ラジエーションハウス|ネタバレと感想を最終回まで更新中【4/15放送2話UP】

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年4月15日(月)にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話が放送されました。

ドラまる
ドラマHERO感が満載と話題のラジエーションハウスの第2話が放送されたね。
ラマちゃん
天才肌の唯織くんが、杏の前では形無しなのが可愛かったのよね。

今日は、どんな病気に直面するのかしら。

こちらの記事では、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などを1話〜最終回まで全話ご紹介していきます!

なお、過去放送分のネタバレと感想は以下からご覧ください。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話あらすじネタバレと感想

離婚届をじっと見つめる技師長の小野寺俊矢(遠藤憲一)。

妻子に出て行かれてから一年。

膝の痛みを訴えて検査に来ていた少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影をしながら、自身の息子のことを考えていました。

その頃、院長室で五十嵐唯織(窪田正孝)は院長の大森渚(和久井映見)に放射線科医として働く気はないのかと聞かれますが、あくまでも技師として働くことを心に決めていました。

健太郎のレントゲン写真を見て、成長痛と判断した甘春杏(本田翼)と辻村駿太郎(鈴木伸之)。

健太郎はシングルマザーとして頑張っている母・美佐子(中越典子)に心配をかけないよう遠慮している様子でした。

ラジーションハウスでは鏑木安富(浅野和之)が支援を受けている金田製薬の会長夫人・富恵(宮田早苗)のMRI検査が行われようとしていましたが、愛犬の写真が入っている携帯を預けたくないと駄々をこねていました。

その会話から、唯織は杏に自分を思い出してもらうには犬を助けた思い出を話そうとしますが、肝心の犬の名前が思い出せません。

しかも、杏は犬嫌いになっていました。

健太郎の検査が終わり、帰ろうとした美佐子は腹痛を訴えて運ばれてきました。

腹部のレントゲン撮影の結果単なる腹痛だろうと美佐子を帰そうとしますが、小野寺は美佐子が以前病院で見かけた副腎皮質ガンを患っていた患者であることを思いだしたため、唯織はさらに検査をすることを強く勧めました。

しかし、契約社員から正社員に登用されるチャンスを手にしていた美佐子は検査を後回しにしようとします。

そんな母を見て健太郎は泣き始めてしまいました。

大好きな母に検査を受けてほしかったんですね。

詳しい検査を行い今回の腹痛はガンの再発ではなく膵炎だと診断されました。

母親が入院することになり、待合で待つ健太郎に唯織は話しかけます。

ずっと健太郎に付き添ってくれていた少年は小野寺の息子でした。

彼はたばこもギャンブルも辞められない父に渡す離婚届を置いて帰ろうとしますが黒羽たまき(山口紗弥加)に自分で渡すように言われてしまいました。

母の入院の準備を手伝う健太郎の様子を見ていた唯織は、小野寺が撮影した健太郎のレントゲンをフィルムに起こし、詳しい足の容体を確かめようとしていました。

二枚のレントゲンフィルムを確認した唯織は、脳ドックを受けることになっていたVIP患者・金田会長を後回しにし、健太郎の検査を先にするように依頼します。

ここでイケボの威能さん登場。威能さんは金田会長夫妻係なんですね。

小野寺は「自分が責任を取る」と意外にも唯織に賛同し、健太郎の検査が行われることになりました。

さらにレントゲン写真を見ていた杏も、健太郎の検査にGOサインを出します。

様々な撮影法を試し、膝に現れたのは骨肉腫。

母や、祖母、叔母とガンを患ったガン家系の健太郎は骨のガンに侵されていました。

リ・フラウメニ症候群、ガンを発症しやすい遺伝性の疾患です。

小野寺「ガンになりやすいなら検査のたびに俺たちが見つけ出せばいい」

エンケンさんもかっこよかったですが、これから待ち構えている辛い検査も、「そのたび病気に勝ったという記憶を持たせてあげればいい」という唯織の言葉も身に染みました。

全ての様子をこっそり見ていた息子から離婚届を手渡された小野寺。

サインをして再び息子に手渡したかと思っていたら、離婚届には「バーカ離婚なんてするか!」の文字が。

今は心が違う方向をそれぞれ向いてしまっているのかもしれませんが、いつかその方向が戻って来てくれることを願っているんですよね。

今回の件で技師の大切さを再確認した杏。

放射線科医をみんなに認めさせようと必死だったのは、病院を継ぐはずだった兄を事故で亡くしていたからでした。

そして犬が苦手になったのは、その事故が犬が原因で起きていたせいでした。

その話を聞き、彼女の医者としての信念を技師として支えることを誓う唯織の前に杏を食事に誘う辻村が登場です。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話ネットの反応や感想

ラマちゃん
エンケンさん、かっこよかったね。

観念したかと思ったけど結局、離婚届にはサインしなかったのね。

ドラまる
頑張れ甘春杏先生~!

ラマちゃん
次回は山口紗弥加さんが中心なのね。

原作では2話に盛り込まれるはずだった物語みたいね。

ドラまる
彼は子役時代から(今も子役かな)演技がすごいね。

ラマちゃん
唯織くん頑張らないと、イケメン医師に先越されちゃうわよー。

スポンサーリンク

2019春・月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』2話の見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は地上波放送後1週間以内はTver、1週間以上経過している場合はフジテレビオンデマンド(FOD)で視聴可能です。

Tverはこちら

FODはこちら

より詳しい情報は以下の記事でご紹介していますので、是非ご覧ください!

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の動画を無料で見る方法はこちら

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話あらすじ

2019年4月22日(月) 21:00時から放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。

堂々と話す杏に見とれる唯織。

しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。

そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。

今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。

不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。

だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。

読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。

杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。

何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のネタバレ感想と第3話のあらすじをご紹介いたしました。

第一話と比べ、テンポがだいぶ速くなりましたね。

技術が進歩し、手順が簡単になり技師長の存在意義も薄れていく中、息子にもダメな父親と思われ、何かに熱意を捧げることをあきらめかけていた小野寺の心にもう一度火がともったのを感じました。

過去の遺物となっていく技術も、まだまだその力を忘れてはいけないと感じさせてくれましたね。

そのヒントをくれた唯織が、放射線科医の資格を持ちながらも技師として杏を助けたいという気持ちは理解しましたが、これだけ検査の指示を出してしまっては隠し通すのは難しいのではと思いました。

医師として写真を撮るのはダメなんでしょうかね~。

根本的なことが気になってしまいました(笑)

ドラまる
エンケンさん、頼りない技師長かと思ってたけどかっこよかったね。
ラマちゃん
次回はデントブレストの回だわ。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA