【ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~】5話ネタバレと感想。父と息子の関係に涙。

  • この記事を書いた人:tomopon

2019年5月6日(月)にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話が放送されました。

ドラまる
唯織と杏の距離が縮まり、ラジエーションハウスのチームの結束も固くなってきて、ますます面白くなってきたね。
ラマちゃん
今日は死亡時画像診断のスペシャリスト威能さんの回ね。

こちらの記事では、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話のあらすじネタバレと感想、ネットの反応や評価、見逃し動画を無料で見る方法などをご紹介していきます!

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話あらすじネタバレと感想

携帯に納められた一枚の女性の写真。

威能圭(丸山智己)の妹のものでした。

亡くなった妹の死因に疑問を抱いたまま、時を過ごしていた威能はオートプシー・イメージング――通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストとなっていました。

河原でキャッチボールをしていた少年・藤本直樹(南出凌嘉)。

倒れていたところを弟・雄太(斎藤汰鷹)が発見し、友達の山村肇(小林喜日)が救急車を呼び病院に運ばれてきましたが助けることはできませんでした。

死亡した彼の死因は、上に投げていたボールが心臓付近に当たり心臓振とうを起こしたこととされますが、詳しい原因はAiを行わないとわかりません。

しかし、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)はそれを拒否しました。

Aiを断固拒否する両親に、小野寺俊矢(遠藤憲一)は「遺族のためにAiはある」と伝えますがすぐに答えは出ませんでした。

遺族の承諾がない遺体は解剖ができず原因不明の死を迎える人が多い。

両親がAiを拒否する理由は虐待?

確かに直樹の体には痣が見受けられました。

ラジエーションハウス内でそんな話が持ち上がっていると、母親がAiを承諾と連絡が入りました。

それぞれの仕事に就く五十嵐唯織(窪田正孝)達。

唯織の仕事の速さに目を見張る広瀬裕乃(広瀬アリス)。

画像を見た唯織は心臓や脳ではなく肝臓に異常を発見し、杏に判断を仰ぎます。

直樹の死因は肝臓破裂による出血性ショックが考えられました。

事故か事件か。

雄太に付き添っていた肇に話を聞く唯織。

直樹の両親は再婚しており、直樹は母の子、雄太は父の子だと聞かされました。

そして肇は直樹が父親とはうまくいっていなかったと続けます。

家を出るとき、財布を忘れたと兄から連絡を受けた弟。

しかし唯織は直樹の所持品に携帯がなかったことを見逃しませんでした。

そして肇にボールを投げる唯織。肇が左利きであることを確かめていました。

両親、雄太、肇を集め話をする唯織は、過去にボクサーが直樹と同じように肝臓破裂で亡くなった話をします。

一撃で肝臓を破裂させるには格闘技の経験が必要であることと、直樹の肝臓の右側が破裂したということから左利きの人物に殴られたことがわかりました。

父が直樹を殴ったのは、夜遅く帰宅した直樹を叱るためでした。

なかなか心を開いてくれないと思っていた直樹でしたが、雄太は兄が父と仲良くするために、キャッチボールの練習をしていたと教えてくれました。

その話を聞く人の中で、格闘技経験者で左利きの人間は肇だけでした。

唯織に頼まれて父の携帯から電話をかけると、肇の持つ携帯が震えました。

それは直樹の携帯でした。

肇「あんなので死ぬなんて思わなかった。」

その言葉に激昂した父は肇につかみかかります。

肇は実の父親から虐待を受けていました。

同じように父を恨んでいたはずなのに、自分だけが置いていかれたように感じていた肇。

「あいつとキャッチボールしたかったなぁ。一度でいいからお父さんと言ってもらいたかった。」

唯織から手渡された直樹の携帯の着信には「お父さん」の文字が。

息子の最後の写真を撮ってくれた人に感謝し帰っていく家族がいました。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話ネットの反応や感想

ドラまる
最後の携帯の登録名の「お父さん」をみて泣いてしまったよ。

お父さんの無念と悔しさと、通じ合えていたという少しの喜びと入り混じってた感情だったね。

ラマちゃん
杏に声をかけられただけで毎回ここまで喜べる唯織が可愛いわ。

ドラまる
アンナチュラルとバチスタがちらつく回だったね。

ラマちゃん
威能の妹さんの死が威能を突き動かしていたんだね。

亡くなった方の遺族の気持ちは複雑だよね。

ドラまる
すごくいいお父さんはドラマ「モンテクリスト伯」の土屋さんだったね。

スポンサーリンク

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話あらすじ

2019年5月13日(月) 21:00時から放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。

その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。

それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。

そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。

腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。

CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。

裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。

ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

公式サイトより引用

まとめ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話のネタバレ感想と第6話のあらすじをご紹介いたしました。
本当のお父さんになろうと頑張っていた父。

その父の思いを感じていた息子。

最後にAiを行ったことで、二人の思いが通じ合うことができました。

直樹が素直になれずにいたことも、肇が直樹に裏切られたと思ってしまったことも、13歳という年齢からくる幼さが今回の悲劇を生んでしまったんですね。

そして、Aiを極めることになった威能にも、妹の死という辛い過去があることがわかりました。

今を生きているという奇跡を大切にしなければと考えさせられました。

ドラまる
父親役の三浦誠己さんや、直樹役の南出凌嘉くん、肇役の小林喜日くんみんないい演技で引きこまれたよ。
ラマちゃん
Aiが題材だったので、アンナチュラルやバチスタを思い浮かべた人が多かったわね。

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA