ラジエーションハウス|2話見逃し動画無料視聴はこちら【4/15配信】

  • この記事を書いた人:yatarou

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話(2019年4月15日(月)放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

ドラまる
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のリアルタイムでの放送を見逃してしまっても大丈夫!
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の見逃し動画配信を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していくわよ〜

また、記事の後半ではDRAMAP読者さんのユーザーボイスをご紹介しています。

放送前は『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじや見どころ、放送後はネタバレや感想を順次アップしていきますので是非ご覧ください。

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』見逃し動画を無料かつ安全に見る方法をご紹介!

放送終了から1週間以内の場合

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』放送終了から1週間以内はTverかFOD(フジテレビオンデマンド)を利用すれば見逃し動画配信を見ることが出来ます。

ドラまる
いつからいつまで配信されてるのかな?
ラマちゃん
『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の放送終了後から1週間限定配信なので

2019年4月15日(月)放送終了〜2018年4月22日(月)20時59分

までは見られるよ!

放送終了から1週間以上経過している場合

先に結論からご紹介すると、最もお得に2019春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を視聴する方法はFODプレミアムです!

FODプレミアム無料登録はこちら

主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』配信状況

国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の配信状況は以下のようになっています。

FODプレミアムの詳細解説

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は地上波放送後、全話フジテレビオンデマンド(FOD)で配信中されています。

フジテレビオンデマンドはこちら

FODの全コンテンツを楽しめる有料会員FODプレミアムは、現在初回1ヶ月無料キャンペーンを実施中なので、キレイな画質で安全にドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の見逃し動画配信を見たいという方には、最もおすすめのサービスとなります。
(初回登録日が4/9の場合、5/8まで無料期間になります)

無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

ドラマの視聴率で苦戦気味のフジテレビは自社のVOD(ビデオオンデマンド)サービスであるFODのコンテンツの充実を進めているので、多くのドラマが配信されています。

過去にフジテレビで放送されたバラエティ番組など、ドラマ以外にも数多くの作品が見られるので、是非この機会にお試しください。

『ラジエーションハウス』見逃し動画を今すぐ無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になるはずなので追加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

※紹介している情報は2019年4月時点のものです。詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトPandora・Dailymotion・miomioの動画は違法!

最近はドラマの動画を検索すると

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

という単語が関連ワードとして表示されることがあります。

これらはテレビ番組や映画などの動画が違法にアップロードされているサイトのため、以下のようなデメリットとリスクがあります。

デメリット
  • 低画質かつ低音質
  • 著作権違反で随時削除されるので、全話見るのは難しい
  • スマホやパソコンのウイルス感染や個人情報漏えいの危険性
ドラまる
違法アップロードされた動画の視聴は止めたほうが良さそうだね〜
ラマちゃん
公式に配信されている動画も無料期間に見ればお金かからないので、以下のリンクからチェックしてみてねっ!

※初回1ヶ月の無料期間に見ればお金はかかりませんが、もしサービス継続の必要がない時は解約をお忘れなく!

月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじは?

2019年4月15日(月)21時00分より放送のドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじをご紹介します。

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。

しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。

放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。

その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした

ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。

膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。

一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。

閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。

そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。

杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。

富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。

ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。

唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の鏑木(浅野和之)から叱責される。

実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。

健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。

そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。

杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。

検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。

ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。

ドラマ公式サイトより引用)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話放送前の展開予想と見どころは?

DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の見どころや期待度をご紹介いたします。

さきママ
今回、画像の張りつけで病気を見つけ出した唯織ですが、あの性格上、まだまだ仲間達や杏に完全なる信頼を置いて貰うことは難しいと感じています。

そんな中、次回は小野寺の子供が出てくるようで、更には、病気のある役のようなので、小野寺がどのようにそんな息子と向き合い、唯織は、どのようにして助けていくのか、そのあたりが期待するところです。

また、今回唯織が病気の原因を見つけたことで、杏の立場が複雑なものになったと思います。

ただでさえ唯織を覚えていなくて好印象は持っていないようなので、これ以上関係が悪化しないか気になるところです。

ペンネーム:さきママ(30代・女性)

りららくま
主人公の五十嵐唯織(窪田正孝)の突拍子のない発言に毎回笑ってしまうので、次回もどんな変わった行動をするのか楽しみです。

また、主人公が片思いの相手、甘春杏(本田翼)とどうなっていくのか二人の関係の変化が気になります。

主人公は空気を読まないので、今後も彼女を怒らしてしまうだろうと予想します。

なお、次回予告で子供が登場するシーンがあり、次回も主人公が子供の病気の原因を明らかにし、助けてくれるのではないかと期待します。

放射線技師の方のドラマを今まで見たことがないので、働く現場の実状に注目したいと感じています。

ペンネーム:りららくま(30代・女性)

リリーローズ
唯織を認めておらず、冷たく接していたように見える杏が、1話の終わりで少し違った接し方をしていたので、唯織の恋はどうなっていくのか気になります。

序盤でバスに乗り合わせた、広瀬アリス演じる新人放射線技師の広瀬裕乃が、唯織の凄さに気づいた気がするので、広瀬もこれからどんな技師になるのかも楽しみです。

遠藤憲一演じる小野寺俊夫と、山口紗弥加演じる黒羽たまきの関係性も、次回少しはわかるのかなと思います。

1話では、鈴木伸之演じる辻村駿太郎があまり出演シーンがありませんでしたが、次回は杏を巡って唯織と絡むシーンがあるかなと思います。

ペンネーム:リリーローズ(30代・女性)

ねこぽん
次回は技術面よりも患者サイドとのコミュニケーションが問題になるとのこと。

五十嵐唯織にとっては苦手分野になるので、また窪田正孝の演技で面白い一面が見られるのかな、と楽しみです。

このドラマでは久しぶりに「冴えない」中年の技師長を演じている遠藤憲一の、離婚と息子をかけた、一大奮起する姿も見られるようなので、コチラも期待しています。

さらに、甘春杏が持っていた、意味深なスマホの写真の謎も知りたいです。

患者や身内ではなく、五十嵐唯織の少年時代の写真ではないかと思いたいところですが…。

わざわざ昔の写真を取り込んで持っているのに、本人に気づかないなんておかしいので、謎です。

ペンネーム:ねこぽん(40代・女性)

ななこ
アメリカの放射線医師から認められている五十嵐唯織が、今度はどんなMRI画像を見て判断するのか面白い。

小野寺の息子離婚届けを持ってきたことで、どんな家族関係なのか気になります。

幼い子がガンなのかMRIの画像には何か隠されているように思え、唯織が特定な何かを見つけてくれるだろう。

憧れの杏との関係も徐々に距離が近づいて、昔のことを思い出してくれればいいと思う。

唯織との恋愛関係はあるのか気になる行方です。

唯織の異常なキャラと病院長の天然キャラ、レントゲン技師たちの仲間たちも個性が溢れていて愉快で楽しみである。

ペンネーム:ななこ(50代・女性)

ロケット、
放射線科に1人の男の子が訪ねて来る。

聞くと放射線科で働く小野寺の息子で離婚届を母親から預って来たらしく、必ずサインする様に伝えて欲しいと言って帰って行くのだった。

そんな時病院に右膝が痛いという少女が訪れ放射線科で画像診断すると癌にかかっている事が判明するのだった。

という展開予想がされますが、現在の癌治療は早期発見なら治ると言われていますので、主人公が天才的な閃きで少女を救う手助けをする放射線技師としての腕前を沢山見たいと期待しています。

更には想い人の杏が整形外科医の辻村に食事に誘われているシーンから恋のライバル出現か?とコチラの展開も楽しみに見たいと思っています。

ペンネーム:ロケット、(40代・男性)

2019年春ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレと感想!

DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。

ARA

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

今回、シングルマザーで男の子を引き取って育てている母親と膝がいたくて病院にきた男の子の親子の話でした。

健太郎くんは膝が痛かったのですが、お母さんに自分をみて欲しい甘えたい気持ちと膝が痛くてどうしようという気持ちが入り交じり、そして母親も倒れてしまって癌再発してるのではないかと、母親はそのとき悔しくて正社員になって健太郎を養っていかなくてはならないし一人で育てるんだという意地でやっきになっていたのを杏が健太郎君のお母さんは一人ですといって検査入院を進めるシーンは感動でした。

そして、健太郎くんの膝の成長痛とおもわれていたものは、レントゲンでのわずかな異変を五十嵐がみつけて骨肉腫を発見していくという盛りだくさんな内容で、見ていて見応えがありました。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

今回の第2話は、親子の繋がりを描いているとても素敵なお話でした。

室長の息子が離婚届をもってきて書かせようとするけど、ひょんなことから机のしたにもぐって急遽内緒の職場見学になってしまっていたけど、そこからだらしないお父さんだった印象がかわりしっかり仕事には責任をもっているお父さんなんだという変化に可愛さを覚え、そして健太郎君とお母さんは、お互いのことを気遣うあまりに子供に無理をさせてきたのかなという気持ちももちました。

骨肉腫は五十万分の一だけど、あなたはお母さんにとって一分の一なのよっと伝えられてたシーンは本当に感激でした。

ペンネーム:ARA(30代・女性)

moe6

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

院長から「医師免許があるのだから、放射線科医として働いたら?」と打診される唯織でしたが、放射線技師を続けていく意思が固く、医師免許はあくまでも知識があった方がいいから取っただけと答えます。

膝の痛みを訴えて来院した男の子でしたが、母子家庭の母親に構って欲しくて少し大げさに言っただけだと告白します。

一旦は成長痛の診断を受けるますが、病院からの帰宅途中に母親が急変して倒れてしまいます。

過去に癌の既往歴があることを思い出すした技師長の言葉から、身近な家族も癌で亡くなっていることを見つけ出した唯織は、男の子の膝検査を無理やり行います。

その結果男の子の膝には骨肉腫が見つかるとともに、リ・フラウメニ症候群という、家族にがんを多発する遺伝症候群の疑いも見つけたのでした。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

医師免許がありながらも、放射線技師を続けることにこだわる唯織の姿はとても潔く見えました。

杏への思いがきっかけではありますが、技師としての信念が感じられると同時に、医療への熱い思いも感じました。

単にレントゲンを撮るだけだと思っていたのですが、症状や患部の状況だけでなく、患者の既往歴や患者の家族の既往歴までも知ることで、病変を見つけることができることに驚きました。

その一連の流れが上手くストーリーにまとめられていて、思わず見入ってしまいました。

画像を撮る際の唯織の真剣な表情や視線にも圧倒されてしまいました。

ペンネーム:moe6(40代・女性)

たま

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

日課のように届く離婚届を破り捨て相手にしない技師長、小野寺。

そんな中、母子家庭の健太郎が膝が痛いとのことでレントゲンを取る。

成長痛と診断されるが、今度はその帰り、バスを待つ間に母親が倒れる。

母親は大事には至らなかったが、家系が癌家系ということを知った五十嵐は、再び詳しい検査をすべきだと進言する。

CT検査の予定は詰まっていて無理やりねじ込む。

結局リ・フラウメニ症候群だった健太郎。

手遅れ前に発見できたので、皆安心する。

マニュアルにない検査をありがとうと技師長に伝える杏。

最後、小野寺技師長は離婚届にやっぱりサインせず息子に渡すが息子も納得して破り捨てた。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

医学用語がたくさん出てきました。リ・フラウメニ症候群とか初めて聞きました。

珍しい病名はたくさんあるんですね。

それと、医師・杏と技師・五十嵐の過去の話が出て来て今後が凄く気になります。

杏のお兄さんが20年以上前に犬を探しに建設中の建物に入ったきり帰らぬ人になったことを知り、犬を見たら思い出すのではと考えたことを後悔している五十嵐が今後どうしていくのか気になります。

また、個性的キャラばかりで、今回は技師長の小野寺がピックアップされていました。

息子は父親をあまり信頼していないようでしたが、最後は熱い信頼関係で結ばれたのではないかな、と想像したりしました。

ペンネーム:たま(40代・女性)

あやの

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

主人公の放射線科技師・五十嵐唯織は、成長痛と診断された男の子の症状に疑問を持ち、独自に写真を見てさらにMRIを撮影しようと決めます。

もう診断は出たから撮影はしなくていいと上司には怒られますが、放射線科技師長の小野寺の助けもあり、撮影に成功します。

その結果、男の子は骨肉腫であることが明らかになります。

厳しい現実ですが早く見つかったことが救いで、五十嵐に一目置いている医師の甘春杏は、患者の男の子とその母親にいっしょに治療を頑張っていくことを伝えます。

放射線科チームの技師たちは、撮影をして病気を見つけ患者の命を助けることや、早く見つけてあげることの大切さを語りあうのでした。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

撮影を待つ患者がたくさんいるために、男の子の撮影はもうしなくてよいと言われても「撮らせてください」と頼み込む放射線科技師長の小野寺の姿が印象的でした。

何もなければそれでいいし、「元気ですよ」と親の元に帰してあげたいという言葉に胸を打たれます。

五十嵐が慎重に判断しMRIを撮ったために男の子の病気が発見され、治療をすぐ始めることができてよかったと思いました。

放射線科技師と医師のチームワークが大切なのだと感じましたし、患者のことを一番に考え、その時その時で最善の手を打っていく姿を尊敬せずにはいられませんでした。

ペンネーム:あやの(40代・女性)

ふじお

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

院長が放射線科医になることを進めて来ましたが、唯織は断ってしまいます。

もったいない気がしますが、判断するのは自分の意思なのでしょうがないです。

小野寺の息子が病院に来て、離婚届を出してきましたが、サインしようとしません。

離婚は紙っ切れ一枚で縁が切れるのに、病気は縁が切れない厄介な存在です。

今回は、親子で病気になってしまうシングルマザーの悲惨な回でした。

最新技術を使わずに、レントゲン写真で足の病気を発見するので、見落としがありませんでした。

映像はレントゲン写真の方が鮮明だったので、見つかったのだと思います。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

シングルマザーの過酷な状況が浮き彫りになっていました。

母親は腹痛を起こして、ガン再発の恐れがありますが、手術を拒否しようとしています。

派遣から正社員になるために休むわけにはいかないからです。

ここで休んでしまうと、契約打ち切りにされて職を失います。

年齢もあるので就職は困難を極めてしまい、子供を養っていけません。

子供の方は、成長痛かと思ったら、足の骨肉腫でした。

50万人にひとりが発症する病気なので運が悪いです。

親子で病気と戦っていかないといけない人生になりました。

それでも克服するのは、死にたくない現れが体を治しています。

ペンネーム:ふじお(40代・男性)

飛べないアヒル

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじネタバレ

甘春病院院長の渚から放射線科医として働くことを勧められた五十嵐は、放射線技師として働くと主張したため、渚は五十嵐の意向を認める代わりに医師であることが周囲に知られないことを条件にします。

技師長の小野寺が担当した膝の痛みを訴える少年、健太郎のレントゲン撮影をしながら、離婚を迫られ会えない自分の息子を思い出します。

一方、新人の広瀬は、閉所恐怖症の富恵に手を焼きますが、威能の機転で無事に検査を終えます。

富恵が病院前に繋いでおいた犬のリードが外れ、そばにいた五十嵐が追いかけ連れ戻ると、誤解を受けて、富恵に殴られ苦情が入ります。

健太郎の症状は、成長痛によるものと判断され、母親と病院を出ると激しい腹痛で母親が倒れます。

母親のレントゲン検査には映らない病気の可能性を感じた五十嵐は、本人に再検査の必要性を説きますが、仕事の忙しさを理由に母親は検査を拒否します。

説得の途中、杏が再検査の必要性を説明します。

再検査の結果、短期の入院が必要となります。

健太郎の成長痛の診断に違和感を感じた五十嵐に同調した小野寺は、MRIの検査を独断で決めますが、杏の追加オーダーで処分を免れ、骨肉腫の診断を引き出します。

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話の感想

医師免許を持ちながら放射線技師として勤務する五十嵐が、今回も普通の技師にはわからない病変を発見し、一人の少年の骨肉腫の早期発見を果たします。

五十嵐の特異性を薄々感じている技師長の小野寺は、五十嵐のわがままを通させる判断をした姿には、医療関係者と上司としての格好良さが秘められているように感じられました。

1日に数多くの患者のさまざまな写真を撮る技師が、その先の診断や治療に深く関わることができない現状と立場による制約でのもどかしさを感じられました。

患者として受診する病院を選択する際に、画像診断の能力が高い病院を選択したくなりました。

ペンネーム:飛べないアヒル(50代・男性)

FODプレミアム無料登録はこちら

まとめ

ドラまる
2019年春の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。
ラマちゃん
3話以降も随時情報をアップしていくのでチェックよろしく☆

『ラジエーションハウス』見逃し動画を無料で見る方法

  1. FODプレミアムの初回1ヶ月無料キャンペーンに登録
  2. 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は見放題扱いの作品になると思われるため加料金無しで見放題!
  3. さらに…8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すれば有料扱いの作品も無料で見られます!

コメントお待ちしています!

CAPTCHA