【ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~】8話ネタバレと感想。唯織(窪田正孝)の力強い腕に大興奮。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月27日(月)にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話が放送されました。

ドラまる
いよいよ唯織の正体が杏に知られてしまう?

幼馴染だったということは思い出してほしいけれど、医師だということは知られたくないんだよね。複雑だ~。

ラマちゃん
今日は朝ドラで話題沸騰中の板橋駿谷さんが月9にも出演!

今後目が離せない俳優さんになりそうね。

こちらの記事では、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話あらすじネタバレと感想

医師免許を持ちながら技師と言う仮面を持つ男。

過去と笑顔を封印し鉄の仮面をつけた女。

秘密の恋のため、弱い自分を隠すため、あの日の約束を守るため。人は様々な理由から仮面をつけてしまいます。

甘春病院ではけいれん発作で入院している少女・魚谷久美(稲垣来泉)が季節外れのハロウィンパーティを開きたいと言い、小児科の子供たちがハロウィンで飾る願い事カードをみんなに配っていました。

盲腸の診断を受けた若井陽子(佐藤めぐみ)にも、久美は願い事カードを手渡します。

陽子は一度は『子供がほしい』と書きますが、以前定職につかずアルバイトをしている夫の祐一(板橋駿谷)に子供はいらないと言われたためそのカードを捨てて帰ろうとしました。

捨てそこなったカードを拾ったのはラジエーションハウスの黒羽たまき(山口紗弥加)でした。

陽子はCT検査の結果、鏑木安富(浅野和之)から虫垂炎と診断されましたが画像を見た五十嵐唯織(窪田正孝)は再検査をした方がいいと進言してしまいました。

どうしても患者を救いたいと言う気持ちが技師としての我慢を忘れさせてしまう唯織です。

唯織が医師であるということを知っている小野寺俊矢(遠藤憲一)も、あたふたしてしまいますよね。

唯織の言葉を聞いた甘春杏(本田翼)は、再度陽子の画像をチェックしある病名を疑います。

それは虫垂腫瘍。

唯織との見立ても一致し、再び陽子のMRI検査を行うことを決断します。

しかしこれは鏑木の診断を覆すことになりますが杏はひるみませんでした。

偽陽性ならば虫垂炎として投薬治療、陽性ならば手術。

まさにトリックオアトリート。

陽子は検査の結果、虫垂腫瘍と診断されました。

腫瘍は状態が悪く将来子供が産めなくなるという可能性までも含んでいました。

陽子が本当は子供がほしいと願っているのを知っているたまきは複雑です。

いよいよ翌日にハロウィンパーティが迫った日。

久美はMRI検査当日でしたが、とつぜん姿を消してしまいました。

院内で久美を見つけた杏は一緒にエレベーターで検査室に戻ろうとしますが緊急停止してしまいました。

そしてそのエレベーターの中で倒れる久美。

唯織は閉じ込められている杏にアドバイスを送ります。

ラジエーションハウスのメンバーが力づくで扉をこじ開け二人を救出。

応急処置を行い久美の命は助けられました。

久美がなぜハロウィンパーティを行おうとしたのか。

それは辛い検査に耐え、一緒に入院しているお友達にお菓子を食べさせてあげたかったから。

そう唯織から伝えられた両親は初めて久美の気持ちを知ることができたのです。

手術の予定が立った陽子は杏に「どんなに願ってもかなわない夢がある。」と話します。

その陽子にたまきはあの時拾ったカードを渡しました。

「見つけにくい虫垂腫瘍を奇跡的に早期発見できたのは、その願いを叶えられるということでは。」と。

たまきの言葉を受け、夫に子供がいらないと嘘をついて仮面をつけて対応していた陽子は、夫に自分の現在をありのままに伝えることができました。

しかし、実は夫も二人の子供がほしいと願っていました。

バイトをしていた夫は陽子に隠れて就職活動をしていました。

陽子に子供がいらないと言った時、不採用の通知を受けた直後だったため将来のことが考えられなかったのです。

本当は家族を養うために頑張っていたんですね。

仮面を取ったとき、人は新しい世界を知る。

杏もその一人でした。

院長の大森渚(和久井映見)と技師長との会話を聞き、唯織が本当は放射線科医あることを知ってしまった杏。

ぐるぐると唯織との会話を頭の中に巡らせる杏はエスカレーターでめまいを起こし転落してしまいました。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話ネットの反応や感想

ドラまる
杏がとうとう真実を知ってしまったことも気になるけど、頭痛の原因は何なのかな。

唯織はどうするんだろう。

ラマちゃん
広瀬のその気持ちは、技師としての尊敬なの?恋愛なの?

気になる~!

ドラまる
小野寺技師長は唯織の願いを受け止めて内緒にしてくれていたのに、ばらしちゃった張本人になっちゃったね。

ラマちゃん
朝ドラから月9で広瀬姉妹と共演することになった番長こと板橋駿谷さん。

要注目俳優さんだね。

ドラまる
必死にエレベーターのドアを開けているときの唯織はHEROだったね。

なのにカンファレンスから締め出されちゃう唯織がまた可愛い。

ラマちゃん
唯織の心からの願い「ずっと一緒に働けますように」

叶うと良いなあ。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話あらすじ

2019年6月3日(月) 21:00時から放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。

杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打しており……。

同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。

辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。

安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。

丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。

ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。

記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。

押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。

一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話のネタバレ感想と第9話のあらすじをご紹介いたしました。

今日の唯織は杏を助けるために大活躍でしたね。

エレベーターの中で唯織の声は杏にとって計り知れないほどの安心を与えてくれたのではないかと思います。

しかし、唯織が医師であることを知った今、医師としての力の差も同じようにヒシヒシと感じていると容易に想像できますね。

できれば杏の願った通り、唯織の願い通り、医師と技師としてコンビを組めたらよかったのですがもう難しくなってしまいましたね。

そして、頭痛のため転落してしまった杏の容態も気になるところです。

過労のためなのか、病気が隠れているのか。

唯織が杏のHEROになって助けてくれるのでしょうか。

ドラまる
なんだか杏と唯織の間に、広瀬も入り込んできそうな予感だよ。
ラマちゃん
次週は恋敵の辻村にスポットが当たるのよね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA