今は一緒にいられない。いつか準備ができたら会いに来ていいかな。」と思いをすみれに話しました。

はな「パパはママのどこを好きになったの?」

大地「ママは暗いところからパパを救ってくれた。」

はな「だから私が生まれてきたんだ。これからはずっと一緒にいられるんだよね。」

大地「パパはずっと間違ってきた。誇れるパパになるまで少し時間もらえるかな。パパはずっとはなのパパだよ。」

そして、時は流れ、はなの声を聞き、微笑みながら振り返る大地がいました。

『TWO WEEKS』第10話ネットの反応や感想

ドラまる
磯村勇斗さんの演技の幅に感服。

また一つ手に入れた感じだね。

ラマちゃん
幻想だけじゃなくて、本物のはなちゃんも素直で可愛かったわね。

ドラまる
久我も自分の罪を認めて自首してくれたよかった。

ラマちゃん
途中までめちゃくちゃ怖かったけど、子猫のように助けを求める姿は正直見たくなかったわ。

ドラまる
有馬の優しさに、はなとすみれだけじゃなくて大地も助けられたよね。

有馬も幸せになれ~!

ラマちゃん
とにかくイケメン春馬を堪能したドラマだったわ。

ドラマ『TWO WEEKS』第10話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『TWO WEEKS』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

ドラマ『TWO WEEKS』第10話の動画を無料で見る方法はこちら

まとめ

ドラマ『TWO WEEKS』第10話のネタバレ感想をご紹介いたしました。

今日も、手術後に大地がとか、灰谷が柴崎に刺されて死んでしまうのではないかとか誰かが犠牲になるのではと心配していましたが(「あな番」の影響でしょうか(笑))、今日は誰一人死ぬこともなくいわゆるハッピーエンドでよかったです。

はなの手術も無事に終わり、大地とすみれとはなの三人でキャンプのシーンまで見せてくれるなんて、ご褒美てんこ盛りでした。

最後に、大地は誇れるパパになるために一度身を引くことになりますが、再びはなと再会を約束していたので、今度もきちんと約束を果たしてくれると思います。

そして、あれだけの悪事を働いておいて逮捕されるときの柴崎のか弱い「助けてくれー」には、驚きです。

びしょ濡れになりながらナイフを片手にやってきた殺人鬼とは思えないセリフでしたね。

灰谷もこんな父親ではなく、自分のために命を懸けてくれる大地のような父であってほしかったのではないでしょうか。

その点については同情します。

ドラまる
濃く長い二週間が終わったね。
ラマちゃん
はなちゃんが元気になってよかった。

そして、有馬の潔い身の引き方にあっぱれを送りたいわ。

コメントお待ちしています!

CAPTCHA