集団左遷!!|最終回(10話)見逃し動画無料視聴はこちら【6/23配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話 2019年6月23日(日)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『集団左遷!!』最終回(第10話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『集団左遷!!』最終回(第10話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『集団左遷!!』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『集団左遷!!』放送終了から1週間以内はTverを利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『集団左遷!!』最終回(第10話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年6月23日(日)放送終了後〜2019年6月30日(日)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『集団左遷!!』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『集団左遷!!』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『集団左遷!!』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアム
Paravi
U-NEXT
Hulu
ビデオマーケット
dTV
auビデオパス

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『集団左遷!!』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじは?

2019年6月23日(日)放送のドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじを紹介します。

とうとう副頭取の座にまで上り詰めた横山(三上博史)。

島津議員(石丸謙二郎)への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すという横山だが、片岡(福山雅治)は突っぱねる。

梅原(尾美としのり)は最後の手段としてマスコミに告発することを片岡に提案。

会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべく、決意を固めた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていく。

しかし、それを知った横山の非情な仕打ちが襲いかかる。

果たして自分たちがやろうとしていることは正しいのか、三友の為になるのか、部下の為になるのか、お客様の為になるのか、葛藤する片岡の最後の戦いが始まる。

片岡がたどり着く下克上の形とは…

平成から令和を駆け抜けた諦めない男の物語がついに完結!

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

あや
毎回めげずに悪事を暴く片岡や真山を見ていて、今度こそは横山をギャフンと言わせてやりたい!

大逆転して欲しいと願いながら観ていますが、次回でいよいよ最終回。彼らの頑張りが実を結んで欲しいと願わずにはいられません。

最終話では議員に賄賂を渡していたということから社会的に大きく取り上げられいよいよ横山も八方塞がりになるのではないかと思います。

そしてずっと一緒についてきた鮫島も離れ最後は孤立したりするのか、と大逆転のシナリオまでは想像つかないけれど観ていてスカッとするような終わりかたであって欲しいです。

そして最後は片岡がトップまで登り詰める!で終わるなら素敵です。

ペンネーム:あや(30代・女性)

かんのけ
専務横山は、みつとも銀行の私物化を暴露されるのでしょうか!?

きぃー横山頭がキレ、いつも魔流れる、覆したい、横山が追われるトコを見てみたい。

私は正義は勝つと信じたい、同期梅原は、片岡よりもっとバカだと託したノートには横山のお金の流れが記載されていた。

梅原も大丈夫であろうか?!

また左遷になってしまうんじゃないだろうか?!

せっかく正義の味方をしてくれたのに、いい方向に進んで欲しいです。

横山の悪事が暴露され、元蒲田支店のメンバーが片岡の管轄下でまた一緒に働ける様になる、蒲田支店のあのイキイキした苦難の中みんなが輝いてた時をまた見てみたいです、凄く楽しみです。

正義は必ず勝つ!!と早く証明して欲しいです。

挙手の結果は?!横山からの呼び出し結果は?!なに?!!副頭取になれただと?!バカな!!どんでん返しを期待!

ペンネーム:かんのけ(30代・女性)

あお
横山が、副頭取昇格の決議で多数決の賛成を得て、片岡が横山に呼ばれ、副頭取になれたことを告げられる場面がとても屈辱的でがっかりしたので、次週横山を副頭取昇格させず挽回してほしいです。

真山さんはじめ、元蒲田支店のメンバーが片岡に協力していたために、横山にリストラを言い渡されるのではと予想しとても怖いです。

横山専務の不正の証拠を握りつぶしたり、副頭取昇格への提案をしたりと、頭取の考えがよくわからないので、それが明らかになるのが楽しみです。

頭取は、片岡に顧客を紹介したり協力してくれていたので、同じ理念の持ち主だと信じています。

ペンネーム:あお(30代・女性)

kouasami
不正を暴いたかに見えた横山のまさかの昇進に耳を疑います。

そこで引き下がる片岡でないことは充分視聴者は承知しています。

蒲田支店の仲間たちは協力を惜しまないでしょうし、これからは梅原も力を貸してくれるはずです。

きっと有益なアドバイスを出してくれるでしょう。

横山という敵が、強ければ強いほど、片岡たちは力を尽くすことになり、見応えが出てきます。

そして、最大の敵を倒す時の喜びは最大のものになるに違いありません。

横山派閥に属さない藤田頭取の裏切りは、信じられませんでしたが、最後こそは銀行のために、不正を働いた横山を切って欲しいと思います。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

イカロス
次回はいよいよ最終回ということで、自分の信念に忠実な正義の味方片岡と、賄賂などを使い改革を進める横山との戦いの決着がつくと思います。

二人の戦いと、三友銀行の未来はどういうふうになるのかが、楽しみだと思います。

また、今までどっちつかず感があった頭取は、最後にどっちの味方をするのかも気になります。

片岡は横山の秘密をたくさん知っている、梅ちゃんという心強い見方を得たので、パワーアップしたと思います。

そして、最終回はオールキャスト大集合的な感じになると思うので、蒲田支店のメンバーの活躍も楽しみにしています。

ペンネーム:イカロス(40代・男性)

フロンテイア
横山は手帳を自分に手帳を渡せば、クビにしないと片岡に迫るようです。

しかし、片岡は断るようです。

そして、梅原は鮫島に、おまえもクビだと強迫されるのでしょうが、いう事を聞かず、出向処分になるのではにでしょうか。

一方、隅田も横山と戦うと片岡に宣言すると思います。

片岡はマスコミに公表することを決めるのだと思います。

そして梅原の知り合いの週刊誌の記者が島津議員と横山の面会記録や、秘書の不正を握り、そこから政治資金報告書の記載漏れを発見し、不正な賄賂の証拠を握り、マスコミに公表され横山が失脚するのだと期待します。

ペンネーム:フロンテイア(60代・男性)

2019年春ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ゆみ

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

横山が政治家たちに不正に献金をしたことを、片岡たちは新聞社に告発しようとします。

そんな片岡たちの姿を見て、横山やは真山や梅原を左遷することで威嚇をします。

そして、横山は片岡から手帳を取り返すために、新規プロジェクトの重役に片岡を任命し、片岡の心を揺さぶります。

片岡は一度は新聞社に横山のことを告発することを辞めましたが、真山に今のままだと後悔するから決着をつけようと諭され、新規事業説明会で横山に告発をしたことを告げます。

横山は認めませんでしたが、藤田頭取が味方をしてくれたことで、横山の不正を明るみにすることに成功します。

その後、人材育成研修センターのセンター長に任命され、光友の新しい未来に向かって歩き出します。

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

真山さんが迷っている片岡を説得するために言った言葉がとても説得力があったなと思いました。

会社が不正をしていることを知りながら、毎日納得して会社に出社することなんてできないなと感じました。

きっとあのまま片岡が告発しないままでいたら、片岡は真山の言う通り、一生後悔していただろうなと思いました。

事業説明会の日に、片岡が横山をギャフンと言わせたことはとても爽快で良かったんですが、横山は自分のしたことが間違っていたと認めていないところがモヤっとしました。

最後に言った、頑張ってくださいと言う言葉も、どんな意味だったんだろうかと思いました。

ペンネーム:ゆみ(20代・女性)

なつ

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

不正の事実をすり抜け、副頭取にまでのぼりつめた横山。

片岡や隅田へ対する脅しとして、真山や梅原を左遷する。

さらに不正が書かれた手帳をとりかえそうとした横山は、ダイバーサーチとの新規事業の重要ポストに片岡の名を入れたことを告げる。

「出世すれば真山たちを呼び戻すことだってできる」と言う横山の汚いやり方に怒りと戸惑いが交差する片岡。

隅田と共に手帳の存在を新聞社に告発しようという計画にも戸惑い始める。

片岡の様子を見て察した真山は、自分のことは気にしないで欲しい、正しい行いをして欲しいと告げる。

自分を貫く決意をした片岡は、隅田と共に横山の不正を公にする。

マスコミや警察が動きだし、横山の銀行員としての道はついに閉ざされた。

自分達の世代で悪をたち切った片岡たち。

それぞれがまた新しい場所でスタートをきるのであった。

銀行員であり続けるもの、関連会社で活躍するもの、妻の家の事業を受け継ぐもの…それぞれがまた頑張っていくのだった。

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

ついに横山の不正が公になり、正義が勝つこととなりました。

何度不正を突きつけても、上手く逃れてきた横山だったので、見事な陥落に心がスッとしました。

銀行を守ろうという気持ちがあっても歪んだ方法を取ることしかできなかった横山。

正しいやり方で銀行を愛する片岡らとは最後まで対照的でした。

出世をエサに片岡を取り込もうとした横山は本当に汚い男だと思いました。

真山らの左遷が気になり一瞬心が乱される片岡でしたが、正義を貫く結果となって本当によかったです。

それぞれが新しい場所で再スタートを切るラストとなりましたが、最後まで銀行員の誇りをもち進んでいく彼らの様子には胸を打たれるものがありました。

ペンネーム:なつ(40代・女性)

しろ

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

ついに副頭取の座に登りつめた横山。

片岡に連絡し、不正の証拠となる手帳を渡せばすべてを水に流すと脅迫するが、片岡は応じず、不正をマスコミに告発しようと隅田と連携して準備を進める。

なんとか片岡を懐柔させようとする横山は真山や梅原を出向させ、さらには「会社を変えたければ私のところへ上がってこい」と圧をかける。

出世すれば真山や梅原を出向先から戻せるとの言葉を聞き、さらに新規事業の重役を引き換えに告発の取り消しを迫られ悩む片岡。

しかし、最終的に選んだのは告発だった。

話を進めると明らかになったのは、不正隠蔽の裏には頭取がいたということ。

頭取、副頭取そして政治家も含め司法の裁きを受け、大きな不正騒動は幕を閉じる。

そして新たな三友銀行がスタートした。

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

片岡の熱さ、正義感が最後まで曲げられることなく、信念を貫いてくれて良かったです。

最終的には頭取も含めての不正を働いてまでも守ろうとした銀行の未来ですが、片岡たちが口にしていた「正しく働く」ことへの想いが勝ってくれて安心しました。

ドラマとしては、正義感を信念とする片岡を中心に、横山や真山など存在感のある周囲のメンバーが骨太な話を作ってゴロゴロ転がしていく感じがして非常に見応えがありました。

ストーリーとしては大きな裏切られ感もなく、安心して楽しんで見られ、翌日からの1週間も頑張ろうと思えるドラマでした。

ペンネーム:しろ(40代・女性)

カナ

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

横山は片岡から手帳を返してもらいたかったが、それを拒否されてしまいました。

さらに、片岡は横山から自分が左遷されない理由を言われました。

真山や梅原が出向になってしまったことで、片岡は新聞社への告発を躊躇してしまいます。

しかし、真山の「私を見くびらないでください」の言葉を聞いて、片岡は告発することを決心しました。

結局、これがマスコミに広く知れ渡り、三友銀行の株は急落し、大変な状況になりました。

ですが、そこから新たに隅田が頭取に就任し、新しい三友を作っていくことになりました。

真山は銀行を辞めて、妻の実家の会社の経理をすることになりました。

片岡も新規事業の人材センター長に任命され、新たに頑張っていくことになりました。

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

片岡が真山に後押しをされて、新聞社に告発したことで、三友は救われたと思いました。

もし、あのまま片岡が告発せずに、横山の不正を知りながら、会社に残っていたとしても、いずれどこかで不正がバレるか、上手くいかなくなっていくでしょう。

三友の未来を考えれば、告発は仕方がない選択だったのだと思います。

梅原も頭取も最初は横山のやり方に従っていました。

それ以外の人たちもそうでしょう。

しかし、結局、途中でそれが誤りだということに気が付き、悪いと分かっていることでも長いものには巻かれることは良くないということに気が付いたのだと思いました。

これはノーと言えない日本人に通じる何かがあるのかもしれません。

自分が正しいと思うことをハッキリとノーと言えることが、組織の不正を長引かせたり、大きくしてしまうことを防げるのだと思いました。

ペンネーム:カナ(50代・女性)

ななこ(女・50代)

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

真山が出向が決まる。

横山は今までの功績を高く評価していると言って、片岡を上に乗り詰め同じ土俵に立つことで真山を引き戻すことも可能で手帳を持ってくるように促す。

片岡と隅田はマスコミに告発をリークするつもりでいたが、元蒲田支店に行き迷っていた。

真山は不正を明らかにして、後悔したくない銀行員の覚悟を片岡に告げ、片岡は新規事業プロジェクトで決着をつけたいと考え抜く。

手帳をマスコミに告発した片岡は、横山に不正と隠ぺいを明かし若い銀行員に未来を託して欲しいとお願いする。

藤田頭取と横山は金融庁の取り調べとなる。

三友銀行は新たな道を進むことになる。 

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

横山が政治家や官僚に賄賂を渡し、副頭取になってしまったのが腹立たしかった。

片岡達の世代で何としてでも戦ってくれることを期待した。

マスコミに告発しなかった片岡は、真山が銀行員の在り方を教えてくれ勇気をくれたことに感謝する思いだった。

横山と片岡の対決で、自分のことより、若い世代に希望を与えるシ-ンとなり心に染み入った。

せっかく頑張ってきた真山が、銀行を去ってしまうのが惜しいと心残りである。

真山は最後まで片岡を裏切ることがなかったのでホットした。

新たな三友銀行に生まれ変わり、片岡が人材を育成する係に任命され、これから若い銀行員たちの未来が片岡の手で作り上げていくだろう。 

ペンネーム:ななこ(女・50代)(50代・女性)

togarashi

『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじネタバレ

将来の三友銀行のためには必要なことだと嘯き、不正融資を省みない横山は藤田頭取をも抱き込み、とうとう副頭取の座にまで上り詰める。

社内の自浄作用に絶望した片岡は不正融資をマスコミに告発しようと準備を進めるが、その動きを察知した宿敵・横山副頭取は片岡と行動を共にしてきた真山や梅原に出向の辞令を下した上で、不正融資の案件に目を瞑って仕事に専心して彼らを銀行に呼び戻してはどうかと片岡に囁きかける。

仲間の進退や銀行員としての立場をも揺るがされて告発を取り止めねばならないのか悩む片岡に、真山は人事の心配は要らないから自分の信じる道を往けと叱咤激励する。

迷いを断ち切った片岡は不正融資をマスコミに告発し、結果、邪道を往った横山副頭取とそれを黙認した藤田頭取は引責辞任を余儀なくされ、三友銀行は新体制での船出を迎えるのであった。

『集団左遷!!』最終回(第10話)の感想

終始、これぞ日9!と快哉を叫びたくなる骨太な一作であった。

片岡の愚直さは令和の世にあって、しかしさながら昭和を思わせるオールドスタイルであり、社会人としては俯瞰的に局面を捉えていく横山の姿勢の方がある意味では一般的だろう。

片岡のようなモーレツ主義者はおそらく今や絶滅危惧種となろうとしていると言っても過言ではあるまい。

だが、片岡の姿勢は、正しからぬことに目を瞑って働かねばならない仕事は果たしてやり甲斐のあるものなのか、いつか破綻するのではないかと警鐘を鳴らす。

社会人たるもの制約を受けることも多いが、時には正道に目を向けながら、晴れ晴れと仕事をしていきたいと片岡の背中につくづく思わされた本作であった。

ペンネーム:togarashi(30代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『集団左遷!!』最終回(第10話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年7月から同枠でドラマ『ノーサイド・ゲーム』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA