スパイラル~町工場の奇跡~|7話見逃し動画無料視聴はこちら【5/27配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話(2019年5月27日日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『スパイラル~町工場の奇跡~』放送終了から1週間以内はTverか、ネットもテレ東(テレビ東京オンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

Tver 無料視聴はこちら
テレビ東京オンデマンド 無料視聴はこちら
ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月27日(月)放送終了〜2019年6月3日(月)21時53分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に『スパイラル~町工場の奇跡~』の見逃し動画配信を視聴する方法はParaviです!

Paraviはこちら

以下、詳細をご説明していきます。

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スパイラル~町工場の奇跡~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『スパイラル~町工場の奇跡~』の配信状況は以下のようになっています。

ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』は複数のVODで見逃し動画が配信されると思いますが、基本的にレンタル扱い(追加料金が必要)になると思います。

その中で唯一、見放題で配信されるのがParaviになるでしょう。

Paraviの詳細解説

Paraviは2018年4月にスタートした新しい動画配信サービスなので、まだご存じない方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、このParaviはTBS・テレビ東京・WOWOW・日本経済新聞というコンテンツ力のある企業がタッグを組んで立ち上げたビデオオンデマンドサービスなので、今後知名度が上がっていくことは確実です。

特にTBS系とテレビ東京系のドラマの見逃し動画についてはParaviが最も良い条件で見られるため、『スパイラル~町工場の奇跡~』についても、全話見逃し動画を見たい場合には最もオススメのサービスとなります。

2019年4月現在、無料キャンペーン期間も設定されていますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

2019年春ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじは?

2019年5月27日(月)22時00分より放送のドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじをご紹介します。

マジテックの債権を手に入れたナオミ・トミナガ(真矢ミキ)!マジテックは3億円の債務が返済できない限り、ホライズンに買収される危機的状況に。

さらに英興技巧の社長に就任したテイラー氏(グレッグ・デール)は、マジテックを特許侵害で提訴する準備に入ったと会見で発表。

追い詰められていくマジテック…。

芝野(玉木宏)は買収の裏にある真の狙いを探るが、そこにはハゲタカの恐ろしい計画が待ち受けていた!

公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ring
外資系社長のおどしに屈してしまい、会社の債権は敵の手に渡ってしまったようです。

今後、いよいよ倒産の危機にひんしてしまいそうな気がします。

しかしながら、何とか生き残るための方法を模索し、つぶさないように中小企業の社員たちは奮闘するでしょう。

そんななか、会社の技術のかなめとなっている社員が倒れてしまうようです。

彼の技術が会社を支えており、ほかに代わりをつとめられる人はいません。

会社の存続の危機をさらに深めてしまいそうです。

専務にうらみを抱く銀行員の画策は今のところ成功しているようにみえますが、まだまだ何か起こりそうな気配がします。

会社の商品を使用している難病の女の子も今後のお話にからんできそうな気がします。

ペンネーム:ring(40代・女性)

はるか
展開予想は、希海の装具を作っていたマジテックに栄興技巧の社長から特許侵害で訴えられそうになる。

しかもマジテックは、ホライズンに3億円の債権をすぐに返済するように迫られていて買収されたらマジテックの特許も奪われてしまうのだ。

芝野は、テイター氏に希海に会ってほしいと頼む。

希海の様子をみたテイラー氏は、特許侵害で訴えるのを辞めると約束するが、ナオミによりテイラー氏も解任される。

そして、マジテックに倒産の危機が、近づきそうになるものの仲間の町工場の社長達が、協力してマジテックに資金提供する。

楽しみなポイントは、マジテックの危機に芝野が、どう立ち向かうのかです。

ペンネーム:はるか(40代・女性)

すみれ
特許問題でホライズンキャピタルから無理難題をふっかけられそうな予感がします。

なんせ、相手はマジテックを追い詰めて潰すことが目的だから容赦ない感じがします。

マジテックの仕事は人のためになる仕事だし、希実ちゃんのためにもより良いマジテックガードができるようにと思ってしまいます。

芝野さんに何かいい策はあるのかおおいに期待したいところです。

久万田さんが中心となっている宇宙開発プロジェクトは下町の工場が協力して立ち上げたけど、そちら側から何とか一発逆転のようなことが起きないものかと思います。

最後は正義が勝つであって欲しい。

ペンネーム:すみれ(50代・女性)

イカロス
次回の見所は、やはりなんといっても、今までひたむきにマジテックのために頑張ってきた、工場長の桶本が倒れてしまうことだと思います。

技術の要的な桶元が、もし仮に最悪の状況になったらマジテックは正に絶体絶命の状態に陥ってしまうと思います。

そして、今回も村尾に負け続きの芝野にそろそろ挽回して欲しいような気もしますが、状況は日に日に悪くなっているので、難しいと思います。

果たして、この物語はどうなっていくのかが心配過ぎます。

最後は挽回するはずですが、今のところ打開策が本当に何もないので、先が見えないと思います。

ペンネーム:イカロス(30代・男性)

タイゾウ
本気を出してきたホライズンキャピタルと下町信金の村尾の企みにどのようにマジテックが立ち向かうのかというところは楽しみです。

メインのテーマである企業の再生という部分がここから正念場になると思うので芝野という存在がどのように活躍してマジテックや関係企業も助けるのかというのは見どころだと感じています。

次回予告で賠償金3億円という最悪の状況と桶本さんが倒れているシーンがあり最悪の展開が予想されますが再生請負人としての芝野が村尾からの怨恨や状況の悪さを打破してマジテックをどうやって良い方向に引っ張っていくのかは楽しみのポイントだと思います。

ペンネーム:タイゾウ(40代・男性)

あきら
下町信用金庫の理事長を村尾と共に債権譲渡に強引に納得させたトミナガはマジテックに3億円の債務返済を迫ります。

又、栄興技巧の社長に就任したテイラー社長は、マジテックを栄興技巧への特許侵害で訴えると言って来ます。

しかし、桶本はマジテックには英興技巧の特許権を侵害しない独自の特許や、まだ特許申請していない新しい技術があると言い、藤村の書いた古い資料を持ち出して栄興技巧からの独立を目指そうと言うと思います。

しかし好事魔多しの通り、桶本が急病で倒れてしまいます。

そして、3億円の債務返済には、芝野が振興組合の理事長に頼み込んで、積立金を借りる手配をしたり、久万田がマジテックの独自の特許を元に欧米からのクラウドファンデイングで資金を集めて3億円を返済して、かろうじてホライズンの買収を回避するのだと思います。

そう簡単にはハゲタカファンドの手中には落ちないと期待したいです。

ペンネーム:あきら(60代・男性)

2019年春ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

royal

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

町工場が特許を侵害している、また、買収されるというニュースが流れます。

社員たちはあわてますが、相手の会社の本意がわからず、どうしていいのかわかりません。

なんとか会社を守るべく、自分たちができることをやろうと一致団結し、必死で何とかしようとします。

しかしながら助けてくれそうなあてもなく、なかなかうまくいきません。

敵側はうまくいったと喜んでいます。

専務にうらみを抱く元部下は成功報酬として多額のおかねを受け取ります。

そして、海外へ高飛びする計画は成功しそうです。

今まで勤めていた銀行もやめ、退職金をせびります。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

巨大な敵にむかう術がないなか、なんとか会社を守るべく、自分たちができることをやろうと一致団結する社員の姿はこころうたれました。

今までは専務に頼りっぱなしだったのに、今回は年長の社員が自分たちができることをやろうとみんなによびかけ、絆がふかまっていく様子がよくわかりました。

専務にうらみを抱くもと部下は自分の画策がうまくいき、復讐をはたすことができました。

そのことをわざわざ専務に告げに来て、勝利宣言をしている姿はおぞましかったです。

因果応報と言っていましたが、これから自分のしたことが自分にかえっていきそうな予感がします。

専務はようやく黒幕である外資系のハゲタカ会社の社長と直接対面します。

二人のやりとりの場面はさらっとしていて、意外とあっけなく感じました。

ペンネーム:royal(40代・女性)

のん

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

トミナガの冷酷な手腕によって、マジテックはホライズンに買収される危機におちいる。

数日中に3億円用意しなくてはいけないことに。

さらに、英興技巧の新社長が、特許侵害でマジテックを提訴する準備に入ったと会見する。

希美のマジテックガードの製作も危機的状態に。

マジテックは追い詰められていく。

芝野はホライズンの恐ろしい計画の情報を得る。

ホライズンは博士の特許技術を軍事利用したい会社に売却するのだ。

マジテックの浅子たちは、博士の特許を人殺しには絶対に使わせないと憤る。

そして、工場を飛び出した桶本が倒れてしまう。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

今週もただ一つの癒しは、希美ちゃんの笑顔。

『希美もボール投げ出来るようになるかなー』の言葉には涙しました。

マジテックガードが作れなくなって、希美ちゃんの願いがかなわなくなるのはとても悲しいです。

どうにか芝野さんには頑張ってもらって、ホライズンから逃れてもらいたい。

最初から、英興技巧の先代社長と博士の口約束は危ないと思っていました。

現代社会ではありえないかなー、と。

眞島さんがいつになくゲスい役をやってる村尾ですが、最後には地獄に落ちるような気がしてなりません。というか、そう熱望しています。

桶本さんが心配です。

ペンネーム:のん(50代・女性)

ふじお

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

特許侵害の疑いをかけられているマジテックは、会社の存続が危なくなってきました。

正式には訴えられていませんが、影で操る人がいます。

ナオミ・トミナガは、マジテックの株を譲渡して欲しいと言い出します。

負債があるマジテックは、残り3日間で負債を返済することを言い渡されます。

どう考えても無理な要求ですが、マジテック社員は自分ができることをやりつくします。

ラスト一日で、芝野専務の元に電話がありました。

博士の発明したものを軍事目的に使うことが判明して、ナオミ・トミナガの本当の狙いが分かりました。

これは阻止するしかありません。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

特許は、巨岩の富を得ることが出来ます。

最終的にお金目的になってしまうので、人間が卑しい生き物です。

亡くなった先代の社長は、世の為人の為に発明する人物でした。

小さい会社だったかもしれませんが、技術は超一流です。

この技術は、腹黒さがないので出来る芸当だと思います。

腹黒さがあると、商品に心が乗り移るので良い作品はできません。

人の物を欲しがり、自分の手柄にするナオミ・トミナガは許せない気持ちです。

義務教育で習ったことができない大人たちが、多すぎるのも人間社会もです。

芝野専務の力で、マジテックの存続を期待しています。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

カイト

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

ホライズンキャピタルが提訴し、マジテックが特許侵害で訴えられるという厳しい状況になるところから始まりました。

芝野は狙いはマジテックの特許だと感じているので調査のために動きます。

一方、裏で悪いことを画策していた下町信金の村尾はホライズンから大金を手に入れ信金も退職しました。

訴えられたマジテックは3億という莫大な賠償金を請求されます。

それでもマジテックのメンバーはマジテックガードの新製品の開発を続けます。

融資をしてくれるところを芝野は探しますが、相手があまりにも巨大で立ち向かうことに対しての厳しい状況を変えられません。

そんなときホライズンジャパンの社長がマジテックを訪れ株式を売却してもらえなければ債権を三日以内に返済するように言ってきます。

芝野たちは戦うために融資や商品の代金の前払いなどお願いするために動きます。

しかし要求された2億5千万という額は大きすぎて大した成果もなく残り一日というところまで来てしまいます。

厳しい状況ですが、たまにはみんなで食事をしようということになり会社で食べていると芝野の協力者から電話がありホライズンが特許を欲しがる理由が軍事利用だということがわかります。

それを知った桶本は激怒し、新製品の開発を再開させようと工場に向かいます。

しかし、倒れてしまいます。

なぜ倒れたのかわからないまま第7話は終わります。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

毎回先の展開がどうなるのか気になって仕方ないドラマで今回もすごく集中して見ました。

ハゲタカファンドと言われるようなところがこんなにも強いということに驚きながらも個人的にはマジテックの逆転シーンでスカッとしたかったのですが新製品の開発を必死に頑張っていた桶本が最後に倒れてしまい、少し悲しい気持ちになりました。

町工場という規模ではどんなに頑張っていても負債があるとこんなにも厳しい状況を簡単に招くのだと思うと怖くなりました。

それでも、ホライズンに立ち向かおうと必死に頑張るマジテックのメンバーを見て感動しました。

今回もビジネスのドラマの重厚感が満載でとても面白かったです。

ペンネーム:カイト(40代・男性)

飛べないアヒル

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

マジテックの債権が、ハゲタカファンドのホライズンに渡り、買収の危機に直面します。

マジテックと英興技巧との間に交わされた特許の使用については、博士と会長との口約束で成立していたため、英興技巧の新社長となったテイラー氏がマジテックを特許侵害で提訴する準備に入ったとアナウンスします。

追い詰められる柴野は、昔の職場の人脈を活用しながらホライゾンの本当の目的を知ろうとします。

その一方、柴野に直接対面したホライゾンのナオミは、柴野に自分たちのファンドに加わることを勧めますが、これを拒否した柴野に債権の3億を三日以内に返済することを要求します。

僅か三日での返済の可能性を見つけるため、マジテックのひとりひとりが出来ることをこなしていきますが、現実は難しい状況と対峙することになります。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

小さな町工場で人のためになる物を作ることに情熱を傾けた博士が残したマジテックガードに使用されている特許に関する取り決めが、人間関係で成立していた点を突いて、買収を画策するハゲタカファンドのやり方は、法的には問題がないのかもしれないものの、義理人情で仕事を継続してきた町工場の職人や日本人が持つ本来の気質からすれば、納得しずらい状況に思えました。

悪いことをしたわけでもないのに、自分たちの居場所であった会社が、乗っ取りに会い、バラバラにされる現実は、日本各地の中小企業の工場にあったと想像でき、日本の産業基盤を支える名もなき職人たちの権利関係を利用して利益を出すファンドの怖さを感じました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

もと

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじネタバレ

栄光技巧の新社長が、特許権侵害でマジテックを訴えると発表し、賠償金3億円を請求してきます。

マジテックの持っている特許を欲しいがための、ホライズンの策略です。

芝野たちマジテック社員は、マジテックを守るためにそれぞれができることをしようと誓います。

村田が、芝野に会いに来て、「今回は俺の完全勝利だ」と言いますが、芝野は村田に怒りの感情を持つというよりは、どこか哀れみの目で見ています。

村田は、ホライズンのトミナガから約束通り報酬をもらいますが、行動費としてもらうはずの5000万はもらえず、2億5000万に値切られてしまいます。

それでも、大金を手にして、銀行にを退職し、海外へと飛び立っていきます。

芝野は、銀行時代のツテをつかって、ホライズンがマジテックを買収しようとする意図を探るが、なかなかわかりません。

マジテックに現れたトミナガにも、買収の意図を問いただすが、答えてもらえず、逆にどうして小さな町工場に転職したのかと聞かれます。

マジテックを辞めて、一緒に仕事をしないかと誘われますが、芝野は、「お金や会社をものとした見られない相手とは組めない」ときっぱり断ります。

トミナガから2億5000万の債権を3日後までに犯罪するよう迫られたマジテックは、融資を集め、支払いを待ってもらったりして、資金を集めようとします。

桶本さんたちは、新しい技術で新マジテックガードの開発を進めるが難航します。

気分を変えて、久しぶりに社員みんなでご飯を食べようと、皆で食事をします。

その席で、芝野はマジテック社員に、被害を最小限に抑えるために社名を捨てて、人と中身を別会社に移そうと提案するが、あさことのぞむは、マジテックを捨てる事を拒否します。

そんな中、芝野の携帯がなり、ホライズンの狙いが、博士の発明を軍事利用することだとわかります。

博士の発明をそんなことに使わせないと、怒った桶本さんが、倒れてしまいます。

『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話の感想

トミナガの目的が軍事利用とわかった時は、とても残念でした。

トミナガは、村尾をうまく利用して、自分の利益を追求しながらも、芝野と同じく社会貢献をしたいという考えだと信じていたからです。

村尾が、芝野に勝利宣言をしに来たけれど、芝野は全く相手にしていないようで、むしろ自分の失敗を人のせいにして、他人を陥れることに全力を尽くし、お金のために動く村尾を哀れんでいるようで、見ていて色々考えさせられました。

芝野演じる、玉木宏さんの演技力が素晴らしく、芝野の頼もしさや聡明さがよく伝わってきます。

桶本さんが、早く回復してほしいです。

ペンネーム:もと(50代・男性)

まとめ

ドラまる
2019年春ドラマ『スパイラル~町工場の奇跡~』第7話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
8話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

コメントお待ちしています!

CAPTCHA