ラジエーションハウス|3話見逃し動画無料視聴はこちら【4/22配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話(2019年4月22日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年4月22日(月)放送終了〜2018年4月29日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2019春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信中されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が4/9の場合、5/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ラジエーションハウス』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじは?

2019年4月22日(月)21時00分より放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。

堂々と話す杏に見とれる唯織。

しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィ検査に苦戦していた。

そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。

今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。

不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。

だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。

読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。

杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。

何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。

するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の見どころや期待度をご紹介いたします。

ARA
第三話の楽しみなところは、五十嵐がどうやって杏ちゃんに思い出してもらうためのアピールをしていくのでしょうか?

そして職場でずっと妄想にふけてみんなが話しているところに突拍子もないことをいい始める五十嵐が楽しみです。

そんな五十嵐もラジエーションハウスのなかで検査が始まればピシッとしているのでそこのギャップもたまらないのですが、三話ではたまきとたまきの友達が乳ガンの検査をしていてどちらが癌なんだろう?

なぜ二人で癌の検査をしているのだろう?

きっちり検査をさせてくださいという五十嵐の声がやけに印象に残っています。

来週もとても楽しみです。

ペンネーム:ARA(30代・女性)

moe6
3話では、結婚を控えた女性が乳がんの検査に来るというデリケートなテーマのようです。

同じ女性としてとても気になるテーマではありますが、唯織がどのようにその病変を見つけていくのかが気になります。

若い女性にとっては肉体的にはもちろんですが精神的なダメージの大きい病気なので、手術を迷う女性の心境がどのように描かれているのかも見どころだと思います。

そして、少しずつではありますが唯織に興味を持ち始めた杏の気持ちの変化もどうなるのか、子供の時の唯織との約束を思い出すことができるのか、今後の2人の関係の展開が楽しみです。

ペンネーム:moe6(40代・女性)

たま
3話は、黒羽の友達が病気になり検査を受ける話のようなので、また聞いたことのない病名なのかな、と想像したりしています。

友達と黒羽は女性同士なので、掛け合いが凄そうな気がしますが。

果たして病気は治るものなのか、2話ではレントゲンでは発見出来ず、家系的に成長痛とは違う可能性があるという事と、フィルムにしてわずかなおかしい箇所があるという事でCTを取りました。

今度の病気はレントゲンに写るものなのか、何をきっかけにして気付くのかなど見所はたくさんありそうです。

また、技師や医師のキャラはどれも魅力的なので黒羽の魅力はどのようなものか次回詳しく分かりそうです。

さらに杏は、少しずつ五十嵐との思い出がよみがえってくるのではないかな、と思ったりしています。

ペンネーム:たま(40代・女性)

あやの
ベテラン技師の黒羽たまきは、新人の広瀬裕乃に厳しくあたって教える一方で、彼女を成長させようとしているのが見てとれます。

難しいマンモグラフィ検査に苦戦する裕乃のために、自らが被験者となって経験を積ませてあげるようです。

第3話では、乳がんの不安をかかえて検査に訪れる女性が取り上げられるらしく、身近な問題として気になります。

乳がんという病気は怖く検査も気が重いものですが、たまきや裕乃のような技師さんがいてくれたらいいなと思います。

また、写真を読み取る能力に長けた五十嵐が新たに活躍する場面もあるようで、五十嵐やその仲間たちの仕事ぶりに期待したいと思っています。

ペンネーム:あやの(40代・女性)

ふじお
同僚の五十嵐が病に侵されてしまいます。

画像解析をしたところ、危険な状態なのでどうすることもできません。

ここから先は医師の技術に掛かっているので、見守るしかありません。

好きで病気になる人はいないので、病に侵された人は誰を責めることもできず、毎日が恐怖だと思います。

気を強く持っても、根負けしてしまう病気は運が悪かったとしか言いようがありません。

日に日に悪化してしまう病気は、本人が一番辛いので生きる希望が無くなります。

医療技術が発達しても治せない病気になると、残りの人生をどう過ごすか?に掛かっています。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

飛べないアヒル
杏の過去を聞いた五十嵐は、自分を思い出してもらえなくても技師として杏を支えると決意するものの、揺れる気持ちがどう表現されていくかが楽しみです。

広瀬の元には、結婚を控えた女性誌の編集者、今日子がマンモグラフィー検査に訪れ、家系に乳がんが多いなどの話をしていると、たまきが叱責します。

マンモグラフィーの検査をうまくできない広瀬の画像からは、異常なしの結果が導かれるものの、五十嵐がまたしても違和感を感じ再検査の必要を伝えます。

たまきが新人広瀬のための練習台となるようで、新人と先輩技師の心情がいかに描かれるか楽しみです。

五十嵐の読影が、周囲にどんな影響を与えるかが楽しみです。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

明日香

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

物語は、甘春杏が放射線技師の説明会をしているところから始まります。

その頃、乳がんのマンモグラフィ検査を受けに来た患者がいました。

そして、広瀬裕乃がマンモグラフィ検査に苦戦していて上司の黒羽たまきに怒られてしまいます。

しかし、広瀬裕乃がマンモグラフィ検査をした患者がデンスブレストであるかもしれないということを五十嵐唯織が気づき、追いかけます。

しかし、その患者は帰ってしまいます。

後日、その患者が病院を訪れ超音波検査をしたが、何も異常は見られませんでした。

しかし、五十嵐は、再度検査をさせてほしいと願い出ます。

そして、その患者とは別に黒羽たまきにも異常が見られることを広瀬裕乃が感づいていました。

そこで、広瀬は10万円を支払うから検査の練習をさせてくれと願い出る。

五十嵐が患者の検査をしているのと同時に広瀬の黒羽たまきの放射線検査が行われる。

結果、患者は乳がんだったが、黒羽たまきは乳がんではないことがわかりました。

その患者は、結婚を控えていて旦那は歳下だから自身が持てなかったが、結果的に受け入れてもらうことができました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

今回の内容は、乳がんという病気をテーマにしていました。

これは女性にとってとても興味深いテーマだと思いました。

いつなるかわからない自分もなるかもしれないと思いながら見ている人も多いと思います。

しかし、最後に乳がん患者が旦那さんに胸がなくなることに対して受け入れてもらえる様子を描いていたシーンがとても感動しました。

胸がなくなることに対しての不安はとても大きいものですが、最後の旦那さんの言葉で安心できた患者さんの様子を描いていて、実際にこういう夫婦になりたいなと思いました。

また、今まであまり個人的な感情などをあまり出していない印象を受けた黒羽たまきの自分が乳がんかもしれないという不安な様子から人間的な部分が垣間見れてとても面白いと思いました。

ペンネーム:明日香(20代・女性)

momon

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

放射線技師の元に葉山今日子という女性が現れる。

マンモグラフィーの検査をしにきた女性は毎年欠かさず検査を受けているようだ。

マンモグラフィーの検査結果は異常なしだったが、彼女には隠れた癌が潜んでいるかもしれないと感じた唯織だった。

彼女はデンスブレストだと分かった唯織は、マンモグラフィーの検査では見えない場所に潜んでいるかもしれないと思い、超音波検査をするように伝える。

彼女は超音波検査をして、MRI検査を行った結果、乳がんの早期発見をすることができた。

右胸を全摘出することになった彼女は、悔やむのではなく、早期発見でき助かったことに唯織と杏に感謝の気持ちを伝えるのだった。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

患者である今日子が、結婚しようとしていたため、すごく切ない気持ちになりました。

今日子も癌だと分かって結婚することを諦め、自分よりもはるかに年下の男性のため、これから出会いがたくさん待っているだろうと思ったのですが、その言葉を聞いていたたまきが、人生で結婚したいと思える人に会えることはとても素晴らしいことだと伝えたため、結婚することを諦めず、旦那さんも今日子のことを手放そうとしなかった姿にとても感動しました。

今日子はマンモグラフィーでは分からない癌が隠れていることを記事にして、世の中に教えてあげることができたのでとても素敵だと思いました。

ペンネーム:momon(20代・女性)

さきママ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

裕乃は、慣れないマンモグラフィー検査に時間を掛けていた上に、患者である葉山今日子と世間話をして、たまきに叱られてしまう。

反省した裕乃は、勤務時間外にマンモグラフィーの練習をしていたが、そこにたまきがやってきて、自らの胸で練習をするよう促す。

ところが結果は持ち去ってしまったたまき。

何とかデータを見つけた裕乃であったが、そこで、たまきの胸に腫瘍があることを知ってしまう。

一方、今日子のマンモグラフィー画像を見た五十嵐は、今日子がデンスブレストだと気付く。

今日子の家系が、ガンを患ってきたので、見えないガンがあるかもしれないと心配した五十嵐は、今日子に更に詳しい超音波検査を勧める。

しかし今まで幾度となくマンモグラフィー検査を受けてきた今日子は、どこか納得いかず、怒りを露にするのだった。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

今回の今日子と同じように、デンスブレストという言葉を初めて聞いて驚きました。

マンモグラフィー検査を受ければ、乳ガンかどうかは分かるものだと思っていたので、今回のストーリーは、とても勉強になりました。

と同時に、怖くもなりました。

いくら検査受けても、デンスブレストだったらガンが見逃されるかもしれない、そして、それによって手遅れになるかもしれない。

今回の今日子も、五十嵐が早期発見をしても、乳房を取らなくてはいけなくなったので、五十嵐が気付かなかったらと思うと、とても怖かったです。

1つの検査を受けていても完全ではないのが、人の体なのだと改めて思い知らされた回でした。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

りな

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

内山理名さんは乳癌検診でマンモグラフィをしました。

異常なしとの結果だったので安心して帰ろうとしていましたが、窪田正孝さんが追いかけてきて、超音波も受けるように勧めます。

後日、内山理名さんは、超音波も受け、これもまた異常なしだったのですが、窪田正孝さんは気になることがあったのでさらに詳しい検査を勧めました。

その検査で、乳癌が見つかりました。

しかし、転移はしていなかったので、乳房の全摘出で対応できそうです。

内山理名さんは全摘出に多少ショックは受けていますが、命を守ることができたことに喜び、窪田正孝さんに感謝を述べました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

日本人の半数以上がデンスブレストということですが、いちいちマンモグラフィを受けたからと言って、超音波検査まで勧められたら、患者も病院もキツイなぁというのはわかります。

よく聞く「ガン検診を毎年受けてたのに見つからなかった」ってどういう意味だろ? 

検診って意味ないのか?とずっと疑問だったのですが、こういうことだったのかと納得できました。

しかし、今回の内山理名さんのように特に乳癌を心配していて真剣に検診を受けているような人には知る権利があると思うし、難しい問題だと思います。

どちらが正しいのだろうと考えさせられる内容でした。

ペンネーム:りな(30代・女性)

moe6

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

乳がん検診に訪れ異常なしと診断された今日子でしたが、デンスブレストという乳腺密度が高く、超音波検査の必要性を感じた唯織。

杏や主治医に頼み込み超音波検査とMRI検査を実施した結果、ほんの少しの病変の疑いから初期の乳がんが見つけます。

一方乳がんの疑いを感じていた技師のたまきは、裕乃にそのことを気づかれ、超音波検査を受けます。

検査の結果は良性の腫瘤が見つかったものの、がんではありませんでした。

右胸を全摘することにショックを受ける今日子は、結婚を諦めることも考えましたが、たまきから、「乳がんよりも結婚相手に出会えることの方が奇跡、」と言われ、元気づけられるのでした。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

女性特有の疾患がテーマだったので、始まる前から興味深く感じていました。

最初はドラマを通して医療的な知識を追っていく感じだったのですが、段々感情移入してしまい、ラストは完全に入り込んでしまいました。

今日子やたまきの心の揺れ動きに共感するとともに、結果が分かった時のそれぞれの受け止め方を想像して涙が出ました。

1人では抱えきれない告知を分け合ってくれる人がいることで乗り越えられるのでしょうね。

不幸にもがんになってしまったけれど、お互いに大切な人の存在を再認識できたのではないかと思いました。

あんな放射線技師や放射線科医のいる病院が本当にあったならいいと、心から思いました。

ペンネーム:moe6(40代・女性)

飛べないアヒル

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじネタバレ

新人の広瀬がマンモ検査に悪戦苦闘している中、母と祖母を乳がんで亡くした女性編集者の葉山が結婚を前に検査に訪れます。

不安を抱える葉山を和まそうと話す広瀬を、検査の手際が悪いことを理由にたまきが叱責します。

葉山は日本人に多い乳腺密度が濃いデンスブレスと診断され、診断書上は異常なしと記入されます。

マンモでは発見されないガンの可能性を感じた五十嵐は、葉山にその現状を伝えて超音波検査を進めます。

病院の方針に背き、医師の診断を飛び越えて患者に検査の必要性を語ったために、またしても揉め事になってしまいますが、葉山は五十嵐の言葉に超音波検査、MRI検査を受けます。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話の感想

日本人の11人に一人が乳がんになる可能性がある昨今、マンモ検査の受診を勧めるニュースも時々流れますが、今回のようにマンモ検査だけでは発見されない乳がんがあることを初めて知りました。

マンモ検査、超音波エコー検査、MRI検査と本来ならば、複数の検査を組み合わせることが必要でありながら、病院の検査体制や機器や技師といった物理的な要因から、マンモ検査だけという判断も仕方がない現実かもしれません。

しかしながら、自分の身を守るのは最終的には自分という五十嵐の言葉を現実にするためには、医師や技師の人からの適切な診断と助言が重要になることを痛感する内容でした。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2019年春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
4話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ラジエーションハウス』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA