ストロベリーナイト・サーガ|最終回(11話)見逃し動画無料視聴はこちら【6/20配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

↓無料で『ストロベリーナイト・サーガ』を全話見る↓

FODプレミアム

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話 2019年6月20日(木)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ストロベリーナイト・サーガ』第1話放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年6月20日(木)放送終了後〜2019年6月27日(木)20時44分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『ストロベリーナイト・サーガ』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ストロベリーナイト・サーガ』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ストロベリーナイト・サーガ』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信されます。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月間無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ストロベリーナイト・サーガ』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1カ月間無料キャンペーンに登録
  2. 『ストロベリーナイト・サーガ』は見放題扱いの作品なので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
以前は当サイトでも上記のサイトへのリンクを紹介していたけど、2018年10月からはリンクを貼っただけでも国からの罰則対象になる可能性が出てきたので紹介しないようにしたよ!

ちなみにこのニュースだよ。

ラマちゃん
違法動画サイトを使っても罰則対象にはならないとは思うけど、今まで以上に使うリスクが大きくなってきてるってことね…

安全に動画を見たい方は以下のリンクからどうぞ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじは?

2019年6月20日(木)22時00分より放送のドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじをご紹介します。

池袋界隈で暗躍する裏社会の者たちを次々に殺害し震撼させている“ブルーマーダー”。

その手口は何らかの武器を用い、全身の骨をバラバラにすると残忍さだ。

事件を追っていた姫川玲子(二階堂ふみ)は、勝俣健作(江口洋介)とバディを組む葉山則之(葉山奨之)から“ブルーマーダー”の正体がわかったと連絡を受ける。

元警察官、木野一政(要潤)だった。

そんな時、池袋のホテルで警察官も被害を受ける発砲事件が発生。

現場に急行した姫川は、近くの公園に身を潜めていた木野を発見、確保する。

姫川が捜査本部に戻ると勝俣がいた。

ホテルの事件現場に勝俣と下井正文(陰山泰)がいたことに疑問を持つ姫川。

自分で調べろと取り付く島もない勝俣は、木野の取り調べは自分が行うと言い張る。

安東智寛警視正(大谷亮介)は、取調官の選任は木野の治療が終わるまでに決まると告げるが勝俣は譲らない。

姫川がホテルで銃撃を受けた下井の病室を訪ねると、勝俣がいた。

ホテルでの状況を聞く姫川に、下井は応じる。

下井の話を聞いた姫川と勝俣は、木野が元警察官だという情報を組織に流したのは外部の人間ではないかと思い当たる。

例えば、木野を組織の潜り込ませた作戦を知る当時の警察官だ。

菊田和男(亀梨和也)は指名手配犯、岩渕時生(木下ヒロト)の潜伏先として茅場組を張っている。

菊田は、茅場元組長(相島一之)と出かけた男の風体が、姫川が確保した男に似ていたことが気になるが…。

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の見どころや期待度をご紹介いたします。

ぱんだ
第11話は玲子と菊田の大ドンデンを期待してしまいます。

出来ればもう一度二人の関係が発展してほしいものですが、菊田の性格を考えればそれはないのが現実的ですね。

しかし、気持ちを整理してもう一度姫川班の再結成が期待されます。

今回のブルーマーダー事件の解決をきっかけに捜査一課に返り咲き、また姫川班が再結成されると思いますね。

しかし、もしかしたら菊田は戻らず、なんとガンテツが入ってくるのではないかと踏んでいるのですが。

もしかして一番玲子を理解できているのはガンテツなのではないかと思っているのですが、まさかのガンテツと?!

ペンネーム:ぱんだ(40代・女性)

かなた
菊田は姫川のことを忘れられないでいるため、妻に対して心がこもっていないのが丸分かりすぎなので、次回には早々に妻から三行半を突きつけられるのかなぁと思っています。

むしろそれを期待しています!菊田には姫川とくっついて欲しいんです!

自分を元警察官だとタレこんだのは誰なのかと、一人一人しらみつぶしに暴力団組織をあたっているブルーマーダーですが、多分それは見当違いできっとその犯人は警察内にいるのではないかと予想しています。

暴力団組織と繋がっている警察官が、木野(ブルーマーダー)が元警察官だとバラしたのではないかと考えています。

ペンネーム:かなた(40代・女性)

がちゃぴんといっしょ
原作を読んでいないので、本当の意味で最後がどうなるのかとても楽しみです。

バラバラになった姫川班は、捜査一課に再終結できるのか、葉山は生きているのか、そもそも警察組織は変われるのかと気になるところが満載です。

個人的には朝ドラでみてから、葉山奨之くんが大好きなので、生き残っていてほしい!と心から願っています。

ガンテツのもとでたくましくなり、警察組織にも新しい風を吹き込んでくれる良い警官になるのでは?と予想しています。

そして姫川班をキャリアの立場から捜査一課に戻してくれるのではないかと思っています。

ペンネーム:がちゃぴんといっしょ(40代・女性)

momo
池袋でブルーマーダーが現れたという情報を頼りに、姫川たちが会いに行くが、捕まえることができなかった。

そこで、姫川たちは勝俣にブルーマーダーの情報を聞くため、会いに行く。

勝俣の相棒の葉山から、ブルーマーダーの正体を聞くことができた。

そこで、姫川たちはブルーマーダーの確保に全力を注ぎ続ける。

なかなか、ブルーマーダーに会うことは出来ない姫川たちはいら立ちを募らせる。

また、仕事後の姫川の姿にかわいらしい女性の部分を見つける昔の同僚たちの場面も楽しみなポイントだ。

姫川が仕事帰りに道端に猫が登場する場面があればもっと嬉しいです。

ペンネーム:momo(50代・女性)

hastom
木野は元刑事で格闘、銃の扱いも手慣れているので、確保は難しそうですね。

姫川がどういった方法で確保していくのか楽しみです。

そして今回の話はさらに月日が流れ、菊田が結婚しています。

旧作のストロベリーナイトでは描かれなかったお話なので、姫川と菊田の最終的な関係がどうなるのか楽しみですね。

最終回にこのお話を持ってきたのは、菊田との関係を完結させたかったのかな?と思いました。

菊田の姫川への想いは今回描かれたので、最終回では姫川の本当の想いがどう描かれるのかが楽しみです。

そして姫川班の再集結はあるのか?

最終話が楽しみです。

ペンネーム:hastom(40代・男性)

ペンパー
姫川が捜査本部に戻ると勝俣がいた。

諸矢が殺されたホテルに勝俣と下井がいたのを疑問に思う姫川だった。

捕まった木野の取り調べは勝俣が自分で行うと言い張る。

安東警視正は木野の取り調べは、木野が回復するまで待つと言うが勝俣は言う事を聞かない。

やはり勝俣は警察の恥部を知っている男だと思う。

そして姫川と勝俣は下井に会うと、木野が警察のスパイだと暴力団に情報を流したのは、他の人間、つまり警察内部の人間だと推測する。

一方、菊田が岩淵の行方を追って、茅場組をはっていると、それらしき人物を発見するようだ。

もしかすると、木野が警察のスパイだと諸矢組に垂れ込んだのが、茅場組を追っていた暴対課の刑事かも知れない。

木野は、対立する暴力団抗争に利用された可能性がある。

ペンネーム:ペンパー(60代・男性)

2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

まぁちゃん

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

姫川は隠れている木野を見つけて逮捕をしました。

取り調べをしたのですが、木野の余命はわずかということを知りました。

木野は昔は警察官でしたが辞めて暴力団とつるんでいました。

木野は過去に何人もの人を殺してしまったのですが、本当の目的は犯罪集団の活動を抑止する事でした。

木野の共犯者が立てこもりをしていました。

岩渕と茅場は、菊田と菊田の同僚を人質に取り立てこもりをしました。

姫川は立てこもり犯の説得をしました。

菊田は怪我を負っていましたが、姫川を助けるために犯人を投げ飛ばしました。

犯人逮捕をすることができました。

菊田は入院をしたのですが、命に別状はありませんでした。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

木野は正義感が強いということが分かりました。

ただ人を殺したいということではないということが分かり少し安心しました。

菊田が人質になってしまったときは、命をかけて姫川のことを守るのではないかと思いました。

しかし二人とも無事で本当によかったです。

菊田の最後の奥さんに対しての言葉もよかったです。

元気になって映画を見に行ってほしいです。

姫川班が最後集合をしたときはとてもよかったです。

みんな姫川のことを信頼しているというのがよく伝わってきました。

井岡もちゃんと集合をしていて嬉しかったです。

ほっこりすることができました。

ペンネーム:まぁちゃん(30代・女性)

プリン

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

逃走した木野を玲子が逮捕したが、勝俣が自分が事情聴取をすると言い、組対四課長の安東が取調官の選任は木野の治療が終わるまでに決まるというが勝俣は引かない。

玲子が負傷した下井の病室を訪ねると、勝俣もいた。

下井の話では、自分に頼まれ裏社会に潜り情報を流していた木野。

しかしある時から木野が行方不明になった。

殺された河村と木野の事をもろや組長に聞いたが、組長は木野をリンチしたが、情報元は知らないと言う。

木野は組長を殺害し、下井も疑われたが、下井も誰が木野を売ったのか分からない。

玲子は、情報を流したのは、警察関係者ではないかと話す。

勝俣は事情聴取で木野に素性を河村にリークした人間がいると言う。

取調べ室にいた玲子は、木野にブルーマーダーは、復讐の為ではなく、裏社会への天敵として犯罪集団の活動の抑止が目的なら私も納得がいくと話す。

取り調べが終わり、廊下で勝俣に玲子が怒られていると、ノリが木野は末期の胃ガンと情報を持ってくる。

一方、菊田は茅場組で張り込み中、茅場組の車が戻って来た。

菊田は、茅場組に捜査員と2人で訪ねるが、襲われて監禁されてしまう。

拳銃を奪った岩渕は興奮し発砲している。

現場に駆けつけた玲子は、岩渕の説得に行くと志願する。

その頃、下井は安東を呼び出し、お前が木野を売ったんじゃないのか?と聞いていた。

安東は、状況が変わったから関係を強制的に解消した。

木野は私ではなく、時代に切り捨てられたんだと言う。

そこへ、話を聞いていた勝俣と木野がやって来る。

木野は安東に化けてでも殺すと言う。安東は望むところだと言い去った。

木野は下井にお礼を言う。

そこへ勝俣の携帯に茅場、岩渕の確保の一報が入る。

死人は出ず、ブルーマーダーはお前で終わったと木野に言う。

後日、勝俣は玲子に今朝、木野が緊急入院して意識がないと話す。

そうですかと玲子。

勝俣は玲子にちょっとは見れる顔になったじゃないかと言い、去っていく。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

今回は玲子と勝俣が活躍しました。

玲子は自分は普通の刑事でも女でもないと、犯罪を心から憎み、ブルーマーダーの目的をも納得いくと発言。

そんな玲子に勝俣は自分だけ特別、被害者意識を持つなと怒る。

いつも玲子にキツくあたるのには、玲子の危うさにブレーキを掛けてくれていたのかなと今は思います。

最後の方のシーンで、勝俣は玲子にちょっとは見れる顔になったじゃないかと言いました。

玲子の成長を褒めているように感じました。

そして勝俣は、ちゃんと余命少ない木野に対しても、自分を売ったのは誰かあばいてくれました。

警察内部で隠蔽されるかもしれないのに、勝俣なりの正義感を感じました。

印象が毎回良くなって、人情味あるガンテツさんでした。

ペンネーム:プリン(40代・女性)

はるか

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

姫川は、街中で発砲事件をおこした男を追いかけシャッターの中に逃げ込んだ所を逮捕する。

捕まった男は、元警察官の木野一政だった。

木野は、警察官時代に裏社会と癒着していた警官に暴力をふるい退職していた。

その後に裏社会のSとして働くが、その情報を警察官にバラされていた。

そして、木野は、犯罪者は、刑務所から出所しても反省していないと考えブルーマーダーとして殺害していた。

ブルーマーダーは、木野だった。

岩淵は、女性絡みの件で脅されて詐欺の仕事をさせられ奴隷のように扱われていた時に木野と出会い自由になる。

そして、木野のようにブルーマーダーになろうとするが、姫川に逮捕される。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

菊田が、姫川への恋に決着をつけて奥さんとの暮らしを決意したシーンが、印象的でした。

菊田は、姫川を想い続けて独身を貫くと思っていましたが、そうではなかったですね。

姫川が、事件後にどんな思いでいたのかを語るシーンが、あり切なくなりました。

トラウマを抱えながらも警察の中で居場所と仲間を得られた姫川でしたが、岩淵も自分を思ってくれている茅場と出会えていたので今後は、立ち直れると思いました。

ラストに姫川好きの井岡も登場して面白かったです。

木野のような正義感のある刑事が、警察を退職しなくてはいけない状況が、もどかしいですね。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

はこ

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

ブルーマーダーの木野は姫川により確保出来たものの、木野の仲間であるトキオたちを菊田らが確保しようとして、反対に人質に取られ監禁された。

そのことを知った姫川は、ストロベリーナイト事件のように部下を亡くしたくないと上司に訴えて、トキオらを説得し必ず菊田らを救い出すから行かせて欲しいと懇願します。

それに上司は応じ、姫川はトキオを説得しに行きます。

トキオが2ヶ月もの間、死ぬ1歩手前までのリンチを受けていたことを知っている姫川は、自身のレイプ事件で心に痛みを負い、今も尚その傷を携えて生きていることや、今も犯人を許せず頭の中で何万回も殺していることを話し、自分はこの傷の痛みによる憎しみを、自分への愛からくる気持ちなのだと思う、だから憎む自分を許すと話し、トキオにもそうなって欲しいと説得する。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

菊田が人質として監禁された時の姫川の気持ちを思うと、辛くて仕方なかったです!

ストロベリーナイト事件で部下を亡くし、半狂乱になった姫川を見ているので、もしも菊田に何かあったらもう立ち直れないんじゃないかと思い、ハラハラしました。

トキオの説得をするために、自分自身のレイプ事件や自分の知られたくない本音を全て話した姫川を、心底尊敬します。

そして自分は殺したいほどの憎しみを、自身への愛情だから、そんな自分も許そうと思うと言い、トキオもそう考えてくれるように語りかけているのを見て、トキオの心も救いたいと思っているんだと感じられ、ますます姫川というキャラクターが大好きになりました!

ペンネーム:はこ(40代・女性)

のりピー

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

姫川は勝俣とともにブルーマーダーの正体であった木野の取調べをを行う。

姫川は木野の心の闇を解き明かし、勝俣は面白くない。姫川の予想通り、かつて木野が組織に潜伏し情報を警察に流していた時、元警察官だということを組織にバラしたのは安東警視正だった。

菊田は同僚の刑事と茅場組と訪れたが、岩渕らに襲われ立て篭り事件となってしまう。

姫川は銃を背中に隠し持ち、説得に入るのであった。

自身のつらい過去を打ち明け必死の説得にあたり、最後は菊田が取り押さえる。

大きな怪我をおった菊田だったが、姫川と菊田はいつかまた一緒に仕事をする約束をする。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

ブルーマーダーである木野、岩渕、そして姫川玲子。

みな、過去に裏切りや仕打ちを受けて心に傷を負って生きてきた人たち。

だから、姫川は2人の心の中に入り込めたんだろう。

木野には下井さん、岩渕には茅場、という思ってくれる人がいて良かったと思う。

木野は最後、結局罰を受けてではなく、病気で死ぬことになると、行方不明になっている人たちは分からぬじまいなんだろう。

まあ、悪党ばっかりだろうから、それでもいいのかもしれないが。

菊田はいくら姫川のことが好きでも、やっぱり姫川の心の中の闇は背負えないんだろう。

結婚した奥さんと幸せになってほしい。

ペンネーム:のりピー(50代・女性)

たら

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじネタバレ

犯人を姫川が機転を凝らし逮捕した。

犯人は、黙秘を続けていたか、しかし姫川が、ガンテツに後で、どやされながらも、犯人から供述を引き出した。

しかし、新たな立てこもり事件が起き、武器が、ブルマダーと同じであり、ブルマダーはまだ終わってなかった。

その立てこもり犯は、菊田が、追っていた犯人で、逆に襲われ拳銃を奪われる。

しかし、ここで姫川が、一人で突入し犯人を説得。

そのなかで、自分が高校の時から抱えていた闇を犯人や菊田の前で明らかにする。

それは、高校の時に襲われた犯人が憎くて、けして許せない。

また、そんな自分だから、愛は受け入れられないということであった。

菊田の機転で、犯人を逮捕し無事に解決する。

『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)の感想

楽しみにしていたものが終わって物悲しいイメージである。

あまり仲の良くない妹との絡みや、お父さんとの交流や母の優しさに触れた後の交流をぜひ見たかったが、その後がなく残念である。

また、飄々とした、國吉先生との絡みかなく、今岡ぐらいしか登場せず、また、優しい今泉係長も登場せず、がっかりである。

ただ。相変わらす姫川の行動力はすごく、犯人の心を開き、供述させたり、拳銃をまみえて相対している犯人を私は普通の警官じゃないから撃てる、しかし自主して欲しいと説得するなど素晴らしく、また、菊田の心も最後に捉えており、素晴らしかった。

ぜひ姫川班を再開して欲しい。

ペンネーム:たら(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』最終回(第11話)のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
2019年7月から同枠でドラマ『ルパンの娘』がスタートするのよ!そちらの情報も随時アップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA