ラジエーションハウス|8話見逃し動画無料視聴はこちら【5/27配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話(2019年5月27日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年5月27日(月)放送終了〜2018年6月3日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2019春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信中されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が4/9の場合、5/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ラジエーションハウス』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじは?

2019年5月27日(月)21時00分より放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじをご紹介します。

甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。

唯織(窪田正孝)らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。

だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。

杏(本田翼)は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。

その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。

それを知った裕乃(広瀬アリス)は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。

一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが……。

小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。

枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。

陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。

久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。

そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし……。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の見どころや期待度をご紹介いたします。

マップ
今回の最後のシーンの遠藤憲一さんにお前は何者なんだと問われるシーンから想像できるので、本当は医師免許をもっていることを皆にバラした時のみんなのリアクションがどんな感じか楽しみです。

どんどん本田翼さんは窪田正孝さんの役にひかれていっているのが分かるので、今後どのような進展が起きるか楽しみです。

鈴木さんと窪田さんのライバル関係を描くシーンがそろそろもっと出てくると思うので、恋愛ドラマの要素もそろそろ楽しめるのかなぁと思います。

回を重ねるごとに技士の皆さんが技士としての誇りを持ち始め、どんどんチームワークが良くなっているので、そのチームワークを生かしたシーンがでてくることを期待します。

ペンネーム:マップ(10代・女性)

めいさ
毎回ですが、第8話でも五十嵐(窪田)の活躍がとても楽しみです。

そして元々優秀な放射線科医師であるという正体を隠している五十嵐ですが、少しずつ技師長にばれ始めています。

第8話で技師長に問い詰められるのかどうかもとても気になります。

正体がばれた場合はどうなるのでしょうか。また、五十嵐以外の技師に関しても、回を重ねるごとに一人一人の個性が出てきています。

第8話ではどの技師がどのような内容で取り上げられるのかもとても楽しみです。

また甘春(本田)は五十嵐に甘えていると言われ、距離をとろうとしているため二人の距離感も気になります。

ペンネーム:めいさ(30代・女性)

kouasami
また違う疾患の患者が登場します。

痙攣発作は、いろいろな病気の可能性を持つようです。

杏が唯織を意識して目が合わせられないようです。

複雑な心境なのでしょう。

忘れていた遠い過去の幼い二人の約束を思い出しかけているのかもしれません。

小野寺技師長が、唯織に対して核心に近いところまで気がついてきたようです。

小野寺、good jobです!

唯織の本当の姿が、徐々にベールが剥がされるようにみえてくることを期待してやみません。

今までも鋭い的をついた診断を下し続けてきた唯織です。

医者をもしのぐ優秀ぶりに、自ずと周囲のスタッフも気づくころではないでしょうか。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

くいこ
少女がけいれん発作で救急搬送されてくるところから、ストーリーが展開していくようです。

杏先生と唯織さんの関係も、また何らかの進捗がありそうな予感がします。

季節外れのハロウィーンパーティーが行われたり、にぎやかな雰囲気も出てきそうですが、盲腸の患者が運ばれてきたり、一旦は落ち着いていた患者がけいれんを起こしたり、どんどんラジエーションハウスがあわただしくなりそうな展開となっていき、唯織さんがどんな切り口で診断の糸口へと導いていくか、とても楽しみです。

所々で見せていただけるであろう広瀬さんの反応も楽しみです。

ペンネーム:くいこ(40代・女性)

ふじお
五十嵐は一体何者なのか?小野寺は嗅ぎ付けました。

海外での実績があることから、優秀な人材なことには間違いありません。

医者にならずに放射線技師にこだわる訳も、過去に何かがあった気がします。

幼い少女が痙攣しながら運ばれて来ますが、五十嵐は見抜くことができるでしょうか?

手術が難しいと言われる子供の体は、放射線技師の判断によりオペを行います。

誰にも発見できないわずかな影を五十嵐は、見つけると思います。

小さい命を奪う病は、子供の内に治しておきたいものです。

最小限のリスクで、オペできれば明るい未来も見えてきます。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

飛べないアヒル
第7話の最終シーンで、小野寺が五十嵐に突きつけたタブレットの画像に、五十嵐がいかに対応するのか、次回最も気になります。

次回の第8話も、けいれん発作を起こした少女が救急搬送されてきて、当初のCT検査では異常が見られなかったものの、別の日の検査では脳が木の枝のように光るブライトツリーアピアランスという所見がみられ、入院します。

五十嵐のこれまでの技師の能力を超えた診断能力に疑問を持ち始めた小野寺や、杏の動向も気になりますが、けいれん発作を起こした少女の診断でも、五十嵐の能力が発揮される展開となりそうで楽しみですが、いつ医師の資格がバレるかも気になります。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

さきママ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

小児病棟では、季節外れのハロウィンが開かれようとしていた。

それは、痙攣発作で入院している久美が提案したものだった。

準備が着々と進むなか、久美は肝心の検査は嫌がり、姿を消してしまう。

杏が院内で発見し、病室まで連れ戻そうとしたが、その途中でエレベーターに閉じ込められてしまう。

更には、そのエレベーターの中で、久美が発作を起こして倒れてしまうのだった。

一方で、若井陽子という女性が腹部の痛みで受診。

鏑木は盲腸と診断し、薬で治療すれば大丈夫だと伝えたが、五十嵐は別の病気の可能性を疑っていた。

同じく疑いをもった杏は、改めて陽子の検査をするのだった。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

陽子の「子供がほしい」と書いた願い事の紙を見た、たまきの反応が気になりました。

驚いたような顔をした後は、どのシーンでも何とも言えない表情をしていて、裕乃から願い事を聞かれたときは、「素直に書けなくなった」と暗い表情で答えていて、何だか意味があるのではないかと勘ぐってしまいました。

以前、自身が乳ガンかもしれないという不安を乗り越えたたまきなので、もしかしたら、その時の事を思い出したのかもしれないですし、単に陽子の気持ちを感じ取っただけかもしれませんが、あまりに気になってしまう言動だったと感じました。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

くまさん

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

痙攣で運ばれてきた魚谷久美という少女は、CTでは異常なしでしたが、MRI検査で「ブライトツリーアピアランス」という診断を受けました。

いつも細かなところに気づく五十嵐に対して杏は、なぜ小さな異常も発見できるのか気になっている様子。

同じく技師長も五十嵐の視点の良さに「もしかして医師免許をもっているのか」と尋ねます。

五十嵐は素直に医師免許を持っていることを認めた上で、他の人には言わないでおいてほしいと頼みます。

技師長も理解をしてくれ、バレないよう忠告し、さりげにフォローしてくれるようになります。  

また虫垂炎の診断を受けた陽子という既婚女性。

五十嵐と杏はなにか違和感を覚え再検査すると稀な虫垂腫瘍ということが判明。

病気をきっかけに陽子は、自分の今後の生活について夫婦で話し合うことにしました。 

そんな中、技師長と医院長が五十嵐の医師免許について話しているのを杏は耳にしてしまいます。

複雑な表情の杏…。

今後二人の関係はどうなっていくのでしょうか。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

少しづつ杏と五十嵐の関係がいい方向に向かってきていて、わくわくします。

一方で杏の背負っているものも見え隠れしつつ、杏と五十嵐が発展するかと思えばなかなかうまくいかないところが見ていて歯がゆく、五十嵐を応援したくなりました。

また五十嵐の鋭い視点が面白くて、引き込まれます。

個性あふれる技師の人たちとのチームワークの良さが好きで、それぞれの個性を認めあい、五十嵐をやさしくフォローするところが見ていて心あたたまりました。

子どもを持たないという選択、子どもを育てたいという思い。

どちらも共感できる部分があり、大切な気持ちは後悔することのないようしっかり言葉で伝える大切さを改めて感じました。

ペンネーム:くまさん(30代・女性)

めいさ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

今回は痙攣で入院中の女児と、外来で通院していた子供が欲しい若い女性患者さんの物語でした。

女児が突然病院でハロウィンを行いたいと主張し、技師や看護師の協力のもと実施することになりました。

患者さんも医療者も短冊に願い事を記載して飾り、入院中の子供たちにお菓子を配布することになりました。

若い女性は子供が欲しくてもなかなかできずに悩んでいました。

若い女性は腹部の検査を行い当初は盲腸と言われていましたが、五十嵐(窪田)と甘春(本田)の的確な読影で虫垂腫瘍であることがわかり、早期手術をすることになりました。

一方で女児は、突然病室から抜け出してしまいました。

甘春先生が女児を見つけましたが、二人が乗ったエレベーターが故障して閉じ込められてしまいます。

女児はエレベーター内で痙攣発作を起こし、エレベーターの外から五十嵐が甘春に的確な指示を出します。

技師数名でエレベーターをこじ開け女児は助かりました。

そんな女児を心配している両親に対して、五十嵐が優しく声をかけます。

五十嵐は、女児がハロウィンを行いたかったのは他の入院患児のためと伝え、両親は感動していました。

五十嵐は放射線科医であることがついに技師長にばれてしまいました。

そして技師長と院長がその件について話している所を甘春が聞いてしまいます。

甘春は頭痛がひどく、ふらつく場面がたびたびありました。

今回、五十嵐の前で倒れてエスカレーターから落ちてしまう場面で終わりました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

若い女性患者さんに対して、珍しい虫垂腫瘍という珍しい疾患であることを的確に判断できる五十嵐(窪田)の能力が素敵でした。

また、甘春(本田)と女児がエレベーターに閉じ込められた際、エレベーターの外から五十嵐が懸命に状況確認して指示を出していました。

あの的確な指示は優秀な医師しかだせないと思いました。

その場面の五十嵐はとても格好良かったです。

また五十嵐は、女児がハロウィンをしたいと言っていた理由もきちんと把握しており、本当に患者さんに対する洞察力が優れていると感じました。

実際の現場にもこんな医療者がいれば安心だと思いました。

ペンネーム:めいさ(30代・女性)

kouasami

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

けいれん発作のため、魚谷久美という女の子が入院してきました。

脳に疾患があり、「ブライトツリーアピアランス」という病名です。

ハロウィンが近づいて、パーティーをしたいとの久美の希望でみんながそれぞれ願い事を書いて、ツリーに飾ります。

ラジエーションハウスのスタッフたちも書きました。

甘春杏が久美の病室を訪ねると、本人は不在でした。

慌てて探し回り、ようやく見つけると、2人でエレベーターに乗り込みました。

機械の不良でエレベーターは停止し、閉じ込められてしまいます。

ラジエーションハウススタッフ総出で2人を助け出しました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

甘春杏は、随分患者に寄り添った対応をするようになったと思います。

ラジエーションハウスのスタッフへの当たりも柔らかいし、五十嵐の支持を素直に受けるところは驚くばかりでした。

エレベーターに閉じ込められた場面です。

若井陽子の子供が欲しいという切な願いにも耳を傾けていた甘春の姿がありました。

素直に、自分自身の言葉で答えながらの様子は、とても微笑ましかったです。

甘春を時折襲っていた頭痛が、とうとう表面化しました。落下によっての打撲も心配されます。

五十嵐が医師免許を持つことを、まず小野寺が知る事となり、甘春の耳にも入ったはずです。

やっときたか、という感じです。

ペンネーム:kouasami(40代・女性)

くいこ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

けいれん発作を起こして少女が救急搬送してきて、CTとMRIの所見で入院治療となりました。

しかし病室を抜け出し、杏先生に見つけられ、一緒にエレベーターに乗ったところ閉じ込められてしまいました。

杏先生の処置とラジエーションハウスのメンバーが早くエレベーターから脱出させようと頑張り、何とか事なきを得ました。

また、鏑木先生が診断した腹部の痛みを訴えた女性の診断について、唯織さんが異議を訴え、再検査をしたところ、手術が必要な病気と判明。

子供が欲しいと願う女性は、夫に状況説明し、手術を受ける方向で頑張ることになった。

最後には体調がよくなかった杏先生がエスカレーターで倒れてしまいました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

エレベーターに閉じ込められたシーンのラジエーションハウスメンバーの立ち回りや鏑木先生の診断であった腹痛を訴えた女性の画像に異議を唱え、ただの盲腸でないと気が付いたシーンなど、すごいなあと思ったシーンはありましたが、正直いつもより感動が薄かったです。

調子が悪そうな杏先生が最後にエスカレーターで倒れてしまい、ここで終わってしまうのは正直残念でしたが、次回しっかり唯織さんの立ち回り方を堪能したいです。

今回も夫婦愛を感じました。

無事手術が終わって、お子さんが授かるといいなあと観ながら願ってしまった私がありました。

ペンネーム:くいこ(40代・女性)

飛べないアヒル

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレ

けいれん発作で緊急搬送されてきた久美という少女のCT検査では異常が見られず、日を改めて行ったMRI検査で二相性急性脳症が確認され、入院治療が行われます。

久美は周囲に入院する同じ年代の子供たちが、病気によりお菓子が食べられない状況に、季節外れのハロウィンパーティーがやりたいと言い出します。

そんな中、杏のもとに右脇腹の痛みを訴える女性が訪れ、待合室で久美が長い事を書く紙を手渡します。

その女性の診断に五十嵐だけが気づいていたことがあり、再検査を提案します。

五十嵐だけが画像から読み取れる能力に、杏はさまざまな感情が入り混じります。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話の感想

五十嵐が医師であることに気づいた技師長は、直接本人に真実を正し、これまでの診断に関わる五十嵐の能力に合点がいき、それ以上のことを追求することなく業務をこなす姿には、大人の気遣いを感じました。

技師と信じている五十嵐に助言を求める杏が、苦悩する姿は医師であるが故の苦悩ともいえ、病巣を診断する画像診断の難しさも感じさせました。

画像診断を巡って、鏑木医師の診断を否定する診断結果の扱いについて、杏が患者の利益を最優先に考えた判断は、白亜の巨塔と呼ばれる医学界では難しいことだろうと推測され、さりげなく院長がフォローに入る姿は、民間病院ならではと思えました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2019年春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
9話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ラジエーションハウス』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA