特捜9-season2-|10話見逃し動画無料視聴はこちら【6/19配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

『特捜9-season2-』第10話(2019年6月19日(水)21時00分より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『特捜9-season2-』第10話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『特捜9-season2-』の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『特捜9-season2-』第10話のあらすじや見どころ、放送後はあらすじネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『特捜9-season2-』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『特捜9-season2-』放送終了から1週間以内はTverやテレ朝キャッチアップなどを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『特捜9-season2-』第10話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年6月19日(水)放送終了後〜2019年6月26日(水)19時00分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

放送終了から1週間以上経過してしまった『特捜9-season2-』を見る方法について、先に結論からご紹介すると、現在U-NEXTとビデオマーケットで配信されています。

U-NEXTは31日間無料、ビデオマーケットは初月無料となっているので、この2つを活用すれば見逃し動画を見ることが出来ます!

U-NEXT無料登録はこちら

ビデオマーケット無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

U-NEXTの詳細解説

U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。

『特捜9-season2-』はポイントレンタル配信されるので

登録時にもらえる600ポイントを使えば『特捜9-season2-』の見逃した回を見ることが出来ます!

31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!

もちろん、無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

『特捜9-season2-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

ビデオマーケットの詳細解説

ビデオマーケットは配信本数20万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。

DRAMAP編集部ではU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。

ビデオマーケットのメリットとしては

  • プレミアムコース:月額500円(税別)
  • プレミアム&見放題コース:月額980円(税別)

という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。

また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。

540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『特捜9-season2-』の見逃し動画1話を無料で見ることが出来ます!

もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラまる
1点だけ、注意点としてはビデオマーケットの無料期間は登録時から31日ではなく、1日〜月末までの初月無料となるところ!
ラマちゃん
4月を例に出すと、4月1日〜4月30日が無料期間になります。

仮に4月29日に登録をしてしまうと、無料期間は4月30日までの2日間のみとなってしまうので要注意!

上記の無料期間の点だけ気を付ければ非常に充実度の高いVOD(ビデオオンデマンド)サービスなので、この機会に是非チェックしてください!

『特捜9-season2-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

※最新話放送終了から数日間は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。

動画共有サイトでは無料で見られない?

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

止めておいたほうが良さそうだね!

2019年春ドラマ『特捜9-season2-』第10話のあらすじ

2019年6月19日(水)放送のドラマ『特捜9-season2-』第10話のあらすじをご紹介します。

ある日、鑑識課の猪狩哲治(伊東四朗)が、特捜班を訪ねてきた。

世間をにぎわせている大手通販会社の社長・橘 英輔(大西武志)と副社長・三島綾香(三輪ひとみ)の心中に納得がいかないという。

猪狩は、6年前に橘の悪徳商法に引っかかり、自殺に追い込まれた森山隆一(松田章)の友人で、「橘のような悪党が自殺するわけがない」と憤慨していた。

さらに猪狩によると、橘と綾香の死亡推定時刻には1時間のズレがあるという。

浅輪直樹(井ノ原快彦)は、特捜班が捜査を引き受けると宣言する。

二人がベランダから飛び降りたと見られる橘のマンションに向かった直樹と新藤亮(山田裕貴)だったが、事件当日は防犯カメラのメンテナンスの日で、マンション内の映像が一切ないことに違和感を覚える。

さらに、司法解剖の結果、綾香は転落死で間違いないが、橘の死因は鈍器のようなもので頭部を殴られたことによる脳挫傷だということが判明。

また、橘の部屋を調べていた鑑識課が、現場に残されたわずかな血痕を発見。自殺ではなく、他殺の可能性が浮上する。

一方、6年前の悪徳商法について所轄署に話を聞きに行った小宮山志保(羽田美智子)と村瀬健吾(津田寛治)は、悪質な商売をしていた橘と闘おうとしていた弁護士・佐々木麻里(馬渕英里何)の存在を知る。

現在も橘の罪を追及するために活動を続けているという麻里から、当時の被害者リストをもらった志保らは、猪狩の友人の森山以外にも自殺に追い込まれた人物がいる事を知る。

さらに、6年前の事件の真相も明らかになり…事態は急展開。

意外な人物が捜査線上に浮かび上がる…!

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『特捜9-season2-』第10話 放送前の期待度まとめ

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『特捜9-season2-』第10話の見どころや期待度をご紹介いたします。

はるか
展開予想は、橘と彩香は、騙した人達によって殺害されたのだと思います。

そして、騙された人達のリーダーとなっていたのが、弁護士の佐々木だと思います。

佐々木達は、マンションの防犯のメンテナンス工事の日を狙って橘を殺害してその後に彩香と一緒に心中したと思わせるように計画したと思います。

自殺に追い込まれた人物の関係者も橘と彩香の殺害に協力していると予想します。

猪刈や直樹達は、結局は、被害者達を逮捕するために鑑識や捜査をする事になると思います。

楽しみなポイントは、猪刈の登場です。

飄々とした渋めのキャラで味のある鑑識だと思います。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

matu
次回は準レギュラー?、伊東四朗さん扮するベテラン鑑識、猪狩さん登場のようで楽しみです。

いつも猪狩さんが登場する回は色んなトリックや細かい観察が必要な感じなので見応えがありそうです。

心中した会社の社長と副社長をめぐる話のようですが、きっと過去のエピソードが絡まっているんでしょうね。

それにしても朝の定例会での浅輪くんの報告ぶりが板について来ている感じで良かったです。

でも班長の登場が薄めなので水面下で何かしている設定になってそうで、次回あたりに動きがありそうで不気味です。

意外な人物が捜査線上に浮上ともあったので、もしかして班長?、とっても気になります。

ペンネーム:matu(40代・女性)

ななこ
社長と副社長が無理心中か自殺してしまう。

鑑識課の猪狩が死因に疑問が生じ、自殺ではなく殺人と思われ特捜班が事件を解決する。

猪狩は6年前に友人を自殺に追い込まれていた。

その自殺の原因は悪徳商法に関わっていた社長と副社長と思われ、6年前に何があったのか気になる。

恨まれた人物に思え傲慢な感じで、自殺するようなそんな弱い人間とは思えない。

二人は、一緒にマンションから飛び降りたのではなく、一人ずつ殺されたと思われる。

鑑識の猪狩は次から次に証拠を暴いていくことが出来るのか、期待したい。

特捜班と一緒に犯人を捕まえることを楽しみにしている。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

ハヤト
次回は伊藤四郎がゲストでいつもの鑑識係で出演するので展開がとても楽しみですし、見所だと思います。

9係の頃から意外な犯人にたどり着くことが多いのですが次回予告の感じだと悪徳商法を行っていた人間たちが亡くなりますが、それを特捜班と鑑識が協力して事件解決に向かうという展開になりそうです。

伊藤四郎が出ているので事件の証拠から重要なことがわかるのだと感じています。

次回はどれぐらい班長の宗方が活躍するのかも楽しみですし、伊藤四郎演じる猪狩との絡みも面白そうだと思っています。

それとシーズンを通しての事件がないのでそろそろ終盤の大きな事件が起こりそうな予感がしています。

ペンネーム:ハヤト(40代・男性)

knight02
第10話では、鑑識課の猪狩がメインに活躍するのが楽しみで、彼の親友が悪徳商法によって死に追いやられた無念を晴らすべく、特捜班と共同捜査を進めるのが全体的に主軸になると思います。

殺人事件の被害者は、その悪徳商法をしてきた社長の橘と副社長の三島で、心中自殺のように見られますが、猪狩は彼らが自殺をするようなことは考えられないと憤り、この事件の真相や6年前の事実などが、猪狩や特捜班によって次々と判明していきます。

そこで登場する女性弁護士・佐々木麻里の存在が大きく、彼女も悪徳商法を憎み、橘たちと戦っていることから、彼女が事件の鍵を握っていると思います。

ペンネーム:knight02(40代・男性)

ふじお
社長と副社長が、屋上から自殺を図り心中しましたが、謎があるので特捜9係は調査します。

自殺する動機がないので、おかしな点がいくつも見つかっています。

転落死をしたのではなく、既に殺されていて屋上から放り投げた可能性が出て来ました。

犯人の目的は、やはりお金なのか?どうして殺さなければいけなかったのか?愛人関係だったことが不満だったのか?

二人を屋上に運ぶのは、単独では不可能なので人を使った可能性があります。

愛人関係のもつれに思わせる犯行は、計画的なもので意外な人が犯人かもしれません。

従業員が怪しく感じます。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

2019年春ドラマ『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

配信通販会社である橘マーケティングの社長である橘と、副社長の三島が遺体で発見された。

二人の心中だと結論付けられそうになっていた時、猪狩が特捜に現れ、異議を唱えた。

橘は過去に大規模な悪徳商法詐欺を行い、しかも逮捕されずに逃げ切ったとのことで、自殺をするような奴ではないというのだ。

更には、猪狩の友人である森山も被害者だと話を聞いた特捜メンバーは、この事件の担当をかって出た。

改めて調べた結果、二人の死亡推定時刻にはズレがあり、橘の死因は頭部打撲と分かり、殺人の可能性が高くなる。

橘の部屋からも、血痕を発見。

特捜メンバーは、猪狩の想いも乗せ、調べを進めていく。

そんな中、過去の悪徳詐欺の首謀者が、実は三島だったと判明するのだった。

『特捜9-season2-』第10話の感想

相変わらずの、青柳さんの言動に注目してしまいました。

元やくざの人との、あんなやり取りは、青柳さんしか出来ないことだなと思いました。

特に、手を拳銃の形にして、相手の背中に当てるところは、とても可愛くて笑ってしまいました。

それでも、そんなやり方で情報を聞き出せてしまうのも、青柳さんのすごいところだなと感じました。

そんな青柳さんの活躍で、詐偽の首謀者が、三島だと判明したわけですが、女は怖いなとも感じました。

三島の表の顔と裏の顔を見た時は、鳥肌ものでした。

あんな姿を見たら、恨みが倍増してしまうなと感じました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

はるか

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

猪狩の友人を悪徳商法で騙して自殺させた通販会社の社長の橘英輔と副社長の三島綾香が、心中した。

しかし、猪狩は、橘は、心中するような人間ではないと言う。

橘に騙された人達の弁護士をしていた佐々木麻里は、立花を裏切り殺害計画を持ち掛けてきた彩香を利用して橘を殺害する計画を考える。

麻里と彩香は、訴状の件で訪ねてきたと橘の家に入り橘を殺害後に氷で冷凍させ時間のアリバイを作った。

その後に麻里は、彩香も殺害した。

実は、麻里の両親も橘達に騙されて自殺していた。

そして、主犯は、彩香の方だという事を麻里は、知っていた。

『特捜9-season2-』第10話の感想

志保が、刑事を辞めようとした過去が、ある事に驚きました。

その時に猪狩の言葉で刑事を続ける決意をしたという話に二人の仲の良さを感じました。

青柳のメガネが、ユニークですね。

青柳が、メガネをかけたりフレームをいじったりとしているので注目してしまいました。

自殺に追い込んだ橘を憎む麻里の気持ちを直樹が、理解したシーンでは、それでもあきらめてはいけないと強く言うシーンが、グッときました。

猪狩が、直樹に班長について何か言いかけていたのが、今後の展開のキーポイントになりそうでした。

班長が、警視総監室に何の用事で訪ねたのか興味深いです。

若い鑑識の佐久間が、イケメンで注目です。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

marimari

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

テレビでもお馴染みの大手通販会社の社長と女性副社長が、共にマンションから転落死。

捜査1課はこれを単なる心中事件として処理しようとしていたが、これに納得できない鑑識課の猪狩が特捜チームに直談判、特捜チームによる捜査が始まった。

特捜班メンバーの地道な聞き込みと、ベテラン猪狩はじめ鑑識課の検証、この両輪で事件はやはり殺人であったことが分かってくる。

しかもどうやら社長を殺したのは副社長らしい。

さらにリビングで殺された社長の遺体は、なぜかバスルーム、次にベランダへと移動させられたらしい。

一体何のために?

そしてなぜ、その副社長まで転落死したのか?

するとそこに社長と副社長に恨みを抱く、意外な第三者の存在が浮上。

動機は6年前の自殺者まで出した詐欺事件にあるようだ。

特捜のメンバー達はすべてがその真犯人のアリバイ工作だったと突き止めて、いよいよ事件を解決に導いていく。

『特捜9-season2-』第10話の感想

今回は鑑識課の鑑識官・佐久間くんの活躍がありましたね。

よくやったと皆に褒められた場面で、本当に心から喜んでいるような、はにかんだ笑顔が印象的でした。

最後に居酒屋のシーンでまた褒められ、「(上司の)猪狩さんはクジラで、自分はメダカ」発言も、かわいかったですね。

またいつも通りに、矢沢さんと青柳さんのしれーっとした会話も面白かったです。

けっこうココの場面、私は好きです。

そして真犯人役のゲスト女優・馬淵英里何さん、久しぶりにドラマで見ましたが、大人の女性になりましたね~。

少し影のある雰囲気がよく出ていたと思います。

ペンネーム:marimari(50代・女性)

ふじお

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

マンションから社長と副社長が、自殺を図り無理心中に見えました。

しかし、遺体には死亡推定時刻のズレが生じています。

他殺と考えた特捜9係は、捜査に当たります。

監視カメラはメンテナンス中で作動していませんでしたが、他の施設からの監視カメラに女性の姿が映っていました。

画像を鮮明にして見ると、道路に水滴が落ちています。

社長の遺体の死亡推定時刻を早めるために、遺体を氷で埋め尽くしました。

二人で遺体を運んでベランダから落下させて、その後副社長も落とされてしまいます。

きれいに並んで落ちているので無理心中に見えてしまいます。

『特捜9-season2-』第10話の感想

悪党が自殺するはずがないと睨んだ鑑識は、特捜9係に捜査を依頼してきました。

騙されて高額な物を売り付ける商売をしてる人の気が知れません。

借金までして、自殺まで追い込んでしまう人の気持ちがわからない人達でした。

社長を殺害したのは副社長で、副社長を殺害したのは佐々木真理でした。

佐々木の元の性は、二階堂だったことが判明して、亡くなった夫婦の娘でした。

結局のところは復讐のためでしたが、恨みが晴れたと思います。

儲けのためなら、手段を選ばない悪党は成敗するべきです。

相手を利用する心があるせいで、苦しんでいる人がいる事を知って欲しいです。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

kensan88

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

橘マーケティングの社長橘と副社長三島がマンションから飛び降り心中したとみられる事件が起こります。

特捜チームが事件を捜索していくなかで、橘社長は他殺であることがわかっていきます。

橘と不仲であった三島は事件当日、橘のマンションを訪れるさい、大量の氷を運びこみ、死亡推定時間をずらしていたことが判明します。

そこで三島を殺害した人物がいることに気付きます。

さらに捜索していくと、橘の過去の事件の被害者の弁護士佐々木が浮上します。

彼女は三島が首謀者とされる悪質な詐欺により、ご両親が自殺においこまれた、その娘さんでした。

『特捜9-season2-』第10話の感想

浅輪さんが特捜チームの主任となり、はや10話。

ぎこちなさはなくなり、捜査員みんなへの指示がテキパキとしていく感じが心地よく感じられます。

今回の事件は、特別難解な事件という感じではなさそうな気がして観ていました。

特捜9のチームワークの良さ、事件解明への全員の行動の迅速さ、鑑識との事件解明への連携の素晴しさなどが良くでていたと思います。

浅輪主任の人徳の素晴しさ、そして彼の優しさが存分にでていた回だったんだと思います。

強面だらけの刑事ドラマとは違い、井ノ原快彦さんの温情ある優しい刑事さんがなんとも心地いいドラマです。

ペンネーム:kensan88(40代・男性)

飛べないアヒル

『特捜9-season2-』第10話のあらすじネタバレ

世間を賑わせている大手通販会社の橘社長と副社長の三島が、自宅マンションから転落死している状態で発見されます。

特捜のメンバーがテレビの中継を観ているところへ、鑑識課の猪狩が、自身の親友が橘の悪徳商法に六年前に騙され自殺に追い込まれた状況から自殺はないと憤慨しながら説明します。

しかも、橘と三島の死亡推定時刻にズレがあり、特捜班が捜査を引き受けます。

現場を確認した直樹と新藤は、事件当日が半年に一度の防犯カメラのメンテナンスであることに違和感を感じます。

司法解剖の結果と現場の再検証から、他殺の可能性が浮上し、六年前の事件との関係性を探るうち、橘の被害者にあった人たちの弁護士が捜査線上に浮かび上がります。

『特捜9-season2-』第10話の感想

通販番組を運営する会社の社長と副社長が、時間差で自殺するという設定で始まった今回の事件では、特捜班の宗方と鑑識課の猪狩さんの二人が、時折みせる特捜班のメンバーを頼むといったニュアンスのそぶりが垣間見え、最終回への伏線のようにも感じられました。

二人の心中事件と思われたビルからの転落死が、六年前の悪徳商法に端を発し、被害にあった人たちの弁護を担当した弁護士が被害者家族であったという事実を突き止め、真犯人の弁護士に対して事件はまだ終わっていないという直樹のセリフには、罪を悪んで人を悪まずといった雰囲気が感じられ、特捜9らしさが感じられました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『特捜9-season2-』第10話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
11話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『特捜9-season2-』見逃し動画をお得に見る方法1

  1. U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる600ポイントを利用して視聴!

『特捜9-season2-』見逃し動画をお得に見る方法2

  1. ビデオマーケットの初月無料キャンペーンに登録
  2. 登録時にもらえる540ポイントを利用して視聴!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA