東京独身男子|3話ネタバレと感想。ぶっちぎりのオンリーワンの2番!

  • この記事を書いた人:黒猫葵

2019年春ドラマ『東京独身男子』3話が2019年5月4日(土)に放送されましたね。

ドラまる
玲也が透子が岩倉の思い人だと気づいたね。

ここが、まさかの恋敵になるんだね~。

ラマちゃん
逆に、高橋メアリージュンさんは、ここから、ほぼでないのかしら…。

さ~今週も物語を追いかけていきましょう!

こちらの記事では、2019年春ドラマ『東京独身男子』3話のネタバレ感想をご紹介いたします。

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『東京独身男子』3話のネタバレあらすじと感想は?

3話

【太郎、かずなにプロポーズ!?】

温泉宿で、和彦(滝藤賢一)が自分と同じように透子(桜井ユキ)へ好意を寄せていることに気づいた玲也(斎藤工)

一方、舞衣(高橋メアリージュン)への想いを断ち切ろうとする太郎(高橋一生)に、かずな(仲里依紗)が突然のキス!

しかもこれが初めてではなく「結婚しようって言ったよ、太郎ちゃん」と衝撃の事実を告げられるが、全く思い出せない太郎。

密着する2人を玲也と和彦が目撃。

そして、始まる裁判ごっこ。

太郎は、全く身に覚えが…無いこともないのですが…。

それは3年前のクリスマス近辺、風邪を引いた太郎は、仕事を終えて帰宅後、暖房と冷房を押し間違えてしまいました。

しかし、そのまま熱で意識を失い、夢の中では雪山で遭難するという危機的状況の中、たまたま訪ねてきたかずなが訪ねてきて、九死に一生を得たような気はするのですが、その後のことを、太郎は全く覚えていません。

あの頃の太郎は、舞衣と別れたショックをひきずったままでした。

夢の中の雪山で、舞衣に必死の思いでキスをし、プロポーズした夢を見ていたような気はするという太郎。

その時、現実に目の前にいたのは、かずなだったかもしれないが、全く覚えていません。

現に、朝、目を覚ました太郎は、パジャマに着替えさせてもらい、おでこには冷えピタが貼られ、そして、何故か大根を抱いて寝ていたのですから。

和彦は、「それは未必の故意」だなと分析しますが、玲也は「そんなこと言って、手を出したんだろう!」と興奮がおさまりません。

それを止めたのは、かずなでした。

かずなは、「手は出されていない!」とゲスな想像をしている和彦と玲也を止めます。

実際、凍死しかけの太郎を見つけたのは、本当ですが、その後玲也が来てバトンタッチしたといいます。

確かに、その頃、玲也は元嫁と壮絶な夫婦喧嘩を繰り広げており、よく太郎の家に逃げ込んでいたのです。

「無罪だ!」

玲也と和彦の言葉に、太郎はガッツポーズ、そして座布団を『勝訴』と書かれた紙のように掲げました。

それでも、キスして、「結婚しよう」と言われたのは事実だというかずなの主張に、太郎は謝罪しました。

「失礼があったのなら、謝る。むしろ、その後、風邪うつんなかった?」

そういって、かずなを心配しました。

かずなは、そんなことでは納得しません。

この好機を逃してなるものかと、言い出します。

「私、立候補する!今日、宣言する!私、太郎ちゃんの彼女になりたい!」

【悩むAK男子たち】

さて、太郎とかずなの問題の最中、知りたくなかった事実に気が付いてしまった玲也。

自分が狙っている女性が、和彦がほんのり気になっている部下と同一人物だったのです。

玲也は、和彦を思い、透子の連絡先を削除しました。

太郎は、一生懸命かずなへの返事を考えていました。

それとなく、結婚している同僚に家族の話を聞いたりしています。

その同僚は、所謂『見合い』で結婚したのですが、その同僚は言います。

『1番好きな人より、2番目くらいの人がちょうどいい』と。

そんな時、太郎…だけでなく和彦、玲也、かずなの元にも、舞衣の結婚パーティーへのご招待が…。

「こうしてみると…結構、破壊力あるね。」

和彦は、行く必要はないと言いますが、玲也は、行かないのも大人げないと言い出します。

そこへやってきたのは、かずなです。

「太郎ちゃん!一緒に行こうよ!こんな時こそ、笑って祝福しないと!それが男の度量ってもんでしょ!」

かずなのそんな言葉に、太郎は納得し、参加を決めました。

「偉い!太郎ちゃん!」

そう言って、太郎の頭を撫でたかずな、太郎の中での見方も少し変わったのかもしれません。

「案外この二人…。」

「悪くないかも。」

和彦と玲也も、そんなことを思っていました。

そんなある日、玲也の病院に呼び出された太郎。

かずなとの関係を決めあぐねる太郎に、玲也は妹をもらってくれたらうれしいと言いました。

しかし、和彦と父・和雄(小野武彦)は離れた方が良いと真逆の忠告。

太郎は、裏アジェンダに記録します。

『男は、もともと「なし」の女からいくらアタックされても動かない!』

その時、かずなから、会えないかと連絡が入ります。

和彦は忠告します。

今日のかずなは、おそらく…。

  • 服装を盛ってくる(但し、拭いきれない違和感)
  • 手料理アピール
  • 距離を詰めてくる

和彦の忠告通りのかずなの行動に、太郎の葛藤は深まるばかりです。

そして、その頃、玲也の元には、透子がやってきていました。

「何だろう、連絡がないと会いたくなる。」

そして、今日の透子は、いつものびしっと決めた格好とは違い、ジーンズといったラフな格好です。

玲也は、透子の上司・和彦が知り合いであることを伝えようとしますが、普段着から醸し出す色気にぐっと言葉が詰まってしまいます。

「今日は、戦闘態勢無し。ゆっくりしましょ。」

そういって、DVD鑑賞会が始まります。

玲也の膝を枕にする透子。

その数階下では、何もないままテレビをみたままの太郎とかずな。

かずなは、寝たふりをして、太郎の出方をうかがっていますが、残念ながらベッドに運ばれ、布団をかけられてしまうのでした。

「行けよ。俺。」

リビングに戻った太郎ですが、かずなとの距離感が変わることへの戸惑いから、動くことはできません。

かずなは、『元々なし』なのか…太郎は、考え込んでしまうのでした。

【玲也と透子と和彦をめぐる三角関係】

一方の玲也はというと、膝枕で寝てしまった透子と、穏やかな時間を過ごしていました。

翌朝、玲也が目を覚ますと、透子はすでに帰宅していました。

しかも、素敵な朝食と自身の身分を明かす名刺を残して。

玲也は、自分に分があると思い、透子を舞衣のウエディングパーティーに一緒に行こうと誘いました。

同じ頃、和彦も透子を舞衣のウエディングパーティーに誘おうとしていました。

しかし、その話をする前に、透子は怒り心頭で、和彦にかみつきます。

自分が担当していたクライアントに、他の担当者がつけられていたのです。

『女の弁護士は嫌だ。』

そういう、クライアントのニーズだと、宥めますが透子は納得がいきません。

和彦は、誘いそびれてしまうのでした。

さて、そして迎えたパーティー当日。

和彦は直接オフィスからパーティーに向かうようです。

透子がおろされた訴訟の案件の話し合いが終わったところで、新担当者のフォローをしようとすると、透子がわかりやすい資料をたくさん作ってくれて、今の所、全く問題がないと言います。

「急に、担当おろされて、思うところあるだろうに…全く頭が下がります。」

和彦は、感心してしまうのでした。

舞衣と糸井(早乙女太一)の結婚パーティーに出席した太郎。

そこで、舞衣の初恋の相手(落合モトキ)と出くわし、何となく世代間の差を見せつけられます。

いたたまれなくなった太郎を見かねてかずなは、舞衣に挨拶に行こうと誘い出します。

何とも言えない空気感の中、糸井と舞衣を祝います。

「太郎くんのいい知らせも待ってるね!」

そう言われた、太郎は、思わず言ってしまいます。

「あ…言ってなかったっけ?この子…三好の妹のかずな。俺たち、付き合ってるんだよね。結婚を前提に。」

かずなは、話を合わせますが、複雑な表情を浮かべます。

舞衣たちと離れ、必死に謝る太郎を見て、かずなは理解してしまいました。

太郎が、そういう目で、自分を見られないと。

「これからもよろしく!友達の…妹?として。」

かずなは、精一杯の強がりを太郎に見せ、握手をすると帰っていきました。

その背中を太郎は、複雑な気持ちで見ています。

泣きそうになりながら、会場をあとにするかずなに、先ほどの舞衣の初恋の相手が声をかけるのでした。

その時、玲也は、透子を必死に探していました。

和彦は、そんな玲也に声をかけ、「あ~あのバーで会った女性がくるのか。」とにやりと笑います。

「自分も部下を誘おうかと思ったんだけど…。」

その時でした、透子が玲也を見つけて、近づきます。

そして、驚きました。

上司である和彦と玲也が一緒にいたからです。

玲也は、和彦に宣言します。

「恋敵。」

「え?」

ついに三角関係が露呈しました。

【太郎とかずなの関係】

さて、太郎はと言うと、一人幸せそうな舞衣を見守っていました。

そして、ついに2人に背中を向け、パーティー会場を出ようとします。

そこで、先ほどかずなに声をかけていた舞衣の初恋の相手が話しているのを聞きました。

かずなが、どれだけ自分を想っていたのかを聞いてしまった太郎。

太郎は、かずなを追いかけました。

かずなを見つけた太郎は言いました。

「俺と付き合う?」

太郎は、風邪をひいた時のことを思い出しました。

あの時、かずなが作ってくれた大根おろしとはちみつを混ぜたものを食べさせてくれたかずなは、一番に自分の事を考えてくれて、いつもそばにいてくれ、自分の事をわかってくれたと。

かずなは、嬉しそうな表情を浮かべますが、次の太郎の言葉に打ちのめされます。

「俺にとっての…ぶっちぎりの…2番。ごめん、嘘はつけない。今は、まだ…でも、ぶっちぎりの…オンリーワンの…2番。こんな俺でよかったら、付き合ってください。」

かずなは、言いました。

「じゃぁ…結婚を前提に。」

それは、少し前に太郎が言っていたことです。

『次に付き合う人と結婚する』

太郎は、その条件にたじろいでしまうのでした。

2019年春ドラマ『東京独身男子』3話の感想は?

黒猫葵
高橋メアリージュンさんは、もっと話に絡んでくるかと思ったんですが、ここで結婚した以上、もう出演はないんですかね…。

まぁ、ある意味、かずなの背中を押すためだけの出演と考えたら、納得ですかね。

最初に舞衣が出てきて、焦るというイベントが無ければ、かずなは、多分今のポジションから動くことはなかったでしょうからね。

そして、透子は、実際問題として、どっちが好きなんですかね~。

とはいえ、普段着を晒しているという点で、玲也といる方が楽って言うのはありそうですよね。

一緒にいて楽って、結婚には重要な気がしますよね。

会うのに、盛らなくちゃって思う相手とは、結果長続きはしない気がしますよね。

この三角関係も、どこへ転がっていくのか気になりますね~。

とはいえですよ、このドラマの必須キーワードは、「AK男子」です。

最後、何だかんだと誰も、誰とも結婚とかせずに、全員と離れて(かずなは難しいですが)、バーで「独身万歳!」で終わりそうですね(汗)

2019年春ドラマ『東京独身男子』3話のネット上の反応や評価は?

ドラまる
もう、何というか、AK男子たちが可愛いっていう反応が多いね(笑)
ラマちゃん
そこが、一番の見どころよね~。

来週は、どんな可愛い顔を見せてくれるのかしら♪

今週は、ジーンズの桜井ユキさんもかわいかったわね♪

スポンサーリンク

ドラマ『東京独身男子』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『東京独身男子』は放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

東京独身男子|3話見逃し動画無料視聴はこちら【5/4配信】

スポンサーリンク

2019年春ドラマ『東京独身男子』第4話のあらすじは?

2019年5月11日(土)23:15〜放送のドラマ『東京独身男子』第4話のあらすじをご紹介します。

かずな(仲里依紗)につきあってほしいと告白した太郎(高橋一生)だが、逆に「結婚を前提に」という一足飛びの条件を突き付けられて戸惑い、答えを保留にしてしまう。

三好(斎藤工)と岩倉(滝藤賢一)を交えた話し合いの末、AK男子3人は、”視野を広げる”ために“ナイトライフ”へくり出し、岩倉の父・和雄(小野武彦)がイチオシのマッチングアプリで出会いを求めることに!

ノリノリの三好と岩倉に対して太郎だけは消極的。

レイカ(宮本茉由)の後押しで、28歳のナースと会う約束を取り付けるのだが、太郎の前に現れたのはなんと、かずなだった!

気まずいムードの2人は口論をはじめ、かずなは強烈な一撃を太郎にお見舞いして…!?

表面化していた三好と岩倉の、透子(桜井ユキ)を巡る三角関係にも新たな女が絡んで、事態はより複雑になっていく!

そして太郎にも別の女の陰が忍び寄り…。

3人のAK男子に、目まぐるしい嵐のような一夜が訪れる!

太郎を巻き込む嵐とはいったい…、かずなの想いは果たして叶うのか…!?

公式サイトより引用

まとめ

こちらの記事では、2019年春ドラマ『東京独身男子』3話のネタバレ有りの感想をご紹介いたしました。

ドラまる
恐らく8話くらいのお話だから、展開としては、決して早いわけじゃないんだけど…。

高橋メアリージュンさんは、もっとお話に絡んでくるかと思ってたんだけどなぁ。

ラマちゃん
そうね~。

逆に、来週からは新しい女の影が見え隠れしそうね。

黒猫葵
何だか、どんな展開になるのか、読めないですね。

来週も一緒に物語を追いかけていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA